お久しぶりでございます。
気が付けばもう4月になり、おかげさまで息子も小学生になりました。
1週間、雨続きの予報でしたが、スーパー晴れ男の息子のおかげで、入学式の日だけ、晴れました(笑)

更新しない間に、息子は・・・

ついにスキーは中級ゲレンデデビューしたり(中央のグリーンのウェアが息子)
diary2017001.jpg

保育園で勝手にデートの約束を取り付けてきたり
diary2017002.jpg


色々と成長しました(笑)

卒園式では、「おとうさん、おかあさんへ」とお手紙を書いて、読み上げてくれまして。
もう涙腺堤防決壊していた私は、「これ以上泣かされたらやばい!!」と焦って、2枚目のハンカチを出したのですが。

diary2017003.jpg


「おとうさん、おかあさんへ。
おとうさん、おいしいごはんをつくってくれて、ありがとう。
おとうさんのつくってくれる、たこやきが、いちばんすきです。」

・・・・ほほう?お父さんへの感謝が料理とな??
それでは私はなんだろう。出し巻き玉子かな?炊き込みごはんかな?オムライスかな?餃子か?生姜焼きか?

「おかーさん、まいにち、ほいくえんにおくってくれてありがとう。
おかーさんが、くるまをうんてんしているところがすきです。」

・・・・・まさかの送迎感謝!! ∑((°□°;)

いや、嬉しいですけどね。「うんてんしているところがすき」って、嬉しいですけども。
なんだろう!!これ!!!
なんだか私、いつも料理してないみたいな空気になってない!?

ちょっと待って、違うの違うの!!
みんな聞いて!!!
ちゃんと私、料理つくってますから!!ホントなの、信じてーー!!!

と言いたかったけれど、息子の手紙は続いているので、誰にも釈明できず。
「ハルくんちのお母さんは料理しないっぽい」みたいな空気の中、私の涙はひっこみました・・・(笑)

1歳10か月から通った保育園を卒園し、4月からは、長期休暇中と放課後は、学童に通います。
温かな愛にあふれていた保育園を卒園するのは本当に寂しかった。
最初、保育園に通わせると決めたときは、それこそ胸が張り裂けそうに辛かった。
でも絶対に、「ごめんね」とは言わないと決めて、毎日通った。
息子に、謝らなくてはいけないようなことはしない。もしも、謝らないといけないようなことになりそうなら、そのときはもう仕事は辞めよう、と心に決めた。

結果、息子の通った保育園は本当にいいところで、手料理の給食に、ほど良い距離感で息子を温かく保育してくれる先生たちに恵まれて、5年半、とても楽しく通うことができました。
ここに決めて、本当に良かった。先生たちには感謝の言葉しかありません。
1歳から6歳までという、おそらく子供にとってとても大事な時期を、ここですごせて本当に良かった。
私にとっても、安心して託すことができる、信頼できるところで本当に良かった。

そして、4月。
満開の桜と菜の花にかこまれて、入学式を迎えました。
diary2017004.jpg


同じ保育園から上がるお友達は一人もおらず、完全なるアウェーで母の方が心配しておりましたが。
学校も、学童も、毎日楽しく通っております。

どんどん成長する息子を見ていると、なんだか嬉しさだけでなく寂しさまで感じてしまう母でありますが。
こうして進んでいかないとね。

私も、さらに新たなフィールドに出て、がんばって仕事しております。
息子が少しずつ、手を離れるなか、その分私も、新しい道に足を踏み出す。
母も歩く。
君も歩け。
必ず見ているから。
それぞれの道を、それぞれの足で歩いていこう。
自分の足で歩けるからこそ、いつかお互いが困ったときに、支え合える。
道に迷い、考え、人に聞き、転んで、立ち上がって、強くなる。
困ったときは、母ではない他の人に聞いたり助けを求めることも覚えていくんだ。
そうやって、生きていく力をつけていこう。
母も今、全く知らない新しい世界に足を踏み出し、怖がりながらも前に進んでいる。
それは、君が歩き始めたから。
一緒に歩こう。それぞれの道を。

そんなこんなな、2017年の春をすごしています。
あ、ラリーにつきましては、また改めて書きます!

とりあえず、家族3人、みんな元気に楽しくすごしています!






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/3164-6410d20d