今朝見た夢。

私は、A硝子に勤務していて、ある案件について調査中である。
それは、『ある女性』に関すること。
以前から、その女性の周りではものがなくなったり、お金の流れがおかしかったり、ということが続いていて、私と上司で何度も調査をしているのだが、どうしても突き止められない。

彼女の名前は、『大林さん』。
20代の、普通の女性。どう見ても普通の女性なのに、彼女の周囲ではいつも、不可解なことが起きる。
彼女が関わっていることは明白だ。
そして今回は、人が消えた。

大林さんの周囲でおかしなことが起きるので、他の社員もなんとなく「証拠を残さないけれど、彼女が横領しているのだろう」と思っている向きがあった。
当然、そういう態度になる。
仲良くしていたランチ仲間も彼女を誘わなくなったし、テニス部や華道部からも、彼女は『穏やかな排除』を受けた。
彼女のいない給湯室では、ひそひそ声で会話がなされる。
それでも彼女は気にする風でもなく、毎日淡々と出社していた。
が、今回の長期休暇明けに、彼女と『静かな諍い』をしていた数人が、消えた。

消えたのは、ナカバヤシ、シバヤシ、コバヤシ、の3名。
大林さんと4人で「あたしたちハヤシつながりだね、ハヤシ会だね」と、よく一緒にランチなどをしていた(そして今では彼女を一番排斥していた)3人だ。

長期休暇明けの火曜日の時点で、3人とも無断欠勤2日目。電話にも出ない。
一人暮らしのアパートを訪ねても留守。
事故にあったという連絡もないし、何の手がかりもない。
ただ、同僚たちに聞くと、「大林さんからダイビング旅行に誘われたと話していた。最近は大林さんと仲良くしていなかったのに、変だねと話していた」という。
大林さん本人も、出社していない。

どう考えてもおかしい。
きっと、大林さんがかかわっている。
嫌な予感しかしない。
大林さんのアパートに行くために、電車のホームに立つ。
「・・・・大林だと思うか?」
と聞く上司に、
「考えたくないですが、そうだと思います。あの3人とは一番こじれてましたから」
と答えた。
電車が来る直前に、上司がふらついて、線路に落ちそうになった。
「あぶない!」慌てて上司の腕を引く。
上司は真っ青な顔でつぶやいた。
「・・・・・誰かに押された。」

慌てて周囲を見る。
いない。
ホームを走り、エスカレーターを駆け上がる。
いない。
もう逃げたか。
すると、死角から誰かに押されて、階段を落ちた。
幸い、数段落ちたところで人にぶつかり止まったが、全身ががくがく震えた。
大林さんだ。間違いない。
私たちが気づいたから。
これは警告なのか?いや、排除だ。
きっと、ハヤシ会の3人も、無事ではないだろう。

会社に戻って報告すると、ちょうど産業医からの報告があるというので、会議に加わった。(なんと産業医は高木ブーであった)
「実は、以前に行ったテストで、彼女には気になる点がありました。異常な自己中心性。特に問題ではないと思っていましたが・・・」
そこまで話したところで、産業医高木ブーが胸を押さえて苦しみだした。
「救急車を!」
運び出される高木ブー。担架がエレベーターに運ばれる。

これもなのか?ただの偶然?いや、偶然にしては・・・でも、どうやって?
そのとき、エレベーターホールに轟音が響いた。
「エレベーターが落ちたぞ!!」

怖い。私なんかにできるわけがない。
横に立った、上司が私に尋ねる。
「イイダさん、できますか。証拠がないんです。これでは警察も動いてくれません。証拠さえあれば」
・・・・・怖い。
「怖い。怖いです。私なんかにできるとは思えません。・・・でも」
でも既に、私は狙われている。
やるしかないのだ。彼女を見つけるしかない。
でも、どうやって?

薄暗い非常階段の踊り場に、ふと彼女の姿が見えた。
彼女は確かに、私を見て笑っていた。
足が動かない。彼女を追うこともできない。

というところで、目が覚めた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/3161-db7b0fc6