上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子も私もとても眠かったので、少しお昼寝した。
ら、夢を見た。

私は背泳ぎのクラスを教えている。息子も振替で、今日は私のクラスを受けている。
しかし今日のメンバー、全く話を聞かない!真面目に泳がない!
あまりにふざけるので叱ったが、わざとふざけて余計にひどくなる。
最後は真剣に怒って、「何しに来てるのかよく考えなさい!次は真面目に練習するように!」と話して帰したが、ふと見ると息子がいない。

どうしよう、今日はカブトがいないから、授業の後は待たせておいて一緒に帰らなきゃなのに。
どこを探してもいない。水着のままギャラリー席まで出て探すが、いない。
コーチかフロントの人に事情を話して一緒に探してもらおうと思うのに、何故か職員がどこにもいない。
フロントやコーチ室を覗くが、見たことのないバイトさんやパートさんばかり。
彼らは息子の顔を知らないので一緒に探してもらえない。

泣きそうになりながら、息子の名前を大声で呼びながら、人混みをかき分けて外に出る。
どこにもいない。まさか外に出たのか?
誰かに連れていかれた?
「ハルくん!!」
と大声で呼ぶと、寝室のドアが開いて、
「はーい、ハルくんここだよー」

あ…夢か…。
こんな夢を見た、と話したら、
「ハルくん廊下で遊んでたの。ずっと近くにいたよ。どこにもいかないよ。おかーさん、泣いてるよ」
夢を見ながら泣いていたらしい。
息子が「ティッシュティッシュ」と言って、ティッシュを持ってきて、
「おかーさん、ハルくんとはぐれたら、ハルくんが、かならずみつける。だからだいじょうぶだよ」
また泣いた(T_T)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/3147-c066b4c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。