上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝見た夢。

火山の突然噴火による災害で、街は壊滅状態。
家もなくなり、家族を失った人も多数。
北斗の拳の『時は世紀末~』みたいな世界に。

住むところを失った私は、放浪しているうちに、共同生活しているあるグループに合流させてもらった。
こんな世界で一人で生きてゆくことはできないので、料理や掃除をしながらグループの隅で静かに暮らしていた。

が、女性そのものが不足している環境なので、私みたいなおばちゃんにもちょっかいをかけてくる男がいて、トラブルに発展し、私はグループを去ることになった。
また放浪の日々。その日その日で食料を見つけ、物陰で野宿する。
これから一人でどう生きてゆこう…と途方にくれていると、連絡のとれなかった母からメールが!
「やっと携帯が繋がりました。ゆきちゃん、いきていますか。私は元気です」

母も生きていた…!
涙を流しながら母に電話した。母も私のように放浪していたが、最近あるグループに拾われたらしい。
「ここのグループの人たちはみんないい人達でね。若い男の人たちやけん、お母さんの作る料理も美味しいって喜んでたくさん食べてくれてね」
「へー、いい人達に会えたんやね」
「うん、ゆきちゃんもおいで。
なんかね、ちょっと前におったおばさんは、料理も下手でまずかったし、ちょっとお尻をさわったら突然灰皿をつかんで殴りかかってきて、男の人の頭を割ったらしくてね…、気は短いし喧嘩っ早いし、あれはひどかった、だから今度のおばさんは当たりだ、って皆喜んでくれて」

………。
それ、こないだまで私がいたグループじゃん!!(゜ロ゜;

また今夜も野宿だわ…。と落ち込んでいるところで目が覚めた。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/3078-d9d1d322
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。