上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09.21 喘息?
週末から、ちょっと風邪気味だった息子。
夕方あたりから咳が強くなってきて、夜には結構ひどい状態に。

それでもクループのような咳ではないし、寝付くこともできたので、様子を見ながら隣にいたら。
深夜になってだんだん寝たまま咳き込むことが増え、ついに2時頃には横になっていられない状態に。

私も小児喘息だったから分かる。もう横になれないくらい苦しいということは、相当きついということだ。
外の空気に当ててやったりしても落ち着く気配がないので、病院の夜間窓口へ。

血中酸素の値は95。すごく悪いわけではないけれど、相当苦しいでしょう、ということで、吸入をしてもらった。
20分ほど経って再度血中酸素の値を計ってみると、97まで回復していた。
まだ喘息と決まったわけではないけれど、体質的なものもあると思うので、これからも喘息様発作を起こすことはあるでしょう、とのこと。
その場合は、様子を見ずに、早めに夜間窓口に連れてきて吸入しましょう、と先生は言ってくれた。

でもさー。
さいたま市は、夜間の小児1次救急は、この北部医療センターだけが受け入れてくれることになってるんだけど、当たり前だけど色んな先生が当番で詰めてくれていて。
それはとてもありがたいんだけど。

時々、「えっ」 というような先生のときもあって。
以前、同じように夜中に強く咳き込んで、眠れなくなってしまった息子を連れていったときに、
「お母さん、このくらいの熱でいちいち夜間窓口に来たらだめですよ!あとね、熱が出たからって解熱剤使うのも不要です。不安なら余分にもらった解熱剤をとっておいて、それを使ってください」
と言われたことがあり・・・。

私、発熱で来たとか一言も言ってないんですけど!?解熱剤くれとも一言も言ってないし!!
一応、ここまでの経過を説明するために、前日から微熱があったとは言ったけれど、ここに来た理由は 「微熱だけなら問題ないと自宅で安静にしていましたが、夜になって咳がひどくなり、眠れないほどになったので。以前もクループになったことがあるし、喘息様発作も起こしたことがあるので」 と説明したはずですけれど?

すごい太ったお医者さんで、カブトは 「ありゃ夜食のカツ丼を食べてる途中で呼び出されて気が立ってたんだな」 とか、デブにしかよく分からない解釈をしていたが・・・。

今回のように当たりのお医者さんなら助かるんだけど、「また発作のときはすぐ来てね」 と言われても、次行ってあのデブドクターだったらなあ・・・・と、しょんぼりしながら帰宅する、朝の4時。

・・・・・・こりゃ、息子もまだ保育園には行けないし、ということは私も今日は仕事いけないだろうなあ。

・・・・・・・・・はぁ。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/3053-f9def328
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。