上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝見た夢。

私はどこかのダートラに出場している。
私はたいしたドライバーではないのだが、同乗走行の申し込みが多くてドライバーが足りないということで、私のようなペーペーのドライバーにも、同乗走行の依頼がきた。

スタート地点で待っていると・・・「おねがいします」の挨拶もよく言えないような、ちょっとオタッキーな雰囲気の男性が、でっかいカメラを抱えて乗ってきた。

「カメラ、壊れるといけないんでバッグにしまっといたほうがいいですよ」
と言うが、男性は私の話も聞かず、私の太もも付近を撮影している。
なんなんだと思ったら、なんと私のレーシングスーツはショートパンツ丈で、太ももが露出しているではないかΣ(゜□゜;)

なんだこれ??こんなんでよく車検通ったな!?
と思うが、どうやらスポンサーから支給されたものらしく、私には文句が言えないもののようだった。


しかし、隣に座ったカメラ小僧くんは、「露出しているものは何でも、許可を得ずに撮ってもいい」と思っているらしく、遠慮なくパシャパシャとシャッターを切る。

「あの・・・撮影していただけるときは、安全な場所でお願いできると嬉しいんですけど」
(パシャパシャ!!)
「あの・・・・・同乗走行を希望していらっしゃったんですよね?カメラ持ってると危ないですよ」
(パシャ!パシャ!)


もういいや、走っちゃえ。


しかしなぜだかコースは渋滞していて、全然スピードを出せない。
これじゃ同乗走行の意味ないなあ・・・・と思っていたら、太ももにヘンな感触が。

ふと見ると、カメラ小僧くんが勝手に太ももをさわっているではないか!!!
露出しているものは勝手に撮影していいどころか、さわってもいいと思っているようだ。

「ちょっと、やめてください!」
「いやー、やっぱり鍛えてるからですかねえ、太ももも引き締まってて素敵ですねえ」(サワサワ)
「勝手に触らないでください!」
「いやー、女性ドライバーって素敵な方が多いですよねえ」(サワサワ)


・・・・・・・・・。



「きさんこの・・!!人に勝手にさわるなって言いよろーがっっ!!」


と、運転席からグーパンチを繰り出したところで、すごい音と衝撃と痛みで目が覚めた。


・・・・・布団から飛び出して、フローリングの床を殴ってたwwwww





もちろん私は現実で人を殴ったり叩いたりしたことはないけれど、夢では割とあります。
現実での経験がないせいか、夢でもヒットすることはほとんどないけれど、大きく振りかぶってパンチを繰り出す瞬間は、ちょっとなかなかの爽快感というか、スカッとした感じはあります(笑)

























スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2974-19c21114
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。