今日はカブト実家のじぃじやばぁばたちとの海水浴で観音崎へ。
金谷からフェリーに乗り、またまた海へと向かいますw


観音崎と言えば。

「砂ぼこりの舞うこんな日だから 観音崎の歩道橋に立つ・・・」

ユーミンのマイナーな歌が浮かびますw
しかし、歩道橋なんてなかった!まあ観音崎といっても広いんだろうからなあ。
一度、観音崎の歩道橋の上から、ドアのへこんだ白いセリカが下をくぐってゆくのを探してみたかった。


まあ、福岡生まれで福岡育ちの私が観音崎に関して持ってる知識としてはそのくらいしかないので(もはや知識ですらないが)、一日この曲が脳内BGMになりましたw



ところでですね。全然期待してなかったんだけど、意外と海がきれいでですね!
遠浅の砂地で、小さい湾になっているので波もなく、お盆なのにクラゲもおらず。
安心して子供と海水浴ができることに驚き。
というか、長く関東にいるうちに、『水がきれい』の基準が随分低くなった気もしなくはないですがw、でも本当に、関東にしてはきれいなんじゃないでしょうか。

相変わらず砂嫌いのハルは、海への行き来は「おとーしゃん、だっこっこ~」なんですが(私はギックリ腰再発が怖くて、もう抱っこできない)、海は大好きらしく。
一度入ると20分くらいは上がらない。
体が冷えるからと上がっても、5分もしないうちに「うみいく~!」
ちょっと休憩してからね、と言っても「ちょびっとだけいく~!ちょびっとだけ、うみいく~!」

「ちょびっとだけ」って、いつの間にそんな言葉覚えたのw


海を好きになってくれたのは嬉しいけど、もうこれは『海好き』の域を超えて『海好きすぎ』デスヨ!!

じぃじから浮き輪を借りて、のんびり浮いたりバタバタしたり。
DSCN0200.jpg DSCN0205.jpg


さらに、じぃじが買ってくれたくじらさんのフロートで、ついに1人で浮くのが平気に。
DSCN0231.jpg DSCN0245.jpg



カブトも私も、海に潜るのが大好きなので、ハルにも海は好きになってもらいたかった。
去年は「嫌じゃないけど、好きで入ってるわけでもない」って感じだったけど、もうこれはOKでしょう!!
但し、砂の上を自力で歩こうとしないので、親にはものすごい負担デスケドネ・・・。

結局、朝10時前に砂浜に着いて、夕方に上がるまで、ハルは6本くらい泳いだ(驚)
一緒に海に入ってた従姉妹の子供も「寒いからいや~」と上がってゆく中、ハルだけがしつこくしつこく海に入っておりました・・・もう親の体力がもちませんよw



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2971-a62a95a8