上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑いーーー!!!

ロクに梅雨もこないまま、真夏になりました。
注文したメジロ長靴はまだ届かず(笑)
まあ、長靴を注文した時点で、「梅雨はこないよ」フラグが立ってたんでしょうね。

夏といえば、あれですよ。
あせもです。

誰もが子供の頃は毎年なっていた、あせも。
いつの間にならなくなったんでしょうね??

私たちが子供の頃は、『シッカロール』なるものをパタパタつけられていましたが、あれは今では「やっちゃいけないこと」らしいです。コナが水分を吸って、結局湿気や汚れを皮膚につけたままになるからだそうです。
怖いですわねー。育児情報も、10年ひと昔レベルじゃないですよ。もはやPCのモデルなみに更新が速いです。


ってことで、あせも。
息子もやはり、あせもに悩まされています。
ひどいのは、おでこ、首、オムツまわり。オムツまわりはオムツで蒸れるのもあって、非常にかゆいらしく、自分で掻きむしるので余計にひどくなっている。
最近は、オムツ交換や着替えのたびにきれいに拭いて、必要ならば薬もつけるようにしているが・・・悪化させないようにするのが精一杯。
「かゆいー!かゆいー!」と言って、とめても聞かずに掻くので、「じゃあ冷やしてあげるよ」と言うと、おとなしくなります。

冷やしてあげるとかゆみがちょっとおさまるんだよね。


「あー、きもちいー。」
20130712081628.jpg


それにしても、このリラックス具合。
股をパカーwと広げて、自分は絵本などを読んでいます。ときどき「これなに?」とか聞いてくるけど、おかーさんはあなたの股間を冷やすので忙しいんデスヨ。

お腹と股間。いわゆる急所を相手に広げたままにして、そこに氷を当てられようと何をされようと気にもしない。
信頼しきってるんだなーと、改めて感動。
いや、感動するほどのことじゃないかもだけど(笑)、私たちも子供の頃、こういうのを全部「当たり前のこと」として任せきっていたんだなあと思うと、なんともいえない気持ちになるわけです。

夏の朝の、ほんの10分くらいのこと。
特別なことでもないし、いつもの光景。
きっと、記憶にも残らない。

でも、母親に全てを任せきって寝転んでいたことは。
お腹にできたあせもを、少しでも楽にしてやろうと母がしていたことは。

記憶には残らなくても、きっと心の中に沈んでいて、いつか自分が子供を持つときになって、「ああ、俺もこうしてもらってたんだろうな」と気づくことでしょう。

あなたも、わたしも、みんなみんな。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2956-572d497e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。