私は季節の変わり目が苦手だ。

と自覚したのはつい最近のことなのだけれど、振り返るたびにいつもそうだったなと思う。
悩むのは、生き方のこと。ここ数年は仕事についても悩むようになった。

悩む内容はいつも同じで、「このままでいいのか」「もっと取るべき道や方法があるのではないか」「今と同じ日々をすごしていて良いのか」。

別に、今の仕事や生き方を後悔しているわけではない。
資格取得で云々だのカフェ経営だのフラワーアレンジ講師だの独立開業だのとかの乙女チックな夢を見ているわけでもない。

ただ、今の延長をそのままで生きていっていいのか、ということがいつも気になる。
いつも一所懸命に仕事には取り組んできたつもりだし、「今までの何かをやり直したいですか」と聞かれたら、「今までの全ての選択は間違っていなかったと思うし、間違っていたとしてもやり直したくはない」と答える。
でも、「もっと何かができるのではないか」「そのためには今、何か選択するべきではないか」と思ってしまうのだ。

なんだろうね、季節が変わることによって、時がすぎてゆくことを感じて焦ってしまうのかな。



先日、またそんなことを考えていたら眠れなくなってしまって、夜中の2時に寝ることをあきらめて布団を抜け出し、リビングで1人焼酎を飲んだ。
アルコールというのは偉大なもので、私の考え事はいつしか「私の行き方はこれで良いのか」 から 「岡田以蔵の生涯について」にすり替わってゆき、おかげで朝を迎える前に眠りにつくことができた。(さらに岡田以蔵についても少し詳しくなった)


それでふと思い出したのだが、私のこの癖ともいうべき悩みは、福岡に住んでいた頃からあったように思う。
とてもとても深刻に悩み、ついに母にその悩みについてざっくりとではあるが打ち明けたことがある。


思うに、今の世の中は選択肢が多すぎて、でもその選択肢全てを知ることはできなくて、だから自分の知っているものの中から選ぶのだけれど、自信を持って「これ!」と言えるかと言うと、そうはできなくて。

「私はさー、やるべきことがはっきりすれば、それに集中してがんばることができるわけだから、いっそのこと江戸時代とかに生まれてしまえば楽やったかもね。この身分だとこういう仕事にしか就けなくて、しかも女性だから選択肢は非常に少なくて、もう、『これしかない』って時代やったやん?
そしたらさ、こんな風に迷うこともなく、女中奉公とか農家の仕事とかお店のおかみさんとか、そういう仕事に集中して迷うこともなかったかもしれんね」


すると母がひとこと。


「あんた江戸時代に生まれとったら、百姓一揆の首謀者になっとうよ、絶対」



ああーーーーーーーー。


なりそう(笑)!!!!!




結局、いつの時代に生まれても、面倒くさい女になってそうですorz
こんな自分を持て余すわー。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2936-df759243