上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポルちゃんが、天国に旅立ちました。

先週末、お腹をこわして血便が出たので、すぐに入院させて治療してもらっていたのですが。
週明けに迎えに行ったら、「出血と下痢は止まったけれど、かなり弱ってしまっていて、あとは住み慣れたおうちで体力を回復させてあげてください」とのこと。

ポルちゃんは7歳。もうおじいちゃん。
今年は秋が来てもタイガー化しなかったから、見かけは元気でも、かなり体力は落ちてるんじゃないかな・・とは思っていたけれど。
やはり、耐えられる体力はなかったようです。

おうちに帰ってきても、もうごはんを食べる気力も体力もなかった。
ずっと横になっていて、だんだん呼吸が弱くなってきて。

日付が変わる頃、私とハルが眠る横で、ポルちゃんは静かに旅立っていきました。


いつもとても元気で、食欲旺盛で、めったに体調を崩すこともなかったポルちゃん。
私が妊娠中にすごくきつくて自宅安静だったときも、ポルちゃんがいてくれたので楽しくすごせた。
最近は、ハルとも仲良くしてくれていて、ハルの渡すひまわりの種を食べたりもしてくれた。
ハルが動物を好きになったのも、ポルちゃんのおかげ。

ありがとう。最後の数日はきつかったね。
ゆっくり眠ってね。

いつも何かを食べている音をたてていたポルちゃんがいなくなると、うちの中がとても静かになりました。
カルちゃんのときと違って、今はハルを育てなくてはならないので、何も手につかないという状態にはなりませんが、空のケージを見ると、ものすごく胸が苦しくなります。
なんだか心のどこかが、すっぽりと抜けているような。


楽しい思い出をありがとう、ポルちゃん。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2891-6577142a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。