上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.03 子を蹴る母
健康診断のため、小児科に行った。

ハルと同じくらいの子供がたくさんいて、どのお母さんも、抱っこしてあやしたり、オモチャで一緒に遊んだりして、子供が騒がないようにあれこれ苦心していた。

みんな同じなんだなあ。

と思っていたら、後ろの席のハルと同じくらいの子供が、這いつくばって椅子の下に潜ろうとしていた。

…わかるわかる!そういうところばっかり行きたがるんだよね(笑)
と、私も周囲の母親たちも、笑って見ていたのだが。

その子の母親が席を立ってその子の横に立ち、突然「ダメ。ダメ。」と言いながら、子供の腰のあたりを蹴りだした(°□°;)

周りのお母さんたちは凍りつき、私と隣のお母さんも、思わず目を見合わせそうになった。
さっきまでにぎやかだった待合室が静かになったせいか、ようやく母親は子供を抱き上げた。
泣いている子供を抱いて、今更のように「ダメって言ったでしょ―。お母さんがダメって言うのに、ゆうくんがやるからだよー。」と、突然優しい声で言い聞かせる。

いや…ダメとか言わずにいきなり蹴ったし(怖)
しかもセリフ棒読みだし(怖)

力任せではなかったし、声も小さかったので大騒ぎしたわけでもなかったし、暴力というレベルでもなかったけれど。
でも、蹴るという行為は、他のお母さんたちの反応を見ても、やはり正常な行為ではないと思う。

待合室でやるってことは、あのお母さんにとっては、そう特別なことではないのだろう。
見た目は、小柄で細くて長い黒髪の、地味でおとなしそうな人だったけれど、子供を蹴っている動作は、慣れていた。
いつもやってるんだろうな、と思わせる感じだった。

なんともいえない、嫌な気分になった。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2874-7f43f7d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。