上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歩くようにはなってきたけど、まだまだおぼつかなかったハル。
が、先日おともだちと遊んでから、突然歩くペースが速くなり、積極的に歩くようになった。
どうやら、スタスタ歩くおともだちには、今のままのハイハイでは追いつけない、ということが分かったらしいw


・・・・・先日うちでおともだちの双子ちゃんと遊んだとき、キャッキャ言いながら隣の部屋に行った双子に 「キャーw」 とハイハイでついていったハル。
が、追いついた途端、あっという間に双子がまた「キャッキャ♪」と部屋からいなくなり、ハルだけ部屋でポツンと一人残されてた・・・ということがあった。
泣くかな?と思ったが、そのまま「キャッキャ♪」とボールで一人遊びしているハルを見て、母はかわいいやらちょっとかわいそうやらで、胸がキュンとなったのでした(笑)


とまあ、そんなことがあったのだが、ハルとしてもなにかしら考えるところがあった模様。
明らかに歩き方に変化が。


今まではおそとで歩くことは不安が大きくて、あまり歩きたがらなかったハルですが。
今日はちがうね!!

自ら母の手をはなし、ひとりで歩く
120526_1526~01

はー、よく歩いたぜ、みずがうまい
120526_1513~01

ガリガリくんも格別うまいぜ
120526_1657~02


ハルは特に、子供から受ける刺激に敏感なようで。
寝返りも、双子ちゃんがやっているのを見た翌日にできるようになったし、伝い歩きやら座り方やも、おともだちと遊んだ後に大きな変化があった。
ハルは外で人と会うのが好きなので、私もなるべくおともだちと会うようにしている。母本人の気分転換にもなるしね。
人と会うのが好きなのは、母譲りなのかな(笑)


公園で遊んでいるとき、ハルの足元にテントウムシが。
私はあまりムシが好きではないのだが、ハルにはものごとに好き嫌いなく育ってほしいと思っているので、私もがんばってみた。(まあテントウムシくらいは大丈夫だし)
「ほら、テントウムシいたよ!」 と私の手にのせて見せてやると、どうせ興味もないかと思ったが、ハルは手を伸ばしてさわろうとする!
・・・・っというより、めっちゃ積極的につまんできた!!
しかも一発でつまんでしまった(汗)

「ハルくん!やさしく!やさしく!テントウムシさん生きてるから!だいじ~、だいじ~!」
・・・ぎゅうううう。
「ハルくんっ!ハルくんっ!テントウムシさんだいじ~、だいじ~!やさしくよ~!」
ぎゅうううううううう。

「ぎゃあああ!ハルくん!テントウムシさんが黄色い汁だしてるよっ!テントウムシさんが生命の危険を感じてるみたいよ!はなしてあげて!はなしてあげて!テントウムシが不快だってサインだしてるから!」
慌ててテントウムシを解放してあげて、なんとか殺生せずに済んだ。

あー・・・テントウムシさんごめんなさいorz








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2841-5e68af40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。