上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日見た夢。

私は浴衣コンテストとやらに出ている。
大きな寂れた旅館を貸切にして、浴衣は主催者から配布。そして審査員は、年齢様々の男性たち。

浴衣を着て旅館内をウロウロして、審査員の皆さんに見てもらって、『投票』されたら、女性は『抜ける』ことができるらしい。

しかし、なんだ。
コンテスト参加者の中にはAKB48の面々も! アイドルと一緒じゃ勝負にならんだろ。しかも、私に配布された浴衣は温泉浴衣Σ(°□°;)
…AKBの皆さんは、マルイのオサレ浴衣。
ちょ!若くて可愛いAKBの皆さんは何着たって可愛いんだから、そっちが温泉浴衣着てよ!!
私が温泉浴衣着たら、ただの疲れた温泉客じゃん!

しかもいつの間にか、『投票』のシステムが、「浴衣似合ってます、僕と付き合ってください!」「ハイ(ポッ)」というやり取りになっている(°□°;)

いやいやいやいや、そのシステム、40女にはますます不利じゃね!? おかしくね?
もうそれ浴衣関係なくね!?


ふてくされて歩いていたら、突然の停電。
あちこちで何かが落ちる音や、悲鳴が聞こえる。
すると暗闇の中で誰かがさっと私の腕を取り、「危ないですからロビーまで僕が案内しますよ」と言ってくれた。

優しく穏やかな口調、紳士的な態度、暖かな腕。
こりゃー素敵な紳士に違いない!
さっと私のところに来てくれたところから察するに、あれだな、『投票』してくれるんだな!
やったぜ、私も『抜け』られる!

ロビーに着いたと同時に明かりが点き、隣を見ると……。

は、八十くらいのおじいちゃんガッ!!


やばい、旧システムなら問題なかったが、新システムでは問題が!

「あのう、あのう、親切にしていただいて本当にありがたいのですが、やはりお付き合いするのは同年代の方の方が話題も合うし、あのう…ごめんなさい!」

と謝ったら、

「いや、暗くて危ないから誘導しただけなので…」


がびーーーん。


とショックを受けてるところで目が覚めたorz




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2759-eb689706
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。