上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.13 パン作り
離乳食教室でお友達になったみかんさんちで、一緒にパン作り&ランチさせていただきました。
パン作り・・・いや、こう言うと語弊がありまくりだな。
子供2人もいるし、私もパン作りは全く初めてなので、1次発酵が終わったところ・・・つまりこねこね成形するとこだけにタッチさせてもらったのですw

ぶっちゃけ、小学生のお手伝いレベルのことしかしてませんwww


しかしパンの手触りって気持ちいい!
なんかクセになる・・・。

今日作ったのはレーズンとくるみのパン。
作っておいてもらってた生地に、レーズンとくるみを混ぜて、こねこねこね・・・なんか粘土遊びみたーいw
最後に切れ目を入れるところでは、私は息子のイニシャルを入れたりとか、もう完全に子供のお遊びモード(笑)
ちょうどお昼のタイミングで焼きあがったので、ランチまでご馳走になってしまいました♪

すごーい、おいしそーー!!!
110913_1228~01


赤ちゃん2人も楽しそうにおしゃべりしたり遊んだり(・・・まあ、おもちゃを取り合っただけだがw)。でもちゃんとお互いを認識しているようで、いずれはいい遊び相手になってくれそうで嬉しい。


前にも書いたが、私は母親同士の友達は、『一緒に子育てをしていくパートナー』だと思っている。
それぞれが自分の子供だけを育てるのではなく、2人の母親と2人の赤ちゃんがいれば、2組の親子としてではなく、2人の母親で2人の赤ちゃんを育てる、というようにしていきたいと思う。
情報交換や励ましあいももちろんだけれど、なるべく子供たちを『社会』の中で育てていきたいと思う。

小さな赤ちゃんの子育てはつい、母親と子供との1対1にこもってしまいがち。
でもそれでは行き詰る。
核家族や1人っ子が当たり前になった現代の中では、新しい形のコミュニティも必要じゃないかな、と思う。

私は『ママ友』という言葉もくくりも嫌いなので、多分、友達は作らないだろうな、と正直思っていたし、作る気もなかった。
けれど実際には、積極的に児童館や育児相談に出かけ、そこで予想以上の人数のお母さんたちとお友達になった。
でもそれは、 『ママ友』 として友達になったのではなく、子供がいなくても「友達になりたいな」と思う人たちと出会えたから。
そういう人たちと一緒に、子供を育てていけたら楽しいな、と思う。
そしていずれ子供たちが大きくなっても、母親同士、友達として付き合い続けられたら嬉しい。
そして子供たちも、支え合っていける友達や仲間になってくれると嬉しいな。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2741-9ee8bd6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。