上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝見た夢。

私は北斗の拳の舞台のような世紀末の荒れ地を、友人の女の子と歩いている。(どーゆー設定w)

説明が難しいが、彼女はトリコ(週末の朝にアニメでやってるアレです)に恋しているのだが、さっき振られてしまって精神的に参っていて、フラフラで意識モーローとしている。(だからどーゆー設定なのよwww)

この世紀末に意識モーロー状態で荒れ地を歩くのは当然危険。
私たちは彼女を崖の途中の岩場に避難させたが、やはり弱者を狙うやつはちゃんと見つけて寄ってくる。

彼女は、これまた北斗の拳に出てくるような、ならず者にさらわれてしまった。
やばい、助けなくちゃ!!

ならず者は、古びた廃墟にいるらしい。
中に入ると、どうやら何かの施設の更衣室だったらしく、いくつかの小部屋がカーテンで仕切られている。

ならず者は一番奥の個室にいるらしい。
ふと見ると入り口で子分が見張りをしていたので近づくと、「俺なにもしてねえ!俺、見張りしてるだけだよ!」とかチョー弱いではないか。
なんとかならず者を説得してこい、と脅すが、やはり無理。
こうなったら自ら救出に向かうしかないか……。

私の武器は、フォークが1本のみ。
奥の個室に近づくと、なんと彼女は横に放置されていて、なぜかならず者は、真っ赤な振り袖を着た丸坊主の男の子に体を拭かせていた。

……ならず者な上に変態かよ!!

とにかく彼女を助けよう。
こっそり彼女を引っ張って救出していたら、ならず者に見つかってしまった。やばい!

「ぬはは―、俺様の獲物を取るとは、許さん~ !」
とか言いながら、全裸のならず者が出てきた。

ならず者は北斗の拳の脇役タイプなので、とにかくデカい。多分、身長2m以上はある。
しかも世紀末で食料ないのにメタボ体型。

……これをフォーク1本でどうしろと!?


急所狙うしかないな、と考えて、一気にソチラ方面にフォークをガッ!!!

しかし、「ぬわははー!」と相変わらず平気そうなならず者。
こんな力じゃだめなのか。
もう一度、全力で腕を前に突き出した!


………。


あのですね、皆さんにお聞きしますが、鶏肉を料理したことありますか?
焼くときに皮が縮まないように、皮をフォークでブツブツ刺したこと、ありますか?


あれですよ、あの感触……。

ヒー(泣)!!



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2740-439b11e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。