上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院中に同室だった韓国人の女性、ソウさんちに遊びに行ってきた。
同じく同室だった双子ちゃんたち、ソウさんのお友達も含め、赤ちゃん5人、幼児1人でワイワイランチ。
赤ちゃんたちはお座敷に座布団を敷いて遊ばせて、久しぶりに韓国焼肉!!
画像を撮り忘れるほどに美味しかったw

食事の後は、ソウさんちに移動。
広いリビングで赤ちゃんたちを遊ばせながら、ママたちは楽しくおしゃべり・・・というわけにもいかず(笑)
誰かが泣いたら誰かが抱いて、誰かがどっかに遠征したら誰かが連れ戻しに行って・・・という感じで、誰の子供とか関係なく、みんなの赤ちゃんをみんなで面倒みて。
こういうのっていいな、と思った。

個人的に、『ママ友』って言葉は好きじゃない。どんな属性であっても、友達は、友達。
でも、子供を持つ母親同士については私は、『一緒に子供を育てていく協力者』 だと私は認識している。
子育てに関する情報交換はもちろんだけど、赤ちゃんの頃から、社会と関わることは必要だと思う。
一人っ子や核家族が当たり前の今、社会や人と関わるためには、子供のいる母親の友達というのは、母親にとっても、子供にとっても必要。
そういう観点からすると、こういう場はとても大切だと思う。

ハルは他の赤ちゃんたちのハイハイを見学して、自分もゴロゴロ寝返りして部屋を移動して、楽しそう。
ついでに歩行器も借りてみた。完全に足を浮かせて、ただの『空中遊泳』状態だけどw

ふと見ると、ハルが何かを熱心に覗いている。
なんだろうと覗いてみると、台所の床に座り込んで楽しそうに韓国語で会話する、K-Girlsたちw
まるで、体育館の裏で楽しそうにダベっている上級生のお姉さまたちを覗いている、中学1年男子みたい(笑)

興味深げな草食系男子w
110805_1510~01


これが韓国式なのかは分からないけれど、一緒に食事に行った韓国料理屋さんでも、店員さんたちがかわるがわる赤ちゃんの面倒をみてくれたりして、本当に『みんなで子育て』って感じが本当に良かった。
母国ではない土地にいるからそうなのか、それとも韓国はみんなそうなのか。
こういう育て方ができるのは、とても良い。

また遊びに行こう!!








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2726-91f20c36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。