ハルにはテレビっ子になってほしくないが、子供ってどういう歌や映像が好きなのかなーという興味もあり、子供向け番組がある時間帯は、たまにテレビをつけてみている。

が、幼児番組って、脳天から奇妙な声を出すおにいさんやおねえさんばかりで、なんだか違う気がする。
大体、子供を相手にするのって、こんなに子供扱いせねばならぬのか??いや、相手は確かに子供なんだが…裏声や芝居がかった話し方、ちゃちなぬいぐるみにしなくては伝わらんのだろうか?
第一、ハルも少しも興味を示さぬ。

そんなとき、NHKの『クインテット』をハルに見せてみたら、大喜び!

これは大人が見ても楽しめるほど良くできているし、音楽も良い。アニメーションも色合いがいい。

早速DVDを購入。ハル大喜び!
ぬいぐるみが踊るオリジナル曲も好きだけど、クラシックも好き。特にピアノ協奏曲。

いずれはアンパンマンとか戦隊モノを好きになる日がくるんだろうけど、そればっかりにはしたくなかったので、良かった!
全部で9巻出てるらしいので、少しずつ書い足そう。


しかし、最近分かったこと…。

ハルが大好きなのは、NHKの『革靴の修理講座』。
分からん…子供って分からん…。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2664-32ffb70c