上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.18 停電の理由
昨日、東北に住むという、ある人の日記を読みました。
ざっと要約すると、

『今回の計画停電は、被災地に電力を送るためではありません。東北地方にある発電所、特に今回の福島原発などは、関東の首都圏に電力を送るためのものです。それらが停止しているので、関東エリアの電力が足りなくなり、それで計画停電しないと全体がダウンするという事態になっているのです。ガマンしなくちゃね、と関東の方は言いますが、それは当然のことではないですか?東北の被災地のために節電がんばる、など言っている人がいますが、私たちからみれば、おかしな話です。福島原発が東電のものであり、東北電力のものではないことを、分かっていますか?』

確かに、福島原発で作る電力が、関東に供給されていることは知っていたけれど、他にも今回の地震で停止点検中になっている火力発電所なども、関東に電力を送るためのものだったりするらしい。
上記の文章は、ネット上で見つけた個人的な文章で、『拡散希望』となっていたけれど、私は『拡散希望』 となっている文章は絶対に拡散しないようにしていますので、元URLは記載しません。拡散もしないでください。

ただ、上記の文は確かに、今回の被災地の人たちが感じる気持ちを表していると思う。


そういえば以前、新潟で地震があったときにも、同僚の新潟出身のコーチが言っていた。
「あれは私たちが使う電気じゃないのよ。なのになんで私たちの土地に原発を作るの?」



原発、火葬場、墓地、ごみ捨て場、米軍基地。

必要だけれど、自分の家の近所には作ってほしくないもの。
そういうものを、自分たちの町に作られる、ということ。
そしてその設備を使うのは、遠く離れた土地の人たちであるということ。
確かに、『お金』 は払われた。でも。それはやはり、理不尽なことだと思う。

誰もが生きていれば、電気を使う。ごみを出す。死んだら火葬してもらわなくてはならない。火葬したらお墓に入る。

「・・・必要なものだけれど、うちの近くには作らないでね。」
そして電気を使う。ごみを出す。火葬してもらい、お墓に入る。当然のように。




今回の計画停電、文句を言っている人もたくさんいる。
びっくりしたのは、「停電かあ、これで俺の住む場所も本格的に被災地だなあ」

・・・たった3時間の停電で、被災地にはなりません!


私も、勉強不足なことがたくさんあると思う。
どうしたら良くなるのか、私にも分からない。私にできることがもっとあるのかもしれない。
私も勉強します。
無知は罪だと、恥じました。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2643-2296fe31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。