たしか、昨年末だかのニュースでやってたかと思うのだが。
NASAが、科学的見地から ”ありえない” ”現実的” と評価した映画。

■“ありえない映画”ワースト7作品
1.「2012」(09)
2.「ザ・コア」(03)
3.「アルマゲドン」(98)
4.「ボルケーノ」(97)
5.「チェーン・リアクション」(96)
6.「シックス・デイ」(00)
7.「What the #$*! Do We (K)now!?(原題)」(未)

■“現実的な映画”ベスト7作品
1.「ガタカ」(98)
2.「コンタクト」(97)
3.「メトロポリス」(29)
4.「地球の静止する日」(52)
5.「Woman in the Moon(原題)」(未)
6.「遊星よりの物体X」(52)
7.「ジュラシック・パーク」(93)

これのベスト2に入っている、『コンタクト』がWOWOWでやっていたので、久しぶりに観た。
主演はジョディ・フォスター。
いいですよ、私は好きです、この映画。

それにしても!!

ワースト1位の 『2012』。
恐怖にかられて、「ホントに地球は滅亡するんですかっ!?」という問い合わせをNASAにした人が続出して、NASAは大いに迷惑したらしい。

・・・・・。


誰ですか!!そんな電話したのはっ!おかーさん許しませんよっ!!



まったく。
そんな問い合わせして、「ええはい、2012年に地球は滅亡しますですねー」 とかNASAが答えたとして、それでどうするつもりだったのか。
映画ですよ、映画!!あれは映画のオハナシ!!
と、100回くらい言ってあげないといけないらしい。


NASAに問い合わせなんかしちゃダメ、絶対。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2633-b7503fc0