上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.27 男の子育て
「子育てをしない男を、父親とは呼ばない。」 とは、何のコピーだったかは忘れたが。

父親が関われることは、経済的に支えることだけじゃないし、子育ては母親だけの権利でも義務でもない。
育児は 『参加するもの』 でもなければ、 『お手伝いするもの』 でもない。
2人の子供、自分の子供だと思えば、自ずと手が動くものだと私は思う。

でも、最近のお父さんはよく育児をするみたいね。
育児は楽しいことなので、やってみたら 『楽しい > 大変』 だということがよく分かると思うし、やらないのは何よりも、もったいない!
MOTTAINAIですよ。(流行に乗ってみた)


さて。
カブト流、男の子育て。

カブト流抱っこ。
P1050002.jpg

厳密に言えば・・いや、厳密じゃなくてもこれは抱っこじゃないが(笑)、なにげにこれが居心地いいらしい。
しかも、抱っこをする側もリラックスできるという利点もある。
私の足だと太さと厚みが足らずに隙間だらけで居心地悪そうだが、カブトが胡坐をかくと、すっぽりと全身が収まって、ちょうどいいみたい。
最初の頃こそ 「・・ちゃんと抱っこしてほしいなー」 と思ったが、本人はとても居心地がいいようで楽しそうなので、これはこれでアリのようだ(笑)

2人で楽しそうにおしゃべり。
P1050015.jpg

ミルクをもらうときはお父さんを見ましょうw
P1040928.jpg

最初の頃の抱っこより、しっくりしてきました
P1040952.jpg

同じ顔をして眠る2人・・・
P1040954.jpg

ね、楽しそうw
P1040962.jpg

育児をするのが2人だと、赤ちゃんは居心地の良い場所が2つあることになる。
安心する場所が1つでも増えるのは、赤ちゃんにとって、とても幸せなことのはず。
楽しんでやっていれば、それが例え 『抱っこという名の、抱っこじゃないナニカ』 であっても、それはとてもいいこと。2つの 『抱っこ』 を楽しめるなんて、きっと幸せなこと。

「やって、って頼めばやってくれる」 のも悪くはないが、自分から関われば、もっと楽しいことになる。
仕事だって何だってそうだよね。『やらされてる』と思ってるうちは、何やったって楽しくない。自分から関わらないと、どんなことでも面白くないし、成長もない。

赤ちゃんの成長はあっという間。たった1日で、昨日までとは違ってしまう。
大切な一瞬を、お父さんも見て、感じて、楽しんでほしい。と、私は思う。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2624-1a6e4ebc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。