今朝見た夢。

私は、フィギュアスケートの選手として、全日本選手権に出場している。
しかも優勝候補の1人!!
そしてなぜかコーチは、自動車部の同期の、和モノ。

出走順(出走??)はくじで決まるのであるが、どうやら私は1番手~3番手のいずれかになることが分かっているらしく、すぐに準備しなくてはならない。
が、スケート靴の紐が、片方はちぎれそうに細いヨレヨレの紐で、もう片方は、小さい女の子が髪を結ぶような、プラスチックの飾りつきのゴム紐。
どっちもしっかり締められん!!!!

紐がちぎれないように気をつけながら結んでいると、なんと私の出走順は1番と判明。
早くしないと、練習走行(走行??)の時間も終わってしまう・・・!
審査員席の前で、言い訳しながら紐を結ぶが、結局時間切れとなり、本番。
「やる気あるとや!!練習走行終わったぞ!!」と怒る和モノの声を背中に受けつつ、紐でしっかり締められなかったためにグラグラする足首を支え、いざ!!!!

チャラララ~♪
曲は 『タイスの瞑想曲』。
グラグラする足首の割には軽快に滑る私。
私の得意技は、イナバウアー。しかも思いっきり体を後ろに傾けるので、某Aスケート選手と比較して、『超絶イナバウアー』と呼ばれている。

っていうか、傾けるというより、背中から氷まで15cmくらいしかないんですけど!!
我ながらどうやって滑っているのか分からぬ(汗)
しかし観客には大ウケで、拍手と喝采を浴びながら、ひたすら『超絶イナバウアー』のみで時間をつぶす私。
なんていうか、ジャンプとかステップとかなんかしなくちゃいけないんじゃないだろうか。
いくら重力と筋力を無視したすごいイナバウアーだとしても、これだけで3分間を消費していいものだろうか?


しかし、起き上がり方がわからん・・・。


いい加減、『超絶イナバウアー』にも飽きて静かになった会場の中を、ただひたすらイナバウアーで滑り続けるところで目が覚めた。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2602-100e1aa0