上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.08 抱き癖
よく、「泣いたからって抱っこばかりしてると抱き癖がつくよ」 って言う。
また、「赤ちゃんは泣いて肺を強くするんだから、泣かせないとだめだよ」 と言う人もいる。

本当かな?その根拠は?


気になったので調べてみたが、いずれも特に根拠はないらしい。
育児論てのは年々変わるもので、10年前に推奨されてたことが今は 「やっちゃだめ」 になってることも多いし、その逆もある。

カブトのお姉さんが上のお子さんを育ててた頃は、うつぶせ寝が推奨だったらしいし、母が私たちを育てた頃は、授乳期はお餅を大量に食べて、オムツかぶれにはパウダー推奨だったらしい。
今はいずれも、「根拠のある禁止事項」 になっている。
人が人を育てることなので、まだ色々と分からないこともあるし、やっていかないと見えてこないこともあるんだろう。

ということで、基本的に 『泣いたときの対応』 は、自分で考えたやり方を取ることにしている。
私が思うのは、『赤ちゃんが泣くことにはそれなりに理由がある』 ということ。
空腹、オムツ、身体的な不快感、不安・・・。それ以外で泣く、いわゆる 『ぐずり』 もあるけど、これもれっきとした理由。
「すごく眠いのに、なんだか上手く寝付けない」 「なんか分からないけど、どーにかしたいのにどーしたらいいのか分からない」 ってことは、大人の私たちでもある。

ちなみに、「すごく眠いのにうまく寝付けなくて機嫌が悪くなる」 のは、私は非常に多いですw
そういうときに、背中や体をさすってもらうとリラックスするでしょ?マッサージしてもらったら、あっけないほどにすんなり眠れたりするでしょ?
きっと赤ちゃんも、そういう気分じゃないかなと推察。
違うかもしれんけど、お母さんに全身を包むように抱かれることは、すごい安心感があると思うんだ。

私が大事にしたいのは、「自分がお母さんを必要としているときは、お母さんは必ず自分のところにきてくれる」 という信頼感を作りたいってこと。
料理中や家事をやっているときなど、すぐに抱けないこともある。そういうときは、必ず声をかけるようにして、無視はしないようにしている。
自分の呼びかけには、必ずお母さんは答えてくれる。そういう風に感じてほしい。

これが正解かどうかは分からないけれど、それとは別として、私はそういう信頼感がハルとの間にできたら嬉しいなと思っている。
「2人目からはそうはいかないよ!」と言われるけれど、まあそれはそのときの話。
1人目だからこそできることがあるのなら、それをやってみるのもまた良いんじゃないかな。


ちなみに今ちょっと調べてみたら、最近の推奨は、「赤ちゃんが呼んだらどんどん抱っこしてあげてください」 らしい。
で、病院でそう教えられたママさんたちが、家に帰ると、自分の母親やお姑さん、先輩ママたちからダメ出しを受けて混乱するのらしい。
10数年でこんなにころころ育児論が変わったら、そりゃママさんたち混乱しますわね。

ころころ変わるのなら尚のこと、自分の子供は自分の考えで育てるのが吉!
・・・・・タブンねw






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2578-b61c58f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。