2010.12.20 お宮参り
ハルの1ヶ月検診の後、安産祈願をした神社にてお宮参り。
午前中は雨だったのに、午後にはいいお天気♪ やはりハルの大事な日はよく晴れる!
カブトにお祈願の申し込みしてもらっている間に、ハルと私はおみくじの鯛釣りにチャレンジw

お金はお母さんが立て替えます。ハル、この300円は出世払いねw
PC201168.jpg

釣れたよーw
PC201169.jpg

おみくじは末吉であった。
が、ハルはまだ生まれたばかり。末吉で良かりけむ!!

けむ!!
PC201170.jpg

魚釣りの後は、待合室にてハルに着物を装着。
最初は特に着物を用意することは考えておらず、普段着でお参りするつもりだったけど・・・。
実はこの着物、サイタ父が満州で生まれたときに作った着物。(満州というところに時代を感じる)
その後、弟1号と2号もこれを着てお宮参りをし、七五三のお参りをし、そして今・・・65年目にして、孫のハルがお宮参りで着る。
ところどころ黄ばみもあり、サイタ家の家紋が入ってはおりますが(笑)、親子、孫と3代続けて着ることができるなんて、とても縁起が良いもの。
古いとか家紋がどうとかよりも、ずっと強い祝福だと思うので、ありがたく受け取りました。

で、どうするのかしら、これ・・・。よく考えたら、装着方法を聞いてなかった(汗)

戸惑う母を心配げに見守る息子w
PC201171.jpg


この着物、富士山とタカと怒涛の波が描かれていて、とてもカッコイイのです。
境内には他の赤ちゃんもお宮参りに着ていて、豪華なお着物の赤ちゃんもいたんだけど、そのたびに横からカブトが 「タカを前面に出せ、タカを出して威嚇しろ」 とうるさいw
威嚇して一体どうせよというのかwww

平日だったこともあり、初宮参りのお祈願は我が家一組で行っていただけることに。
祈願では、「太鼓の音で赤ちゃんが泣くと思いますが、どうぞお気になさらず」 と神主さんが言ってくれたが・・・予想通り、太鼓の音ではハルは全く動揺せず。
むしろ、ドン!ドン!ドン!ドン、ドン、ドンドンドンドンドン・・・」 という太鼓の音に合わせて、深い深い眠りに落ちていったのでありました(゜Д゜;)

で。
グースカ寝てるかと思えば、神主さんの祝詞に合わせて、ニター、ニター、ニターw と、定期的に笑うのはなぜw
一体なにがそんなに面白いのか、かつてないほどに笑うハル(笑)
その後はスリングの中でギーギー機械音を発し続け、最後までぐずることなく、いつもどおりのハルで、お祈願を終えることができました♪

お祈願の後は、境内の戌岩にお礼参り。
戌の日に、この戌岩のおハナを撫でて、安産のお願いをしたんだよねー。
そのときはまだ、お母さんのお腹の中にいたんだよねー。

戌岩さん、ありがとう!
PC201182.jpg

戌の日の画像。なんてお腹が小さい!!
戌のお参り 002

この頃はまだ、ハルは性別も分からず、重さも算出できないほど小さかった。身長20センチとか、そのくらい。
こうして抱いてお参りができるなんて、夢のようだ。本当に、感謝しなくては。

無事に1ヶ月検診もお参りも終え、大忙しのイベント盛りだくさんの一日は終わりました。

お疲れさま、ハル!おうちに帰ろうねー
PC201181.jpg

ちなみに今回の画像、かめさんからお試しレンタルしているカメラで撮りました。
やはり違うね、一眼!!
かめさん、ありがとー^^






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2563-f815ead7