上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月の入院時に同室だったWさんとMさんが、立て続けに出産した(驚)

Wさんは予定日近かったけど、Mさんは私と同じく、12月予定日。
帝王切開だから、私の翌週となる今月後半に手術予定となっていたのだが…昨夜急変して、緊急手術で産んだらしい。
ま、また抜かれた…w


今朝も同室の人が破水して、これから緊急手術らしい。彼女も私よりずっと後の予定だったのに(汗)

ここにいると、帝王切開とはいえ、結局赤ちゃんの産まれたいときに、産まれてくるものなんだなーと実感する。

私もやむなく帝王切開で出産するが、それについても、
「あなたは陣痛を知らないまま母親になるのね~」とか、
「麻酔するから痛みがなくていいわね」とか、
「帝王切開だと二人目できるまで数年かかるんでしょ?自然分娩ならそんなことなかったのに」
とか色々言われて、正直傷ついたし、落ち込んだりした。(ちなみに痛みについても、次の妊娠に関しても、実際はそんなことはありません)

私だって、好きで入院してるんじゃないし、好きでお腹切るんじゃないのに…。
赤ちゃんと私の命を守るためにはこれしかないから、仕方なくなのに…。

でも、みんなを見ていると、「そんなことない、みんな同じだ」と実感する。
みんな苦しくて、みんな痛くて、みんな辛さに耐えている。
母親になることに、楽なことなんてない。
母親の都合で産む日を決めることだってできない。

落ち込みもしたけれど、頑張っているみんなを見ていたら、自然に落ち着いた。
そう、分かる人だけに分かればいい。
赤ちゃんとカブトと私で、元気に楽しく暮らしていければ、それでいい。

この入院で、一番大事なことが分かったと思えば、嫌な思い出にもそれなりに意味があるだろう。きっと。

さて、私の赤ちゃんの運命は…どうなるのかな?
16日まで待ってくれるか、自分で早めてくるのか!
ドキドキです。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://risuco.blog94.fc2.com/tb.php/2510-8b65f23a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。