上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝見た夢。

私は犯罪をおかして逃げている。
どうやら殺人レベルの犯罪らしいが、「本当は悪くないけど警察は信じないだろう」的なことで、身を隠すことになった。
かめさんが来てくれて、「車でいけるとこまで送るよ」と言ってくれたので乗せてもらったのだが、スカイツリーや東京タワーが見えるたんびに写真を撮るので、都内からなかなか出られない。
そもそも、こういう特定が容易な車で逃げるのはいかがなものか。という意見も出たので、徒歩で逃げることにした。

カブトと歩きに歩いて、神奈川に入った。
「なかなか関東から出られんねえ・・・」
「歩きだからね。ユキコ、ところでどこを目指してるの」
「個人的には、知り合いも多くて土地勘のある福岡に逃げたいけど、それって警察も福岡を探すよねえ」
「だろうなあ」
「ということで、すごく意外な方向に逃げて、石川あたりを目指してるんだけど」
「石川!?・・・徒歩で石川は無理だよ!そもそも石川の方向、わかってる?」
「うーん・・・大体でいうと、右?」
「・・・・・。」


そんなこんなしているうちに協力者が増えた。
まあ、弟1号と2号なのだが。
「潜伏先は僕が探します。カブトさんは、ねえちゃんの着替えとか身の回りのものを持ってきてください」
ということになり、私はヒッチハイクして、一路石川へ。

ヒッチハイクしたワゴン車には、同年代の男女5人が乗っていて、「わたしたちは県境なき医師団だ」と言う。
国境なき医師団のミニ版的なやつかな??
この県境なき医師団の技師兼運転手がなかなかに好みの男性で、もう私は自分がどういう理由でどこに向かっているかを完全に失念。
「あっ、みなさんダイビングするんですね。へえ、石川って海きれいですか?へえ、そうなんですか!え、私もご一緒していいんですか?わー、嬉しい!」

「カブトへ。私のダイビング道具も一緒にもってきて~」
とメールしているところで目が覚めた。

逃亡の緊張感は最初の5分くらいだけだった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。