上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.05.16 おひるやすみ
息子が通っていた保育園は私の職場に近いところだったので、一緒の保育園から上がった子供はゼロ。
近所に同学年の子もいないので、全くのアウェー。
幸いに学童にはすぐに馴染めて、同学年の仲の良い友達もできたのだが、これまた違うクラスの子ばかりで。

毎日の休み時間、息子は学童の仲良し男子と遊びたくて、ジャングルジムで一人で待ち続けているらしい。
偶然会えれば一緒に遊べるけど、会えなければ休み時間の間、息子は一人。

「同じクラスのお友達とも遊んでみたら?」と言ってみるが、仲間に入りそびれたのか、いつもの友達と遊びたいのか、なかなかそうはできないようで。

仲良しの男の子にも、同じクラスのお友達が増えてきたのか、最近はなかなか休み時間に合流できないらしく。
「きょうはハルくん、ひとりであそんだ。」
という日も増えてきた。
寂しくない?と聞くと、「さみしくないよ。ジャングルジムすきだもん」とのこと。
「寂しくないならいいね、鉄棒の練習とかもやってみるといいかもね~」と軽く流しておいたが、しばらくしてポツリと、
「・・・ちょっとだけ、さみしいときもある。」
「・・・同じクラスのお友達にさ、『いっしょにあそぼう』って言ってみたら?」
「うん・・・」

そして一昨日、「おなじクラスのおともだちとあそんだ」 と報告が。
向こうから誘ってくれたらしい。

今日はどうしてるかな。

いつまでたっても、些細なことを心配してしまうのが母親か。
スポンサーサイト
2017.05.15 登校途中
今朝。
登校班の集合場所から子供たちを送り出したあと、近所のママさんに運動会の場所取りなどについて聞いていたら。
3年生のおねえちゃんが走って戻ってきて、「たいへんたいへん!ハルくんが!!」
具合でも悪くなったのかと猛ダッシュで追いかける。

・・・・・水筒の水がダダ漏れになっただけだった。
ふたがちゃんと閉まってなかったのか、水筒はカラッポ。
手提げバッグは水びたし。

でもまあ、濡れたのは手提げバッグだけだし、中身は水だし、服は濡れていないので、「もう今日は水道の水を飲みー。バッグは授業中に干して乾かせば大丈夫」 とそのまま送り出した。

後ろから見ていると、息子は手提げバッグを勢いよく振り回して水しぶきを飛ばし、子供たちは「うわー!w」と大喜び(笑)
調子に乗った息子は手提げバッグをブンブン回しながら大笑い。

あんなこともするんだ。
親が一緒だとやらない動き。
小学生男子って感じ。
やんちゃな後ろ姿を見ながら、「バッグ破れるぞー」と呟きつつ、嬉しいようなちょっと寂しいような。
もうすっかり男の子だ。大きくなったねえ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。