上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝見た夢。長文です。

これは途中から視点が変わる。まずは、主人公その1の女性の視点からスタート。

私には5つ上の恋人がいる。
けれど、恋人にも、恋人がいる。
なんのことはない、私が彼を好きになったとき、既に彼には遠距離恋愛中の彼女がいただけのことだ。
遠距離だから、日頃は彼女の気配は何もない。話題に上らない限り、いないのと同じだ。
彼を好きになってから彼女の存在を知ったので、今さら『好きにならなかった』ことにはできなかったのだ。
彼が、私だけの彼になればいいなとは思うが、策略を巡らせて奪うようなめんどくさいことができる性格でもないし、『彼女がいる人を好きになった不幸』に酔うような性格でもないので、普通の恋人同士のように、普通に恋愛している。
いつもは。

でも、今週末は違う。
彼は数ヵ月に一度の逢瀬に行っているのだ。
分かっていることだから、それは構わない。
彼と会わない週末もあるのだから、それ自体は構わない。
ただ、彼女に会いに行くときの、彼の申し訳なさそうな顔を見るのが辛い。
どうしてそんな顔をするのだろう。
そんな顔をしないでほしい。

私は、「彼女と別れてほしい」とも言ったことはないし、彼女のことを話題にすることもしない。
「彼女のところに行かないで」と言ったこともないのに。
彼は、私にどうしてほしいのだろう。

ここで、彼女の後輩男子に視点がチェンジ。

今夜、思い切って先輩を誘ってみた。
アイツが彼女に会いに行くと聞いたから。
ダメ元で誘ってみたけど、案外あっさりオーケーされた。
…男として見られてないだけかな。

先輩はいつも厳しくて、クールで、口数も少なくて、無愛想で、そんなに美人じゃないけど、でも、なんだか気になる女性だ。
後輩の中では「あの人って怖いよね」という奴もいる。
「あの人が、あの先輩と付き合ってるなんて信じられないよな。しかも、二股の片っ方だろ?俺ならもっとかわいい女子と浮気するな、どうせなら(笑)」

なんでみんな分からないんだろう。
先輩が、アイツと話すときに見せる、柔らかな笑顔。油断した横顔。
あんな顔するんだ。
あんな顔、させるんだ…。

先輩は今、俺の隣でビールを飲んでいる。
普通の焼鳥屋のカウンターだ。
警戒されるのが怖くて、こんな店を選んだけど…、俺と一緒なら、先輩にはどこでも同じだったかもな。

先輩は何も喋らず、黙々とビールを飲んでいる。
「あの、エビ、食わないんですか」
「え?」
「いや、前、エビ好きだって話してませんでした?食わないから、なんでかなって」
「……エビ好きとか、言ったっけ」
「いや、前にみんなで話してるときに、そんなこと言ってたなって」
「よく覚えてるね」
「…好きじゃなかったですか」
「好きだけど」
「じゃ、冷める前にどうぞ」
「……殻、むけないから」
「え?」
「足のところが、ちょっと」

「へえ、なんか、意外ですね(笑)」
気まずい沈黙の中で、ようやく会話の糸口が見えてほっとして、笑ったと同時に、いつもアイツに殻を剥いてもらっているのだ、ということに気がついた。

ダメ元で誘ってみただけなのに、突然猛烈な嫉妬と、凶暴な感情が沸き上がってきて、俺はビールのジョッキを置いた。
「エビの殻なんて、誰だって剥けますよ」
「え?」
「誰だってできる。俺にだってできる。アイツじゃなきゃできないことじゃない」
「どうしたの突然。…酔ったの(笑)?」
「アイツはいない。彼女に会いに行ったんだ。あなたがいるのに」

ああ、せっかくの夜なのに。
先輩と一度、二人で飲めたら、と思って勇気を出して誘ったのに。
最悪の夜にしてしまった。もう終わりだ。
なんでこんなこと言っちゃったんだろう。

「すみません、でも、」
でも。
「でも、俺なら、先輩を一人にはしないです」
エビ、殻、剥きます、と言って、先輩の皿からエビを取って、殻を剥いた。
怖くて、先輩の顔を見られない。
言ってしまった。一笑に付されるだろうか。

先輩は黙って、ジョッキを持ち上げて、ビールを飲んで、店員を呼んだ。
「すいません、…ビールのお代わりください」

ここで夢は終わり。
ちなみに、関東の方には分からないかもですが、福岡の焼鳥屋には、エビが普通にあります。
頭からしっぽまで、殻つきで塩焼きにして出てきます。
雰囲気は、『戦国焼鳥』系の安い大衆系焼鳥屋でした。(福岡市民にしか分からないw)
スポンサーサイト
2015.11.28
出先でいい子にしていたので、レゴの『ポリスカーと沼地のどろぼう』とかいうやつを買ってあげた。
なんと、沼地のヘビを捕まえる棒とか、どろぼうにかける手錠とかもある。
私が子供の頃にはこんなパーツなかった!というものばかり。

作って遊びだしたのだが、手錠がうまく付けられず、「おかーさん、つけて…ああ、片手でいいの!片手だけにつけて」
お巡りさんに連行させるのか、よく知ってるな…と思っていたら、なんと車につけて「いくぞ…ブーン」と引きずりだした(゜ロ゜;
「それはひどくない!?」と聞くと、
「どろぼうしたんだから仕方ないの」

そうね、どろぼうしたのがいけないんだよね…。
pc002.jpg


息子が警官になったら、どんなに困窮しようとも万引きしないよう気を付けねば!
市中引き回しの刑に処される…(@_@)
テーブルに書類を広げて事務仕事。
カリカリやってたら、息子が
「おかーさん、休憩のときに飲んでね」
と、オモチャのコップを置いてくれた。
「オレンジジュースとブルーベリーがまじってて、ぶどうの粒(公園で拾ったBB弾)がまじってるジュース」らしい。

優しい…なんと優しい(T_T)
pc001.jpg


と感動していたら、
「きょう、パイさわっていい?」

……結局またパイ落ちかい!!(゜ロ゜;
2015.11.26
息子を妊娠してからずっと通っていた医大。
ここ数年は、半年に一度の定期検診のみだったのだが、担当医が退職して実家の病院に戻ったのを機に、私も医大を卒業することになった。

つわりを堪えながら座った、産科の待合室。
ブラックアウトして倒れかけた、玄関ホール。
2ヶ月入院した、西病棟。
点滴しなから車椅子で行くのが唯一の楽しみだった、お洒落でもなんでもないカフェテリア。
息子と一心同体ツーショットを撮った、MRI室。
息子と初めて会った、手術室。
息子のリハビリで通った、発達外来。リハビリ室。
産後も通い続けた、産婦人科外来。

ついに卒業かあ。
入院生活も長かったし、どんなにきつくて痛くて辛くても、最後はハッピーだったしで、私にとって医大は『懐かしく、いい思い出のある場所』だった。
正直、卒業は寂しい。
でも、いいことなんだよね。

………で、今後は、退職した担当医の病院に通うことになりました(笑)
ストーカーの如く!!(゜ロ゜;

結局、病院通いからは卒業できませんでしたw

お誕生日ディズニーにいってきました。
プーさんたちと朝食を食べ、レゴデジカメでお気に入りの『せかいじゅう』を撮影し、おかーさんとゴーカートに乗ってガコンガコンぶつけ…開園から閉園まで、お昼寝もせずに遊び倒してきました。
最後の3分で、スモールワールドからバズまで走りましたよ。
心臓やぶれるかと思いましたよ。
走りすぎて手が震えて、銃なんて狙えませんでしたよ。

だいすきな 『せかいじゅう』 を撮影。
dr001.jpg


そして、そのアトラクションのどこかで、私のスマホがバキバキになったわけで…(@_@)
王国で撮った画像だけは!!なんとか取り出したい!と頑張って、がんばって、ガンバッテ、なんとか引っ張り出しました。

プーさんと食べた家族の朝食、5,000円。
息子に買わされた耳つきパーカー、4,000円。
おとーさんが買わされた剣、1,500円。
スマホ交換代6,000円。

楽しかった思い出、プライスレス…。


今朝の夢は、カマキリと巨大バッタの激アツな戦いを、従兄弟のよっちろと観戦する、という夢だった。
こう書くとわずか2行で済んでしまうのだが、戦いの中には壮大なドラマが…。

起きてからカブトに、
「カマキリと巨大バッタの戦いを観戦する夢だったよ…いやー、激アツだった…」
「で、勝敗はどうだったの」
「互角だった…」
「ふーん」
「私もアツい声援を送ったんだけどね、いかんせん虫だからね、あんまり伝わってはいなかった」
「なるほど」

うーん、アツさが伝わらない。
2015.11.17 たくさん更新
1ヶ月更新してないと、コメント欄まで承認モードに入って、完全なる休眠状態になるっぽい(汗)
すみません、どうせ誰も見てないんだろうと油断していたら、夏も終わって秋も終わろうとしていました・・・。
色んな方が、コメント欄やらmixiで連絡をくださいまして、「ちゃんと読んでるよ!待ってるよ!」と言ってくださったので、また更新がんばろうと思います。

ってことで、夏からこっちのFacebookの投稿をいくつか、こちらに移植しました。
すみません><

ブログにも書きましたが、夏からこっち、七五三の準備やらなんやらで忙しく、PCを立ち上げても仕事しかしないでオワリ・・・という感じでした。
FBだと、何かの合間にちょこっと更新、とかできるので、すっかりそっちにいってまして。
でも、「この頃どんなことしてたかな」 と息子や自分のことを思い出すときは、ブログの方が見やすいので、今のところ続けていこうかなとは思っています。
でも、息子も大きくなってきたし、あまり自分のことを書かれるのは嫌になるのかな?どうかな・・・。
おかげさまで、息子は5歳になりました。
生まれるかどうかの前に、お腹の中で無事に育つか分からない。とまで言われたあの小さな小さな生き物が、無事に大きくなってこの世に生まれ、そして、健やかに成長してくれました。

明日は誕生日という夜。
5年前の今頃は、絶飲絶食間際に駆け込むように午後の紅茶をガブ飲みして、胸焼けして気持ち悪くなって苦しんでいたのだったなあ・・・・。(どうにもしまりのない思い出)
あれから5年かあ。
もうすぐ今日が終わる。
「息子は4歳です」という日々も今日で終わる。
明日で息子は5歳になるのだ。
と、感慨にふける。

健やかに成長してくれたのは嬉しいけれど、ちょっと寂しい。
ちょっとしんみりして、お風呂で「明日でハルくんは5歳かあ…」 と呟くと、息子がそっと私の手を握ってきて、
「大丈夫だよ、何もかわらないよ。ただちょっと、大きくなるだけだよ」

こんなことを言うようになったのか…。
とジーンとしていたら、
「ねえ、きょう、ねんねするときにパイさわっていい?」
「……いいけど。念のために聞くけど、5歳になってもパイさわるの?」
「うん、さわる」
「さらに聞いておくけど、いくつくらいまでパイさわる予定?」
「うーんと、10歳くらい」

…………あんまり成長してないな。

そんなこんなで、今年もお誕生日をむかえました!

2015bd001.jpg 2015bd002.jpg

誕生日プレゼントは、レゴのトイデジカメ。
ずっと自分のカメラをほしがっていたので、息子が 「これがほしい!」 と言ったカメラにしました。
防水も耐衝撃もないけれど、『大好きなものを大切にする』 経験をしてほしいと思うので、そういう意味では、『最初のカメラ』 には最適かと思う。

これからも健やかに育ちますように。



今朝見た夢。

私は映画会社のアシスタントみたいなことをしていたが、ある時「人が足りないから」という理由で、戦闘服を着て銃弾の中を逃げ回る端役をやった。
「あいつ、逃げ回る演技うまいな」という監督の一言で、それからも似たようなことを度々やらされた。

何度かやるうちに私の立場は『雑用の使い走り』から『端役の人』 になっていた。
もちろん、ちゃんとした演技の勉強もしていないので、私がやるのはいつも体を張った役ばかり。
撃たれるとか、逃げまどうとか…。

そんなとき、誰かが何かを間違えたのか、短いセリフのある、ちょっとだけ大事な脇役を私に振った。
伊藤英明似の主人公の兵隊と作戦に従事して、生死を共にするうちに愛情が芽生えそうになるが、それを確認できないままに目の前で爆死する、という役。
結局いつもの『やられキャラ』であるが、伊藤英明の心にナニカを残していったという意味で、映画の中でも割りと大事な役だった。
さらに、なかなか派手な爆死シーンであったために、ワイドショーなどで『色んな戦争映画に出てくる、最近気になる役者さん』として取り上げられるようになったのだ。

しかし、その頃、撃たれたり落ちたり爆発したりに疲れはてていた私は、サラリーマンとして再就職したばかり。
「ねーねー、今朝のワイドショーの俳優さん、イイダさんと似てるね」とか言われながら、「そう?気のせいじゃない?」と言いながらキーボードを叩く。
やっぱ平和が一番だよなあ…でも、伊藤英明は確かにかっこよかったなあ…あんなことでもなけりゃ、伊藤英明と抱き合ったり、キスしたりはできないもんなあ…。
まあ、抱き合ったのは『1本のロープで2人一緒に崖を降りる』という設定だったり、キスしたときは爆弾抱えて敵地に突っ込む直前ではあったけれども…。

とボンヤリ考えていたら、なんと伊藤英明が職場にきた!
「どうしても君が忘れられない」と言われ、「ああ、映画みたいな展開がこの世に本当にあった!夢のようだわ」と思い、今後のめくるめく展開にドキドキしてたら、めくるめく前に目が覚めた。
今朝見た夢、その2

テニス部の同窓会。
大きな観光バスを借りて、オシャレなイタリアンのお店へ。
みんなきれいなママになっていて、最初は子供の話で盛り上がる。
そのうち、『今だから話せる恋バナ』になり、中学当時は●●くんが好きだったとか、●●ちゃんと取り合いしたとか、実は卒業後に付き合ったとか、なんか色々衝撃的な話が…。

おとなしい中学生だった私は、特にこれと言う衝撃暴露話は何もできず、「みんな青春を楽しんでたんだなあ」と羨ましく聞くのみであった…。

メンバーが本当に舞中テニス部のみんなで、まるで本当に同窓会をやったかのように楽しい夢でした。

ちなみに、さっきの指名手配の話とこれの間に、
『イトウさんとツーリングに行く話』
『イトウさんが生き霊になる話』
『我が家の2階で法事』
『自動車部遠征中に家事を目撃して大盛り上がり』
の夢も見た。
が、文章に起こせるほどのストーリーがなかったので(映像としては鮮明に覚えているけど)、書けず。
どれもなかなか面白い夢であった。
今朝見た夢、その1。

20代の男の子が、家に上がり込んできた。
本人いわく「俺は人を殺したから、言うことを聞かないとひどいことになるぞ」。
見た感じは華奢で落ち着きのない、思慮の浅そうな若者。しかし、我が物顔で我が家を使い、意図的に物をいちいち粗末にして乱暴に扱うさまを見ていると、「なんかこの子、普通じゃないな」と思った。
ただ乱暴なのとも違う、ただ思慮の浅いのとも違う。

……この子、本当に人を殺してるのかも。

さりげなく誰を殺したのか聞いてみると、「お前ら知らないの?鹿島舞ってやつだよ」
こっそり検索してみると、そんな名前の女の子が殺されて、犯人が指名手配されている。
画像が荒くて分からないけど、この男の子と犯人、横顔…特に鼻からあごのラインがよく似ている…。

指名手配から逃げ回っている割りには驚くほど無防備な男の子。私から携帯を奪うでもなく、監視するでもなく、お風呂とかにのんびり入っている。
今だ。警察に電話しよう…。

「はい、こちら警察です」
「もしもし、あのう…」
ふと背後に気配を感じて全身に鳥肌が立った。いつの間に…?
男の子は何も言わず、無表情にこちらを見ている。気付いてないのか?気付いてるのか?
もしかして、この子、無防備なんじゃなくて…『通報しようとしたら殺せばいい』みたいな、行き当たりばったりなだけ?
その表情からは何も読み取れない。
「通報するなよ」と脅すでもない。
分からない。同じ人間とは思えないほどに、何もかもが違う。

なんて言えば気付かれずに通報できるだろう?
知恵をしぼれ。考えろ。

「えーと、あの、今日のツーリングさあ、全然準備できてなくて、悪いけど相当遅れそうでさあ、待ち合わせの場所を変更してもらえないかなと思って…」
「はい?こちらは警察ですが?お間違えでは?」
「うんうん、ごめんねー。ちょっと変更していい?あの、16号のさあ…」

ああ、なんと言えばいいんだろう。
どういう風に我が家の住所を言えばいいだろう。
警察は気付いてくれるだろうか。

男は背後から動かない。
気付いているのかいないのか、素振りも見せず、その辺のものをいじっている。
考えろ。考えろ。考えろ…でも怖すぎて思考が進まない。
考えろ、考えろ、考えろ…!

というところで目が覚めた。
もんのすごくドキドキしてて、「あれが現実だったら何と言えばいいだろう」と考え続け、しばらく寝付けませんでした。
ああ、怖かった…。
2015.11.09 おっ♪
12193889_905535969534530_5594049440005244050_n.jpg

近所の子が、100均で買ってきたオモチャの五千円札を、大量に息子にくれた。

画像に撮るとオモチャだけど、実際に見ると色合いが絶妙でよく似てる!
大きさも少し小さいんだけど、部屋に落ちてると「おっ!」と思ってしまう。

家のあちこちに息子が置いていくので、それを見つけるたびに母は「おっ♪」となる。
そろそろ慣れてもいい頃なのだが、慣れない。

そろそろ本物に「おっ♪」ってなりたい。
息子のパンツを買い足した。
今度はちょっと、お兄ちゃんぽくボクサーブリーフにしてみた。
息子は「おにいちゃんパンツ!」と大喜び。ちょっとサイズが大きかったが、本人が気に入っているので履かせることにした。

私とお風呂に入り、先にあがって着替えたときにもいちいち「おかーさん、ほら!」と見せに来る。余程嬉しいらしい。

今朝も、
「おかーさん、おかーさん、見て!ほら♪」
とズボンを下ろしたのはいいが、ゆるいパンツが一緒に下がってフル●ンに…(*_*)

「アハハ!チン●ン出ちゃった!」
……って、変態か!!(゜ロ゜;
12191717_903718963049564_6464923145359955932_n.jpg

仲良しの女の子のお誕生日に、と息子がカードを書いた。
「おたんじょうびおめでとう」とちゃんと書いてはいるのだが。確かに書いてはいるのだが。
…レイアウトが自由すぎないか?

とりあえず、『真ん中から書き始める』のは考え直すべきだと思う。

稿しました。
19:28.
昨夜のこと。カブトにお魚のホネを取ってもらったが、なかなか食べない息子とカブトの会話。

「ホネ取ったよ、食べないの?あ、疑ってるんでしょ」
「ちがうよ、うたがってないよ!」
「うそだ、疑ってる。わかるよ」
「な、なんでわかるの!?」
「顔に書いてあるもん。そうやって顔に出るところ、お母さんにそっくりだな」

「え!あたし、顔に出る!?」
「何言ってんの?めちゃめちゃ出るじゃん。つまんないときは『この話つまんない』ってデコに書いてあるし、悪いこと考えてるときは目がカマボコになるし」
「……。」

「じゃあ、おとーさんは?」と息子。
「お父さんは出ないよ」
「どーして?」
「それが大人なんだよ」
「え、じゃあ、おかーさんは…」

悪かったわね、中身が小学生で!!(゜ロ゜;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。