今朝見た夢。

私は学生時代に戻っている。
今日は誕生日で、友達から色々プレゼントをもらった。
が、そのうちの1人…男子なのだが、なんだかちょっと特別っぽいプレゼントを「みんなのいるところでは開けないで」と渡された。

当然、そんな雰囲気を読み取った友人たちからは「ねえ、何が入っとったと!?」と詮索の嵐。
いやいや、私もまだ見てないし…と言いつつ覗いてみると、大きな袋の中には全部で3つのプレゼントが入っていて、そのうち2つはクリスタルの花瓶と、ガラスの植木鉢カバー。
…とってもオシャレ。かわいい!
そしてもうひとつは…パッと見た感じだと、白い柔らかそうな革のバッグ!

わかりますよ、わかります…ほとんどモテなかった私にも、さすがにわかります。
これはあれですね、『僕はあなたに友人以上の好意を持っていますよ』というアッピールを含めたプレゼントですよね!( ・∇・)
いやー、まいったなー。とデレデレしながら自分のアパートに戻ったら、ピンポーンとインターホンが。
出てみると、友人が3人ほど立っていて、「ねえ、さっきのプレゼント何やった!?」
「まだ見てないよ!」
今度は電話が…「ねーねー、あれって何やったと!?」
「今帰ってきたとこやけん、まだ見てないって!」

そしてまたピンポーン…。
作業服を着た人が2人。「すみません、安全確認のために、タンスのジョイント部を見せていただきたいのですが。」
タンスのジョイント部??まあ、いいですけど…こんな風になってますけど…。
しかし2人は、タンスなどそっちのけで何かを探している。
「ちなみにさっきのプレゼントはどこにありますか?」
はあー!?もうブチ切れた。
「てめー!きさんこの!!人の家に上がり込んできてまで知りたいとね!いい加減にしときーよ!出てけ!出てけって言いよろーが!ぼてくりこかされたいとかコノ!!」

……という、自分の寝言で目が覚めた。
カブトによると、
「情報がほしけりゃ金ば払え!」
とかも言ってたらしい…。

金をもらえれば教えるのか…(@_@)
スポンサーサイト
今朝見た夢。

自動車部同期のヤマダくんから、転勤になったと連絡が。
「俺、今度の勤務地はホルモール久留米やけん」

ホルモール久留米?と聞いたら、なんでも『ホルモンばかりを売っているショッピングモール』なのらしい。
「ホルモンならかなり安くできるぞ」と言うのはありがたいが、ヤマダくんは製薬会社勤務だったはず…。
なんでホルモール??(@_@)

ヤマダくん、ホルモール勤務がんばってね!
今朝見た夢。

知人のお見舞いで病院内を歩いていたら、知らない人から「あなた、がんですよ。私、分かるんです…検査した方がいいですよ」と言われた。
まさかと思ったが、最近体が妙に重くて不調でもあったので、念のため検査したら…がんだった。
しかも進行が早く、余命は半年ないらしい。

夢の中では息子はまだ赤ん坊で、置いていくには幼すぎる。が、余命半年ないとなれば、悲しんでいる場合ではない。
カブトと話し合い、公的補助について調べ、カブト一人で子供を育ててゆく方策を探し…、なんとなく目処がついたころ、目が見えにくくなってきた。
先生に聞くと、がんが視神経にきているらしい。あとどれくらい見えますか、と聞くと、1日2日だろうと言う。
きれいな景色を見たりしたいが、今度は『見えなくても生活していく練習』をしなければ。
音声のみでメールを送る練習や、見えなくてもシャワーで頭を洗う練習、トイレに行く練習。
そしてついに、目が見えなくなった。

余命もあと1ヵ月。
色んな人が、『がんに効くキノコ』だの『がんを消す漢方薬』だの『がんを治すお茶』だの持ってきてくれたが(なぜかSMAPからも応援メッセージが届いた)、もう起き上がることすらできない。
まだまだ人生長いと思っていたけど、こうやって唐突に終わりが来るものなんだね…。と、ベッドの脇にいるカブトに話しかける。
悲しむ間もなかった。
納得する暇もなかった。
受け入れる時間もなかった。
ただ、カブトと息子の今後と、死ぬ直前まで自分のことは自分でできるようにすることだけで、短い『最後の数ヵ月』は過ぎた。
でも、これが一番いい過ごし方なのかも。
結局、泣きもしなかったよね…。
と、ベッドの脇にいる誰かに話しかける。
誰かが手を握ってくれる。
それが誰なのか、私は誰に話し掛けているのか、それすらも曖昧になってゆく。
体がベッドに沈みこんでゆくようだ。
全てが曖昧になり、私もその曖昧に混じってゆく…

という、夢でした。
今回珍しく、夜中に何度か目が覚めたが、何度でも続きが見られた。
『もうすぐ目が見えなくなる』というシーンでも目が覚めて、「ああ、夢だった。目はちゃんと見えるな」と確認して、また夢の続きを見た。
2015.10.15 七五三
「無事に生まれる可能性は低いです。というより、お腹の中で、無事に育たない可能性が高いです。今回は諦めたほうが」
そう言われて数度の入院を繰り返し、「いつ緊急帝王切開になるか」と言われ続けて37週に正期産で生まれ、医大の伝説となった息子が、無事に七五三を迎えることができました。

最初は気軽に 「七五三には着物でいけたらいいなあ」 くらいで着付けを習っていたのですが、やっているうちに 「息子さんにも着せてあげたら?」 となり、しまいには 「だんなさんにも着せてあげたら?」 となり。
しかも、子供用の袴も、成人用の紋付もあったりして・・・。
ということで、夏休みに入る前に男袴の着付けを習い、そして、休み明けの9月に、着付け教室に息子を同伴して、男児の礼装着付けを習い。

仕事と家事の合間を縫って着付けの練習をして、迎えた当日。
朝は早く起きて、全員の朝食を作って食べさせて、まずはカブトの着付け。それから息子の着付け。そして自分!
全部で2時間の予定だったけれど、さすが本番に強い私!!自分のお化粧も含めて1時間半!!新記録!!

なんとか午前中のうちに写真撮影とお参りをすませることができて、ひと安心。
11月は神社がとても混むと聞いていたので、息子の体調と天気を最優先にして、10月の平日にお参りすることに決めたのだが、前夜にふと 「そういえば明日、仏滅とかだったりして?」 と思って調べてみると、なんと偶然にも大安吉日であった(笑)
しかも、1年の中でもっとも吉日といわれる日で、平日ながらも意外と人が多かった。

ご祈祷は、お宮参りの赤ちゃんや、お洒落して得意げな7歳の女の子たちに混じってで、子供たちの 「ねえ、まだー?」 とか 「ほら、座ってなさいって」 とか、赤ちゃんがフニャフニャ泣く声に混じり、ドングリの実が屋根に落ちる コーーーーン という音が響き、なんともいえない幸せな気持ちになりました。
ここで戌の日にお参りして、お宮参りもして、こうして七五三のお参りもできて、本当に幸せなことです。


20151015 1218161 20151015 1158381 20151015 1205501
2015101502131.jpg 20151015 1206081

ちなみに、息子が着ている紋付は、私の父が生まれたときに、満州で作ったものらしい。
70年前に作られたものなので、色あせや汚れはあるけれど、今はもうとても手に入らないようなもの。
これは、父のお宮参り、七五三、私の弟1号と2号のそれぞれのお宮参りと七五三で着たもの。
袴だけは弟たちの七五三のときに作ったもので、比較的きれい。
70年前に満州で作られた紋付と、40年近く前に福岡で作られた袴。
一番の祝福です。

そして、カブトの着ている紋付は、父が30代の頃に作ったもの。
これは父が着て、弟2号が結婚式で着て、今回の息子の七五三でカブトが着て・・・・・もしもいつか、息子が望めば、息子の成人式と結婚式にも着られると思う。
着てくれるかなあ、嫌がるかなあ。

そして私は・・・・私には何も残っていなかったので、いただいた色無地と、自分で探したお気に入りの帯。
自分の着付けが一番手薄になっていたので、きれいに着られているかどうか。お手洗いの鏡を使って自撮り(笑)
20151015 124326


生まれるかどうかさえ分からなかった子が、こうして健康に七五三のお祝いを迎えることができて、本当に嬉しいです。
病院で支えてくれた先生方、看護師のみなさん、励ましてくれた母親仲間。
それから、息子に色んなことを教えてくれた保育園の先生方、お友達、ご近所のみなさん。
育児に行き詰って泣きそうなときに、支えてくれた母親仲間。
そして、いつもあふれんばかりの愛情を息子にそそいでくれる、福岡のみんな。横須賀のじぃじ、ばぁば。

みなさんのおかげで、私たちの息子は大きく健やかに育ちました。
注いでいただいた愛情のご恩返しに、息子のために、これからも厳しく、愛情深く、息子を育てていきたいと思います。
いつか息子が、自立した、優しく愛情にあふれた、誰かを愛し愛されることのできる人間になることが、なによりのご恩返しになると思うし、それが息子自身を幸せにすると思うので。

それにしても・・・・。
夏からの着付け練習、ホントに疲れたーーー!!!
すごいプレッシャーだったわ!!

しばらくはゆっくりしたいぞ。









2015.10.13 夢日記:転居

稿しました。
7:10.
昨日見た夢。

我が家は引っ越しすることになった。
「安売りの新築物件だから、今の家と土地を売って、差額でローンの支払いが安くなるから」というのだ。

新しい家は、スーパー、病院、学校に近く、日当たり良好でみどりの芝生の庭もある、と…。
しかし実際には、切り立った崖に貼り付くように建った家。南側は崖下なので、そりゃ日当たりは最高。だが、窓から見下ろす断崖絶壁はぞっとする。子供のことを考えると、窓も開けられない。
デザイナー住宅という触れ込みなのでそりゃオサレだが、動線を全く考えていないので、おそろしく使いにくく住みにくい。
ガラスのはめ殺し窓やら作りつけのカップボードやらが多くて、掃除も換気もやりにくい。

結局庭はなかったし、スーパーや病院や学校までの直線距離は近くても、急な坂を転がるようにして行かなければならない。病院帰りにこの道、歩けるの!?
しかも、なぜか知らない親戚とかも居候してきて、私の居場所がない。
前の家に戻りたい、と懇願しても「もう売り出しに入ってるから」と…。

外に出ると、前の家のご近所さんもこちらに越してきていた。同じように不動産屋さんに言われて引っ越したが、「話が違う」とこぼしている。
やはり騙されたのだろうか…。
ご近所さんの娘さんは、ストレスで鎌を振り回すようになったとか(@_@)
「仕方ないよねえ」と諦め顔で言うご近所さん。
仕方ないのは、騙されたこと?鎌を振り回すこと?
どっちも仕方なくないですよ!(゜ロ゜;と説得してるところで目が覚めた。

今の家でよかった…(*_*)
昨日見た夢は、久しぶりに映画レベルの夢だった。
すごく面白かったのだが、複雑&長過ぎて書けない…。

王族の若者が反乱軍に混じって戦う話だが、途中イケメン傭兵と惹かれあったり(BLですな)、敵と間違えられて味方に殺される悲しいシーンあり、そこに神様が現れて「お前はまだ死ぬときではない」と転生したり(そしてなぜか姫として転生)…と、書くと奇想天外なんだが(笑)、ストーリーにすると面白かった。

ひと晩かけて見たような長い長い夢だったが、実際は短い間に見た夢なんだろうな。
人間の脳は深い。
12144689_892899107464883_3242688761402674459_n.jpg

7月から続いている、カブトの出張。
私一人だと、仕事を終えて迎えに行って、食事を作って食べさせて、お風呂に入れて片付けして…で時間がすぎてしまう。
息子と遊ぶ時間もなかなかとれず、たまにはとゆっくり遊ぶと、寝る時間が遅くなって翌朝息子は起きられず、毎朝寝坊して保育園には遅刻。
急かしたくないけど、急かさないと進まない。
たまにはと弛めると、生活リズムが狂ってしまい、それを戻すのは簡単にはいかなくて…結局「早くしなさい」「時間だよ」の繰返し。

息子もゆとりのない日々でストレスがたまったらしく、普段は穏やかな性格なのに、何かと反抗したりぐずったりワガママ言ったり、そしてついにチックまで出てしまい…。
私はこんなにこの子を追い詰めたのか、と深く反省。でも、それでも日々のことはやらねばならず。
一体どうすればいいのか自信もなくなり、正直ここ数週間は、泣きたいくらいきつかった。

今日は仕事もオフだったので、息子が保育園に行ってる間に、私は自分のためにリフレッシュの時間を。
夜は友人が夕飯に誘ってくれたので、みんなで食卓を囲み、子供同士でお風呂に入り。(息子は張り切ってゴーグル持参)
一人じゃないっていいな、と心から思った。

今夜は久しぶりに、息子の寝顔に謝らなくて済んだ。
ここ最近、息子の寝顔に謝ることしかできなかったので…。

誘ってくれた友人には本当に感謝。
私もあんな心配りのできる人間になりたいなと思った。
一回り年下の友人に救われた、44歳の秋(´・ω・`)
2015.10.06
44歳の誕生日が終わりました。
たくさんのお祝いメッセージ、メール、本当にありがとうございました。
カブトも出張から一時帰宅してきて、家族でお祝いしました。
サプライズの花束と、シャンパンとケーキ。

12096505_892211980866929_2313820392060087559_n.jpg 12072703_892212034200257_5252851995639898996_n.jpg

相変わらず、息子は主役が誰かわかってない・・・
11181779_892212000866927_7933480311840470285_n.jpg


仕事から帰ってきてから、何度も「おかーさんにペレゼントあるけどナイショ、おたのしみだよ。こっち来ちゃだめだからね!」と言いながらガサガサ触るので、もはやサプライズではなかったですが…。
しかも隠し場所がゴミ箱の後ろでビミョーでしたが…。
ケーキのロウソクも、全員のケーキに立てて、全て息子が消しましたが…。
誕生日なのに自分で作ったポトフに、「ハルくんはたまごのお味噌汁がいい」とかダメ出しされましたが…。

そして就寝となったとき、「パイをつねるな!」「つねりたいの!」「つねるならパイ禁止にする」「絶対さわる!力ずくでも!」で大モメになり、大号泣。
一体なんなのよ…(@_@)

でもまあ、これが今年の誕生日。
楽しい1日でした!

12122807_892211964200264_2982347067680574220_n.jpg
この夏、あまり海水浴に行けなかったので、久しぶりに館山に磯遊びへ。

砂に数字を書いたり(なぜか1から13)
20151004 112528-1

『館山自然観察ツアー』 の講義を盗み聞きしたり
P1180140.jpg

そんなことしてたら、近くの海上自衛隊の基地からひっきりなしにヘリが飛んでくる!

脳内BGMはもちろん 『ワルキューレの騎行』 (地獄の黙示録より)
P1180163.jpg

来る途中、『ヘリコプターフェスティバル』 と書いてあったが、なにやら楽しいイベントなのだろうか。むむむ、気になる。
ということで、お昼を食べた後は、自衛隊駐屯地へ移動!

陸上自衛隊まつりとはまた違い、たくさんのヘリコプターがずらりと展示されていて、その横にはスペック表と、説明係りの自衛隊員さんが。
ウヒョー!こういうの萌えるワーw

息子お気に入りの 『バンバンするヘリ』 (戦闘ヘリ)
P1180170.jpg

輸送用ヘリは大きいなー!
P1180172.jpg

巨大な消防車!なんと7600リットルも水を入れられて、1分間に5000リットル放水できるらしい
P1180189.jpg

さて、これは誰でしょう?正解はのちほど
P1180194.jpg

なんとこの消防服、全部で10キロあって、実際はこの他にも呼吸用の器材やらも担ぐので、もっと重くなるらしい。
燃料を積んだ機体が炎上したときのためなので、普通の消防服より特殊なのらしい。
手袋なんてゴワゴワででかくて、こんなんで作業できるんですか?と聞いたら、「これしかないのでやるしかないですね」とのこと。
しかも、「我々の任務は、消すことではなくて、機体の中にいる乗務員を救出することなので、これで機体に入って救出作業もやるんですよ」 ですって奥さん!!
本当にご苦労様です・・・。日々の訓練は大変なんでしょうね。

さて、消防服の中にいる人クイズの答えです。

正解は・・・・・。




私でした!
P1180195.jpg


『試着できます』 と書いて置いてあったので、カブトに 「これ着たら?」 と勧めたのだが、カブトはあっさりと 「いや、俺は大丈夫」。
え、大丈夫ってどーゆーこと!? これは着るでしょ、普通!!
「それじゃ、あたし着ます!ハイハイ!ハーイ!着ます!」 と言うことで、私が試着しましたw
嫌がる息子に 「記念に撮ろうよ、2人の結婚記念写真にしようよ」 と意味不明な説得をして(息子は私と結婚したがっているため)、2人で着ましたw もちろん息子のは、コスプレ用の消防服です。

で、親子3人で飛行服も!パラシュートも背負ってます
20151004 1506541

個人的には哨戒ヘリが一番ツボだったのだが、観察するのと説明を聞くのに夢中で、画像を忘れた。
今回は午後から行ったけど、これは1日楽しめそう!息子が小学生になったら、搭乗体験もできるので、ぜひ乗ってみたい。

偶然見つけたヘリフェスタだったけど、楽しかった!

『バンバンするヘリコプター』を買ってもらってご機嫌な息子
20151004 1604181