2015.09.29 夢チェック
息子に、よく眠れた?どんな夢見た?と聞くと、
「とんかつ食べたでしょ!おかーさんも一緒だったでしょ!忘れたの!?」と怒られる。
相手も同じ夢を見ていると思っているらしい。

たぶん私が寝る前に、「今日はイオンのドーナツ屋さん前で待ち合わせして、夢の中でドーナツ食べに行こう」とか「今日は木星行きのロケット乗り場で待ち合わせして、土星回りで木星見学ね」とか言うので、そういうものだと思ってしまったらしい。

覚えていないと怒るので、最近は「あーそうそう、そうだったね」とか軽く合わせるのだが、そのことにも気付きだしたらしく、「その後どこに行ったっけ」とか探りを入れてくる。

毎朝ものすごい緊張感(@_@)
スポンサーサイト
今日の着付け教室は、息子を伴って紋付き着付けの練習。
じっとできない、踏ん張れない、突然しゃがんだりする…で、中心線はずれるわ、長さもずれるわで…大変(@_@)
子供の着付けは大変すぎる…。

私自身の着付けは20分と最短記録を作れたが、その分息子に時間がくわれることは目に見えていて…。
七五三に向け、不安しか増さなかった(*_*)
今朝見た夢。

めぐちゃんと、ドーナツ屋さんでバイトする夢。
めぐちゃんは、ずっとドーナツ屋さんでバイトしたかったらしく、電車を乗り継いで千葉まで通っている。
なんで千葉まで?と聞くと、「福岡で募集がなかったんですよー。しかもオープニングスタッフが良かったんで、探したら千葉しかなくて」
ということで、めぐちゃんは、毎日朝からラストまで働いて、電車と西鉄バスを乗り継いで、福岡まで帰ってゆく。

めぐちゃんはもはや店長より何もかもができるようになり、お金の管理からバイトの面接から店舗オリジナルメニューまで決めるようになり、お客さんからも「めぐっぺ店長」とか呼ばれるようになり…。

ある朝出勤すると、『ミスタードーナツ』の看板が『めぐっぺの店』に書き変わっていた(゜ロ゜;
これ、ライセンスとかどうなるんだろうかと呆然と看板を見上げていたら、めぐちゃんが来て、
「サイタさん、2号店出そうと思うんですけど、そこの副店長やりません?店長は私が掛け持ちするんで、サポートだけしてくれれば大丈夫です」

ありそうな話で夢とは思えん…。
今年に入ってから、全く学校にいっていない。
もう9月だし、必修の単位は落としたな…いや、前期のテストも受けてないんだから、必修以外も終わりか。
つまりもう、今年の単位はすべて落とすことが確定したわけだ。

「来年からは絶対いく!」なんてことを誓ってみるが、今年全くいけてないのにそんなことができるわけもない。

中退するか…?
そんな勇気ない。

それとも、行きもしない学校に、お金を払い続けるのか…?
そんなもったいないこと、できない。

ああ、憂鬱だ……しかしこれは自分の弱さ故のこと。
学校すら行けなくて、社会でやっていけるのか?
自分で自分を信じられない。
みんなはできているのに、なんでできないんだろう。
なにも学ばないまま、貴重な若い日々を浪費する自分が嫌だ。
ああ自己嫌悪。
というところで、目が覚めた。

こういう夢、いつになったら見なくなるのかなあ。
リアルすぎてタマラン(*_*)
今回の帰省のメインイベントの1つ。 ばぁばイチオシのアクティビティ、唐津でシーカヤックに乗ってきました!
いつもの11月よりも気候がいいので、九州のきれいな海で遊ぶには最高!
弟1号と2号の家族も一緒に、みんなでにぎやかに1泊2日の小旅行。

大きな古民家が受付。ここでレクチャーを受け、準備をして、自分のカヤックの番号を呼ばれたら順に降りていきます。
息子はちゃんと 「オレンジの24ばんさーん!」 と呼ばれたら、「ハイ!」 と答えて自分で降りていきました。

気持ちのいい場所です!
DSCN2956.jpg DSCN2958.jpg

シーカヤック、きもちいいー!!
DSCN2973.jpg

シーカヤックの後は、宿の前にある小さなビーチで磯あそび。
ヤドカリを捕まえて、弟1号の靴に集めたり、ヤドカリを逆さにして脱出するのを観察したり、海草を集めて遊んだり。

息子が海草あつめに夢中になっていると、弟1号が寄ってきて、

「ハル、弟2号にさ、それば投げてみてん」 「・・・・ハルくん、やらない」
DSCN3003.jpg

「いいけん、投げてん、えーい!って」 「・・・いや」
DSCN3004.jpg

「ほら、見てん。こうするとって」 「・・・」 (何事かを察知して逃げる息子)
DSCN3005.jpg

しかし既に気づいていた2号によけられる
DSCN3006.jpg

仕返しされ、「うえっ!」 となる、弟1号
DSCN3007.jpg

「うわーっ!」 と走り出す弟2人だが・・・
DSCN3008.jpg

見よ、弟1号の胸ポケットからナニカが・・・!!
DSCN3008-crop.jpg


・・・・・・はい、iphone ご臨終wwwww

ばかじゃね!ホントに中身小学生のまんま!!

ションボリして浜に戻る弟1号www
DSCN3009.jpg

本当に、2人とももう40すぎてるのに、小学生の頃のじゃれあいと何にも変わってない!
世の中の兄弟って、みんなこうなんですかね・・・・?
やっぱり、うちだけなんですかね・・・。

ハルは弟1号2号と温泉に入り、『温泉の作法』 を教えてもらったり、お風呂あがりのアイスをおごってもらったり

20150922 1643571

そして2日目は、「おかーさんが漕ぐとおそいから」 という理由で、母をタンデム相手からクビにして(笑)、経験者である弟2号おじちゃんをタンデム相手に指名。
それは確かに速いが、その代わり、弟1号おじちゃんとの水のかけあいに巻き込まれ・・・自分も一緒に水をかけ、びしょ濡れw

中身が小学生のままの40代おじさん2人
DSCN3066.jpg


2日間、めいっぱい遊んで楽しい休日でした!!
また来年も来ようね!

たのしかったね!
DSCN3036.jpg
うわー!気づいたらもう11月も半ばではないですか!!
今年は七五三などでとても忙しく・・・まずは9月の日付で9月の更新しますw

いつもは11月に帰省するのですが、今年は9月の連休に帰省してきました。
息子は美味しいお刺身を食べたり、みつせ鶏のつくねに目覚めたりと、福岡の食に大喜び。

そして、ずっと乗せたかった、じぃじのヨットにやっと乗れました!!
じぃじとは、年に1回くらいしか会わないので、なかなか距離の縮まらなかった2人。
でも、息子も色々分かる年齢になり、記憶もしっかりしてきて、今回はすっと馴染みましたw

いい感じの2人w
2010919 1120581 20150919 1151121

ハルから見たじぃじはこんな感じ
20150919 124954


「ほらハル、10ノットの潮ぜ!ちょっと入れてみようか」
20150919 122028

と言われ、「うん」 と答えた息子。(もちろん、『しお』 が何かも分かってない)
「座っとけよ、ゆれるぜ」
「うん」
「ほら!すごかろーが!見てみーハル!」
と言われ、うっかり立ち上がった息子。すごい勢いですっ転ぶwww

「見てみー、すごいぜ」 って言われたら、立ち上がるよね(笑)
それからはおとなしく、おかーさんにぴったりくっついて座ってましたw

ヨットきもちいーね!
2015019 13041

「おかーさん、もう、しお、ない?」 と確認して景色を楽しむ息子
20150919 130653


最高の休日でした!!
20150919 1243031

息子は、じぃじに色んなことを教えてもらい。
「おかーさん、おさかなのウロコみたいな雲が出たら、明日は雨だよ」 とか、
「おかーさん、海は浅いと緑でね、深いと青になるんだよ」 とか、
色んなことを覚えて帰りました。


「ターボー、たのしかったね!」
20150919 143830







先日見た夢。

ウーから電話があり「シビックできたぞ!最終戦に間に合うぞ!試乗に来い」

やったー!とシャフトに行ったら、実は…と。
「どうもラリコンをつけるとコンピューターが誤作動するから、ラリコンはなしにしてくれ」
「いいよいいよ、トリップだけあれば」
「それもだめなんだ」
「じゃあ、ここにタブレットつけよう」
「だめなんだ、全ての電子機器は誤作動のもとになる」
飛行機みたいなこと言うなあ…。

「なんとかこれでやってくれ」と渡されたのは、なんとソロバン!
いやいやいや、私、小学生の頃以来ソロバン触ってもいないし!ソロバン苦手で正解出せたこともないし!
「できる、やればできる」
えー!
「飯田さん、なんとかやってみてよ」
大桃さんまでそんな…。

仕方なく、ソロバン片手にシビックに乗り込む。
「今日は完走するぞ!」
「う、うん…」
しかし!!
揺れるマシンの中では、ソロバンは常に『御破算』の状態になり、私は常に「願いましてーは」の繰り返し。

「ちょちょちょ、やっぱ揺れて無理よ!!そもそも、よく考えてんて!ソロバンじゃ距離出らんやん!!(゜ロ゜;」

………という、夢でした。
死ぬほど疲れた。

追記。
サービスに着いて。
大桃さんの「やっぱソロバンじゃ無理か…」という一言が、効いた。

無理でしょう!!(゜ロ゜;
2015.09.13
11986926_882018528552941_1330029552657157725_n.jpg 12002071_882018518552942_480429377356406433_n.jpg
3歳から、水遊びクラスでずーっとのんびり遊んできた息子が、ついにジュニアクラスに上がることになった。
今日は、ジュニアクラスの体験日。

朝から10回くらい「おかーさん、きょう、もぐる?」と聞いてくる。
「めちゃビビってたら、先生は潜らせない。
うわ!上手!こりゃスゴイ子だわ!と思われたら潜る。全ては自分次第です。
あと、嫌がる子、怖がる子を無理に潜らせることはしないので、どうしても嫌なときは自分で申告しなさい。
潜っても潜らなくても、命は取られないので気楽にいきなさい」

と答えてはみたものの、いざとなると親はドキドキ(笑)
練習が始まり、周りの子がみんな潜っているのを見て、みるみる緊張が高まっている息子。
が、やってみればできるもので、連続ジャンプも潜りも顔つけも、美しくはないが、できた。
まあ初回であれなら十分だろう。

お風呂で何回やっても顔をつけられなかったのに、プールでは自分から顔をつけた。
やはり大切なのは、他人に任せることだなと再認識。

で、気がつくと、私だけ立ち上がって拍手してた(笑)
隣のレーンの同僚コーチがめっちゃ笑ってた(@_@)
キミも、親になれば分かるよ…この愚かしいほどの愛を(笑)
2015.09.10
今日は、ずっと出張でいなかったおとーさんが、たこ焼きを焼いてくれる…と約束していたのに。

まさかのイトウさんとのデートで裏切り!!

ハルは激怒した。
必ず、たこ焼きを食べると決めたのに。
ハルは、4歳児である。ミッフィーちゃんのぬいぐるみを抱き、パイをねだって暮して来た。けれどもたこ焼きに対しては、人一倍に敏感であった。

「ハルくん、ゆるさない。今日はお店で食べる。スシローにする」
断固とした態度であった。
8皿も食べた。
母が思いきって取った、『吟味ネタ・北海道産上いくら180円』も、容赦なく奪い取って食べた。
母は途中で怖くなって、頼もうと思っていた大トロを諦めた。
ハルは容赦なかった。
「おかーさん、あれなに。ハルくん、あれたべたい」
それは『吟味ネタ・中とろ』であった。
あれはまぐろよ、と母は震える声で答えた。
「色がちがうよ」と息子は言う。
「画面の具合よ」と押しきった。

なぜ、裏切った父の代わりに、母が寿司を奢らなければならないのか。
この世は不条理に満ちている。

12003874_880720455349415_2071604893148108975_n.jpg
2015.09.09
息子が着替えの途中で「おかーさん、お尻がかゆい、かいて」と言い出した。
お尻くらい自分で掻きなさい、これから食事だから、掻いたら手を洗いなさい、と答えたが「手を洗うのが面倒だからおかーさんがかいて」などと言う。
なんという自分勝手な要求。
母は料理をしているのに、尻をかけ尻をかけと、とにかくしつこい。

相手をすると延々ゴネるので、即興替え歌で流すことにした。
「尻~は流れ~てどこどこ~ゆく~の~♪
尻~が~か~ゆく~て~どこどこ~ゆく~の~♪」
((おおたかしずるver.『花』でお楽しみください)

「おかーさん!歌わないで!お尻をかいてよ!」

「尻~が~か~ゆくて か~ゆい~な~ら~~♪ 人として~人として~尻をかきなさい~♪」

「おかーさんてば!」

「かきな~は~れ~~♪かかれ~なは~れ♪人として~人として~尻をかきなはれ~♪」

「もう!掻かない!お尻はかかないってば!」

「ああ、興がノッてきたぞ! かきな~は~れ~~♪」

「もう!掻かないってば!!おかーさん!」

それを見ていたカブトが「すげえ、くだらない替え歌で見事に誘導している…」

ということで、本日の脳内BGMは、『尻』で決定。
あなたの脳内にもドウゾ。