2015.02.15 夢日記:魔女
昨夜見た、怖い夢。

大きな交差点の信号待ち。
隣に立った女性をふと見ると、どこかで見たような気が。
全身黒い服に黒い帽子。
ゴワゴワしたパーマのかかったロングヘア。
濃い顔に濃い化粧。
誰だったかな…と考えていたら、目があった。思い出せないまま会釈する。
黒服の女性は私をじっと見つめて、会釈を返してきた。
その瞬間、気がついた。
……私より頭ふたつ分も、背が高い。

いくらなんでも、こんなに長身な女性と会ったら忘れるはずがない。
知らない人だ。
それよりも、これは人なのだろうか?
女の立つ側、後頭部の左側に、びっしりと鳥肌がたつ。
早く信号が変わりますようにと前を見つめる私の横顔を、じっと見つめられているのが分かる。

ようやく信号が青に変わった。
逃げるように早足で歩く。女とは少しは距離をあけられただろうか。左側に、女の気配はない。
ほっとして、ふと前を見ると、交差点の向こうにあるマンションの壁に、あの女がとりついてよじ登っている。
私、追い越されてないのに。なんで??
いや、そんなことより、何してるんだ!?
女はどこかのベランダに入り、また違う部屋に入ろうとしている。

なんで…?あれはなに?
関わりたくないのに、私はそのマンションに入ってゆく。知らない廊下、知らない部屋。
怖いのに、ドアノブを回す。
ドアが開く。
生活感のある、誰かの部屋。
薄暗い台所に立っていると、あの女が入ってきた。
ベランダからの光を背にしているので、女の顔は見えない。
女は私に言った。
「……………。」
全身に鳥肌がたった。

ここで飛び起きた。
女が何と言ったのかは…。
スポンサーサイト
駅のポスターで見かけて気になっていた、湯西川温泉のかまくらまつり。
息子の好きな、しまじろうの番組でも取り上げられていたので、行ってみました。


長いつり橋からの眺めは最高!!
2010211 132501 20150211 14359

かまくら足湯。早速女湯を偵察する人
20150211 103715

ばんだいもち。うるち米をついたお餅で、ネットリしてなくて美味しい!
20150211 125035

ソリしたり、だるまおとししたり
20150211 133322 20150211 141848

外国人旅行客と意気投合し、勝手に記念撮影に入ろうとする人w
20150211 171555 20150211 172128

日も落ちてきて、いよいよミニかまくらに点灯です!
20150211 172452 20150211 173216

外の明るさによって、かまくらの灯りが 黄色→オレンジ→赤 に変化して見えるのが幻想的。
そんなに混み混みではないので、気になる方はぜひ行ってみて!!

かまくらまつりの後は、宿にて食事。
囲炉裏を囲んでいただきます。

お魚、炙り湯葉、子供用にウィンナー、そしてそして・・・竹酒!!
20150211 180800 20150211 180816
20150211 185432

翌日は、かまくらの中でBBQをいただきました♪
20150212 105448

湯西川温泉は、平家の落人の里として有名で。
町のあちこちに、『平家の里』 とか 『平家ゆば』 とか 『平家博物館』 とか、とにかく 『平家~』 がいっぱい!!
息子はまだ漢字は読めないけれど、記号として 「なんだか同じ文字がたくさんある」 と気づいたらしく、「あれは何を書いてあるの」 と聞いてきた。
へいけだよ、と答えると、「へいけってなに」 とのこと。
そうだよねえ、そうなるよねえ。

「じゃあ、簡単に説明するね。ちょっと難しいかもしれないけど、歴史ってのはそういうものだから、分かる範囲で理解してね。まずね、むかしむかしにね、平家って一族がいてね、これがもう、驕りに驕っちゃって、手に負えないくらいに調子こいちゃってね。どのくらい調子こいたかって言うと、『平家にあらずんば人にあらず』 とまで言っちゃったのよね。つまり、平家じゃない人は人間じゃない、とまで言ったのね。どう思う?そんなのおかしいでしょ?」
「うん・・・おかしい」
「そうそう、ここまではOKね。でね、さすがに他の人たちも「これはどうなのよ」ってなってね、ついに源氏さんたちがね、「コラー!いいかげんにしろ!」っていってね、戦ったの。でね、源氏のみなさんが勝っちゃったのね」
「源氏、つよいね」
「そうそう。まあ、時代の流れってやつだね。どっちが正義ってこともないんだけどね。
で、ここからは語るも涙の物語なんだけどさ。負けた平家の皆さんは、逃げないと殺される!ってんで、こうして山奥まで逃げてきたってわけ。見つからないように暮らさないとだから、こんなに山奥まで逃げに逃げてきたんだね。道路も整備されてないし、車もないし、登山靴もないのに大変だったろうね。道中、相当の人が死んでいったろうね。権力にぎってもさ、うまいことやれば良かったんだろうけど、まあ、よほど嬉しかったんだろうねえ。権力って怖いね。
これが有名な、驕れるものはひさしからず、ってお話です」

まあ、正直言って、理解は難しいだろうと思ったので、とりあえずリクエスト通りお話をして、それで 『ちゃんと説明してもらった』 と本人を納得させればいいかなと思っていたのだが。
「・・・・へいけの人たちは、死んじゃったの?」
「いや、生き残った人たちが、今日も生きてるみたいよ。まあ、自称だけどね」
「げんじさんたちは、まだ追っかけてくる?」
「いやー、もうさすがに諦めたんじゃないかな。だから温泉街とか作ってオープンにできるんじゃない?」

意外と理解してたΣ(゜□゜;

町を歩いていても、通り過ぎる人たちを見ては 「あの人は、へいけの人?」 「あの人は?」 「あのおうちは?」 と聞いてくる。
末裔はいるかもしれないけど、もう誰が本当かは分からないと思うよ、当時の人たちはみんな死んじゃったしね。
と答えると、

「・・・・みんな、もう死んじゃったの?」
と寂しそうに言うので、
「ダイジョウブ、平家のスピリットは生きてるから」
と答えると、「そうなんだ」 とホッとした表情(笑)

平家のスピリットで納得するのかwww


そんなこんなで、平家を知り、足湯に目覚め、4歳児の息子にとってとてもシブイ旅になりました(笑)


最近は、大人同士の会話を横から聞いて理解したり、ちょっと難しい言葉でも1回聞けばリピートできたりと、格段にことばが上達してきた感がある息子。
が。
まだまだこんな、4歳前後のいいまつがい。

・プスーン : (スプーンのこと。「プス」から少し進化・・・したのか?)
・エベレーター : (エレベーター。こういう入れ代わり間違いは多い)
・ヤマモト線 : (山の手線のこと。最近は言えるようになってしまった)
・ジェーラーユー : (JR。アナウンスを真似するときは「ジェーアール線は」と言えるのに?)
・やぶした : (壊れた、の意。『やぶれた』 と 『こわれた』 が混じってるらしい)
・ポッコポコン : (ポップコーンのこと。どうしてもこうなる)
・オニュギュリィ : (おにぎりのこと。普通に言えば言えるのに、丁寧に言おうとすると言えない??)
・パンニンギュカー : (キャンピングカー)
・ごまはへ : (ごまあえ)

最近は、「ちがうよ、こうだよ」 と訂正すると直ってしまうので、ちょっと寂しい。
こんなかわいい言い間違いも、あと少しの期間なんだろうな。

それにしても。
「最近さあ」 とか、 「しかも」 とか 「もしかして、~かもよ」 とか使い出した。
しかも、使い方が合ってる!!Σ(゜□゜;

日本語がこなれてるー。