2014.10.25 おいもほり
保育園の、おいもほり遠足にいってきました。

1年目は、足場の悪い畑で立つこともままならず、べったり腰をおろして泥だらけになったり、転んだり・・・で、両親の戦力を大幅に割かねばならず、芋ほりも進まず。
2年目は、「どうして自分だけプラスチックのおもちゃのスコップなんだ!」と文句を言い、両親のスコップを奪った上に何もせず、これまた芋ほり難航。

そして今年の3年目!!

・・・・・・・やっと戦力にナッタ───(゜∀゜)───!!!

さすがに芋を掘るのはまだ難しそうだったので、『両親が掘った土を脇によける作業』 をお願いしたところ、ちゃんとやってくれました。

割りとまじめに。
P1160711.jpg

が、あっという間に飽きてしまい、畑の真ん中で踊っている人
P1160717.jpg

収穫の記念撮影も変顔で・・・
P1160718.jpg

色んな意味で、成長してた(笑)


みんなでお弁当を食べた後は、鬼ごっこしたり、お遊戯したり。
P1160746.jpg P1160833.jpg

掘ったおいもは、洗って干して、あまーくなるのを待つことにします。
どうやって食べようかなー。

スポンサーサイト
今朝見た夢。

私は高校生。部活の練習の後、野球部の友達とふざけているうちに、「お前、野球部のユニフォーム着てみろよ」ということになり。
部室で着替えているうちに、閉門時間に遅れてしまい、部活指導の体育教師が激怒。

まあ、ふざけたのは悪かったけれども。
他部のユニフォームをふざけて着るのは不謹慎だったかもしれないけれども。
閉門時間に遅れたのは悪かったけれども。

・・・・・罰として、週末に試合を控えた野球部の部室の鍵を1日没収。
さらに私には、「翌朝6:30に登校して、校庭で個人特訓」 というワケの分からない罰則が。

悪いのは私であり、野球部には練習をさせてください、と頼んだが、体育教師はニヤニヤ笑うのみ。
「俺に逆らうと、こういうことになるんだ」 とか言ってるし。おお、やだやだ。
学校の教師、しかも体育教師などという、狭い世界の中でさらに生息域が狭い職業で、デキナイ男っていうのは本当に致命的。
こうしてすぐに威張って、弱い立場の人間に自分の力を誇示しようとするからいやらしい。

6:30に来いと言ったくせに、体育教師が来たのは9:30をすぎてからだった。
何もすることもなく、体操服で3時間も待たされた。
でもまあ、これはマシな方か。この体育教師はセクハラでも有名で、私の友達も何人も太ももやら胸やらを 『指導』 と称して触られまくっている。
幸い、私のブルマー姿には萌えないのか、私のことは全く触ってこないが、その分パワハラがひどい。

9:30すぎて校庭に現れたが、ねちねちと嫌味を言って威張るばかりで、何も進まない。
授業が始まるので教室に戻ります、と言うと、野球部の部室の鍵を明日も没収するぞと脅してくる。
だんだん腹が立ってきたぞ。
「こういうのって、なんだか正当じゃないと思うんですけど。悪いことをしたのは認めますし、罰則は受けますが、こういう罰則はおかしくないですか?指示された時間に登校したのに、3時間も遅れて、しかも結局何も進まない。特訓って何の特訓ですか。遅れたのもわざとですよね?これって何か、意味がありますか?校長に話してみて、これが正当かどうか聞いてみます。場合によっては教育委員会にも相談したいと思います」

しかし体育教師はヘラヘラと笑って、「言えばいい。体育の単位が足りなくて卒業できなくても知らんがな」 とか言っている。
もーーーー怒った。
いきなり教育委員会に電話してやる。

電話をかけながらふと振り返ると、なぜか体育教師がカメムシみたいな虫になっている。
なんだこれ。虫になってる。

「あんたが出てきたらみんなの迷惑になるけん、ずっとここにおりー。」
と言って、そのへんのダンボールで作った袋小路に追い込んで、上から蓋をした。
ダンボールに足が挟まって動けなくなって、もがくカメムシを見たが、全く心が痛まない。
「あんまり動くと、足がもげるよー」 と声をかけ、教室に戻るため校庭を後にした。

相手が虫、しかも元がセクハラパワハラ体育教師だと思うと、いくらでも残酷なことができる自分に痺れた(゜∀゜)



2014.10.08 皆既月食2014
今夜は皆既月食でしたね。
って、昨夜のニュースで知ったんですけども(笑)
しかもそれを忘れてて、今日のお昼に思い出しましたw

本当は夕食はもつ鍋にする予定で準備していたのだが、「鍋食べてたら月食見れないじゃん!」 ということに気づき、急遽飲みバージョンへ変更。
カブトに頼んで、家の前にテーブルと椅子を出してもらい、今夜はそこでお月見しながら夕飯を食べることに。

仕事を終えて急いで帰ろうと駐車場に出ると、そこには既に煌々と光る満月が!
でもまだ満月。まだ間に合う・・・!

が、帰宅途中に気がついた。・・・・あれ、左下、暗くない!?

家近くで気がついた。・・・・・・あれ??もう欠け始めてる!?

そして、家に着いて気がついた。

・・・・・・・・あれ??お隣の家に隠れて、月が見えないwww


テーブルも椅子もセッティングして、おつまみもビールも出してきたのに、肝心の月が見えないという罠!!ナニコレ───(゜∀゜)───!!!


じゃあまあ、ビール片手に少し離れたところまで行って立ち飲みしつつ月を見て、ときどき家の前に戻って何か食べる、ということにするか・・・となったのだが、ご近所さんの好意で 「うちの前から見えるから、ここで飲んでどうぞ」 と言ってもらえたので、お言葉に甘えることにw

よその家の前にちゃぶ台出して夕飯www
20141008 185124

そのうち、ご近所さんたちも外に出てきて、合同宴会に突入。
近所の子供たちが、我が家のつまみにあれこれ口を出してくる・・・。
「これ、焦げてるよ」
「これ、キャベツだ」
放っておいてーーーーーーー!!!Σ(゜□゜)

そんなこんなのお月見でしたが。
きれいだった!!

P1160671.jpg
P1160693.jpg

3歳のときに見た月食なんて、ハルは忘れてしまうのだろうけど。
っていうか、ハルはずっと、近所のグラマラスな美人のママさんにベタベタしてただけだけれども。
いい思い出になりました(笑)


本日、私の43回目の誕生日であります。

うーーーん。43回目かあ。
確かにあまり、ちょっと、嬉しくはないけれども・・・でも、自分の誕生日を否定するのは嫌だし、何よりいつも言っているように、これだけ好きなことをして楽しく生きてくれば、そりゃあ43年経ってても文句は言えないだろう、と(笑)
年をとりたくはないけれども、年をとるというのは数値ではなくて、肌や体型などの見た目年齢の方が大事だし、何よりも 『何歳であるか』 よりも 『自分の年齢を胸を張って言えるかどうか』 の方が大事だと思うので。

だから隠しません!!

って、もうみんな私の年齢知ってるから、隠しようもないんだけどwww


誕生日の朝。
カブトとハルは何やら打ち合わせをしておいたらしく、
「ハルくん、いいね、練習どおりにね。せーーーの・・・」

「おかあさん、お誕生日・・、ヤクルトのみたい」

・・・・・・・・。

ごめん、「おかあさん、お誕生日おめでとう」 に、めっちゃかぶって、違うセリフが聞こえましたけど(笑)
なんか、ヤクルトがどうとかって聞こえましたけどw

「ハルくん!!練習したでしょ!もう1回!いくよ!・・・・せーの!」

「お母さん、お誕生日・・・※●△◎たい」

ごめんwww さっきよりよく分からなかったwww

「なにか自分は間違っているらしい」 と察知した息子が、2回目は弱気になって小声で何か違うことを言ってましたw
もういいよ、十分気持ちは通じたよ!!・・・・とにかくヤクルト飲みたいってことは、よく分かった。


誕生日のディナーは、おうちで手作りピザ。
カブトと息子に作ってもらおうと思って、材料だけ買っておいたんですけどね。
仕事を終えて帰宅したら、何もかも手付かずだったんですよね。
・・・・・・自分で作りました(笑)

でもでも!!
美味しいシャンパンとケーキでお祝いしてもらったので嬉しかった。

・・・・・・・・ケーキのイチゴ、息子に全部奪われましたけどね。
お誕生日のロウソクも、なぜか息子のケーキに立てることになって、息子が消しちゃいましたけどね。
・・・・・・・・・いいんです、息子が笑顔なら(笑)

まあ、小さい子供がいるとそんなもんよねw
でも、それがまたシアワセの形なんだなと思う。
笑いながらイチゴを分けて、ロウソクを立ててやり、そんな感じで新しい1年がはじまりました。

新しい1年が、素晴らしいものとなるように、がんばります!!

「おかーさん・・ヤクルトまだ?」
20141006 194751