上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハルと私たちに訪れた、どもりの季節について書いています。

『どもりについて~その1~』
『どもりについて~その2~』
『どもりについて~その3~』から続く、現在の私たちについて書きます。

ハルのどもりは、2014年3月のはじめ(3歳4ヶ月)から始まりました。
今現在は、2014年4月末。(ハル3歳5ヶ月)
私の関わり方を少し母性強めにして、ペースをゆっくりめにして(話すペースも多少ゆっくりめにした)、とにかくハルの心をリラックスさせることに重点を置くようにしたところ。
数日で明らかに変化が訪れました。


元々言葉の発達は早い子だったので、言いやすい言葉をどんどん覚え、置き換えて話すことで 『どもりやすい言葉』 を回避できるようになると、話すときの緊張が明らかに抜けてきた。

どもらずに話せると自信がつくのか、また少しずつ話すようになってきた。

そのうち、どもっても、『どもっていること』 を苦にしないようになってきた。

そして、自分から「おとうさん、おかあさん」 と言葉を戻してきた。


このステップが、数日~1週間くらいで進んで、トータル3週間ほどでした。
どもりの症状が出てから1ヶ月以上経った今は、焦ったときなどはたまにどもるけれど、気にする必要はないかな、という感じ。
多分、知らない人は気づかないと思います。

一番どもりの症状が強かったのは、4~5日間でした。
「あ、症状が強くなった。そしてこれは、思っていたのと違うようだ」と思った日の夜中にカブトと相談して、すぐに対応したのが良かったのかもしれません。
夫婦ともに、「これは技術的な問題ではない」と思ったのが同時期だったのも、子育てや躾の考え方が一致していたことも良かった。
「お前は大げさだ」とか「自分の子供を病気と決め付けたいのか」とか、そういうトンチンカンなやり取りが一切なかったのも良かった。

「俺は、躾の考え方も、ユキコの躾の仕方も、間違ってはいないと思う。でも、丁寧なやり方にシフトするのは悪いことじゃないから、やってみるのはいいと思う。やってみよう。」と言ってくれた。


そしてもうひとつ。
話し合いのときに、私が言ったのは
「ハルのどもりについては、ゆっくりやっていくとして、ひとつ早急に対応しないといけないことがある。
・・・来月のラリーで、2泊3日の間、実家の母にハルを見てもらって、私がハルと離れることになる。ハルに愛情が必要な今、それはやってはいけないんじゃないかとずっと考えてる。明日すぐに代わりのコドラを探そうかと思う。でも上原さんに迷惑をかけることは事実だから、もうコドラはクビになるかもしれない。でもそれも仕方ないと思ってる。」
と言ったら、カブトはこう言った。

「それは短期的な問題でしょ。ハルに対してやることは、長期的なことでしょ。関係ないと俺は思うよ。それに、ハルはばぁばのこと大好きだし、ユキコの代わりにハルを見ていてくれるのは、ハルのことを大好きなばぁばなんだから、ハルに愛情が不足することはないよ。ユキコが離れても、ユキコの愛情がハルから離れるわけではないし」

本当?本当にそう思う?そうかな・・・そうかな。

実は、昼間に母にも同じ相談をしていたのだが、母にも同じことを言われたのだった。
「ゆきちゃん、ハルくんの面倒を見るのは、他人じゃないとよ。ハルくんに愛情をもった、私が見るとよ。大丈夫」

そうだとは思う。長期的な問題と、短期的な問題を一緒にしては違うと思う。
でも。
私は母親だ。理論で決められることではない。冷静に考えることはできても、感情を消すことはできなかった。
でも、母とカブトにそう言ってもらえて安心した。
そう、愛情は離れない。
「本当に必要なときは必ずそばにいくよ。」それを伝える。そしてそれを、ちゃんと実行すればいいのだ。
それが安心感であり、信頼なのだ。
大事なのは、四六時中一緒にいることではない。離れていても消えない、信頼と実績。(どっかの会社のコピーみたいだw)


あるお医者さんが書いていたこと。
「色んな方の相談を見ていると、幼児期のどもりのほとんどは、精神的なものが原因ではないかと感じています。実際に、最近では幼児のどもりは精神的なストレスや環境の変化が原因、と言われていますが、どもりのメカニズムも解明されていないので、これだという原因や解決法は、誰にも分かりません。
けれど、たくさんのケースを見ていると、もしかすると90%、あるいはそれ以上、精神的な原因からくるのではと感じざるを得ません。
そしてそれが、最初の原因をクリアされずに放置されているうちに、いずれ 『自分は話すことが苦手』『自分は話すとどもるのだ』 という精神的2次ストレスになり、ますます話すときの緊張が強くなり、吃音が定着するのでは、と感じています。」

手探りではあったけれど、私が感じていて、避けたかったのはそういうこと。
本当の原因を見逃したくない。それを放置したくない。このサインを見過ごしてはいけない。
どもりを治すことが目的ではなく、サインにちゃんと気づいて、ちゃんと考え、ちゃんと対応する、そのことが必要なのじゃないか。

「これは長くなると思う。小学校に上がる頃までに、少しでもスムーズに話せるようになればいいんじゃないかな。もし、どもりが残っても、そのときはまたハルのストレスにならない方法を考えよう。」とカブトと話していたのだけれど、予想外に早く通り過ぎました。
でも、そのくらい気長に考えたのも、良かったのかもしれない。

どもることは、病気ではない(と、思う)ので、それ自体を直そうと思う必要はない。
でも、どもることで自分自身が辛くなるのなら、どうにかしてやりたい。
そしてそのための手段は、『話し方を直す』という行為ではない、と、私は感じました。

「子供のためならなんだってやる」と言うけれど、このことに関する限り、「なんだってやる」ことは、実はそうない。
具体的な『手段』は、あまり意味はない。
どうにかしたいなら、あらゆる角度から原因を考えて、自分が認めたくないことも認めなくてはならない。
子供に原因があるのではない。原因はそこじゃない。


毎晩悩んで眠れなかったり、泣いたり、それでパンパンの顔で仕事に行ったりもしたけれど。
今では、色んなことを考え直し、確認しあう良いきっかけになったと思うし、ハルが出してくれたサインに気づけて良かったとも思っています。
でも、これから反抗期やら思春期やらで、サインも複雑化してきたり、もっと大変だったりするんだろうな。
いい勉強になりました。未熟な母親でごめんね。これからもがんばるよ。


100人子供がいれば、100通り以上の原因があると思うし、また対応方法も、それ以上あると思う。
だから、「みんな絶対にこうだ」とは思っていません。
でも、私たちの場合、これが正解だったのだと思っています。
いつか、誰かが同じように悩んだときに、「こういうケースもあったよ」と参考になれば。

私はあなたを責めるのではありません。
あなたに原因があると言っているのではありません。
ケースのひとつとして、何かヒントになれば、と思います。

全ての母親に。父親に。


スポンサーサイト
緊張と「せっかくの復帰戦、寝坊でもしたら目もあてられん」という不安のため、1時と3時と4時と5時に目が覚めてしまった・・・。(緊張しすぎ)
仕方ないので、5時半起床予定だったけど、そのまま起きてしまうことにした。

ハルは隣でぐっすり眠っている。起こさないように準備して、そっと部屋を出る。
おかあさん、がんばってくるからね。ばぁばとがんばってお留守番しててね。

ついにラリーにいけるという喜びと、息子を母に託して出かけるという後ろめたさと、母の体調や息子の気持ちについての心配とが混じり合い、なんともいえない気持ちでエレベーターに乗る。
レンタカーに荷物を載せようと思ったところで気がついた。

・・・・・レンタカーのキーと時計忘れたΣ(゜□゜;)


荷物を抱えてばたばたと部屋に戻るが、ばぁばはぐっすり眠っていてノックでは起きない。
仕方なく廊下の電話から部屋にコール。

・・・・・ハルを起こさないように出たのに意味ナシ!!!

と思ったが、予想以上に眠りが深く、ばぁばを起こしたのみで済みました。

もう、緊張しすぎ!!(笑)
でもこの失敗のおかげで、緊張が抜けましたw

途中のコンビニで朝食を買うついでにウーにメールすると、「まだ福岡・・・」
えー!もう6時半すぎてるよ!?
まあ、間に合うかな・・・。(九州時間に慣れすぎ)

久しぶりの会場で不安だったけど、知ってる顔を見つけて挨拶周りしているうちに、シャフトの川名さんと露木さんも到着して、みんなでワイワイ話してるうちに受付が始まり。
受付に並んでるうちにまた知ってる選手やオフィシャルの方々に会ってワイワイ話し、そしていつもどおりエントリー受付で
「なんや・・・、上原まだ来とらんとや!遅いなー!じゃあ免許書もライセンスもないやないか!じゃあ受付やり直し!」
とハネられw、なんだかあっという間にいつもの感じになってしまったのでありました(笑)

そんなこんなしているうちに、ウーが到着し、受付もできていざレッキ出発!!

いってきまーす!
20140411 01

レンタカーが並ぶ林道は異様な光景
20140411 02

それにしても。
ギックリから復活途中のウーと、昨年ギックリした私には、レンタカーでのレッキは辛い!!
休憩のたびに2人で車外に出て、腰を伸ばしました・・・。
もうちょっと腹筋と背筋つけねば。

レッキの後は、唐津神社にて安全祈願です。
私は七山開催の時代しか知らないので、ちょっと感動しました。
神主さんの祝詞が、「自動車を操り技能を競う~」とかでおもしろかった。型どおりのを読むんじゃないのねー。

ちゃんと1台ずつ御祓いしてくれます!ありがたや~
20140411 03


さて。
レッキ途中も何度も母にメールして、気になっていた息子の件。

なんと今日は、「でんしゃにのりたい」という希望を叶えるため、ばぁばとハルは伊万里まで電車で行っていたらしい!Σ(゜□゜;)
「ハルくんは帰りの電車の中で、私の膝枕で寝てしまいました。唐津駅でラリーのポスター見て、ハルくん気づいてたよ」とのこと。
え!!なんでハルがラリーのこと知ってるの!?私、「お仕事にいってくる」としか言ってないのに!!


チームのみんなと食事を終えて、「今日はノート確認やら準備もあるから遅くはなるけど、ちょっとだけでも宿にいこうか?」と聞くと。
「夕食をたくさん食べてはみがきしてます大丈夫。はるくんが、おかしゃんにお花プレゼントとのメッセージです」 という返信が。

ありがとう・・・ありがとう!
ということで、お言葉に甘えてノートチェックとロードブックの予習をして、そのまま選手の宿で眠ることに。

ハルを産んで、3年と半年。
離れて眠ったのは初めて!!
しかも、今朝ハルが起きたときには私はいなかったので、丸1日離れていたのも初めて。そしてそのまま夜も一緒に寝ないなんて。

ばぁばの苦労が気になるけれど、こうなったらいけるところまでいくしかない。
明日の朝にはラリーはスタートするのだ。

・・・・・なんとかなりますように!!!
と、祈る気持ちで眠りにつきました。


ばぁばの苦労がしのばれる、電車のシートで眠るハル
140411_1706~0001

2014.04.10 唐津へ
今日は、明日からの全日本ラリーに向け、唐津へ移動。
朝食を食べているときに、ハルが「バスとでんしゃにのりたい」と言ったので、急遽ばぁばとハルは電車とバスで唐津を目指し、私はレンタカーで移動することに。

「ハルくん、にしてつバスのりたい」となぜか邪悪な顔でアピールする人
201400801.jpg


久しぶりの一人ドライブ。海を眺めながら、音楽を聴きながらのんびりと。ああ、いいなあ、久しぶりだ、こんな時間。
バイパスを使って早めに移動して、念のため明日のレッキスタート会場を探しておく。

おー、もう来てる人たちがいる!
20140410 01

緊張してきたな・・・。


お昼は久しぶりの浜勝で。

はじめてのごますり体験
201410 01



食事の後は、これまた私たちが子供の頃よく行った、鏡山へ。
子供の頃、父はワーゲンビートルのオープンカーに乗っていて、よく幌を開けて走った。見上げているとハンググライダーが飛んでいて、手を振ると上空から手を振り返してくれたっけ。
あの車に楽しい思い出がいっぱいあったから、私は「自分の乗る車は絶対にフルオープンにする」と決めたのだ。

懐かしい道を走り、展望台へ。

タンポポの綿毛にハマり中・・・
201410 02 201410 03



お手製パノラマ写真w
201410 07201410 08201410 06




懐かしい景色を見て、今夜からお世話になる、唐津ロイヤルホテルへ移動。
今日はハルとゆっくり一緒にすごして、明日は早朝から動かなくてはいけない。

1ヶ月前から、「暖かくなったら、おかあさんと一緒に福岡にいくよ。ヒコーキばぁばと会うよ」と説明し。
それが浸透したところで、「でもおかあさん、福岡でお仕事があるの。その間、ばぁばと一緒にお留守番できる?」と説明し。
1週間くらい前から、「お仕事がたくさんあって、もしかしたら、2回ねんねする間くらいかかるかもしれない。でも、必要なときは絶対に駆けつけるから」と説明。

トータル1ヶ月かけてした説明は、どれだけハルの中に届いているのか?


寝かしつけている途中、眠りかけたハルがパッと目を開けて。
「おかーさん、おしごとまだいかないの?はやくいかないとおくれちゃうよ」
ありがとう・・・明日の朝、早くに出るから、ハルくん起きたらお母さんもうお仕事いってると思うけど、心配しないでばぁばと遊んでてね、と言ったら、うん、とうなずく。
そうか、ちゃんと理解してくれてるんだ。

そして、真夜中までネットで 『唐津 子連れ 遊び場』 を検索している私を見て、母が
「ゆきちゃん、ハルくんのことは私がちゃんと見るから。行く場所だってなんとかなるから。あんたは何も考えず、ラリーに行ってきなさい。もう寝なさい」
と言ってくれた。

ありがたき母心。


母とハルががんばってくれる以上、私もラリーに専念して、がんばるしかない。
がんばろう!!おやすみなさい!








今日も福岡はいいお天気!
「明日はどこ行く?」と聞く前から、母も私も決めていた。あの海へいこう!!

私たちが子供の頃から行ってた海。松林を抜けて、木のトンネルをくぐって、丘の上にのぼると、海がひらける。
砂丘を転がり落ちるようにして海に駆け込む、あの海へ。

・・・・・と思ったが、風に浸食されたらしく、今まで行けてた道がない(゜□゜)
行ったりきたり、ウロウロしてたら、案の定ハルが「つかれたー、あるけないー」

「がんばれ!」と励ましても、もうヘロヘロに座り込んでしまった。
どうしようかな、抱っこしかないかなーと思ったら、ばぁばがそのへんの枝を持ってきて、「隊長!!この隊長棒で我等を導いてください!!」とハルに渡した。

その途端、なぜか隊長としての自覚が芽生えたらしくw、誰よりも前を走り出したwww
さすがばぁば、亀の甲より年の功・・・!!

隊長棒で元気100倍
20140409 01

やったー!海だよ!!
201409 01 201409 02 
201409 03 201409 08

水はすごく冷たいのに、どんどん入ってく
201409 04 201409 05 20140409 03

見上げればパラグライダーが飛んでたり
201409 06 201409 07

イカのお船を作ったり、お弁当を食べたり
201409 013 201409 09 201409 014 201409 016


それにしても、帰ってから気がついたのだが。
ハルはもともと、手や足が汚れるのをものすごく嫌って、お砂場遊びすらやらない。
去年の夏は、「おスナーー!!いやーー!!メタメター、あんよメタメタなのーー」 と泣き喚いて、絶対に砂浜に足をおろさなかったのに。
今日は全く抵抗なく、どんどん歩いて、どんどん服を脱いで、あっという間にハダカで遊んでおりました(驚)
砂に抵抗がなくなったのか、楽しすぎて忘れていたのか・・・w
みんなで海藻や貝殻を拾ったり、お船をうかべたり、漂流してきたカゴに海藻のお弁当を作ったり。3人ともすっかり日焼けして、朝から午後までたっぷり遊びました。

帰り道に見つけたスミレを掘って、ばぁばのお庭に植えて、ハルがお水をあげました。
根付いてくれるといいな。


とっても楽しい1日でした!! また来ようね!!
201409 015 201409 017

備忘録:2014年4月時点では、一番右の道からしか行けないっぽい


2014.04.08 福岡帰省!
去年の秋以来の、福岡帰省です。
前回は、帰りの飛行機でワガママ全開で「もう、あなたとは二度と一緒に飛行機乗らない!!」と宣言したくらいにひどかったので(笑)、ヒヤヒヤものですw

絶対にハマると思われるパズルや本を3000円分買いこんで、当日まで絶対に見せないようにしてバッグに入れた。
飛行機に乗る数週間前から言い聞かせ、指きりげんまんもした。

さあ・・・どうなるか!?


いつものロイヤルでひこうきのお皿に入ったお子様ランチを食べてご機嫌w
20140408 01




結果。


・・・・・なんとかオッケーでした(笑)!



母も子もとてもがんばったのだけど、まさかの
『着陸したら、目の前で全日空の787がタイヤの故障で立ち往生』


15分くらい動かなくて、さすがに「まだばぁばに会えないのー?」とゴネだして。
ここが一番大変だった!!

で、空港に降りて手荷物受け取り所に向かっていたら、ガラスの向こうに出迎えに来てくれたばぁばたちを発見!!

私を置いて、一目散に駆け寄るハル。
ガラス越しに写真を撮りまくるばぁば。


・・・・あと数メートルで出口なんだから、直接会えばいいのにwww


しかし、ハルの記憶はもうしっかりしたんだなと改めて実感。
私が教えるよりも早く見つけ、「ヒコーキばぁば!!」と駆け寄ってました。

ちなみに、今回の宿はここ。
百道にある、ハイアットレジデンシャルスイート福岡。
滞在型のホテルで、ミニキッチンや電子レンジや乾燥機能つき洗濯機もあって、大人2人と子供が川の字になっても余裕のでっかいベッドがある、キッズルームに宿泊です。
キッズルームは完全禁煙で空気清浄機も常備。
ものすごく快適!!

しかもオサレ。
20140408 02

夜は家族で食事して、楽しい時間をすごしました。

さて!!
今回の帰省は、私の全日本ラリー復帰戦もかねております。(というか、それがメイン)
なので、まったく気が休まりません。
朝から晩まで、3日間、初めて母と子が離れます。
ドキドキですな・・・。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。