今朝見た夢。

私は夢の中で本を読んでいる。
この本が面白くて、疑似体験しているかのような気持ちになれるのだ。
まあ、リアルの世界でも、イメージがふくらむ小説に出会うとそういう気持ちになるのだが、これは夢なので、実際に体験できちゃう。

で、この小説の主人公の女探偵が、調査のためにホストクラブに行くくだりがあって。
便宜上、女探偵を『私』として書く。


・・・・・私は調査のために、ホストクラブに来た。
ホストクラブというのは初めてだったが、この店は落ち着いた男性が多く、私より年下のはずの男の子でも、そうは感じさせない男性が多いような気がする。
私の思っていたホストクラブというのは、アニメから出てきたような変な髪形で、肌の色は不自然に黒く、チャラければノリが良いと思っている、センスがなく頭も悪く品性もなく魅力のない男の子がいる・・・というイメージだったのだが。

ここは全然違った。

私がただの客でないことが分かると、店長とおぼしきホストが私の横に座った。
「○○さんを探してらっしゃるそうですね」
「ええ、そうです。ご存知ですか?」
「こちらも客商売ですから、従業員のこともお客様のことも、そう軽々とはお答えできないのですが」
「それは存じてます。でも、○○さんの安全にも関わることですので」
「もう少し、状況をお話していただければ、少しはお力になれるかもしれませんが・・お煙草は?」
「いえ、私は吸いません」

私の話を聞きながら、店長はウィスキーのオンザロックを作ってくれる。

「なるほど、そうですね・・○○のことを知っている従業員がもうすぐ来ますので、お待ちください。せっかくですから、少し遊んで行かれませんか?」
こういうお店だから、こちらの用件だけ、というわけにもいかないだろう。
私はあまり高くないものを、と言って、ウィスキーのボトルを1本入れてもらった。

「こういうお店は初めてで?」
「ええ」
「そうですか・・・たまにはいいと思いますよ、息抜きのお手伝いをしましょう」

店長はそっと、乱れた私の髪をかきあげる。

「あの、ちょっと、そういうのは」
「そんなに構えないでください。お客様が嫌なことは、私もしませんから」

そして店長はそっと、私のこめかみのあたり、髪の生え際に唇をあてた。

「あの、ちょっと」
「大丈夫です、これ以上のことはしませんよ(笑)」

店長ホストは動揺する私に向かって、微笑んで言った。
「ここは女性にとって一番ドキッとする場所なんです、頬よりも唇よりも」

「まさか(笑)ただのこめかみですよ」
「あなたにも分かりますよ・・・そのうち」

ウィスキーのオンザロックを口に運ぶ。
さっき店長の唇が触れたあたりが、熱い。
どきどきする。中学生の小娘でもあるまいし、と自分に思って苦笑する。
なるほどね。


「男というのは、仕事で自分に自信をつけます。でも、女性というのは、異性に大切にされることで、自分に自信をつけ、輝くものなんです。」
お仕事ばかりなさっていないで、あなたも少しはこういうところで遊んでみられてもいいと思いますよ、と店長は、穏やかに話す。
さきほどのキスなど、なかったことのように。



まずいなあ。

ホストクラブ、ハマりそうだなあ。




・・・・・・・・・・というところで、目が覚めた(笑)








スポンサーサイト
今朝見た夢。

私は何か重い病気で、死にかけている。
病院のベッドで、感染を防ぐために特別な個室に入り、医師も看護師も、感染を予防する白衣とマスクなどで身を覆っている。

家族はガラスの向こうにいて、私の横には来られない。

ガラス越しに、カブト、そしてハルを抱く母が見える。
「おかあしゃーん」
ハルの声が聞こえるが、ごめんね。お母さん、もうそっちには行けないみたい。

また大量の血を吐いた。
もう体の力は入らないし、何かを考えることもうまくできなくなってきた。
医師や看護師ができることももうないようで、私が吐いた血を吸引したり、ぬぐったりするだけで、モニターの数値を時々見ている。

はじめは、家族を置いて死ぬことが辛く、焦ったり泣いたり悔しがったりしていたが、今はもう、静かな気分だ。
大量に血を吐く私の姿は痛々しいであろうが、私自身はむしろ穏やかな気分だ。
ハルを置いてゆくことはとても辛いが、カブトと母がちゃんと育ててくれるだろう。だいじょうぶ、ちゃんと育つよ。ちゃんと大きくなれる。
元気に育ってね。お母さん、見てるから。

ふと見ると、ベッドの横に知らない男性が立っている。
家族ですら入れないこのベッド脇に、白衣もなにもつけない男性が立っているのに、誰も気がつかない。


・・・そうか、ガイドか。


『ガイド』というものの名前も存在も知らなかったが、なぜだか自然と理解した。
これから私は、このガイドと旅立つのだ。
よく言う、「死んだじいちゃん」とか「死んだ父が」というのとは違うんだな。
そうか、ガイドか。


彼は何も語らず、静かに、ただ私の横に立っている。
せかすこともなく、促すこともなく、ただ、そのときを待っている。

不思議なことに、彼が隣にいると心が安定する。「大丈夫」そう、これから旅立つのは特別な場所ではないのだ。特別な旅でもなく、それは故郷に帰るのと同じなのだ。


そのとき突然、すべてがわかった。

わかった。

つながった。

そうか、そうだったのか。



この世の中、宇宙のすべてが、つながり、わかった。
そうか、そうだったのか。
私はその一部であったし、そのすべてでもあった。
そしてその一部になるのだ。


そうか。そうだったのか。



私は微笑みをうかべ、ガラスの向こうの家族を見る。
だいじょうぶ、私はどこにもいかない。
ただ、形を変えるだけ。私は全ての一部になるし、全ての中にいる。


モニターの音が速くなり、異常を知らせるアラームがなる。
私は大量の血を吐いて、最後に深く息を吸った。



--------------------------------------


死ぬ夢や、死後の夢は何度か見たことがあるけれど、どれも共通しているのは「苦しくない」ということ。
むしろ、圧倒的な安心感というか、安堵というか、そういう感情で死んでいきます。
これが本当なら、死ぬのは怖くないし、見送る方も救われる気がする。

あと、今回の夢で一番印象深かったのは、「すべてがわかった」という、あの感覚。
宇宙が、すべてが、一瞬でわかったのです。夢の中の私は「つながった」という言葉を使っているけれど、本当にそう感じた。
「わからなかったことがわかった」というよりも、「すべてがつながった」というのが近いかもしれない。
元気に生きているときならば、恐ろしいほどの達成感というか、高揚感というか、多幸感に包まれるのではないかと思うほどの衝撃。
でも、死にゆく人間には、それは特別な発見というよりも「なんだ、そうだったのか」という感じでした。
実際にそうかもしれませんね。

そして今回、これが一番めずらしいことなのだけれど、実在する音楽がBGMでした。
前にも書いたけど、私の夢には『その世界の設定』があったりするし、カメラワークもあるし、登場人物のプロフィールも、BGMもある。
でも、実在の音楽がBGMになったことはほぼない。多分、全くといっていいほどなかった。

けれど今回は、ものすごくぴったりな曲がBGMでした。

REDNEX/「Rolling Home」

ここ数年聴いてなかった曲なんですが、歌詞がぴったりなんです。

We are rolling home, we're rolling home
No more hearts to break, no more to roam
There's no one waiting, there's no one to say goodbye
So guided by a wanderin' star, we're rolling home

・・・You are near there's no fear
Lost but not alone going home.

「もう、傷つくこともなく、さまようこともない・・(中略)
 そこまできている、恐れはない 失っても 故郷に帰るのはひとりではない」


アルバムバージョンもいいですが、このPVのバージョンも映像もいいです。
良かったら、聴いてみて!


あ、あとね。
これ書くと雰囲気壊れるかもだけど。
『ガイド』ね。
外見は、板尾創路そのものでしたwww
でもね、板尾創路の安定感、ハンパなかったよ!!



2013.10.28 たべる!
4ヶ月で歯がはえはじめ、6ヶ月から離乳食をはじめたけど、とにかく全く食べなかったハル。
おかゆの作り方を変えたり、彩りを良くしたり、やわらかさを変えたり、だしを取ってみたり、とにかく色々やっても全く食べなかった。
「これが何かのきっかけになれば」とお菓子なんかもあげてみたが、それも食べなかった。
結局、食事から栄養を取るレベルになったのは、1歳4ヶ月とかそんな頃。
それでもほとんど量を食べなくて、「私もカブトも子供の頃は小食だったから、ハルもそうなんだろう」と思っていた。

「私たちも子供の頃、無理やり食べさせられるのは本当に辛かったし嫌だったから、それはハルには絶対しないでいよう。私たちも今では、食べすぎて太ることを恐れる普通の大人になれたのだから、よほど痩せすぎでない限りは気にすまい」
と、カブトと2人で決めた。

・・・・・のだが。


最近すごく食べるんです(笑)

もう、子供用茶碗では足りず、大人用茶碗に1杯分のご飯と、干物1匹。おトーフのおみそ汁を1杯。
軽い女子程度は食べる!!
さらに、仕事で遅くなった私が「今日は冷凍ピザとサラダとビールでいいやー」と準備したピザも、「ハルくんもピザたべるー!」と横から手を出し、軽く半分食べる(゜□゜;)
さらにさらに、「ブロッコリーだー!ブロッコリたべるーー!!」「あ、にんじんもたべるー!」と、手づかみでムシャムシャ。

・・・あなた、私が帰ってくる前に、ごはんとおサカナとみそ汁食べてますよね!?


もはや、女子程度ではなく、小学生程度は食べてます(驚)
確実に、小学生の頃の私よりは食べてます!

離乳食を食べないとき、外野からは色々言われて本当に悔しかったしヘコんだし焦りもしたけれど、ある看護師さんが言った言葉が本当にそのとおりだった。

「母乳をよく飲む子はあごが強くなって、離乳食は遅くなるけれど、いずれ食が太くなる子が多いのよ。数ヶ月のことなんて焦らないで」


でもなー。

まさかこんなに食べるようになるとは(笑)
ファミレスのお子様ランチも足りないんですYO!!
嬉しい誤算です。

そして何より嬉しいのが・・・スナック菓子を食べない。お子様ランチについてくるゼリーもグミも食べない。
親としては、とても助かります。
お菓子バクバク食べるのは困るけど、ちゃんとした食事なら、いくら食べても結構です!

それにしても、わかんないもんだなー。


ごはんおいしいねー!
20130908 132031 20131023 195520
出産を期にお休みしていたものを、そろそろひとつずつ復帰しようかと思いまして。

まずはバイク!!!

せっかく先日、愛しのイトウさんが修理してくれたので、乗らぬわけにはいかぬだろうと。
先週末、ちょっとだけ引き回ししたんだけど、これがびっくりするくらいにヘロヘロで(笑)
「乗ればいけんじゃね?」くらいに思ってた自信が、全くなくなりましてorz

ようやくまとまった時間が取れた今日、再度引き回しからチャレンジすることに。
やってみると、先週よりはイケる。
引き回し練習だけのつもりだったけど、乗りたくなったので乗ってみた。
ら、乗れた(゜∀゜)

ので、直線だけのつもりだったけど、楽しくなってきたので、苦手のUターンもやってみた。
ら、できた(゜∀゜)

さらに楽しくなってきたので、公道に出ちゃった(゜∀゜)デチャッタw
ら、ダイジョブだった!!!


公道を走る母を、心配そうに見守る息子w
P1140796.jpg P1140798.jpg

息子はチャリ練習!くじけそうなところを励ます母
P1140812.jpg P1140810.jpg





ところでさ。ダイジョブだったんだけどさ。


ダイジョブだったんだけども。



・・・・・すごいこと言うよ。



・・・・・・・・・・・・びっくりすんなよ?




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・覚悟はできたか!?




あのね。


あたしね。



1速の場所を忘れてたYO!!!!(゜∀゜)アヒーーー!!!




知らない人のために言うけど、バイクのギアってさ、ニュートラルから蹴り落として1速、カンカン、と上げて(つまりニュートラルの上)が2速、で、3速、4速・・・って上がるんだけどさ。
ニュートラル、1,2,3・・・と思っちゃって、カンとギアを上に上げて2速に入れて、カブトに「じゃっ、いってくるね!(ビシッ)」とか宣言してたんですYO!

さらにね。


・・・・・すごいよ。


・・・・・あのね。



・・・・・・・・・エンジンのかけ方忘れてた!!wwwww



「じゃあ、やってみるわ!」とか言いながら次の瞬間、固まりましたよ(笑)
カギ回すんだっけ??なんかボタン押すんだっけ??あ、これか??押してみるか・・・(ドキドキ)
あれ?なにも起きないぞ??

そーっとカブトを見ると、小声で「キーを真ん中に戻さないと、ボタン押してもエンジンかからないよ」
って、優しく教えてくれました。目はビビッてたけどw


あーーー、びっくりした。
カブトがいなければ私、エンジンもかけられなかったかもw


そんなこんなですが、まあ最終的には大体思い出しました!
ダイジョブ、練習中にオマワリさんとすれ違ったけど、「そこのへなちょこライダー、止まれ!!お前本当に免許あるのか!?」とか聞かれませんでしたから!

あとは乗るのみ!!
もう一度、経験を重ねていくしかないですわね。


さあ、次はアレだな!


おかーさんのバイクの上で、余裕の休憩
P1140791.jpg





さいたま新都心で、『さいたまクリテリウム by ツール・ド・フランス』が開催されるので、行ってみました。
別にチャリ好きなわけではなく、「せっかく近くで面白そうなイベントがあるから行ってみよう、あわよくば美味しいビールかワインかつまみを食べよう」さらに「かっこよさげなジャージを着た選手がいたらサインをもらって、息子のチャリ用ヘルメットにサインをもらおう」みたいな浅い気持ちで行ったのですが・・・。



甘かったwww!!!!!



もう、激混みでしたorz
午前中が雨だったので、レースが始まる頃に観戦エリアに行ったらもう遅い。
いや、当たり前かもだけど、ある程度会場から離れれば、少しは見えるかもとか思ったんだけどもね。
ぜんっぜん無理!!www

人のアタマとアタマの間から観戦しました。
息子はカブトの肩車で(><)b(多分これが最強)


観戦環境はちっとも良くなかったんだけども、人のアタマとアタマの合間から見るレースでも、なかなか面白かった。
ポイントレースの2戦目と、メインレースを見たんだけど、とにかく速い!!
そして、ポイントレースとメインレースのスピードでは、スピードも迫力も全く違う!!
詳しいことは分からなくても、すごく面白かった。とにかくかっこいい!

我が家はメインレースの4周目あたりで息子がぐずりだして撤収せざるを得なかったのですが(レースは確か20周)、その時点では優勝者は後続グループにいて、「確かあの選手は優勝候補なのに、さすがに先頭集団にいなくていいのだろうか」とか思っていたのですが。
後から速報を見ると、途中で先頭集団が後続集団に飲み込まれ、優勝候補がトップに躍り出て・・・という展開があったとか。
そこ見たかった!!!そこ見なくちゃ(笑)!!!

心残りだわー。


P1140773.jpg 036.jpg 
P1140755.jpg P1140781.jpg

スタート/ゴールの写真。
兄貴たちのマッチョなヒップがたまりません。

タマリマセンよね!!(゜∀゜)=3




ただ、隣の観戦グループがお花見状態で、お酒くさいわうるさいわ、おばちゃんが20代の男の子に囲まれてはしゃいじゃって、痛いのなんので、どうにもこうにも。
レースの写真を撮ると、はしゃいだおばちゃんが、めっちゃフレームインしてくるしwww

もし次回があるならば、もうちょっと観戦場所をがんばって確保したい。



ちなみに、参考までに。
現地は激混みで、携帯すら繋がりませんw
「場所取りしとくから、取れたら携帯で連絡するね!」的なことは無理でした(゜□゜;)

でもね、楽しかったよ!
それでもまた開催があるのなら、我が家は絶対に観に行きます!!!









2013.10.12 胎内記憶
胎内記憶。なんのことか分からない方もいらっしゃるかもしれません。
読んで字のごとく、『胎内の記憶』…つまり、お母さんのお腹の中にいた頃の記憶ですね。
人の話が理解できて、ある程度自分の言いたいことを表現できる年齢…大体2歳すぎから3歳すぎくらいが、質問するのに適しているとか。


ということで、ハルの日頃の受け答えを見て、そろそろかなと思ったので、ご機嫌の良い週末の朝に、聞いてみた。

「ハルくん、お母さんのお腹の中にいたときのこと、おぼえてる?」
「ウン」
「え!覚えてるんだ?どうだった?」
「ギュー!(お腹を締め付けながら)だった」

ハルがお腹にいるとき、私は14週くらいからずっと、お腹が張って(つまり子宮が収縮して)、何度も流産早産しかけた。
それのことなの!?

「じ、じゃあ、生まれたときのことおぼえてる?」
「ウン」
「生まれたとき、誰がいた?」
「イトウちゃん」

………。

「じゃあ、お母さんのお腹の中に来る前のこと、おぼえてる?」
「ウン」
「どこにいたの?」
「……。」

うーん。お空の上にいた、とか答えるかなと思ったんだが。

「そのとき、誰か一緒にいた?」
「ウン、いた」
「え、いたの?誰がいた?」
「イトウちゃん」
「……。」

当たり前ですが、生まれたときは先生しかいなかったし、イトウさんとは全く似てない先生。
さらに当たり前だが、お空の上にもイトウさんはいません(笑)



結果、『胎内記憶は覚えてない』。
残念(笑)!

考えてみたら、この日は夕方にイトウさんが遊びに来てくれる日で、ハルは前夜から大喜びで、ハルの脳内はイトウちゃん一色のときであったw

聞くタイミングを誤ったか…。

2013.10.06 ことばの習得
ハルも2歳10ヶ月をすぎました。
最近また、言葉の発達がすごいです。

シンミンモーもドーモンモンも言わなくなりました。
しまじろうとドラえもんです。ちょっと寂しい。
「シンミンモーは?」と誘導してみると、「しまじろうでしょ!」と指摘されます(涙)

でも、そんなことよりすごいのは。
助詞を使い始めたんですよ、助詞を!!
基本的に、要求なら単語の羅列でいけるじゃないですか。助詞とかなくても通じるから、不便はないはず。
なのに助詞を使い始めたということは、会話をするための発達ってことだと思うんですのよ奥様!!
7月くらいからだったと思うけど、最初から割と正確に使ってくるのが不思議。見ていると、私たち親の会話をすごく聞いてる様子。

こないだなんか、かぼすをかけた塩サバをあげたら、口を押さえて「なんかしゅっぱい!!(>.<)」って言った(笑)
「なんか」の使い方が合ってるYO!!(゜ロ゜)

あと、『だめと分かってるけど要求したい』時に「あー、これ食べたいワー。買いたいワー。」とかわざとらしく呟きますw
めっちゃ私のマネwww


言葉遣いは気を付けないと…。