上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.26 ギョックリ!
ついにやってしまいました、ギックリ腰。

ここ最近、ハルが甘えん坊スイッチ入りまくっており、「抱っこ抱っこ」とせがむので、つい抱っこすることが多かった。
特に、保育園の行き帰りなどは甘えさせてあげたいし、そうでなくても「だっこっこくーだしゃーい!」と丁寧に泣き顔でお願いされたら、なかなか拒否できず(汗)

で、2週間前の夜、ハルを抱っこして階段を上がっているときに、「あれ、痛いな・・」となり、その翌日には立ち上がれなくなってしまいました。
幸いそんなにひどくなかったらしく、1日安静にしていたら普通に動けるようになったのだけど。
そのまま誤魔化し誤魔化ししながら1週間仕事していたら。
ゴミ捨てに行った帰りの坂道で、突然『ギョギッ!!』
視界が一瞬にして収縮して、何も見えなくなると同時に、膝の力が抜け。
でもハルも連れてるし、外だったので、気力を振り絞って自宅へ戻り、そこで力尽きて玄関に倒れこみました。

ちょうど、ゴミを捨てたら買い物に行く予定だったので、家じゅうの窓は閉め切っており、お隣にも声は届かない。
さらに、携帯は携帯しておらず。


やばい、どうしよう。
とりあえず、「おかーさんのケイタイとってきて。あと、クッションも」とハルに頼んでみると、なんと持ってきてくれた!!
フローリングでゴツゴツしていたので、頭の下にクッションを敷き、携帯でカブトにヘルプの電話。
もはや這うことどころか、足を自力で動かすこともできないので、福岡の母にも電話。
と、とりあえず、カブトが帰るまでの2時間を耐えればいいことになった・・・。(携帯がなければ夕方まで待つことになるハメだった)

幸い、ハルはお向かいのおにいちゃんから貸してもらったおもちゃに夢中で、ぐずることもなく私の枕元(玄関だが)で、おとなしく遊んでいる。
そして飽きた頃・・・、私の上に鮨ネタ状態で乗っかってきて、そのまま寝てしまったΣ(゜□゜;)

暑い・・・2人分の体重が背中にかかって、痛い・・・床の上だから固い・・・・暑い・・・腰が痛い・・・・暑い・・・・だれか・・・みず・・・・・(涙)

永遠にも感じられた頃、静かに玄関が開いて、救世主カブト帰還────(゜∀゜)───マッテマシター!!


「ただいま・・大丈夫?」
「と、とりあえず、この重くて熱くてかわいい生物をどけて・・・」


さて、ここからがまた大変。
トイレに行こうにも、自力で立ち上がれない。カブトに背後から抱えてもらい、すり足でゆっくり移動する。
「カ、カブト、後ろで鼻息フーフーするのやめて・・」
「だって人ひとり抱えてんだもん!息もあがります、フー、フー」
「そのフーフー、首にあたったらくすぐったいけんやめて!!笑うのも痛いっちゃけん!」
「だって無理だよ、首だけ横向けたりできない・・フー、フー、」
「それ、絶対わざとやろ?今、口でフー、フーって言ったもん!フーフーやめてっ!」
「だから無理だって、息とめたら死んじゃうよ・・・フー、フー!」
「フーフーやめてーー!!!トイレまでの2mくらい、息とめても死なんやろ!」

で、トイレには着いたものの。

・・・・・どうしよう。


「俺がやってやろうか?」とカブトは言ってくれたが、やはりそこはプライドの問題もある。
ジーンズのボタンとファスナーだけ外してもらい、後は自力でやることに。
「じゃあ、がんばって」とトイレから去ろうとするカブトに、
「あ、あのう!もうちょっとだけトイレに近いところまで行きたいなぁぁぁあぁぁ」

あと30センチが限りなく遠い・・・・orz


で、なんとか済ませてトイレを出たら、カブトがいない。どうやら2階に着替えに行っている模様。
私、自力では5秒も立っていられないんですけど・・・(涙)
もうだめだ、倒れこむかも・・というところに、トテトテとハル登場!
「おかーしゃん、どーしたの?」
「ハルくん、おかーさん倒れそうだから!あっち行ってて!危ないから!」
「おかーしゃん、ズボンはいてなーい」
「そうなの、パンツ履くまでが限界だったの、これはこれからちゃんとやるから大丈夫、あっち行ってて」
「よいしょ、よいしょ」
「ハルくん!!ズボン上げてくれなくていいから!!危ないから!お母さんの足元はあぶないからっ!」
「よいしょ、よいしょ、できないなーあ」
「やらなくていいから!あと、やるなら早くして!遊びじゃないのよ、これ遊んでるんじゃないの!」
「おしりフリフリダンスしてーえ♪」
「今はムリ!!その半端にズボン上げるのかえって危ないから!!できないならやめて!離れて!そろそろおかーさん限界!!」

もう、何から何まで大騒ぎデスヨ・・・。



しばらく横になり、少し痛みがひいてきたので、病院にいくことにした。
が、ハルがどうやらこの一連の騒ぎを遊びだと思っているらしく、私がヨレヨレと動くたびに体当たりしてきて危ないことこの上ない(汗)

こっちゃ大真面目で痛いのよっ!!


病院に行くにはまずは立ち上がって車まで移動しなければいけないが、頼みのカブトはハルを確保する重要な任務についているので、自力で立ち上がらなくてはならぬ。
まずは腕を使って、脚の位置をずらす。(脚の力ではそれすらできない)
そしたら腕の力だけで上半身を持ち上げ、手のひらをぐるぐる回転させることで手の位置を体に寄せ、ゆっくりゆっくりと座位まで上半身を起こし・・・そして・・次は・・・・次は・・・・。
座るだけでも腰には激痛が走るし、普段やらない動きが腕一本にかかって、筋肉もプルプルしてきた。
ちょ、ちょっとムリかも・・・もう一度横になるかな・・・でも、それにも腕の筋肉を使うし・・・・・これを何度もやってたら体力もたない。やるなら一発で立ち上がるのが正解か。
でももう限界・・・どうしよう・・・・

髪をざんばらにして、腕をついてヨロヨロしている私を見て、ハルはさぞ心配しているだろう。ごめんね、心配かけて。ごめんね。


と思って顔をあげたら、なんとハルはカブトの膝の上で目をカマボコにして、「くるよー、くるよー!」と言い続けているではないか!!∑(゜□゜)
「え、ちょっと・・・」
「くるよー、くるよー、くるよー♪」

「なにも来ないわよっ!!こっちゃ大真面目に死にそうなのよっ!遊んでるんじゃないのっ!」
「くるよー!くるよー!キャハハハハ!」

もう、倒れこみそうorz



そんなこんなでとにかく、何から何まで大変だったのですが、なんとか病院に行き、痛み止めのお薬をもらうことができました。



とまあ、ここまでが第1弾軽度ギックリと、第2弾大ギックリのお話でした。

そう。
残念なことに、腰痛ネタは続くのです・・・。





スポンサーサイト
「シンミンモー」が「しまじろう」になり、段々と赤ちゃん語を卒業しようとしているハルですが、この世の中には無数の言葉があり、まだまだ追いつけません。

最近ハマっている『おみせやさんごっこ』。
「ハンバーガーください」
「ハイ」
「ポテトもください」
「ポテトも、ハイ」

「あと、じゃあ、ちゃんぽん1つください」
「ハーイ、チャン・・・!?」

無言になった。

そして突然忙しそうに、厨房でじたばたして、お皿やお鍋を置き直している。


「あのー、ちゃんぽん、まだですかー」
「・・・・・」(ガチャガチャと食器をいじっている)
「あのー」
「ハイ」
「ちゃんぽん注文したんですけど」
「チャンポン、ナイ!!!!(゜□゜)」


怒られたwwwww



「すみませーん、カレーライスください」
「ハイ、カレライス」
「すみません、あと、サラダも」
「シャラダも」
「それと、グラタンも」
「グラサン」

「ちがいます、グラタンです」
「グラサン」
「グ・ラ・タ・ン」
「グ・ラ・シャ・ン」
「グ・ラ・タ・ンです」

「グラタン、ナイ!!グラタン、チガウ!グーラーシャーン!!!(゜□゜)」


言えるんじゃん!!Σ(゜□゜;)




言えるのにキレるってどーゆーことよwwwww



徐々に自尊心みたいのも芽生え始めている模様。





春からずっと仕事が忙しかったカブト。
少し仕事の合間ができたので、今のうちにおでかけすることに。ちょうどディズニーリゾートのチケットをいただいたので、夏休みで混雑する前に、初のディズニーシーに行くことに!

色々調べてみると、ミッキーさんたちにお手紙を書けば受け取ってくれるそう(そして運がよければお返事もくるそう)なので、今回は事前にミッキーさんたちにお手紙を書いてみた。
もちろん私が文面と住所氏名を書き、ハルはクレヨンでお絵かき。

ミッキーさんには
「おかあさんが、ミッキーさんは子供の頃保育園に通ってたし、今では毎日お仕事がんばってるんだよ、というので、ぼくもまいにち保育園にがんばってかよっています。おうえんしてください」

ミニーちゃんには
「ぼくはミニーちゃんがだいすきです。いつまでもかわいいミニーちゃんでいてください」

ドナルドさんには
「いつもドナルドさんのうたにあわせて、おしりフリフリしておどっています」

グーフィーさんには
「このあいだ見たDVDに、グーフィーさんのお靴がくさいというお話があって、ぼくはたくさん笑いました。お仕事いそがしいと思うけど、グーフィーさんがんばってください。お靴もあらってください。ぼくもくさいのはいやなので、おかあさんに洗ってもらいます」


「・・・それ、グーフィー宛てのお手紙だけひどくない?」とカブトが心配したが、だってDVDから得られたグーフィーに関する情報って、『靴がくさい』しかなかったんだもん!
でも、これじゃお返事こないかなw


天気予報では「大気の状態が非常に不安定」とのことで心配したけど、とりあえず朝は晴れ。
遊べるうちに遊ぼう!

あそぶぞー!!
画像 154



まずは水上ショーを見て        「ミッキーさーーん!!」
画像 169 画像 187

「聞こえるかなー?」とミッキーさんに言われ、ちゃんと耳をすます
画像 166


「ミニーちゃんのぼうしかぶる」と言うので、カチューシャを購入し
画像 209


いよいよ、ミニーちゃんに会うよ!!お手紙もって緊張しています
画像 230

ガチガチに緊張していますwww
画像 207

おかーさんのリトルグリーンメンのカチューシャもつけてみる
画像 203

ミッキーさんとミニーちゃんとグーフィーと会って、緊張疲れした模様w
画像 171

今回、初めてのシーということで、のんびり下見のつもりでしたが・・・結局夜までガッツリ楽しみました(笑)
予定していたアトラクションも全てこなし、夜のショーまで見ることができて、食事を終えて外に出ると・・・ゴロゴロゴロ・・・雷だ!!Σ(゜□゜;)
慌てて車に戻ったところで、雨が降り出しました。セーフ!!
ハルはお昼寝もせずに1日遊んだので、そのまま朝までグッスリ。おとーさんとおかーさんもバッタリw
やっぱり夏のディズニーリゾートは暑すぎるな!!


ところで・・・実は数日前に私が腰を痛めて、一時は延期しようかと話していたのですが。
ハルがとても楽しみにして「(お手紙)はいどーじょ、する!」と連呼して封筒を持って大喜びだったので・・・コルセットをガチガチに巻いて、ダメ元で行ったのです。
妊婦のときに履いてたジーンズ、捨てなくて良かった!! コルセットの上から履けるし、これまた妊婦のときに着てたチュニックも役に立ちました(笑)

1人でベビーカーを担いで、ハルを抱っこしてと奮闘してくれたおとーさんも。
ヨレヨレになりながらヒーフー言って、ハルより遅くしか歩けなかったおかーさんも。
楽しい一日になりました。


またいこうねー!
画像 261


GWに、『不愉快な男』イトウさんが遊びにきてくれた。

知ってる人は知ってると思うが、イトウさんはカブトが高校の頃からの友人で、多分一番仲が良い。
そして、カブトとあらゆる思い出を共有している人である(笑)

私もカブトも、地元から離れて暮らしているため、飲み友達や遊び友達が少ない。私はこちらで仕事をしているし、出産や子育ての関係から新しく友達ができることもあるが、カブトにはそういうことがないので、数ヶ月に一度、のびのびとイトウさんとツーリングに行ってもらったり、イトウさんちに泊まりで飲みに行ったりと、息抜きしてもらうようにしている。

で、GWのとき。
イトウさんがツーリングの帰りにうちに泊まっていってくれたのだが。


ほぼ初対面に近いのに、一発でハルが懐いたΣ(゜□゜;)


ハルはそんなに人見知りする方ではないが、ある程度の壁があって、そこは容易にとれないタイプ。
なのに、会って数秒でキャッキャ♪と遊んでもらい、ゴハンのときにはイトウさんの膝の上で食べるほど。
「邪魔だからおりなさい」と言っても、絶対におりようとしない。
もはや、「誰の子?」というほどに、イトウさんに懐いてしまったw

夜になっても「イトウちゃんとねるー」とゴネるし、朝起きて最初の一言が「イトウちゃんは?」
「イトウちゃんは帰ったよ」と答えると、「イヤー!イトウちゃーーーん!!!(大泣)」
そして、イトウさんが寝たお布団にすがって、「イトウちゃん・・・」とか懐かしむ始末。



父親と同じ、いや、それ以上にイトウちゃん大好きっ子になってしまった・・・orz



で、最近は。

(ブロックを並べながら)
「これ、ハルくん。これ、おとーさん。これ、おかーしゃん。これ、ばぁば。これ、イトウちゃん」

(おやつを並べながら)
「これ、ハルくんの。これ、おとーさんの。これ、おかーしゃんの。これ、ばぁばの。これ、イトウちゃんの」


親族レベルになってるΣ(゜□゜;)



さらに昨日あたりから・・・。

「おとーさんとー、おかーしゃんとー、ハルくんとー、ミッキーさんとこ行く。イトウちゃんも」
「ミッフィーちゃんのおうち、いく?おとーさんとおかーしゃんとハルくんと、みんなみんなで行く?イトウちゃんもみんなみんな?」


いつの間にか家族の一員になっている(´□`ノ)ノ



以前はイイダ家とイトウさんとでよく『三角関係ツーリング』に行ったものだが、今後はハルを加わり『四角関係』になりそうな悪寒。


やっぱりあれかなあ。親が好きな人には、自然と警戒心も取れるんだろうなあ。

「イトウちゃん、イトウちゃん」と毎日連呼されるのもなんだけど、ゴネたときやぐずったときに「イトウちゃんも応援してるって言ってたよ」とか言うと、割と言うことを聞いてくれるので便利でもある。
もうあれですよ。

イトウちゃん、同居して!!www






皆様、すみません。
スマホが突然死にまして、代替機は届いたのですが、バックアップしておいたはずのアドレス帳が戻ってきません(涙)
お手数ですが、私の携帯メールアドレス宛に、皆様の携帯アドレスと携帯番号を送ってください。

本当に、お手数をおかけしまして申し訳ありません。
こういうことが起きてもいいように、バックアップはとっておいたはずなのに・・・なんで(泣)



あれこれと初期設定に時間と手間をとられて、もう、

気 が く る い そ う だ !!Σ(゜□゜)







2013.07.13 ある日突然
大変です!!

大変なことが起きました!!!



ハルが。ハルが。

ちゃんとした言葉になりつつあるんです!!!Σ(゜□゜;)


「シンミンモー」が「しまじろう」になり、「ジャッ、あっ!」が「デザインあ」になり、「ダママナ」が「バナナ」になりました。

まあ、嬉しいことに「プス」は「プス」のままですけどね(笑)
でも、「シンミンモー」は「シンミンモー」のままでいてほしかった!!!


「ダママナいっぽん、ありましたー♪
 あーおい、※▲●・・したー、
 ◎~※■、てー、ダママナつるんと、とんでったー♪
 ダママーナどーこにいったか、なー。ダママナダママナ、ダーマーナ!」

と、助詞を一切排除して無理やりリズムに乗せていたバナナの歌も、今ではちゃんと歌えます。
私が「ダママナいっぽん・・・」と歌うと、「ダママナちがう!!バ、ナ、ナ!」と修正さえしてきます。
自分がそう言ってたくせに・・・。


ちゃんとした発音は大事なことなんだろうけども、母はさみしい。
まだまだいいや、と思って、特に修正してこなかったのに。ちゃんと勝手に学んできてしまったらしいw

「間違っていても、この母親はニコニコして修正もしない。こんなんじゃ俺はだめになる!」とでも思ったのか。
まあ、そうです。
「まちがってる、カワイーwこのままどこまでいくんだろーw」とか思っているテケトー母なので、自力で成長してくださいw





暑いーーー!!!

ロクに梅雨もこないまま、真夏になりました。
注文したメジロ長靴はまだ届かず(笑)
まあ、長靴を注文した時点で、「梅雨はこないよ」フラグが立ってたんでしょうね。

夏といえば、あれですよ。
あせもです。

誰もが子供の頃は毎年なっていた、あせも。
いつの間にならなくなったんでしょうね??

私たちが子供の頃は、『シッカロール』なるものをパタパタつけられていましたが、あれは今では「やっちゃいけないこと」らしいです。コナが水分を吸って、結局湿気や汚れを皮膚につけたままになるからだそうです。
怖いですわねー。育児情報も、10年ひと昔レベルじゃないですよ。もはやPCのモデルなみに更新が速いです。


ってことで、あせも。
息子もやはり、あせもに悩まされています。
ひどいのは、おでこ、首、オムツまわり。オムツまわりはオムツで蒸れるのもあって、非常にかゆいらしく、自分で掻きむしるので余計にひどくなっている。
最近は、オムツ交換や着替えのたびにきれいに拭いて、必要ならば薬もつけるようにしているが・・・悪化させないようにするのが精一杯。
「かゆいー!かゆいー!」と言って、とめても聞かずに掻くので、「じゃあ冷やしてあげるよ」と言うと、おとなしくなります。

冷やしてあげるとかゆみがちょっとおさまるんだよね。


「あー、きもちいー。」
20130712081628.jpg


それにしても、このリラックス具合。
股をパカーwと広げて、自分は絵本などを読んでいます。ときどき「これなに?」とか聞いてくるけど、おかーさんはあなたの股間を冷やすので忙しいんデスヨ。

お腹と股間。いわゆる急所を相手に広げたままにして、そこに氷を当てられようと何をされようと気にもしない。
信頼しきってるんだなーと、改めて感動。
いや、感動するほどのことじゃないかもだけど(笑)、私たちも子供の頃、こういうのを全部「当たり前のこと」として任せきっていたんだなあと思うと、なんともいえない気持ちになるわけです。

夏の朝の、ほんの10分くらいのこと。
特別なことでもないし、いつもの光景。
きっと、記憶にも残らない。

でも、母親に全てを任せきって寝転んでいたことは。
お腹にできたあせもを、少しでも楽にしてやろうと母がしていたことは。

記憶には残らなくても、きっと心の中に沈んでいて、いつか自分が子供を持つときになって、「ああ、俺もこうしてもらってたんだろうな」と気づくことでしょう。

あなたも、わたしも、みんなみんな。




2013.07.03 仕事ノート
私が仕事ノートを作っていることは以前にも書いたかもしれないが。

私は最初に就職した会社のときから、自分専用の仕事ノートを作っております。
最初は、日々の業務の中で新しく覚えたこと、計算方法やら問い合わせの内容、スケジュールについて・・という、具体的に仕事に使う内容程度だったけれど、そのうち、内容はどんどん増えてゆき。

自分で答えられなかった(あるいは技術的知識がある人以外は答えてはいけない)顧客からの問い合わせを、他の人にお願いしたときの内容を、後から聞きにいったもの(「先ほどは代わっていただいてありがとうございました。後学のために、どのような回答だったのか教えていただけますか?」)だとか、先輩や上司が言った「ためになるひとこと」だったり、そのとき読んだ本から「仕事に生かせそうだな」と思ったことだったり、異業種の人から聞いた参考になる話だったり・・と、内容は多岐にわたるようになった。

最初の会社を辞めるときは「ゆきちゃんの知恵袋ノート」として周囲の同僚や先輩たちからも重宝されており(笑)、数年に1度くるかこないか的な「珍しい問い合わせ」の対応や回答まで書いてあったので、「退職するならちょうだい」と言われたのだが、それは私が個人的に作ったものなので、それはしなかった。


2社目の仕事になってからも仕事ノートは継続して作っており、ノートの前半分は実務的なこととスケジュールと、自分自身の工程管理ノート。
で、相変わらずノートの後ろ数ページには、「仕事の仕方」の章がw

恥ずかしいので、いくつかしか書けないが
「仕事人としてどう見られているか、常に意識しろ!」
「人を助けよ。自分がいつか、その人に助けられる」
「教えてやっている、ではない。自分のために、人に仕事を教えているのだ」
「管理職は『何を管理する』のか?よく理解しろ」
「常にひとつ上の役職をしている意識で、自分の仕事を考えろ」
「時間とカネと、自分の仕事の成果。相手に損をさせていないか?」

こんな感じ(笑)
アツイ!!我ながらアツイ!!!www



で、前置きが長くなりましたが、今の仕事でもノートは作ってるんデスヨ。
どうやら私の仕事は「専門的職業」というカテゴリーに入るらしく(まあそうだろうな)、技術的なこともノートするんだけど、相手がヒト(どんな仕事も相手はヒトなのだが、特にダイレクトに接する仕事)・・・しかも子供さんなので、こっちが持ってなきゃいけない表現力やら対応力やらも、ものすごくたくさん必要となるわけです。

恐怖心を持った子もいれば、身体的にハンディがある子もいれば、そうじゃなくても特に関節がカタイとか、体がカタイとか、とにかく色々。
画一的なことをやっていては、あっという間にロングステイとなってしまうわけなので、とにかく個別指導が大事。
なので、復帰してしばらくは、そういう内容をとにかく充実させていたわけですが。

最近、ちょっと自分の仕事のやり方を見直そうかな、と思うことがありまして。


ハウツー本の類は嫌いなんだけど、客観的に見直したいというのが今回のテーマだったので、図書館でドバッ!!と本を借りてきました。
で、今のところまだ半分しか読破しておりませんが、個人的に、飛行機の客室乗務員さんが書いたものはいいね。
「ナントカ式」とか「●●力」とかのヘンな造語もせず、基本なんだけどそこからもう一歩・・・というところとか、非常に参考になります。

まあ、仕事っていうのは、具体的な技術ややり方は違えども、『目指すゴールのかたち』はどんな仕事でも同じだと思っているし、どんな仕事でもゴールには「顧客が満足すること」が必須であると思うので、人と接するプロフェッショナルのお話はためになる。
特に、客室乗務員という仕事は、人と接する仕事の中ではトップクラスに入るスキルが必要とされるお仕事だと思うので、伝わってくる気配りと緊張感が全然違いますね。

で、今は、それらを抜粋したり、自分の仕事に落とし込んだものを、カリカリと仕事ノートに書いているところです。
仕事と家事と育児の合間だけれど、『仕事の仕方』というのは結局のところ『生きるうえで意識しておくべきこと』でもあると思うので、大変だけどがんがります。


「アタシだって、子供のバカ画像ばっかりアップしてるんじゃなくて、ときどきマジメなこともしてるのよ!」
という、全世界へ向けたアピールでしたwwwww




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。