上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ビールを飲んでいたら。

突然ハルが「カード!カード!」と騒ぎ出した。
ああ、おもちゃのカードがほしいのかと思い、「トーマスのカードならここにあるよー」と渡すと、「ちがーう!カード!カード!」と怒る。
ではドラえもんか、と思って渡すと、これも「ちがーう!!」
アンパンマンカードに至っては、私が手にした途端に怒り出した。

「カード!カード!」と言いながら、私のビールを取ろうとする。
なによ!これはカードじゃないわよ!落ち着きなさいよっ!!
しかしどんなに制止しても、ビールを触ろうとしながら「カード!!」と泣き叫ぶ。

「わかんないよー!」と夫婦して音を上げかけたとき、ふと思いつくものが!!
・・・・・わかった、あれだっ!


「わかった、ハルくん!これ!!イオカード!!」


キョトンとするカブトの横で、みるみる笑顔になる息子。

「わからない。なんでイオカードなの??」


いやー、今回は息子の観察力と記憶力に負けた!!
こういうことですよ!!

恵比寿さまの絵がおなじおなじー!
20130429203507.jpg 20130429203515.jpg

最近、ハルはカードがお気に入りで、私の財布やカブトの財布に入っているカードは何でも欲しがるので、度数のなくなったカードやら昔の古いカードを渡していたのだが、そのうちの1枚の絵柄を覚えていたとは。

2歳児の記憶力ってすごいな。



で、最近は、お散歩で帰りたくないときにも、こういうことをやるようになりました。

ぼくはいないよー
20130428170400.jpg


まあ、丸見えなんですけども。


「あれー!ハルくんがいなくなったー!ウエーン」と泣きまねすると、「ココヨー」と言って、『イイコイイコ』するために出てくるので、ちょろいもんですけどもね(笑)



思ったよりもすごい能力は発揮するけれども、まあ所詮2歳児w
そういうところが見ていておもしろい。


気がつけば、もうすぐ2歳半。
あっという間だなー。




スポンサーサイト
2013.04.27 ぼくはいぬ
最近、ハルがよく犬のまねをする。
なんの脈絡もなく突然四つん這いになり、「ワン、ワン!」と甲高い声で犬になる。
どうやら、お手本はご近所のミニチュアダックスらしく、彼女が芝生でコロコロひっくり返る様子などをコピーしている。

先日は、お友達の双子ちゃんと公園のすべり台で遊んでいるとき突然に犬になり・・・

「ワン!ワン!」
20130427131429.jpg


双子は困惑しながらもナデナデしてくれて、ハル犬は喜んでおりましたw



そして、また別のとき。


大嫌いな歯磨きタイムになると、いつもミッフィーちゃんやミッキーさんやミニーちゃんのぬいぐるみを生贄に差し出し、彼らの歯磨きが終わってからシブシブ私の膝に寝転ぶハル。

しかし、今日は違った。


「さー、みんなの歯磨きも終わったし、次は誰かなー!」と私が声をかけると、突然四つん這いになり「ワン!ワン!」


歯磨き嫌さに、息子が犬になったwwwww



「ンマー!!なんてかわいい子犬なの!我が家にこんなワンワンいたかしら?」
と声をかけると、嬉しそうに犬として喜ぶ息子。

「ワン!ワン!」
「かわいい子犬ちゃん、こっちおいでおいで、ナデナデしてあげよう」
「ワン♪ワン♪」
息子、あっさりと私の膝元へwww

「おー、よしよしよし・・・かわいーかわいー!」
「ワン!ワン!」
「では、っと・・・よいしょ」


おもむろにハルをひっくり返し、歯磨き体勢へw
「ウワーン!ワンワンイナクナタヨー!ワンワンイナイヨー!」

「あら、ワンワンいなくなったの!じゃあますますハルくんの歯磨きをせんといかん・・」
「ウワーン!!ワンワン!ワンワン!」
「今日び、犬だって歯磨きせんといかんらしいけんね・・どのみちやります」
「ウワーン!ワンワンイナイヨー!ワンワン、ワンワーン!」


犬になれば歯磨きから逃れられるとでも思ったか(笑)!
こちとら伊達に40年も生きとらんわ!犬になったくらいでごまかされるか!っていうか、こんなんでごまかされたら問題じゃ!www


それにしても、犬が好きだから犬のまねをするのは分かるけれども、「犬になれば歯磨きから逃げられるカモ」みたいな知恵ってどこからくるんだか。


ちなみに、歯磨きが終わった後は、また「ワン!ワン!」と涙を拭きながら四つん這いでそのへんへ歩いていきましたw





今年に入ってからずっとカブトの仕事が忙しくて、土日も祝日もロクに休めない日々が続いておりました。
で、やっと数日間、平日に休みがとれることになったので、ディズニーデビューしてみることにいたしました!

私もカブトもあまりディズニー好きってわけではないので、ネズミ王国にはほとんど足を踏み入れたことがありません。(カブト3回、私2回)
しかし今回はハルの初ディズニーでもあるので、事前にあれこれリサーチ。
残念ながら15日から始まる新パレードの準備期間のようで、お昼のパレードはないらしい。
でも入口すぐのレストランでハルの好きなプーさんと一緒にお食事できたりするらしいし、パレードないとむしろ空いてていいかもしれない。
2歳児でも乗れそうな乗り物もいくつかあるし、とりあえず楽しんでみよう!


前日夜に、わかるかなーと思いつつ、「明日さ、ミッキーさんのおうちに遊びにいってみる?」と聞いてみると。
「えっ!ホントー!?」(裏声)と、口に手を当てて驚きのポーズw
どこでそんなポーズを覚えてきたんだか。

そして再度口に手を当てなおし、「ウソー!?」(裏声)
だからどこでそんなの覚えてきたんですかwww



当日朝は意外と道が空いていて、なんと1時間も早着。
しかも車の中で寝させる予定だったハルが、ホテル群を見てナニカを察したらしく、大興奮で眠りやせぬ。
仕方ないので行列に並ぶが、ミッキーさんたちが早めに出てきて手を振ってくれたりするので、ハルも大喜び!「ミッキーさーーーん!!」と声援を送る。
そんなに嬉しいのか!そんなにミッキー好きだったかなあ。やっぱり動いてると嬉しいのかな。

しかしここで衝撃のニュースが。
楽しみにしていたレストランでのプーさんとの朝食が、今日は開催ないらしい。
えーーー!!!パレードもない、プーさんとごはんも食べられないんじゃ、全然つまんないじゃん!!
「もう帰る?」くらいに私のテンションはダウンしたのだが(ダウンしすぎw)、ここでまた衝撃のニュース!!

なんと、15日からのパレードの公開リハーサルが急遽本日行われることになったので、それでプーさんは朝食を食べてる場合じゃなくなったらしい(驚)!!
しかもパレード2回もやるって!!やたーーーーー!!!いいよいいよプーさん、沿道で応援してるからさ!朝食は今度でいいよ!!


ミッキーとミニーは大人気でとても並べなかったが、アヒル2匹は割りと自由に歩いていたので、記念撮影。
ドナルドはサインもくれたよ!
P1130408.jpg P1130410.jpg



最前列でパレードを見るために、道端に座り込んで朝食を食べるハメになったが、なんとなく雰囲気で理解しているのか、ハルはご機嫌に時間を待っている。
そしてパレード開始、音楽が流れた途端にハル大喜び!!!

「プーさーーーん!!」
P1130428.jpg

通過してしまうのが不満な様子
P1130453.jpg

「ミッキーさーーーーん!!!」
P1130432.jpg


キャラクターに親指立てて声援を送る息子w
P1130448.jpg

特にお気に入りでもないキャラには天皇陛下風に手を振るw
P1130452.jpg


パレードの後は、ナントカ鉄道、ジャングルクルーズ、蒸気船に乗ってみるが、なんとあーた、めちゃ子供向けと思われるナントカ鉄道とジャングルクルーズ、最後に真っ暗な洞窟に入るんですYO!!
ハルが固まって、小声で「まっくら・・まっくら・・」と繰り返すので、必死で励ましましたよ!!
「あれー?どうしたのかなー、誰かくるんじゃない?あっ、プーさんかもね!!」とか空元気だして言ってたら、オドロオドロしい恐竜が出てきてさらにハルが固まりましたYO!!(涙)
前の席の男の子はギャン泣きするし、あれは子供は怖がると思う。

すっかり汽車ポッポの恐竜で体力を奪われたハルが少し眠ったので、この隙にとミッキーさんのおうちに並んでみる。なんと55分待ちであるが、週末はこんなもんじゃないらしい。
寝ている間に行列が解消できればと思ったが、周りの子供が騒ぐので、あっという間に起きてしまったorz
しかし、「ここはミッキーさんのおうちで、みんなもミッキーさんに会いたくて並んでるから、順番ね、順番」と説明してみたら、なんとなく理解したらしく、おとなしくずっと並んでおりました(驚)
やっぱり好きなものに会うためなら、2歳児でもガマンできるものらしい。


そして、いよいよミッキーさんのいるスタジオへ!!
ハルは自分の順番が待てなくて、前の人たちが写真を撮っている間にもスケッチブックを持ってサインをねだろうとしていたくせに、いざ自分の番がくると緊張してしまい、また固まったwww
おずおずとサインをねだり、ミッキーさんにハグしてもらって、写真撮影!!

はい、チーズ!!
P1130437_20130416130930.jpg

ミッキーさんはハルにもう一度ハグしてくれて、とっても優しくしてくれました。
ミッキーさんと会ったら「すき」って言うって言ってたのに、緊張して何も言えなくなってしまったハル。
「ほら、ミッキーさんに言うんでしょ?なんて言うんだっけ?」と促したら、ミッキーさんの耳元に口を近づけて、
「しゅき・・・」

ミッキーさん、大げさに驚いてもう一度ハグしてくれましたw



パレードのときも思ったんだけど、小さい子供がいると本当に皆さんよくしてくれて、タッチしに来てくれたり手を振ってくれたり、衣装をさわらせてくれたりとサービス満点。
母になって知ったのだが、自分に優しくされるよりも、自分の子供に優しくされることの方が何倍も何十倍も嬉しいのだ。
自分の子供が笑っていると、もうとてつもなく嬉しくてありがたくて、子供を笑顔にしてくれた人にものすごく感謝する。
最初は「ミッキー、ありがとう!」って言ってたのに、いつの間にかお辞儀しまくって「本当にありがとうございます、ありがとうございます、ミッキーさんありがとうございました」と中の人にお礼を言いまくっている母www


ハルは「イッツァスモールワールド」が気に入ったらしく、2回も乗り、歌って踊ってノリノリ。
いつもなら怖がるようなメリーゴーランドも喜んで乗り、絶対怖かったはずの「プーさんのハニーハント」(これ子供にはめちゃ激しい動きで、固まってました)のときも泣かず。
結局昼寝もせずに午後のパレードも楽しんで、さらに夕食も園内で食べて、エレクトリカルパレードも見て、最後に花火まで見て、最後のお土産屋さんでガックリと落ちてゆきました。

家にいたら、眠くてきつくて絶対ぐずりまくりなのに、楽しくて楽しくてたまらないから、起きていたくてがんばる。
ベビーカーに乗ってるともどかしいから、自分で歩く。
眠気や疲れよりも、楽しい気分が勝っちゃったんだね。

ちゃんと順番も待てるし、待ち時間が長くてもおとなしく並べるし、名残惜しくてもちゃんとバイバイできた。
なんでだろう。いつもならできないことが、たくさんできた。
ディズニーマジックだなあ。

お友達のおうちで見て、ずっとほしがってたプーさんの携帯。
お土産屋さんで見つけたので買ってあげたら、エレクトリカルパレードのプーさんが来たときに、一生懸命見せようとしてましたw

「プーさーーーん!!これ!これ!!!」
P1130503.jpg


2歳児にはまだまだ早いかと思ってたけど、もっと早く来ても良かったのかなあと思うほどに、ハルは楽しそうにしておりました。
そしてそんなディズニーマジックにまんまとヤられた母は、早速年間パスポートの金額を調べて・・・・・撃沈しましたorz
ランドとシーの共通年間パスで8万円ってあーた!!8マンエン!!!!!

そんなに行かないし・・・・普通にチケット買って行くことにしますw


しかし、予定外のパレードも2回も見れたし、人も少なくて(それでも私たちには多く感じたがw)ほとんど並ばずにアトラクションに乗れたし(それでも並んだ気がしたがw)、最初からあきらめていたプーさんのハニーハントもたまたま行列が少ない時間に30分待ちで乗れたしで、ものすごくラッキーでした!
後から知ったんだけど、この春休みが終わって新パレードが始まるまでの合間が、一番空いてる時期らしいですね。
今回はたまたまパレードがあったから良かったけれど、やっぱりお昼のパレードは見れた方が絶対いいと思う。

次はお誕生日あたりに行けたらいいな!
ずっと「着ぐるみにはあまり萌えないし~、つけ耳とか恥ずかしいし~」とか斜に構えていたワタクシでしたが、子供が生まれてやっと素直な気持ちでディズニーランドを楽しむことができました(笑)
次回、息子がつけろと言うならば、つけ耳だって辞さぬ覚悟です!!!


おとーさんに買ってもらったミニーちゃんとお昼寝スタンバイの息子
P1130482.jpg

















先日、仕事帰りの車中のラジオで、ISS(国際宇宙ステーション)を肉眼で見ることができることを知った。
どうやらこれは特に珍しい情報ではないらしいのだが、恥ずかしながら私は今回初めて知った。

家に帰り、カブトに興奮気味にそのことを話すと、やはりカブトも知っていたorz
しかも、「位置情報を知るアプリ俺もってるよ」とか言うではないか。
なによーーー!教えてよーーー!!!
私が空とか星とか宇宙とか好きなの知ってるじゃん!!


ってことで、早速私もアプリを落として情報入手。
どれどれ、次に好条件で見られる日は・・・と調べて、ターゲットにしたのが今日。
18:55くらいからの数分間、仰角60度以上の好条件で見ることができるらしい!!

ハルの食事を先に済ませ、時間になって「それっ!」とベランダへ。
事前に、どの方角から上がってどの方角へ消えるかということを確認しておいたのだが、星がちょこっと見えるくらいで何も分からぬ。

ぬう。情報によれば「星が1つでも見えればISSは肉眼で見えます」とのことだったが・・・。

のぼってくる方角を見るが、2等星くらいの星が2つ見えるのみ。
・・・・あれ??あれって、動いてない!?

よく見ると、そのうち1つの星が動いている!!あれだ!!!


ISSは仰角が高くなるほどに明るくなり、天頂あたりではオレンジ色に明るく輝き、まるで飛行機かなにかのように明るく早く流れてゆく。


・・・・・すごい、きれい。


不勉強なワタクシは、今ISSにどこの国の人が何人乗ってるかも知らないのですが(今調べたところによると、つい最近3人増えたらしい。さらに今はそのための宇宙船だか何だかがくっついている状態らしい!!)、「あの光の中に人がいる」と思うと、なんともいえない気持ちになりました。

とても明るかったので、2歳の息子にもしっかり見えたらしく、隣で「きれーねー」(棒読み)と言って、手をひらひらさせて(きれいのハンドサイン)おりましたw

「あのお星様の中にね、人がいるんだよー。応援しよっか」と言うと、「ウン!ガバレー、ガバレー」と手を振って応援する息子。
一体どれだけのことが分かっているのか分かりませんが(まあ全く分かってないでしょうが)、こういうことを日常に感じることで、科学やら宇宙やらを身近に感じ、自分の人生を広げていく機会になれば嬉しい。


ちなみに、「ISS」で検索すれば情報はいっぱい出てきますし、「Torisat」というアプリでは、今ISSがいる位置
やら次回の観測チャンスやらも知ることができます。
ISSはどの星よりも明るいので、たとえ都会でも、星が1つでも見られれば、肉眼で観測可能です。
天頂に近いところでは、金星や木星よりも明るいです。

あまりに明るいので、深く考えないで夜空を見ていたら、「飛行機かな」くらいで見逃している可能性もあります。(ISSは点滅しないので、よく見れば飛行機ではないと分かるのですが)


残業の合間、仕事の帰り道、夕食後の家事の一休みのほんの数分。ちょっと夜空を見て、忙しげに夜空を横切るISSを見上げて、「がんばれ!」と一緒に応援してみませんか?
ほんの数分なのに、なんだか気持ちは遠く、大きく、そしてなんとも嬉しい気分になります。

とってもきれいですよ!



え!?だからそんなのとっくに知ってるし見たことあるって!?

・・・・・私にそれ早く教えてよ(笑)!!!





春休み短期教室がやっと終わった。
とりあえず、事故もなく笑顔で終われてほっとした。

私がお休みしている間にいくつかシステムが変更になったことがあって、そのうちのひとつが、『教室終了後のフォロー電話』。
なかなか繋がらないこともあるし、働いているお母さんも増えてきて時間が合わないこともあり、コーチたちには結構大変な作業。
でも、教室の感想をナマで聞けるチャンスだし、私は結構この作業が好き。

今回私が受け持ったクラスは、この春から小学生になる子たち。プールが楽しみでたまらない、という子もいるし、まだ水を怖がる子もいるし、中にはしぶきがかかるだけでも嫌がる、という子もいる。
なにげにこういうクラスが一番難しい。

プールが楽しくてたまらない、という子にはどんどん色んなことをやらせてあげたいし、上達もさせてあげなくてはならない。
でも、水が怖い子には、ゆっくりと時間をかけて安心感を与えなければならない。
しかし、コースは1つ。生徒は10人近くいるけれど、コーチは私とアシスタントのみ。
泳ぎたくて仕方ない子もいれば、目を離すとおぼれる子もいる。
できる限り、みんなで楽しめる内容にして、なおかつ上達の早い子には個別指導で対応して、なんとか乗り切った。

「うちの子は顔にしぶきがかかるだけで嫌がるので、そこをなんとかしてほしい」というかなり難しい依頼だった、リンくん(仮名)。
初日の感触では、ものすごく水を嫌がるので「これは成果をあげられないかも」と心配したけれど、あれこれ楽しいプログラムを組んで、なんと2日目には潜ることに成功!!
3日目にはさらに上達したのだが、上達が早すぎて、次から次に新しいことをやることに途中で心がついていけなくなって、泣いてしまった。
やりたい、という気持ちはある。もっと上手になりたい、という気持ちもある。
だから、「これやってみる!」と言うのだけれど、まだ実績が自信になっていないから、ちょっと失敗すると「やっぱりぼくはできないんだ。どうしてできないんだ!!ぼく、うまくできない・・」と悔しくなってしまったらしい。


「リンはすごく上手になったんだよ、だから自信をもって。それから、すぐにできることが大事なんじゃないから、焦ることはないんだよ。最初はできないのが当たり前なの。やってみよう!っていう、今の気持ちが大事なの。だいじょうぶ、もう一度、一緒にやろう」

一昨日までは、水しぶきがかかるだけで顔をそむけていた子が、今は「やりたいのに、できなくて悔しい」と泣いている。
すごい。子供の成長って本当にすごい。


最後の授業が終わった日の夕方、一番にリンのところに電話をかけた。
すごく上達したのに、あの涙の記憶が上書きされてしまったら。それが心配だった。
でも、電話に出たお母さんは、とても嬉しそうにこう言ってくれた。
「先生、リンはとっても楽しかったみたいで、これができるようになったよ、今日はこれやったよ、ぼくこれできるようになったよ、って。毎日帰ったらそう報告してくれるんです。すごく嬉しかったみたいですし、楽しかった!って言ってました。ありがとうございました。」

そうなんだ・・・よかった!


そして、さらにお母さんはこう言ってくれた。
「先生、リンが一番嬉しかったことは、先生がリンの上達を分かってくれたってことみたいです。先生はぼくができるようになったことをわかってくれてた、先生がこう言ってくれた、って、私に何度も言いました。ありがとうございました」


・・・そうなんですか・・・・。



できないことができるようになった子の、あの自信に満ちた笑顔。
水に対する恐怖心が抜けて、晴れ晴れとした笑顔で泳ぐ姿。
そういったことが、コーチの喜び。
でも、本当に嬉しいのは。

「こちらこそ、ありがとうございました。リンくんと一緒に泳げて私もとても楽しかったです」


そう。教えているようで、教えられているのはこっちかもしれない。
実は職場復帰してから色々あって、正直結構辛いこともあって・・・、ちょっと、かなり、きつかったんだけど。


この仕事の本質を、再確認した日でした。
リンくん、大事なことを教えてくれてありがとう。






久しぶりに、職場でのお話。


新年度に入ったことで、休憩時間の子供たちが話す話題は『新しいクラスや学年』についてがアツイ。
アツイと言っても、「ぼくね!ぼくね!ペンギン組!」「あたしね!あたしね!先生?あのね、ひまわり組!」というだけなのだがw

「ぼくね、りす組さんになったよ!」という子供がいたので、「へー、先生の子供もね、今度りす組さんになるんだよー。違う保育園だけどね」と話したら、1人の男の子が私の肩を叩いて、
「せんせい、結婚してるの?」と聞いてきた。
「してるよー。だって子供いるって言ったじゃん。だからもちろん結婚してるよ」と答えると、真剣な表情で
「そうだけどさ、ほら、シングルマザーってこともあるじゃん」


・・・・・シングルマザー!!


「あー、あるね!そういう可能性ももちろんあるよね!でも先生はね、今のところ結婚してるの。まあもしも何かあったら、シングルマザーになるかもしれないけどね」
と答えたら、
「それって、離婚ってこと?」
「そ、そうね。一応濁してみたんだけど・・・シュウくん、いくつだっけ」
「ぼく?7歳」


シングルマザーだの離婚だの、いまどきの7歳児すごいなwwwww




最近ハルは、『ごっこあそび』をやるようになった。
私たちを相手にハンバーガー屋さんごっこしたり、保育園ごっこ(朝の点呼からいきなり帰りの会にワープする)したり。
でも、私が台所にいて相手してやれないときは、1人2役でごっこあそびをする。

ある日のリビングにて。
右手にミッキーさん、左手にミッフィーちゃんを持ち、裏声で会話する息子。

ミッキー:「コンチワ」
ミッフィー:「コンチワ!」
ミッキー:「あしょぼー!」
ミッフィー:「あしょぼー!」
ミッキー:「いく?」
ミッフィー:「いく?」
2人で:「イコー!」

「トゥクトゥクトゥクトゥク・・・」(歩く効果音)

ミッキー:「アッ!※▲◎□~●ね~!」
ミッフィー:「エッ!!ホントー!?」(ものすごく驚いて)


なに、ミッフィーなにをそんなに驚いたの!?
知りたい!!おかーさん、ミッキーがどんな意外なことを言ったのか知りたい!!



ちなみに先日は、ミッキーがミッフィーにチューした後、床に叩きつけられてましたwww
どこでそんなことを覚えてくるんだろう・・・。





2013.04.02 こわい!
最近ハルは、「こわい」を覚えた。
本当に怖いときもあるし、ただなんとなく「これいや」ってときもあるらしい。

が。

つい最近、本当に怖いものを知りました。



ハルはEテレで毎朝放送される、『0655』という番組が好きで、これの歌や踊りをまねるのが最近のマイブーム。
「今週のうた」が週ごとに変わるので、ちょうど新鮮に楽しめるらしい。

で、こないだの「今週のうた」が、『toitoitoi』。
幸せを祈るおまじないの歌なんだが、これを歌っているのは、なんとデーモン小暮閣下。
残念ながら歌っているシーンはなくて、クマのアニメやおねえさんが踊っていたりするだけなので、いつもその振り付けをまねして楽しんでおりました。

が!!この日はいつもと違った。

「今日はなんと、最後に閣下がみなさんの幸せを祈りながら歌ってくれます!」

おお、なんとありがたい!!
「今日は特別なんだってー!」とハルに教え、いつものように一緒に歌っていたら、最後に閣下登場!!


その途端、かたまるハル。

「こわいーーーー!!いやーー!いやーー!!!おしまーーーい!これいやーーー!こわいー!」


閣下が怖かったらしいwwwww



それ以降、『toitoitoi』が流れるたびに、「カッカいやーー!カッカこわいーー」と、怖がるようになってしまった(汗)
「これは閣下が出てこないバージョンだからだいじょうぶ!!おねえちゃんが踊るやつだから」と落ち着かせると、
「カッカナイ?カッカナイ?おねえちゃんトイトイトイ?おねえちゃん?」と確認してくるようになったw



ということで、今ハルが一番怖いものは、デーモン小暮閣下なのでありますwww


カッカこわいーーー(泣)!!!
DSC_0939.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。