上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.24 森林公園
いちさんと、いちさんとこの娘ちゃんが誘ってくれたので、森林公園に行ってきました!
娘ちゃんはもう4歳なので、年上の女性にリードされるヨロコビをハルに味わってもらおうと思っていたのだが・・・娘ちゃんすごく恥ずかしがって、顔すら見せてくれないwww

しつこく追い回すハルであったが、あえなくフラれました・・・残念(笑)
しかし、恥ずかしがるしぐさが、いかにも女の子!って感じでタマリマセンねw

ここの遊具は、対象年齢が少し高くて、今のハルには難しいものばかりであったのだが・・・子供が好きなハルには、『子供たちが楽しそうに遊ぶ場所』がタマランらしく、ビビることなく果敢に挑戦!


なぜか階段も1段飛ばししたがる
shinrin001_20120627221014.jpg

こんなところにもアタマを突っ込む(この後さっさと捕獲)
shinrin002_20120627220746.jpg

フラれても愛想を振りまく、めげない男
shinrin003_20120627220745.jpg


暑くなってきたので、今度は水遊びひろばへ。
ここでもビビることなく、どんどん遊ぶ。


水しぶきに大喜び
shinrin006.jpg

なぜかこんな斜面をのぼりたがる
shinrin007.jpg

かなり遊んで体も冷えたので着替えさせたのだが、その後もまたじゃぶじゃぶと水に入ってゆき・・・結局、水遊びは2セットも(汗)
疲れて眠そうなので、今度こそ撤収してベビーカーでお散歩・・・のはずが、またスイッチが入ってしまい、今度はボールプールへ。

休日のボールプールはものすごい人であったので、こりゃ踏まれそうだなと心配になったが・・・もうスイッチの入ったハルは止められず。
まあ多少踏まれたくらいじゃケガはすまい・・・と思い、「よっしゃ、いっちょ世間の荒波に揉まれてこい!!」と送り出してみた。
が、意外と最前列のいいポジションを確保して、大きな子供たちに混じってかなり楽しんでいる模様。子供ってたくましいね。

休日は親はボールプールに入れないので、そのうち私たちと離れて不安になって出てくるだろうと思っていたが、そんなことも全然なく(汗)
知らないお兄ちゃんやお姉ちゃんに愛想を振りまき、時折「ねーw」と何やら共感を強要www

さらに「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ、」と受け取るまで執拗にアピール
shinrin004_20120627220743.jpg


そんなこんなで閉園時間まで遊び、撤収となったのだが・・・

ボールの海で遭難した人w
shinrin005_20120627221013.jpg


最後はおねえちゃんに手を引いてもらい、やっとのことで地上に生還。
恥ずかしがってたおねえちゃんも、最後は笑顔も見せてくれ、ハルに年上の女性の良さを教えてくれました(笑)


それにしても。
「この遊具は無理かな」とか大人が思っても、子供はそんなこと気にせずに遊ぶ遊ぶ。
危なっかしいところも多々あるけれど、フォローしたりサポートしてあげさえすれば、思ってた以上に楽しんで遊んでいるし、思ってた以上のことができたりする。
いつの間にか成長してるんだなーと実感。

我が家だけで森林公園に行ってたら、いつものようにベビーカーでお散歩して、何もない芝生で歩かせて終わり・・・だったと思う。
誘ってくれた、いちさんと娘ちゃんに感謝です!!

すごく楽しかった!また行きましょー!!








スポンサーサイト
2012.06.20 みずあそび
台風すごかったですね。
昨夜は家が飛ぶかと思いましたよ・・・。
さらに翌朝は、朝8時ですでに猛暑!!ナンデスカこれ・・・。

こんな暑い日は水!!みず!ミズ!!
ってことで、先日の双子のおともだちに水遊びに誘ってもらったのでいってきました♪


アンパンマンプールにシュコシュコ空気をいれ、さらに洗面所から何往復もお湯を汲み。
・・・・・ビニールプールを持たない我が家は知りませんでした。ビニールプールが設営されるまでって、すごく大変なんですね(汗)今年の夏は我が家も買おうかと思っておりましたが、これを一人でやると思うとちょっとぞっとして躊躇してしまいますw

で、早速双子ちゃんとハルをハダカにして、水遊び開始~!!
・・・・・だったのだが。
双子ちゃんはお昼寝が足りなかったせいか、1名ぐずって入水せず。
さらにもう1人は、隣でハルがはしゃぎすぎるため、端っこでチョ~テンションダウン(汗)

ハルは頭から水をかぶるのが平気なので、手桶やら急須やらで水をバシャバシャやりまくる。
女の子はそれが嫌で、端っこに寄って顔をそむけているのに、 「ね~!」( ←これ最近のマイブーム) と顔を覗き込んで、強引に 「たのしい」 同意を得ようとする(笑)
いや、どうみてもかなり迷惑されてますから・・・。

そんなことを何度か繰り返しているうちに、女の子隣のバケツに移動(笑)
ああ、ビニールプールの持ち主が小さなバケツに入っていて、よその子が堂々と一人でプールを使っているこの映像。
母は申し訳なく・・・orz

しかしそれからもハル一人で大盛り上がり大会になってしまい、女の子たちは2人とも2階に上がってばぁばと遊びだしてしまい。

きづけばひとり。


でも大盛り上がりな人
P1100461.jpg


結局この後も、キャーキャー大騒ぎして水撒きまくって、プールのお水もごくごく飲んで(汗)、たっぷり遊ばせていただきましたw
子供3人が楽しく水あそびパシャパシャやってる写真をいっぱい撮るぞ!!と張り切ってカメラを持っていったのですが、撮れたのはなんだか、プールを借りてるくせに一番楽しんでる息子の画像ばかり(汗)
もーホントに、すいません&ありがとうございます!!

さらに追記すれば、息子のために持っていく予定だった昼食をすべて家に忘れ、昼食のパンやらうどんやらお芋やらもすべてもらったという・・・・。
もーホントに!!母も息子もゴメンナサイでしたwww

・・・でもめっちゃ楽しかったですwwwww



2012.06.15 両手に花
おともだちの双子ちゃんと公園デート。

まだ首もすわらないうちからよく遊んでる女の子たちで、お互いのことはなんとなく覚えているらしい。
一時はすごいラブラブだったのだが、双子ちゃんたちの方が活発に動くようになり、最近のハルはおいてかれ気味w
前回はハルには難しい階段やら遊具やらで 「ドイテ」「ドイテ」攻撃にヤラれっぱなしであったが、今日は高低差のない広場デートだ。がんばってくらいついて、ハートをがっちりつかむのだ!!!

「きょうはいいおてんきですねえ」
「・・・・・。」

P6152889.jpg

「あっ、これは花ですねえ」
「・・・・・。」

P6152892.jpg


どうも会話が弾んでおらぬようだ。
女の子のつまらなそうなことこの上ない(汗)。 こんな調子でオトナになってもモテなかったらどうしよう。今はまだ赤ちゃんだからいいが、これが40すぎてのお見合いの席だったら・・・。
などといらぬ心配をしだす母。

母の心配をよそに、両手に花で浮かれっぱなしの息子
P6152896.jpg

結局この後、双子ちゃんはどんどん歩いて遠くに行ってしまい、途中までは一緒に歩いて楽しげだったハルも、気づけばおいてかれ、疲れ果てて一人でおねえさん座り。


上空を飛ぶヘリコプターの音に 「きこえるね」のサイン
P6152938.jpg

うん、最近できるようになった 「きこえるね」 はとってもいいんだけどさ、女の子たちにはおいてかれちゃったね・・・。
じゃあさ、おかーさんがクローバーの花で花輪作ってあげるね!!


やーん、かわいーw
P6152970.jpg


そんなこんなで、今回も双子ちゃんにおいてかれ気味だったハルですがw、でも本人はとっても楽しかったようで。
クタクタになって、ぐっすり寝ました。

こちらの双子ちゃんたちも、ママさんに似てとっても美人になること請け合い。
今のうちに仲良くなって、逆タッチ状態になるのだ!!!




おともだちのところに赤ちゃんが生まれたので、会いに行ってきました。
生後1ヶ月なので、1歳半の元気あふるる男の子が行ってもいいのかと心配でしたが・・・。

ハルは何度か神妙な顔をして赤ちゃんを覗きこんだだけで、基本は隣のおもちゃがたくさんあるお部屋で遊ぶのに夢中。
まあ、赤ちゃん小さすぎてよく分からないのかな?

しかし。
数時間経った頃、私たちが赤ちゃんを見ながら談笑していたら、トコトコとハルが寄ってきて。

じーーーー。
120611_1416~01

ナデナデ。
120611_1415~01


手にはパップスを持っているし、力の加減も分からないだろうから、いつでも止められるように密着して構えていたのですが・・・私にはしてくれたことないくらいのソフトタッチ!!
とっても優しく、そーっとそーっと、ナデナデ・・・。
この数日前に、『いいこいいこ』 を覚えたところだったので、早速やってみたらしい。
でもすっごく優しい・・・。私にやるときは、半分叩かれているのかってくらいに雑なのに。

何度かやった後、そっと赤ちゃんの頭の方に手を動かそうとしたので、「止めねば!!」と思ったけど、その前に赤ちゃんが 『ピクッ』 と反応したら、さっと手をひっこめたハル。
そしてしばらく様子を見た後に、またそーーっと、お腹のあたりをゆっくりと遠慮がちに 「いいこいいこ」 のナデナデ。

なんて優しいの・・・。
それおかーさんにもやってよ!!!

赤ちゃんとハルは1歳半違い。
ママに似て美人さんになりそうだから、今のうちに優しくしておくといいかもYO!!






2012.06.10 都会で女子会
アトランタにいる旭硝子時代の友人が一時帰国しているので、みんなで丸の内で女子会!
女子といいつつ、皆さんアラフォーですけどw

博多から毎朝空輸で食材を運んでくるという炉端焼きのお店なので楽しみ♪
ついでに新丸ビルでショピーングして、お店の前でカブトとハルとバイバイ。
さて、2時間いい子にがんばってくれるかな。

退職後一度も会ってなかった先輩もいて、久しぶりの飲み会はヒジョーに楽しかった。
私も乾杯だけは生ビールをいただき(あっという間に飲み干してしまった・・・)、チョーご機嫌!!

しかしさすが博多の女たち。
「あっ、イカあるよ、イカ食べよう」
「○○さんが頼んだら、白いイカがきたらしいよ」
「あ、じゃあやめよう」(博多っ子は活きたイカしか食べないのです)

サバも〆めたやつは食べないし、こういうときに 「ああ、博多で生まれ育った人たちなんだなあ」 と実感する。
ちなみにお刺身盛り合わせは、鯛、中トロ、アジ、サバ、ブリであったが、 サバ→アジ→ブリ→鯛 の順でなくなり、マグロは最後になくなりました。
めっちゃいいマグロだったけどね・・・。

妊娠出産後初の、単騎(子連れではない)参加の飲み会でしたが、最高に楽しかった!!
気持ちよく送り出してくれたオットと息子に感謝です。

ちなみに、ビルの前で待っていた車に戻ると、ハルは窓から顔を出して、じっと私を待っておりました(笑)
ありがとうありがとう、おかげでお母さんすごく楽しい時間をすごせたよ!!


帰ってから足を見たら、久しぶりにハイヒールを履いたせいで、両足にマメができてつぶれておりました(汗)
しかし全く気づかなかった。
楽しいことは、痛みも忘れさせるのですな。

ということで、徐々に飲み会にも復活して肝臓を鍛えなおしていきたい今日この頃。
1升あけられる日まではまだまだ遠そうです。(さすがにもう無理かな)




ふと思った。
今度の家は、新しく雑木林から造成した場所なので、我が家は消防署の地図に載っていないのではないか。

先日のこともあるし、火事のときにはさっさと来ていただかないと困るので、ちゃんと調べておく必要があるだろう。
ということで、管轄の消防司令室に質問してみた。

結果、やはり地図には載ってないらしい。
消防署はゼンリンの地図を使っているが、更新は2年とかに1度くらいらしく、あとは手入力で記入しているとか。
うちの住所は載っていないそうなので、もしものときにはどのように道や場所を説明したら良いかと、ルート選択についても相談しておいた。

聞いてみたら、やはり同じような心配から、同様の問い合わせをしてくる人は少なくないらしく、消防署のお兄さんは慣れているのか、とても親切に対応してくれました。
家族に病気の人がいたり、お年寄りがいたり、小さな子供がいる人や、新しい地番に住んでいる人は、一度確認しておくと安心かもですね。





今日は午後から、近くのひろばにお散歩。

双子ちゃんに鍛えられたせいか、前回よりも格段に歩く距離がのびたハル。
公園を半周し、ウォーキングしているオババたちに愛想を振りまき、ムシをつかまえ、つぶしかけ(汗)、ヘリコプターを指差し、木漏れ日に「きれいきれい」して。


「ア」 と、しろつめくさをハッケン。
120608_1548~01

クローバーのお花が気に入ったようなので、3本ほど摘んで、ベンチに並べてあげた。
ちなみに、クローバーというよりも、しろつめくさ、と言った方がなんだか雰囲気が合う気がする。
そんな気しません?

で・・・・。

「ハイ!」と、お花をくれました(驚)
120608_1638~02

もー、お母さんは感激で涙が出そう。
息子からお花をもらうなんて。もらうなんて、もらうなんて、もらうなんて・・・。
と心の中にエコーがかかっているうちに、「ハイ」「ハイ」「ハイ」と立て続けに、花やら小枝やら枯れ葉やら小石やら砂の粒やらが母の手に・・・・・orz


思い出のしろつめくさと、枯れ葉をプレゼントしようと歩み寄る息子
120608_1640~02

まあいい。母は最初のしろつめくさの思い出だけを心のアルバムにしまうとしよう。
これは大事に持って帰ろうっと。

と思ったが、今度は「ハイ!」「ハイ!」「ハイ!」と、手のひらを見せて要求。
同じ「ハイ」だが、これは「俺によこせ」という要求・・・。
で、さっき私にくれたはずのお花を、受け取ってはポイ、受け取ってはポイ(涙)

うわあああーーーん、私の思い出があああああ(泣)

とりあえず最後の1本だけは死守して、押し花にしましたw


歩き疲れたのでベンチで休憩!
120608_1632~02

そしてこの後、ベンチから「自力で降りる!!」とゴネだし、私が止めるのも聞かずに強引に頭から降りて・・・デコから着地orz
「うわああああああん!!」と泣きつつも、「パップス」とスプーンを握ったら、大泣きタイム終了~。

まあ、スプーンのおかげで、楽っちゃ楽だなw





2012.06.07 逆タッチ
今日は、お友達の双子ちゃんとおデート♪
お互い育児が大変なので、母親が食べるお昼は途中で私がまとめてお弁当とお茶を購入して、公園で合流。

しかしあれだ。
双子チョー大変!!

1人に食べさせてたら、もう1人がお砂をシートにザー。
お砂を払ってるうちに、もう1人が牛乳をジャー。
牛乳を拭いてるうちに、もう1人がお弁当に手をグシャ。

ほんとにすごいよ。尊敬するよ・・・。
双子を健康に育ててるだけで素晴らしいよ!!


バタバタごはんを食べたら、子供たちは競うように靴を履いて、各々の気の向く方向へダッシュ!!(まあハルはヨチヨチなのだがw)
今まで公園に連れていってはいたが、遊具はまだ無理と思って、せいぜい抱っこしてすべり台とか、抱っこしてブランコくらいしかやったことなかった。
が、遊びまくる双子ちゃんたちを見て刺激されたのか、ハルは果敢に階段を登り、あれこれと遊具で遊びだす!
やめてー、お母さん落ち着かないからー(涙)
地上でいいじゃん、土の上で。お砂場でいいじゃんかー!!


後ろ姿に楽しさがあふれているw
P1100186.jpg

揺れるつり橋にも挑戦(怖)
P1100225.jpg


しかし本当に楽しそうだ。
今まで嫌がって歩かなかった段差や起伏や傾斜も、自ら率先して挑戦している。
もちろん1人ではできないので、「あ゛ーっ!」と言って 「手をつなげ」 と要求してくるw もっとかわいい声で頼みなさいよ・・・。

ハルはまだ歩き始めて日が浅いので、階段も遊具も、ゆっくり移動するが、双子はもう走れるくらいなので、ハルの動きがもどかしくて仕方ないらしい(笑)
階段で 「ドイテー」
細い通路で 「ドイテー」
すべり台で 「ドイテー」

・・・さすが双子、話せる言葉の中に 「どいて」 があるなんてw


で、ハルは言われてる言葉を理解しているのか、「ドイテー」 と言われると非常に困惑した顔をして面白い(笑)
一緒に遊びたいのに、というよりも一緒に遊んでるつもりなのに、どうもタイミングが合わない。
やっと2人に追いついたと思ったら、もうどっかに行ってしまう。
双子ちゃんが遊具の端に行ったので、自分も「キャー♪」 と大喜びで追っかけたら、着く頃には双子がUターンしてきたところで鉢合わせ。
狭い通路で離合もできず、Uターンもできず、いっぱいいっぱい(笑)

「ドイテー」「ドイテー」
「・・・・・」(息子困惑)
「ドイテー!」「ドイテー!」
「・・・・・・」(息子キョロキョロしだす)
「ドイテー!!」「ドイテー!!」
「・・・・・・・・」(息子完全に固まるw)


がんばれ、息子よ(笑)!!
P1100218.jpg

そんなこんなでたっぷり遊んだ後、双子ちゃんちにて休憩。
そこで事件は起きた。

子供たちの手を洗い、お布団を敷いた部屋に連れていき、母たちが手を洗って戻ったら。

・・・・・衝撃のひざまくら!!!
P1100226.jpg


ちょっとなにやってんのよ!! ひざまくらなんて20年早いわよ!!!
双子ちゃんのパパから怒られるよっ!!

しかも、「あっ!」 と言った途端、ハルはひざから降りて、ゴローンと移動し、「おれしらない」って顔してスプーンをくわえて天井を見ておりました(笑)
母は将来が心配よ・・・。




廊下を歩いていると、なぜか玄関にゆであずきの缶が・・・。



なぜここに。
120605_0936~01




台所に戻して、数時間後。
忙しそうに台所から玄関に向かう人影が。




はっ・・・!
120605_1310~01


犯人ハッケン!!
120605_1312~01



回収してまた台所に戻したが、その後、ゆであずきがテレビに供えられていた。
他にもいろんなものがあるのに、なぜかゆであずきばかり持っていく。

よくわからん。









2012.06.05 パップス
パップス。

なんのことかというと、どうやらスプーンのことらしい。



子供って何かを手に持つのが好きで、それぞれにお気に入りのものや 『今日のもちもの』 があったりする。
友達の子供は 『仏壇のパタパタ(はたき)』 だったし、ハルもちょっと前までは子供用ハンガーだったり、ボールペンだったり、ピンクのS字フックだったりした。

が、ここ1ヶ月はスプーンに決定。とにかく朝起きたらスプーンを握りしめ、あとは夜眠るまでひたすら握っている。
別に口に入れたり、食べるのに使ったりするわけでもなく、ただ持っているだけ。
ハイハイするときも手ににぎっていたので、近づいてくるとカッチンカチンと床に当たり、いい感じに 『ハルが近づいてくる合図』 になっていた(笑)
歩くようになってからはさらにスプーンを手放さなくなったので、何か持っているとバランスを取りやすかったり、あるいは気がまぎれて歩く難しさを忘れられていいのかもしれない。
口に入れて歩かないようなので、好きなように持たせている。

ハルのお気に入りパップスコレクションw
120604_2256~01


外出先でも、いつの間にかお店のスプーンを持っていたりして、お店を出て 「あれっ、そのスプーンどこの!?」 ってこともあって、非常に困る(汗)
次にお店に行ったら返さないと・・・。

ちなみに一番のお気に入りは、サーティーワンのピンクのスプーン。
次のお気に入りは、某うどん屋さんのスプーン(汗)
たまーに、高級贈答品のスターリングシルバーのスプーンを持っていることもありますが、高級品はどこか落ち着かないのか、もっと安いものが目に付いたら、さっさと持ち替えますw


朝起きたらキョロキョロ見回して、スプーンを見つけたら 「パップス♪」 と嬉しそうにつぶやきながら握り締める。
たまに放置してたりするとき、「スプーンどこ?」 と聞くと、探しだして 「パップス!」 と言って拾うので、やはりこれはスプーンのことなのだなと推察。
ちなみに、「パップス」の「プス」が、非常にきれいな 「ps」 の発音なのであります。
カブトは 「なんてきれいな発音なんだ、将来英語が得意になるかも!」 とか、めちゃめちゃ親ばか発言をしておりますが、まああれです、親ばかなんですw

ということで、ハルの画像にはたびたびスプーンが登場しますが、そういうわけなのです。
いつか見向きもしなくなるんだろうな~。
そしてハルが大きくなったとき、何度も 「あんたが小さいとき、スプーンが大好きで・・」 とか言って、「もうそれ100回聞いた、おふくろウゼー」 とか言われるに30000カノッサ。
さらにそれをハルの彼女とかに話して、「またその話かよ!いちいちしつけーよ」 とか怒らせてしまうのに50000カノッサorz






歩けるようになってくると、それ自体が楽しくて仕方ないらしい。
天気が良いので、近くの公園でお散歩。

私のところに来ているようで、結局素通り
P1100048.jpg

木の根っこはかなりの障害物
P1100091.jpg

やはりコケた
P1100086.jpg

なぜスプーンを持っているかというと、それはまた別の記事にてw
この日の夜に具合悪くなって、入院したんだよね。
すごく元気だったのにねー。子供って急に体調変わるから怖いです。




2012.06.01 初・入院
一晩だけですが、ハルは初の入院をしました。

金曜の夜、ハルを寝かしつけたまま一緒に寝てしまい、私が目を覚ましたのが1時すぎ。
一度起きて、寝る支度をしてから寝室に戻ったのが1時半。
そのときはハルは、ぐっすりと眠っていた。
そして私も隣で眠った。

・・・なんだかハルが寝苦しそうだなと目を覚ましたのが2時。
何度も寝返りして、時折セキをする。むせたのかな・・・と思って様子を見ているうちに、どんどん咳き込み、呼吸も苦しそうになり、・・・これはおかしい、と思い、呼吸音に耳をすます。

しかしそうしているうちにどんどんハルは苦しそうになり、聞いたことのないセキをしだし、ついに目を覚まして泣き出した。
が、いつもの泣き声とは全く違う。声もかすれているし、息もできない。セキも犬とかオットセイみたいな音。
おかしい、これ絶対におかしい。
慌ててカブトを起こし、病院へ行くことに。

家を出たのが2時半。「あれ、セキしてるな」という状態からたったの30分。
様子を見るというより、どこがどうなのかと見ているうちにどんどんひどくなった。
わけが分からない。
風邪をひいていたわけでもない。特に変わったことをしたわけでもない。
昼間はよく遊んだし、夜も食欲があってごはんをちゃんと食べた。変わったものも食べていない。ちょっと前まで、気持ち良さそうにぐっすり眠っていたのに。

慌てて近くの大きな病院にかけこむが、ここは直接外来はやっていないという。しまった、大きな病院だから夜間受付もあると思い込んでいた。
が、事情を話すと診てくれるということで、救急で診てもらえた。

咽頭炎によるクループ症候群。
声帯の下あたりの、気道の細いところが炎症を起こし(炎症の原因は細菌だったりウィルスだったりで特別なものではないらしい)、呼吸困難になる症状。

吸入して、点滴して、さらに血液検査とレントゲン。
幸い、吸入と点滴で呼吸は楽になったけれど、念のために翌朝まで入院することに。
2度目の吸入を終えて、横になったのが4時半。
外はもう明るくなり始めていて、私もハルもぐったり。
救急病室だったので、私もハルの付き添いで、添い寝で泊まることに。久しぶりの病院ベッドだったんだけど・・・当たり前だけど、今のハルと一緒ではとてつもなく狭い(笑)
なるべくハルがゆっくり眠れるようにと端っこで寝ていたら、私がベッドから転げ落ちそうになった(汗)

翌朝ハルはいつもどおり7時に目を覚ましたので、結局私はほとんど一睡もせぬままorz
しかしすっかり元気になった模様で、見覚えのない病室を見回して、病院のオモチャを左手で器用に遊び(右手は手の甲に点滴なので、ぐるぐる巻きにされて使えない)、そのうちベッドの上を歩き回り、降りる降りるとゴネはじめ・・・。
まあ、元気になった証拠なのでよかった。

10時に再度お薬を投与してもらい、カブトが持ってきてくれた朝ごはんを食べて退院。
大変なことにならなくて、本当に良かった・・・。
「じいちゃん、お願い、ハルをたすけて」と何度心の中で頼んだことか。
じいちゃんは膝クロスしながら見守っていてくれただろうか。それともまだ 『饅頭をもらったおすそわけ』 で近所周りに忙しくしているのだろうか。(先日ばあちゃんの夢に出てきて、そう言っていたらしいw)


ちなみにクループ症候群とは、状態を表す言葉で、病名ではない。
まだ気道が細い乳幼児がよくなる症状で、夜になりやすく、突然悪化するのが特徴で、初期対応が大事なのだとか。
朝まで様子を見ていたら窒息した、というケースもあるらしい。(しかしあの状態はとても様子を見ていられるものでもないが)
先生によると、「繰り返すものではないし、特別な原因があるわけではない」とのことだったので、ちょっと安心。

引っ越したばかりとはいえ、夜間受け付けてくれる病院をちゃんと調べておかなかったことは、小さな子供がいる親としては大失態。
診てもらえたから良かったものの、そうじゃなかったら大変なことでした。
うちは、前の家ではハルが生まれた医大にすぐに駆け込めたので、すっかり油断していました・・・。
心底反省。


小さな子供なら、誰にでも起こりうることらしいので、小さなお子さんがいるお母さん、一度 『クループ症候群』 については調べておくことと、夜間に受け付けてくれる最寄の病院は確認しておくことをオススメします。


病院の肌着がミョーに似合うハル。
120602_0732~01






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。