上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝見た夢。

私はハルを、左肩に肩車している。
ハルは今よりまだずっと小さくて、私の左肩に乗せても少しも重くない。ハルは私の頭に手を置いていて、その小さいぬくもりが髪の毛の上から伝わってくる。

「おかあさん」

ハルはとても小さいけれど、なんと話しかけてきた。
私のちょうど耳元に、ハルの声が聞こえる。


「おかあさん、きのうも、あさっても、ぼくのことギューッてしてくれたでしょ。あれうれしかったから、あしたも、おとといも、またやって」


『あさって』 と 『おととい』 が違ってしまっているけれど、ハルの言いたいことは分かった。


「わかったよー。ハルがうれしいかどうかわからんやったけど、うれしいと思ってくれとったなら、おかあさんもうれしい!ハルがやって、って言わんでも、おかあさんは明日もあさっても、昨日もおとといも、ハルをギューッてするよ」


「おかあさん、あさってと、おとといね・・・」
ハルの中では 『あさって』 と 『おととい』 がマイブームなのか、その言葉をやたら使っていろんな話をする。
肩と頭に触れる温もりと重みと、耳に伝わるハルの声が忘れられない、幸せな夢でした。


夢は、心の底を映し出す鏡ではない。単なる、脳が記憶を整理するときに見る、連想ゲームによってできた物語である。
というのが私の考えであるが、今回は完全に、私の願望が見せた夢です(笑)







スポンサーサイト
2011.02.27 男の子育て
「子育てをしない男を、父親とは呼ばない。」 とは、何のコピーだったかは忘れたが。

父親が関われることは、経済的に支えることだけじゃないし、子育ては母親だけの権利でも義務でもない。
育児は 『参加するもの』 でもなければ、 『お手伝いするもの』 でもない。
2人の子供、自分の子供だと思えば、自ずと手が動くものだと私は思う。

でも、最近のお父さんはよく育児をするみたいね。
育児は楽しいことなので、やってみたら 『楽しい > 大変』 だということがよく分かると思うし、やらないのは何よりも、もったいない!
MOTTAINAIですよ。(流行に乗ってみた)


さて。
カブト流、男の子育て。

カブト流抱っこ。
P1050002.jpg

厳密に言えば・・いや、厳密じゃなくてもこれは抱っこじゃないが(笑)、なにげにこれが居心地いいらしい。
しかも、抱っこをする側もリラックスできるという利点もある。
私の足だと太さと厚みが足らずに隙間だらけで居心地悪そうだが、カブトが胡坐をかくと、すっぽりと全身が収まって、ちょうどいいみたい。
最初の頃こそ 「・・ちゃんと抱っこしてほしいなー」 と思ったが、本人はとても居心地がいいようで楽しそうなので、これはこれでアリのようだ(笑)

2人で楽しそうにおしゃべり。
P1050015.jpg

ミルクをもらうときはお父さんを見ましょうw
P1040928.jpg

最初の頃の抱っこより、しっくりしてきました
P1040952.jpg

同じ顔をして眠る2人・・・
P1040954.jpg

ね、楽しそうw
P1040962.jpg

育児をするのが2人だと、赤ちゃんは居心地の良い場所が2つあることになる。
安心する場所が1つでも増えるのは、赤ちゃんにとって、とても幸せなことのはず。
楽しんでやっていれば、それが例え 『抱っこという名の、抱っこじゃないナニカ』 であっても、それはとてもいいこと。2つの 『抱っこ』 を楽しめるなんて、きっと幸せなこと。

「やって、って頼めばやってくれる」 のも悪くはないが、自分から関われば、もっと楽しいことになる。
仕事だって何だってそうだよね。『やらされてる』と思ってるうちは、何やったって楽しくない。自分から関わらないと、どんなことでも面白くないし、成長もない。

赤ちゃんの成長はあっという間。たった1日で、昨日までとは違ってしまう。
大切な一瞬を、お父さんも見て、感じて、楽しんでほしい。と、私は思う。






将軍さま用のお布団はあるのだが、一緒に寝た方がよく眠るので・・・最近は毎日、親子3人で川の字になって寝ております。

朝起きて、隣でバンザイしてぐっすり眠っている将軍さまを見ると、なんともいえない幸せな気分になる。

おっはよー!
110216_0948~01

チューしよ、おはようのチューw
110216_0950~01

最初の頃は、「朝起きて死んでたらどうしよう」 と無性に不安になったものだ(笑)
だから、朝起きて最初にするのは、呼吸の確認。
まだ小さかったし、動きもなかったので、夜中も何度も目覚めては確認した。

最近は、目が覚めるとウーウー言い出すし、寝ていてもしょっちゅうクリームパンチとかムッチリキックとかをくらうので、生存確認せずとも大丈夫。
まあ、結局いずれにしても、こちらは安眠できぬのだが(笑)



3ヶ月になったあたりから、さらによく笑い、よくしゃべり、よく遊ぶようになった将軍さま。
家事をするときなどはソファに寝かせて、周囲にぬいぐるみやおもちゃを置いているのであるが・・・まだ置いてあるおもちゃを認識することはできないのか、大抵放置されたまま(笑)

が、今日は違った。
ベランダで洗濯物を干しながら見ていたら、ウトウトしながらも寝付けぬ様子の将軍さま。
この、寝付けない状態って辛そう。
むにゃむにゃウーウー言いながら手を動かしているうちに、カメさんに手が当たり・・・そして手を動かしたら、偶然カメさんが顔の横に。
嫌がるかな?と思ったら、「あっ・・」って感じで、手を添えてさらに顔に寄せて・・・

気持ちよさそうに眠りに落ちたw
P1040971.jpg

カブト曰く、「寝付けないときなどには、ほっぺたに手を添えてあげてるとよく眠る」 らしい。
なるほど~。何かが顔についてると、抱っこされてるときの感覚と近くて安心するのかな?


しかし目が覚めると・・・「なんだこれは。」 状況を把握できないご様子(笑)
P1040974.jpg


3ヶ月をすぎたけれど、なかなか首をすわらせる気配のない将軍さま。
友達の家などで赤ちゃんの扱い具合を見ていると・・・皆さん結構、ざっくりと持ち上げるものなのね(笑)
我が家はちょっと過保護すぎたかしら・・・将軍さまは 「うむ、首は支えてくれるのじゃな」 と認識したのか、首については完全にこちらに丸投げ状態(汗)
将軍さま!!首はそろそろご自分で持ち上げていただかねばなりませぬ!!

ということで最近は毎日、マッサージや遊びのついでに、うつぶせ練習中。

キャーw うつぶせな将軍さまもカワイーw
P1040982.jpg

しかし残念なことに、うつぶせ練習していると、顔にあたるバスタオルがナニカを思い出させるらしく。
首を上げるよりも、バスタオルに顔をうずめて、むっちゃむっちゃと口を動かしだす。
将軍さま!!それ、おっぱいじゃありませんから!!!
でももう㍉。将軍さま、すっかりマイワールドでおっぱい妄想中(笑)

ああ・・・今日も練習は無駄に終わったw


練習 妄想の後はお疲れになるのか、ぐっすり。
P1050016.jpg



そしてこれまた3ヶ月になるちょっと前から、自分の手をしゃぶるようになった。
3週間早く生まれた割には、けっこう標準的なタイミングでちゃんと成長してるみたい。

げんこつクリームパンを熱心におしゃぶり中。
P1040937.jpg

先日は、クリームパンをしゃぶってる間に偶然親指を発見し、「・・・おお!これは!」みたいな感動的な顔をして、次には人差し指も発見。
「こ、これは!!」 と、親指に引き続いて人差し指も口中にねじ込む。
さらに中指も発見し、「むむ、こ・・これは!!」 と強引に口中に追加投入。
いや、それは無理があるのでは・・・しかもチョー奥まで突っ込んでるし!!!

で、予想通り・・・「ウゲエ!」となって、「ビェー!」
泣きながらクリームパンげんこつを振り回して、ナニカに激怒。
いや、それ自分でやった結果だから(笑) 誰も悪くないからw


最近はカメさんのぬいぐるみと、サボテンダーがお気に入りのご様子。

笑い声が聞こえてきそうな一枚。
P1040968.jpg




ハルは昨日で生後100日になりました。
で、本当は昨日だったんだけど、食材の都合上、使ってしまわないといけないお肉があり・・昨日はステーキ丼になったので・・・1日遅れたけど本日 『百日(ももか)のお祝い』 しました。
関東では 『お食い初め』 と言うのかな?

調べてみたら、一汁三菜のお膳を用意するらしい。お吸い物、尾頭付きの魚、炊き物、香の物、赤飯または白米。そして、歯がため用の小石。
なるほどなるほど。そんな感じで、できる感じでやってみようか。

じゃじゃーん♪
P1050024.jpg


お吸い物:わかめとお花の麩お吸い物
尾頭付きの魚:尾頭付きの・・あじの干物(汗)
炊き物:がめ煮
香の物:カブトが水戸で買ってきた、偕楽梅干
小石:駐車場で拾った小石

ええと・・・弁解させて!!!
鯛が売ってなかったのよ、ジャスコに!!

まあ、普通は売ってないか。

いいのよ、別にお魚は鯛じゃなくてもいいらしいから。
ただ・・・せめて干物じゃなくて生のお魚にしたかった(涙)でもアジとかも売り切れだったの!!
ごめんねハル!!でも聞いて!!代わりと言ってはなんだけど、お刺身盛り合わせもあるの!!鯛が多めに入っているの!!これで許して!

歯がための小石も、通常は神社などで拾ってくるらしいが・・・、今日はカブトも仕事で遅かったし、私も拾いに行けなかった。
が、ジャスコ帰りに駐車場の横を通ったら、真っ暗な中、外灯の明かりが当たるところにひとつ、まんまるの小石が!
これもなにかの縁だろうと思い、この小石に大役をお願いすることにした。
イインデス、大事なのは祝う気持ちナンデス!


ちなみに、がめ煮のお皿は兄貴からいただいたお皿。
ご飯とおかずの載ったお皿は、なんと・・・私たち姉弟が子供の頃に使っていたお皿!!
またこの食器を使う日が来るとは。
記憶にある限りでも、幼稚園の頃から使っていたはず。あるいはもっと小さい頃から使っていたのかも。
今度、母に聞いてみよう。


さてさて、お祝いの続き。
データによると、その場の長寿の人に食べさせてもらうものらしいが、ここには私とカブトしかいないので・・・カブトに食べさせてもらうことに。

さっきまで寝てたので、ボーッとしてますw
P1050027.jpg P1050031.jpg

そして食後、なんかのスイッチが入ったのか、ハル将軍上機嫌(笑)

満面の笑顔でじたばた。
P1050038.jpg

デザートのミルクも、笑いながらなので飲めない(笑)
P1050041.jpg


今日まで何事もなく、元気にすごせてよかった。
3ヶ月ってあっという間だなー。

これからも元気にすごせますように!








今日は、川越在住の入院友達のおうちへ。
こちらも双子ちゃんのお母さん。

二代目にはカーナビがないので、前日にYAHOO地図と航空写真で道順をチェック。
しかしカブトは道をよく知っている。
しかも、 「このあたりに、青いEPの競技車が放置されてるよ」 とかいう、よくわからない目印までも教えてくれる(笑)


事前の準備のおかげで、スムーズに時間通りに到着。
初めて会う双子ちゃん・・・カワイイ~!
2卵生だから、そっくりってわけじゃないのねー。女の子の方を抱っこさせてもらったけど、やわらかくて、腕にすぅっと馴染む感じ。
「女の子は抱いた感じからして違うよ」 とは聞いていたけど、ホントだ、こんなに違うとは!!

彼女は初産ではないので、双子が同時に泣いても少しも動じない。さすがだ(汗)
見ている私の方が焦ってしまって、自分の未熟さを思い知りましたw
小さい頃から片手で抱っことかしているらしいので、2人とも首がしっかりしていて、将軍さまのグラグラ具合がさらに際立つ(笑)
授乳も2人同時にやったりしてて(双子ちゃん用の授乳クッションとかあるらしい!)、たくましさに感動。
あたしってまだまだだわ~。


オムツの情報交換して、人気のエルゴベビー抱っこ紐のお得情報も教えてもらったので、お礼に私は 『りす先生の楽しい骨盤体操教室』 を開催。
数年かけてあれこれ実践したものの中から、彼女に一番適していると思われる運動を2、3伝授。
「うっわー!これホントに効きそう!」
喜んでいただけてなによりです^^ どれも自ら試したものばかりですので、効果のほどは保障しますわよ♪


次は三芳の戦友のところに訪問予定です(笑)






2011.02.21 英才教育
先日、ハルのオムツを交換していたとき。

テレビでなんかのドラマの予告やってて、そのセリフがどうもひっかかった。
「もうツマと会わないと約束するなら、私はツマの命を助けよう・・」

どうやら、ツマは何か重い病気で命がヤバいらしいのだが、ツマは別のオトコと恋に落ちているらしい。
私はドラマを見てないので、細かい事情は分からないけどさあ。
ちょっとそれはどうかと思うのよ。

「まあさあ、オットある身で他のオトコと恋に落ちたのは良くないかもしれんけどさあ。まあ、ドラマの設定が分からんけん、そこは置いておくとしてよ。
そもそもね?束縛から生まれる愛はないわけよ。
相手を束縛したり、交換条件つきの善意を施したりしても、そこから真の愛やら信頼やらは得られないわけよ。そう思わん?
大体ねえ、ツマの命が危ないなら、全力で助けたいと思うのがオットじゃないの?そこが大体おかしい!条件つけてる場合やないやろ?そんなやけん、ツマは他のオトコに心を奪われたっちゃないと?

男でも女でもね、ヤキモチやいて、あれこれ束縛するのはみっともない!そんなことしたって、相手の心は離れてゆくだけよ。束縛じゃなくて、自分の魅力で相手の気持ちを囲い込むべきやろ?
ああもちろん、キャバ嬢に入れあげて中洲に通うような男とか、ホストに入れあげるツマとかなら別よ?その場合はあれよ、こっちからサヨナラでOKね。っていうか、サヨナラしなさい。

大体ねえ、魅力ある女ってのはねえ、じーっとひとつところにおったりせんと!
そこは深い懐でやね、『いってらっしゃい』 って笑顔で送り出せばいいと!
いや、別になーんも悪いことやらないって、ただちょっとラリーに出たり、ソロツーリングに行ったり、友達と飲んだりするだけって。全然大したことじゃなかろ?かわいいもんやろ?
『楽しんでおいで』 って気持ちよく送り出されたらね、居心地いいところにね、気持ちよく戻ってくるとって。そんなもんとって。なーんも悪いことやらせんとって。やったってね、ガケから落ちたり、迷ってヘンな方向から帰ってきたり、終バス逃して歩いて帰ってきたり、その途中で道に迷って片足田んぼに突っ込んだりね、やらかしたってそんなもんよ。大したことなかろ? やけんね、そこは深い懐でね・・・・・」


「・・・なにハルに自分に都合のいい英才教育をほどこしてるんですか(笑)」

「ああっ!カブト!!いつのまに帰ってたんデスカ・・・」



いやいやいや、別に自分に都合のいい話じゃないって!
束縛で愛は得られない、って真理の話デスヨ。
ただちょっと、例がね、アラフォー美熟女ラリーストの話なだけでね・・・。






もうどーでもいいじゃん、と思うのだが、なぜかしつこくエビゾー事件が報道される。
国家の陰謀説が出るほどにしつこいぞ。
あの事件以来、エビゾーの魅力も激減というより皆無になってしまったのだから、放っておいてやってはいかがなものか。


で、気になったのが、 『灰皿とテキーラ』 というコピー。いや、コピーじゃないかもしれんが。
でもコピーっぽいよね。

『灰皿とテキーラ』。なんか80年代の売れないロックの曲名とかにありそう。


で、別のチャンネルでは、『灰皿にテキーラ』 となっていた。
これはあれだ、20代前半の若手女性作家による直木賞候補の小説とかの題名にありそう。

内容はこうよ。
主人公は19歳のホステス。客として来た、37歳プロモーター(妻あり)の男と付き合った、10ヶ月の物語。
若き女性作家が書いたとは思えぬほどの激しいベッドシーンと、主人公19歳ホステスの不器用な生き方が話題。
ラストシーンはこうだ。

スペイン料理店での別れ話。
男から一方的に告げられた別れであったが、数ヶ月前から予感はしていた。というより、出会ったときから既に、2人は別れに向かっていたのだ。
愛はなかった。恋にすら落ちていなかった。妻から男を奪いたいと思ったことすらなかった。
19歳だが、初めての男でもなかったし、妻子ある男と付き合ったことも、初めてではない。

目の前には、さっきまで男が座っていた椅子がある。
テーブルの上には、まだ一口しか吸われていない煙草が、灰皿に載って薄く煙をあげている。
私はそれに、グラスに残ったテキーラをかけた。
煙はすぐに、消えた。


こんな感じね、タブン。







今日は、病院主催の親子教室に行ってきた。本日の内容は、『アロマでリラックス』。
個人的にあまりアロマとかには興味はないのだが、ここだとオムツ交換や授乳をしながら参加できるので、親子で気軽に出かけられて、ちょうど良いのだ。

赤ちゃんは助産師さんたちに見てもらって、ママ同士でアロママッサージ。
皆さん日々の手洗いのせいで、手肌はガサガサ(笑)お互いを労わりながら、楽しくマッサージ。
んふー。いい香り。
アロマも悪くないわねえ。


将軍さまは外の世界が好きなようで、ぐずらずに他の赤ちゃんを興味深そうに見ておられました。
赤ちゃんがぐずって、マッサージを中断して赤ちゃんのところに戻るママさんもいる中、私はゆっくりと気分転換させてもらえました。

お心遣いありがとうございます、将軍さま!!


教室の後は、病院のカフェテリアに寄って昼食。
今回はハムトーストに挑戦。うん、これ入院時からずっと食べてみたかったんだ!
でもやっぱり、ホットドッグがいいかな。次回はまたホットドッグを食べよう。
念願のあんみつをお土産に買い、少し遠回りして将軍さまとのドライブを楽しんで、楽しい外出はおしまい!







今日は、前の会社で一緒だったマミタソとエミタソと、マミタソの子供のアータソが遊びに来てくれました。

バス停まで将軍さまとお迎えにあがったのだが、将軍さまを見るや否や、
「うわー!カブトさーーん(笑)!!」
「プチカブトさんがいる!!」
・・・やはり似てますよねw

しかし衝撃の告白が。
「でも、ハルくんがチョー脱力してる寝顔の画像見たら、イイダさんにそっくりだと思いました(笑)」
・・・・・自分でもそう思ってたんデスorz
あああ、ごめんなさい将軍さま、一番遺伝してはいけないところが遺伝してしまったみたいです(涙)


なんとなんと、お祝いにはGAPの子供服をいただきました!GAPの服ってカワイイよね。でも自分で買うには高いのよねー。
早速将軍さまに当てて・・
「うわー!ありがとう!このシャツとジーンズ、しゅてきー!!」

「イイダさん、それシャツじゃなくてツナギです・・・ジーンズとは合わせられません(汗)」
「あ、あれ(笑)!?」

とってもしゅてきなツナギとシャツと、ジーンズでした♪
サイズ80なので、来年の秋くらいには着られるかな?
「ツナギは、ラリー会場に行くときに着てほしいなあと思って」ということで選んでくれたそうなので、来年の新城あたりにこれで行けたらいいなあ♪

そして2人に言われたのだが・・・
「イイダさんの親ばかっぷりが溢れてます(笑)」


ソウデスカ、ソウデハナイカトハオモッテイマシタ・・・。



でもまあ!!
躾とかするのはもう少し先だから、それまではたっぷり親ばかになって、かわいがっちゃいます。
赤ちゃんの時期がすぎたら、躾は少し厳しいくらいにしようと思っているので・・・とか言い訳かな(笑)


マミタソエミタソアータソ(3人続けると読めぬw)、遠いところ遊びに来てくれてありがとう!
良かったらまた来てください♪




将軍さまも生後3ヶ月をすぎたので、ついに予防接種デビュー!

うちの市は、定期接種も集団接種ではなく、各医療機関にて受けることになっているのだが・・・風邪のお子様と待合室でカブらないように、大抵は予防接種の曜日と時間が決まっている。これが、週に2日、各1時間・・・と、なかなかに条件がキビシイ。そのため、評判の良い小児科は、大体1ヶ月前から予約で一杯なんだとか(驚)
そういう噂は聞いていたので、将軍さまが2ヶ月をすぎた時点で、うちから歩いていける小児科を予約しておいたのだ。


お医者さんや助産師さんに事前に相談して決めたスケジュールで、予防接種は最優先のBCGからやっちゃいます。
さて将軍さま、注射で泣くかな??

まずは診察してもらって異常がないことを確認し、左腕を肌着から出して、薬液を塗って、ハンコ注射を・・・ムギュー!!
って、そんなに強く押すんですか!!∑(゜Д゜;)ビックリ

ハンコ注射は思ったよりも太くて長い針がついていて、大人の私が見ても「オオォ・・」と思ってしまったが、そこは赤ちゃんの強みで、全く気にせぬ将軍さま。全身を押さえられつつも、ポカーン(゜Д゜)
あんまり痛くないのかな??

しかし2コ目のハンコのときはさすがに、「ウギャー!!」
痛みで泣いたというより、ようやく事態を理解してびっくりした、って感じだが(笑)


でもダイジョウブ。
そこも赤ちゃんの強みで、瞬間で忘れる(笑)
注射が終わればニッコニコ。っていうか、なんでそんなにご機嫌なのw 楽しい気分になる要素って特になかったよね??


BCGの面倒なところは、薬液が乾くまでは腕を水平に保ち、自然乾燥を待たねばならぬということ。
赤ちゃんは体温が高いし、動かないように&腕を水平に保つように全身で包んでいるので、暑い・・・。やばい、シャツ1枚で来れば良かった。
乾くまでは大体20分。将軍さまはリラックスしすぎて眠ってしまい(っていうか、こんなに暑くて汗だくの状態で、なんでリラックスして眠れるんだ!?)、さらに全身脱力してどんどん体が沈む。それを支えるために私の姿勢もどんどん崩れてゆき・・・しまいにはものすごい無理のある姿勢で硬直(笑)
ああ疲れた。


お隣の椅子に座った若いママさんは、異常にそっくり返って椅子から落ちそうになって看護師さんにサポートされるし(笑)、BCGのママさんはみんな苦労していた。まあ、大抵の赤ちゃんは最初の予防接種がBCGなので、ママさんも一様に不慣れなのだ。なかなか面白い体験であった。


帰りに次回とその次の予約までして、予防接種デビューは終わり~。
来月はなんと、3本まとめて注射ですわよ(怖)!!

早くも人生の厳しさに直面している将軍さまでありました。






2011.02.16 3ヶ月検診
今日でちょうど将軍さまは生後3ヶ月!
検診での結果は・・

   3ヶ月検診時  出生時    

体重:6945グラム   2718グラム  
身長:60.7センチ   48.2センチ  
胸囲:43.8センチ   29.0センチ  
頭囲:42.2センチ   34.0センチ  

出生時は37週生まれなので標準より小さかったのに、ちゃんと成長曲線のド真ん中で順調に成長中!
血液検査の結果も正常で、今のところ大きな問題はないみたい。良かった良かった。


将軍さまは、気持ちよく寝ていたところをひっくり返されたり、おててぶらぶらされたり、ウルトラマンされたりで、「何をする!余になにをする!!」と大泣きで猛抗議w
しかし診察が終わった途端に泣き止んで、先生のお話を聞きながらニコニコ上機嫌でアーウーおしゃべり。
しかも突然、明瞭に 「ワン!!」 と言ったので、先生も研修医の先生も、全員が振り返って 「ワン!?」

赤ちゃんて、偶然とはいえ突然明瞭に発音することがあるから面白い。
ちなみに将軍さま、「ハイ!」 「オマエ~」 「ワン!」 とか言います(笑)
あと、すごい泣いてるときとかに、
「どうしたの、なに泣いてるの?さっきまでとやってること変わってないよ?」 とか言うと
「・・エッ?」 と言って泣き止んだりw


将軍さまのご機嫌もよろしいようなので、久しぶりに病院内のカフェテリアでお茶して帰った。
ちなみにここのケーキは割りと美味しい。次回はあんみつをお土産に持って帰ろう。




2011.02.15 ユキだ!!
昨夜から降り始めた雪。
21時頃に窓から見るとびっくり!!もう結構積もってる!!

23時頃に外に出てみると、もう積雪は5cmを超えていた。すごーい!!
夜中ではあるが、小さな雪だるまを作成。玄関前の階段に置いてみる。

明日の朝までもつかなー♪(ミニ雪だるまはカブト作)
P1040882.jpg



福岡で生まれ育った私にとって、ユキはイベント。
雪の朝は、誰よりも早起きして、誰も踏んでいない白い雪に足跡つけて、雪だるまをつくるのだ!!
近所の小学生の誰にも負けてはいけない。これは戦いなのだ!!(大人気ないと毎回カブトに呆れられる)


予定通り早起きして、将軍さまの授乳を済ませて、早速外へ!!

昨夜の雪だるまは半分とけてた
P1040883.jpg


将軍さま、初の雪見
P1040885.jpg


記念撮影後、私だけが外に残って雪だるま作成。
雪は3時くらいにはやんでしまったらしく、かなり水っぽい雪だけど。
きれいな雪を選んで雪だるまゴロゴロゴロ・・・・通学する近所の小学生に「おはよう~」と声をかけながら、朝から雪だるま作りに勤しむアラフォー女。

・・・・・できた!!


呆れつつも感心するカブト
P1040887.jpg



しかし、最近の小学生は偉い。
私がせっせと雪だるまを作るのを見ながら、「楽しそう~」と言いつつも、ちゃんと小学校へ行く。
弟1号~3号なら、ここで一緒に雪だるま作りに参加しそうなものだが・・・みんな偉いなあ。






久しぶりに晴れたので、今日は狭山湖までお散歩。
ここは昨年の春、将軍さまがまだ私のお腹にいる頃に来た場所。ここに来てしばらくした頃、最初の入院をしたのだった・・・。

この時期はオオタカが一番良く見られるということなので期待をしていたが。
まあ、「ちょっと来てみました」程度で見られるわけもなく(笑)
普通の野鳥を観察して、てくてく歩いて。

こうして見ると、誰もいないダムですが。
P1040853.jpg

ズームすると・・・湖岸の石と思ってたものは全てカモです(怖)
P1040854.jpg

オオタカいないねー
P1040863.jpg

去年の春に来たときは、結構いろんな野鳥が見られて楽しかったんだけど、今回はツグミ、カワウ、ホオジロ、メジロ・・・。
トモエガモという、ちょっと珍しいカモがいると聞いてきたのだが、
「あっ、あれ・・・いたカモ!」
「どれ?・・・俺には見分けがつかないや」
「あれ・・カモ・・・カモだけに・・・」
「・・・・・。」

まあ、「ちょっと来てみました」程度では(ry


野鳥はよく分からなくても、ここは遊歩道もちゃんとしてて、ベビーカーでお散歩しやすくて良い。
春になって、もう少し暖かくなってきたらまた来よう!


2011.02.12 手形
今日は雪でお散歩自粛なので、家で将軍様の手形取りをやってみた。

せっかくなので、足形も取ることにしたのだが・・・、将軍様が手をぎゅっとにぎってクリームパン状態のままなので、なかなか取れず(汗)
カブトと2人で四苦八苦!!
足形は意外とすんなりと取れた・・・と思ったら、指を丸めていたらしく、足の裏のみになってしまった(笑)

ということで、足形はやり直ししたので、2コ取れましたw
110212_2107~01

将軍様は男の子なので、大きくなってこういうものを懐かしく見るとかいうことはあまりしないかもしれないけれど・・・大きくなったときに、自分が生まれたときに両親はこんなに喜んでくれたんだなーと、少しでもわかってくれると嬉しい。




2011.02.12 お風呂
将軍様はお風呂が大好き・・・と言いたいところだが、正直ビミョーなところw

体を洗うのは全然平気。お尻や背中を洗うときは腰を浮かしてくれたりするし、関節を洗うときも自ら伸ばしてくれたりして、割と協力的ですらある。
頭からお湯をかけるのも平気。耳にお湯が入っても平気。

しかし・・・肝心の湯船があまりお好きではないご様子。
カブトと入るときはかなりリラックスモードで、たまに「おお・・・」とか感嘆の声すら漏らすらしいのだが(笑)、私と入るときは、私のお腹を水面下でバシバシ蹴ったりと、地味~に抗議する。
まあ、別に暴れたり泣いたりするわけではないので、そのうち慣れるだろう(希望)

カブトと男風呂を堪能中。湯船に浮かんで、オホー顔の将軍様
P1040815.jpg

お水自体を怖がってるわけではないようなので、春からのベビースイミングは大丈夫・・・かな?
早くプールに行きたいな!





2011.02.11 メリーさん
相変わらずメリーさんが大好きな将軍様であります。
が、最近は前よりもしっかりとひとつひとつを目で追うようになり、回ってくるキャラクターによって喜んだりもするように。

ゾウさんは耳が大きくて認識しやすいのか、よく見る
P1040764.jpg

ミッキーさんもお気に入りだけど・・・  やはりゾウさんで大喜び!
P1040837.jpg P1040833.jpg

子猫ちゃんは今イチのご様子
P1040838.jpg


ふと思い出してみると、私たちが子供の頃のメリーさんって、ビニールみたいな素材で、赤や黄色の花?みたいなのが連なったやつで、結構高速で回るやつだった気がする。
あれは色も鮮やかできれいだし子供は喜ぶだろうが、こうして目で追うことは難しかったんじゃないだろうか。
こんなおもちゃひとつとっても、時代の違いを感じる。
将軍様が歩くようになったら、木でできたカタカタ車を買ってあげたいのだが、考えてみると、あれも見かけない。今は作ってないのかな?





2011.02.10 カワセミ~
今日はどこの公園に行こうかな~とネットで調べていて、カワセミが見られるという公園を発見!!
早速ゴー!!

平日で人が少ないので、リラックスした小鳥がすぐ近くの水辺まで降りてくる。

メジロと、キセキレイかな?
P1040779.jpg P1040781.jpg

歩いて行くと、池の脇にズガンボーンなレンズのついたカメラを設置したオジサマたちの群れが。
こりゃカワセミが来る池に違いない!!

将軍様のご機嫌が悪くならないように、ウマを前後にゴロゴロ動かしつつ様子を見ていると・・・来た!!鮮やかな青緑の小さな鳥が、池の脇の小枝に!!

すごーい・・・きれーーーい!!


ズガンボーンなレンズのカメラの前ではちょっと恥ずかしかったが、私もFZくんで参戦。
オジサマ方は、枝に止まっているカワセミなどは被写体ではなく、ホバリングやダイビングの瞬間のみを狙っているらしい。
まさか私にはそんなことはできないので、止まっているカワセミを、1人で激写!激写!激写!!
しかし、あまり近づいて逃げられては皆さんに悪いので、遠ーくからしか撮れぬw
ああ、トリって難しい。

でもすっごくきれいだった!!
P1040796.jpg P1040800.jpg
P1040810.jpg P1040805.jpg

ちなみに、撮影中に一度ダイブしてサカナをゲットしたのだが、もちろんそんな瞬間は写せず。
しかも咄嗟にカメラを目から離して、肉眼で見ていたのでありました(笑)

この公園いいなあ。また来よう!



将軍様は、朝から午前中が一番機嫌が良い。
今朝も私が朝食を食べてる後ろで、「アーウー、キャッ!ハイ~」と、ご機嫌麗しいご様子。

台所から戻ると、あら!!

モモンガのしっぽ握って、フリフリ~♪
P1040733.jpg P1040740.jpg

これまでも、カエルのガラガラを軽く握ることは多かったけれど、偶然って感じだった。
しかし今日は、ひと味違う気がしますわ将軍様!!
将軍様は明確な意図を持って、しっかりとモモンガのしっぽを持って、フリフリして鈴を鳴らしてらっしゃる!!
わーい!また発達の階段をひとつ上ったくさい~!

これまでも薄々、もしかして・・・・とは思っていたんだけれど。
複数の人に会ったり、外出した後って、発達がひとつ進むことが多い。
お正月に横須賀で従兄弟のお兄ちゃんたちに会った後とか、ベビータッチケアの教室の後とか・・・昨日も双子ちゃんに会ったばかりだし。
やっぱり、人と触れ合うのはいい刺激になるのかな。

うむ!くるしゅうない!
P1040744.jpg




2011.02.09 お散歩
今日は朝からユキ!
毎日行ってたお散歩はお休みすることにして、窓から一緒にユキを眺めてすごしました。


ハルが生後2ヶ月をすぎてから、雨や雪の日以外は毎日お散歩に行っております。
私1人のときは、ベビーカーで公園へ。
カブトもいるときは、セレ美で少し離れた公園まで行って、将軍様のウマ(ベビーカー)をひいてお散歩。

最寄の運動公園の他に、彩湖、狭山の智光山公園、上尾水上公園、大宮公園、さぎ山公園、見沼自然公園、秋ヶ瀬公園・・・結構あちこち行ってますw
車だと、いつもと違う公園に行けて気分転換になるし、車の中でオムツ換えや授乳もできるので、ゆっくり楽しめていい感じ。

インフルエンザも流行っているので、人の多いところには行くのは控えた方がいいし、でも家にじっとしてても気が詰まっちゃうし。
冬の公園は空気も良くて、色んなトリもいて、双眼鏡とカメラを持って行けば、かなり楽しめる♪
最近のお気に入りは、ゆっくり公園を歩いて、テニスコートの横で温かい缶コーヒーを買って、テニスに興じる人々を眺めながら休憩すること。

・・・であるが。

将軍様が、「これ!ウマを動かせ!動かさぬと泣くぞ!」とベビーカーの中からギーギーと苦情を申し立てるので、ゆっくり休憩もしてられないorz
将軍様~、ワタクシも少しはゆっくりしたい~(涙)



P1040627.jpg P1040659.jpg P1040698.jpg
P1040716.jpg P1040720.jpg


お散歩中はハル将軍様は暖かくしたベビーカーの中で熟睡しているので、お散歩がどれだけ有効かは分からないけれどw
「ほら、ヒヨドリがいるね~」「大きな楠の木ね~」「ネコヤナギだよ~」と、話しかけながらお散歩しております。

早く将軍様が歩けるようになって、一緒に小石を拾ったり、マツボックリの投げ合いしたり、ハトを追っかけたりしたいなあ。




2回目と3回目の入院で一緒だった友達のお家に、ハルと遊びに行ってきた。
なななんと、彼女の赤ちゃんは美人の双子ちゃん♪
ハル将軍、楽しみですねーw

ママさんも美人らしいしなー、まいったなーw
P1040704.jpg


双子ちゃんはとっても元気でかわいくて、表情や声、顔のパーツのかわいさは、やっぱり女の子だなーと実感。
ハルはまつげが長くて目がクリンとしているせいか、よく女の子に間違えられるけれど、こうして並べて見てみると、やはり男の子らしい顔つきなのかもしれぬ。


将軍様は今日もぐずり、お友達の家でも「抱けー!抱かぬと泣くぞー!」とおっしゃるので、結局ずっと抱っこ(笑)
外出して環境が変わったら、少しは気分も変わるかな?と思ったが、やはりどこにいようと、午後は甘えん坊スイッチが入るものらしい。不思議だ。


彼女も言っていたが、入院仲間はなんだか『ママ友』というよりも、『同志』や『戦友』みたいな感じ。
無事に産めるかどうかも分からない頃から一緒で、お互いの一番きついときを知っている。
のんびり妊婦生活を楽しめなかったけれど、こういう友達ができたことは良かったと思う。

次は、今月末に川越の同志に会いに行く予定。その次は三芳かな?
どうやら入院組で一番フットワーク軽く動けるのは私のようなので、皆さんが遠出できるようになるまでは、私が巡回することになりそうだ。
春にはみんなで集まる予定。楽しみだー!






先日、公園にお散歩に行ったときのお話。
駐車場で隣に止めた車から、ズンドコズンドコ音が漏れてくる。
公園まで来て何やってんだろうなーと思っていたら、カブトがベビーカーをセッティングしながら、
「隣は『卒業』かあ」
とつぶやいた。
なに、『卒業』って?

「これは、斉藤由貴の『卒業』だよ」
「エー、なんで分かるのー?」

確かによく聞いていると分かったが、先にそう言われないと、とても聞き取れるものではない。
そもそも斉藤由貴って、ズンドコ言わせて聞く曲じゃないよね(笑)?

『卒業』が終わり、また次の曲が始まった。
なんだろう、やっぱりズンドコだけじゃ分からないよ・・・。

「今度は『雨音はショパンの調べ』かあ」
「ちょ、なんで分かるのよ!?」
「分かるでしょー?」

分かりませんってwww





今朝見た夢。

私は、フィギュアスケートの選手として、全日本選手権に出場している。
しかも優勝候補の1人!!
そしてなぜかコーチは、自動車部の同期の、和モノ。

出走順(出走??)はくじで決まるのであるが、どうやら私は1番手~3番手のいずれかになることが分かっているらしく、すぐに準備しなくてはならない。
が、スケート靴の紐が、片方はちぎれそうに細いヨレヨレの紐で、もう片方は、小さい女の子が髪を結ぶような、プラスチックの飾りつきのゴム紐。
どっちもしっかり締められん!!!!

紐がちぎれないように気をつけながら結んでいると、なんと私の出走順は1番と判明。
早くしないと、練習走行(走行??)の時間も終わってしまう・・・!
審査員席の前で、言い訳しながら紐を結ぶが、結局時間切れとなり、本番。
「やる気あるとや!!練習走行終わったぞ!!」と怒る和モノの声を背中に受けつつ、紐でしっかり締められなかったためにグラグラする足首を支え、いざ!!!!

チャラララ~♪
曲は 『タイスの瞑想曲』。
グラグラする足首の割には軽快に滑る私。
私の得意技は、イナバウアー。しかも思いっきり体を後ろに傾けるので、某Aスケート選手と比較して、『超絶イナバウアー』と呼ばれている。

っていうか、傾けるというより、背中から氷まで15cmくらいしかないんですけど!!
我ながらどうやって滑っているのか分からぬ(汗)
しかし観客には大ウケで、拍手と喝采を浴びながら、ひたすら『超絶イナバウアー』のみで時間をつぶす私。
なんていうか、ジャンプとかステップとかなんかしなくちゃいけないんじゃないだろうか。
いくら重力と筋力を無視したすごいイナバウアーだとしても、これだけで3分間を消費していいものだろうか?


しかし、起き上がり方がわからん・・・。


いい加減、『超絶イナバウアー』にも飽きて静かになった会場の中を、ただひたすらイナバウアーで滑り続けるところで目が覚めた。






今朝見た夢。

私はどこかの田舎の警察署で働いている。
お昼を食べようと外に出ると、なぜか警察署の敷地から県道に出る道のど真ん中に、巨大なブタが!しかも錦鯉のような、鮮やかな赤黒白の模様。

ニシキブタは、道を完全にふさいで寝ていて、これでは食事に行けぬ(汗) っていうか、ニシキブタ、私をじっと見つめて…うわ、こっちに来たあ!!

咄嗟に近くにあった農具小屋に逃げ込むが、ニシキブタは私を追いかけて、小屋に入ってきた!
あわわわわ、どうしよう(涙)

小屋の中を逃げ惑う私に、ニシキブタがのしのしと近づいてきて・・・。「かじられる!!」と思ったが、ニシキブタは私の腰や脇や腕に巨大なハナを押し付け、ブヒブヒフゴフゴと臭いを嗅ぎまくる!

「た、助けてえー!きゃー!ヒー!」
いくら叫んでも助けはこない。
「誰かあー!助けてえー!ヒー!ヒー!ヒー…あはははは!ハナがくすぐったい…ウヒヒヒヒ、あはははは、ぎゃははははあ!やめてえー、あはははは!ヒー!たすけ・・・あはははは!やめ・・たすけ・・・ウヒヒヒヒ!」


ゲラゲラ笑う自分の声で目が覚めた(汗)

しかし、ニシキブタのハナは、引き続き私の脇腹をぐいぐい押している。
ハルの足でした・・・orz


私の寝言にもハルは起きることなく、カブトだけが目を丸くして起きていた。
「ヒー!ヒー!ぎゃはははは! って、大騒ぎしてたよ・・・なんなの・・・」
「いやあ、ニシキブタがね・・・」


ああ疲れた。





弟2号がmixiボイスでつぶやいた。
「不二家の店頭にいる『ペコちゃん』を抱きしめると、何か喋るらしいって、兄が興奮してるので、誰か確認して下さいm(_ _)m」


まじか!!そんなペコちゃんいるのか!?っていうか、そんなことで平日の昼間に興奮している弟1号。そして一緒にいるとおぼしき2号。
2人とも仕事はどうしたw


そして数時間後。
またmixiボイスが更新された。


「ウチの兄が、『不二家東油山店』のペコちゃんに無視されました(゜∇゜)」


抱きしめたのか!?店頭のペコちゃんを抱きしめたのか、37歳!!!!!
っていうか、平日昼間に不二家のペコちゃんを抱きしめてる1号と、多分それを見守っていた2号、仕事は(ry

こんな2人の弟ですが、それぞれ立派に仕事していて、自分の事務所を持つ経営者でもあります(笑)


で、おしゃべりペコちゃんは本当に実在するのか??
こうなったら、弟1号には、全ての店頭のペコちゃんを抱きしめてみてほしいと思う今日この頃。






2011.02.02 暗号名は吐血
ハルのオムツを換えながらニュースを聞いていたら、「血を吐く方がメールを送り・・・」とアナウンサーが言うのを聞いた。
随分物騒な話ねえ・・・と思いながら、カブトに「なんか怖い話ね~」と言うと、「ふうん?」
なんだ、カブトはなんともないのか。
しかしさっきから何度も言ってるぞ。吐血しながらメールするって、普通じゃなくね?
それに、『血を吐く方』じゃなくて、なんというか、個人名というかそういうのは判明せんのか。変なニュースだな。


・・・よくよくニュースを見てみると、なんだ、『血を吐く方』じゃなくて、『千代白鵬』か!!!!


道理でカブトとも話が合わんはずだ。


「なんだー、千代白鵬じゃん!!」
「だから、千代白鵬だって」
「だから、私何度も聞いたやん!『血を吐く方??』って!」
「だから、『千代白鵬だよ?』って言ってるじゃん」

ううむ、誤解が判明してからも相変わらず話がかみ合わぬ。

「だからー、千代白鵬じゃなくって、血を!吐く、方!って思ってたの!吐血よ吐血」
「・・・・・ああー!・・って、なんでそんな聞き間違いになるの(笑)」
「そう聞こえたんやもん・・・でさ、相撲の八百長メールとか言うけん、 『血を吐く方』 と 『吐かない方』 みたいな暗号名かと思って。」
「なんすかその暗号名(笑)!」
「いやあ、あたしもさすがにびびったよ」
「びびったのはこっちです・・・」


千代白鵬・・・血を吐く方・・・紛らわしいよね?





2011.02.01 お買い物
子連れで困ることのひとつに、買い物がある。
最初はハルをスリングに入れて連れて行ってたのだが、ハルが重くなるにつれて腰がもたなくなってきたので、最近のお出かけは専らベビーカー。
が、ベビーカーだと買い物カゴを片手で持たねばならず、かつベビーカーも片手で操縦することになる。
私はどうもこのベビーカーの操縦が苦手で、しょっちゅう棚やら買い物客やらに衝突する(汗)
オムツなど買おうものなら、もうヘトヘト。
今まで普通にやっていたことが、何もかも本当に大変になった。

そしてふと思った。
私の母は、年子の子供3人を抱えて、よくもまあがんばってくれたもんだと。
一人をおんぶして、一人は手を引いて、一人は目を離さないようにしてた、と言うが、例えば私が4歳のときでも、弟1号が2歳、弟2号は1歳。
なんとまあ大変な!!!

当時住んでいたマンションから最寄のスーパーまでは、子供を連れてでは20分以上はかかっていた。
しかもマンションは、きつい坂の上。
なんかもう、なんでこんなことに今更気づいたのか、というほどに今まで全く考えもしなかった。考えたらとにかくお礼を言いたい気持ちになり、その日の夜に母に電話をかけた。

「あらー、別に大変なことやらなかったよ!」
と母は言うが、ハル1人でも私はヘトヘトなのに、年子の子供3人では、並大抵の苦労ではなかったはず。
大変なことというのは、特別なイベントや出来事にあるのではなく。買い物や日常の家事、あるいは自分がお風呂に入る、ただそれだけのことが全て、子供がいることによって、普通に行うことができなくなること。
当たり前のこと、日常に行うことが、全てが大変なことになる。
身体的にきついことだけでなく、常に子供のことに神経を配ることが、どれだけ精神的に疲れるものか。

でも、日常のことだから誰も気にしない。誰もがなんとかやっていることだから、特別に労ってもらえることもなく。
子育ては当たり前のこと。親の義務、つとめ。
誰に褒めてほしいというわけではない。自分が喜んでやっていること。別に、苦労だとは思っていない。これが自分の仕事だと、やるべきことだと理解している。
でも。
確かにきつい。それは事実。

『親になったときに、自分の親のありがたみが分かる』 とはよく言うが、もう本当に。
お母さん、ありがとうございます・・・。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。