上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.31 甘えん坊将軍
最近ハルは、すっかり甘えん坊。
抱いてないとすぐ泣くし、1時間おきにおっぱいをほしがる。
空腹というわけでもなく、とにかくおっぱいがほしいらしく、5分も飲まずに眠りにつく。
授乳後も、私の胸を枕にして眠り、お布団に降ろすと、この世の終わりのように泣く。
大丈夫だから!!そんなにカンタンにこの世は終わらないから(笑)!!

授乳はメリハリをつけなきゃいけないんだけど、口をアワアワさせながら泣くハルや、幸せそうに胸を枕に眠るハルの顔を見ると、なかなか泣かせっぱなしにする勇気もなく。

結局、1時間おきにおっぱいをあげて、それ以外はひたすらハルを抱く日々(汗)
疲れさせよう、とお散歩に連れ出すも、ハルはベビーカーに乗るとあっという間に寝付くので、結局疲れるのは私だけ(笑)
まあ、気分転換になるし、私の運動にもなるのでいいんだけどさ・・・。

寂しい、とか、恋しい、という感情が芽生えてきた・・・と考えていいのかな?

しかし、こういう姿を見てしまうと、ハルが大きくなってグレても、「でも本当はとってもいいコなの」とか思ってしまいそう(笑)
どこかで悪いことしても、「ウチのコはとっても優しいコなんです!そんなことしません!」とか言ってしまうに300000カノッサ!!





スポンサーサイト
今朝見た夢。

夢の中で、キジ男が朝食をねだる声を聞いた。
「もう朝か・・」 と布団から出て、はとえさを取って、「おはよー」とキジ男に挨拶して、朝ごはんをあげる。
まだ早いので、再びお布団に入ったら。

「バタンギューギュー・・」 あれ?今のって夢?
いやにリアルな夢だったなあ。
慌ててお布団から出て、はとえさを掴み、窓を開けてキジ男に朝ごはんをあげる。
やれやれ・・・とお布団に入って目を閉じると、
「バタンギューギュー」

ええ!?今の、また夢!?
夢中夢ってやつか。
お布団から出て、はとえさを掴み、窓を開けてキジ男に朝ごはんをあげる。
で、またお布団に入って目を閉じると・・・
「バタンギューギュー」

ええっ!?また!?
夢中夢はたまに見るけど、さすがにここまでのは珍しい。
毎回、「今度こそ現実だろう」と思うのだが・・・やはり夢。


結局、同じ夢を3~4回繰り返し、そのうちに少しずつ細部が変わるようになり。

外に雪が積もっていたり、窓の外が病院から見る景色に変わっていたり、窓を開けるとお隣のお子さんが木刀を持って小学校に行くところであったり、はとえさを掴んでいると弟2号が部屋に「おはよう、ハルー」と入ってきたり、母がハルのお布団の位置を変えていたり、私が別の姿をしていたり・・・という風に少しずつバージョンが変わりつつ、夢中夢はついに11回目になった。

ちょっと、さすがに11回ってのはないんじゃない?これ、おかしくない!?


「11この入れ子!?」 と夢の中の私は叫んだが、実は 『入れ子』 という言葉は忘れていた言葉で。
目が覚めて、「入れ子って言葉・・あったっけ?」と思って、辞書を引いたくらい。
不思議だ。現実の私が忘れていた言葉を、夢の中で私は使っていた。

さすがに12回目はそこから夢が別の展開を見せ、そのまま別の夢が始まって、夢中夢は終わり。
えんえんとキジ男にえさをあげるのは、さすがに疲れた。







2011.01.29 キジ男
私が入院してしばらくは、毎朝来ていたキジ男。

しかし、私が退院する少し前から、来なくなってしまったらしい。
カブトによると、カラスが大量に飛んだ日があって、その日からはキジバトの声も姿も見なくなったとか。
退院しても、あの「バタンギューギュー」というのどかな声を聞くことがなくなり、寂しく思っていた。


が。


退院して数日後、ベランダで洗濯物を干していたら、どこからともなくバサバサと羽音がして・・・振り向くと、ベランダの手すりに、キジ男が!!
「おかえりー!どこ行っとったん!!」

キジ男はどこかに旅に出ていたのか、新天地で苦労したのか、心なしか痩せていた。
「私もねー、ずっと入院しとってねー。これからまた朝ごはんあげるけん、毎朝おいでー」
キジ男は私の言っていることが分かったのか、また毎朝来るようになった。

今もキジ男は、たまにカノジョのキジ美を連れてきたり、たまにライバルのキジバトにえさ場を奪われそうになったりしながら、毎朝我が家のベランダに来ています。
この頃は、朝以外にもベランダに舞い降りて、日向ぼっこしたり、他のキジバトに渡さないように見張りしていたり・・・(笑)

どうやら、2ヶ月いない間にも、キジ男は私のことを忘れずにいてくれたらしい。
キジ男が遠くの電線にいるときにも、「よっ!おやつ食べる?」 と声をかけると、バサーッとベランダに降りてくる。

カブト曰く、「ちゃんとアイコンタクトとってるよね・・・鳩匠だよ、本当に」

我ながら、ちょっとすごいです(笑)






2011.01.27 メリーさん
2ヶ月になった頃から、なんとなく目で追い始めたハル。
最初は、点で追うような感じで頼りなかったのに・・・気がつくと、しっかりと私たちを目で追うようになった。
2週間ほど前には全く目もくれなかったメリーさんを、試しにハルの前に置いてみたら。

すごく楽しそうに見てる!!(驚)
110128_1051~03 110128_1051~02 110128_1051~01

ちゃんと目で追ってるし、手を伸ばしてさわって楽しそうに笑ったりもする。
ミッキーさんやバニーちゃんが通り過ぎるときは「キャッキャッ!」「キャハァ!」と大喜びして、メリーさんが止まると、寂しそうに 「ウェッ、ウェッ」 と言って、不服を述べたり。

すごい。赤ちゃんの成長ってすごい!
ある日突然、何かができるようになるんだなー。

「メリーとかいらないよね?」って最初は思ってて、買う予定もなかったんだけど。
まみおさんの好意で貸してもらったら、この喜びよう!
いいものを貸していただきましたm(_ _)m

まみおさん、ありがとう!!





2011.01.26 ガラガラ
やっとカエルのガラガラを握ってくれた!!
ハルは握る力はあるけれど、なかなかカエルのガラガラは握ってくれなかった。
仕方ないので、手首に通して無理やり振らせていたのだが・・・ついに!


これぞ本来のガラガラの使用方法だ!
110126_1026~01


まあ、たまたまナニカが手に当たったから握っただけで、ガラガラを振りたくて掴んだわけじゃないようだがw
それでもいいのさ。



ハルが生後2ヶ月をすぎてから、積極的にお散歩に行っているのだが。
・・・・・私、驚くほど体力と筋力が落ちてる(汗)

お散歩から帰るといつもカブトから、「なんかものすごい顔が疲れてるけど、大丈夫?」 と言われる。
そうなのよ・・・ものっすごい疲れてるのよ、なぜか。

しかし考えてみれば、去年は6月半ばに入院してからはずっと安静だった。
後半などは、廊下の端にあるロビーに行くことすらも禁止され、トイレとシャワーとナースステーションまでしか歩けなかったのだ。
そりゃ体力も筋力も落ちるはずだわ。

カブトによると、「ふくらはぎなんか、以前の3分の2くらいの細さになってる」 らしい。
細いっていっても、筋肉が落ちきったフニャフニャの状態なので、少しもきれいじゃない。
人間の体は曲線で構成されているが、曲線の頂点がどこにあるかで大きく見た目は変わる。それは19歳グラビアアイドルであろうと、アラフォー美熟女であろうと同じことだ。
曲線の頂点は、下ではなく、上側になくては!!

筋肉に支えられた美しいカラダであれば、例えアラフォー美熟女でも多少なりとも美しさが増すはず。
5月には、ハルと一緒にプールデビューするし、ハルが歩くようになれば私も追っかけまわさなくてはならぬので、今から体力づくりしておいて悪いことはない。
もうひとつのプロジェクト、『プロジェクト産後』 を始動させるか。


ということで、早速カブトにハルを見てもらい、まずは手始めに30分ウォーキング。
ゆっくり歩くのならハルと一緒でもできるので、一人のときはしっかり筋肉を使って歩いてみた。


・・・・・・・。


センセー!!30分歩いたら足が攣りましたhhh


とにかく家には帰らなくては、と足を引きずりながらなんとか帰宅したが。
最後のあたりは、買い物帰りのおばあちゃんにすら抜かれる始末。

やばいよ、やばいよ・・・。













最近いただくメールの内容に、ある共通点が。

「ブログ毎日見てます。すっかり母親になって、意外というか感慨深いです」
「ゆきちゃんの妊婦姿も想像できなかったのに、母親というのが未だに実感わきません。でも事実なのね」
「あっという間に母親の気持ちになりましたね、ブログを読んでなんだか感動してます」

・・・・そんなに意外かしら(笑)


確かに、結婚して何年経っても、既婚者に見てもらえなかったし。
生活感のない女と思われてるのは分かってたが、そんなに母性も感じない女なのかしら(汗)


ブログはすっかり育児日記ばかりになってしまったが、意外にも好評なようで。(これは本当に意外)
推敲に使う時間が全くとれないので、単なる備忘録として書いている状況で、読んでくれている皆さんには申し訳ないなと思っておりました。
が、不思議なことにアクセス数は全く落ちておらず(驚)
変化と言えば、直メールで感想を送ってくれる人が、以前より増えたことくらい。


育児日記なんてつまらないかなーと思いつつ、しかし先日書いたように、今の時期は赤ちゃんと24時間ずっと一緒なわけで、個人的な出来事というのがないんですよ(汗)
良かろうと悪かろうと、今はそういう過ごし方しかできない。
まあ、人生のほんの一時期、そういうときがあっても良いもんだと私は思う。
育児ネタばっかでつまんないぞう、と思われる方は、スミマセン、今はそういう時期なんです(笑)

ということで!!
私も一応、立派(かどうかはギモンだが)に母親ナンデスヨ。

でもそういえば、入院中同室だったみんなにも、出産後ハルを抱いて廊下をうろうろしているときに
「イイダさんがすっかり母親になってるー!なんだか意外」
と散々言われた。
仕事やラリーのイメージが強いから生活感や母性を感じないのだろうと思っていたのだが。
おかしい、おかしいぞ・・・。


あのさあ・・・・・そんなに意外(笑)?





2011.01.24 笑いのツボ
ハルはたまに、テレビを見ながら笑う。

先日は、サザエさんを眉間にしわを寄せながら真剣な顔で見て、レッドクリフを見てキャッキャ笑ってた。
また別の日は、暴れん坊将軍で吉宗が遊び人に扮して町で聞き込みをしているシーンで「キャハァ!」と悶絶して笑い(笑)、昨日はまたレッドクリフ2を見て 「この先3年間免税じゃ!!」 のシーンで 「キャァァ!」 と絶叫して大笑いw 
まあ、3年間免税なら絶叫しても無理ないな・・・と思ったが、次の 「これは疫病じゃ!!」 のシーンで 「キャハハァ!」 とまたまた大笑い。
ハル、そこは笑ってはダメよ・・・。


ちなみに今は、かたせ梨乃が育毛剤を持っているのを見ながら、手足をじたばたさせつつ期待に満ちた顔で、「ウホォ!ウホォ!」 と大笑いしておりますw




2011.01.21 ご機嫌ハル
最近、ハルはよくおしゃべりするし、よく動くようになった。
そろそろおもちゃにも興味を示すかな~と思い、入院中に作ったカエルのガラガラを手にはめてみた。

110120_1026~01
110120_1026~01
by risuco


ただ手を動かしているだけなのか、楽しくてやってるのかは・・・謎。多分、前者(笑)




2011.01.20 育児相談
予防接種のことを質問しに、区役所の育児相談に行ってみた。
受付5分前に着いたのに、もう既に長蛇の列!!スゲー、みんなこんなに来るんだ。

大きな会議室にいっぱいの、赤ちゃんとママたち。
一人が泣き出すと、釣られて泣き出す赤ちゃんもいて、もう大騒ぎw
カブトがお仕事お休みで付き合ってくれてたので、ハルと一緒にロビーで待ってもらい、私だけが相談に行くことにした。

相談自体はすぐ終わったのでロビーに戻ると、カブトとハルがいない。
もっと先の広いところかな、とそちらに向かいかけると・・・反対の方向からハルの泣き声が??
でもそっちにはイスもないし、オムツ交換台もないし、でも・・・・確かにそっちからハルの泣き声がする。
声を頼りに行ってみると、男子トイレの洗面所でミルクを冷やしているカブトと、その横で激泣きするハルを発見w

何十人という赤ちゃんの泣き声の中で、ちゃんとハルの泣き声って分かるんだ、私!
ちょっと意外・・・母親なら当然なのかなw

「もう1週間ミルクもらってないよ!ってくらい泣くんだもん・・・」と焦り気味のカブトw

ママたちに混じって授乳中w
110120_1414~01


それにしても、みんなこんなに市の育児相談を利用してるのね。
身長や体重を計測できるからかな?




今日はハルの2ヶ月検診。

    2ヶ月検診時  1ヶ月検診時   出生時    
体重:  5880グラム   4410グラム   2718グラム  
身長:  57.9センチ   53.0センチ   48.2センチ  
胸囲:  40.6センチ   36.4センチ   29.0センチ  
頭囲:  40.5センチ   37.5センチ   34.0センチ  


大体、生後3ヶ月くらいで出生時の倍くらいの体重になるらしいが、軽く倍を超えました。
でも、友達の話とかきくと、大体そんなもんみたいね。
先生によると、1日49グラム増らしい。前回と全く同じだ。ずっと同じ成長率で増えてるようです(笑)
まあ、増えりゃあいいってもんでもないが、この時期の赤ちゃんは体重くらいしか目に見えるものがないので、体重が増えてれば単純に嬉しいし、安心できる気がする。

発達も順調。目も合うし、たまには目で追ったりもできるし、声を出して笑ったり、アーウーおしゃべりしたりもするし、先生から「うん、いい感じですね~」 と言ってもらえて、やはり嬉しい。
この後、検査のために採血したのだが、ハルは大泣き(笑)
うんうん、分かるよ・・・お母さんも入院中、嫌ってほどやったから分かるよ。

で、今日分かったこと。
私、ハルの泣き声が分かる!!
当たり前かもしれないけど(笑)

でも、赤ちゃんの泣き声ってみんな同じに聞こえるのかなって思ってたから、ちょっとびっくり。
当たり前だよね。
比較としてアレだけど、昔実家で一緒に暮らしてた犬の鳴き声も、確かに他の犬とは聞き分けられた。
今日に至るまでも、グレちゃんと同じ声の犬と会ったことはない。
犬と赤ちゃんを比べるのもなんだが、なんとなく納得(笑)




2011.01.19 リー●21
以前から、リー●21のCMが流れるたびに疑問に思っていることなのだが…。

和田●キ子って、歌うまいの??


私の耳がおかしいのかしら…(汗)



病院主催の、タッチケア教室に参加してきた。
2ヶ月からハイハイ時期の赤ちゃん対象、と書いてあったけど、ハルは2ヶ月と1日。ダイジョウブかな?と思ったけど、他にも2ヶ月前後の赤ちゃんが数人いて、全然ダイジョウブだった。

参加者は10名の赤ちゃんと、その親。
ハルはたくさんのお友達を見て、ずっと大きな目をくるくるw

しかし残念ながら、その視線の先には誰もいないw
110117_0957~01


参加するまでは、『赤ちゃんとの癒しの時間』 的なやつかと思ってたんだけど、実はタッチケアって、NICU(新生児集中治療室)が発祥らしい。
低体重児の救命率や体重増加、合併症や入院期間の短縮などに効果が実証されて、一般の赤ちゃんにも広がったものらしい。指導も臨床心理士の先生がやってくれます。

まずはビデオでやり方を見て、いざ実践。
ハルは裸にしてもぐずらず、ずっとおとなしくマッサージされていた。
背中のマッサージでは、お隣のママさんにひっくり返し方を教わって、初のうつぶせにも挑戦。
・・・意外と平気みたい。っていうか、ハルは何が起きているのか分かっていない模様w 写真を撮りたかったが、手がオイルまみれなので断念。

30分ほどマッサージをした後は、2つのグループに分かれて談話。
2ヶ月前の赤ちゃんや、6ヶ月の赤ちゃんもいて、色んな話を聞けてよかった。
夜泣きの対処法とか、抱っこ紐の使用感とか、日々の工夫などなど・・・みんな同じように悩んで、同じように苦労してると分かるだけでも、随分と気持ちが楽になるものね。

「今日の赤ちゃんは誰も泣きませんね!」と先生たちがびっくりするほどマッサージは順調であったが、談話の頃になると飽きてきた赤ちゃんたちが次々と泣き出すw
さすが6ヶ月の赤ちゃんは声も大きくて、普通の声では会話ができぬほど。しかもなぜかママさんが、皆に向けて赤ちゃんを高々と抱っこしてあやすので、スピーカー状態で部屋中に泣き声が響きわたる。
っていうか普通、向かい合わせで抱っこすんじゃね(笑)?
談話では、自分と赤ちゃんの名前と最近の変化を順番に話すのだが、とてもとても聞こえる会話にならない。

「イイダです!子供の名前はハルです!最近の!変化は!ウンチを!まとめてするようになったことです!!」
って、なんでこんなことをこんな大声で報告せねばならぬのか(笑)

釣られて泣き出す赤ちゃんも多かったが、ハルはそんなこともなく、引き続き興味深そうに他の赤ちゃんを見渡している。
釣られるほどにはまだ外界とのつながりが出来上がってないのかな?

じー・・・
110117_0958~01

帰って調べてみたら、赤ちゃんマッサージをやってる教室なんかは多いけど、首がすわってからの赤ちゃんを対象とした教室が多いみたい。(しかも料金も高い)
今回参加して思ったが、これは2ヶ月くらいからやるのが良いような気がする。
うちの病院では、「対象は2ヶ月からとなってますが、お母さんが外出できるのなら2ヶ月に満たなくても大丈夫ですよ」 と言って頂けたので、2ヶ月未満の赤ちゃんも参加していたが、みんな「早めに来て良かった」と言ってた。
色んな月齢の赤ちゃんを持つママさんと交流するのは参考にもなるし、精神的にも良い。人が集まる場所に行くのは、ハルの刺激にもなって良い感じ♪
次回のアロマセラピー教室には参加しない予定だったけど、参加してみようかな?


終了後は、ハルを連れて病棟へ寄ってみた。
出産後、一度も会えてなかったテルミンとやっと再会!!
「イイダさああん!もう会えないかと思ってた~!」と喜んでくれたのも束の間、「あっ!!エイが下がってる!!ホントに洗濯ばさみでベビーカーにつけてる!!イイダさんらしい~(笑)」 と笑われ、その後も、タイラップでくくりつけたS字フックを笑われ、ドリンクホルダーを指して 「このテキトーな設置具合もイイダさんらしい」 と言われ、相変わらずテルミンチェックは厳しいのでありました(笑)

で、廊下で楽しく話していたら、担当医のH岡先生が通りかかり・・・避けようと思ったらベビーカーの操縦を間違え、・・・・担当医をベビーカーで轢いたwww

「うわっ!すいません!」
「いえいえ・・・なんだ、イイダさんか!元気?今日は病棟に遊びにきたの?」
「はい、テルミンとだけ会えてなかったので・・やっと会えたんですよ」
「そう、良かったね!ケン先生とは会った?」
「あっ・・・!!・・まだお会いできてないです(笑)」

肝心のドクター・ケンと会えていないことを忘れていたwww
まあ仕方なし、ケンはとても忙しいようだし。3月からはまたケンの外来になるので、そのときにじっくりお礼を言おう。





以前にも書いたが、カブトも私もあまりサッカーに詳しくない。
だから2人でサッカーの試合を見ていても、今ひとつ・・・いや、今ふたつもみっつも、分からないことだらけw

「みんなサッカーうまいねー」
「うまいねー」
「上手よねー、パスとか」
「上手だね」
「私ならあんな風にドリブルできんもん、じょうずー」

ワールドカップと39歳熟女を比べるとはヒドスw


数日前のサウジ戦でも、分からぬことばかり。

「ねーねー、ハットトリックってなに?」
「確か、一人で3点得点することかな。ボーリングで言うと、あれかな、ターキーみたいなやつ?」
「へええ、あたし、ゴール前でトリッキーなシュートを決めることを言うのかと思ってた」
「ゴール前でトリッキー!?・・・」

「お、今のはオフサイドかと思ったな」
「ねー、今のはオフサイドかと思ったよね」
「ビミョーなとこだったね」
「ビミョーだったよねー。そういや、『オフサイド、できます』ってあったね」
「あったねー!あと、サスケとか」
「あったあった!!」

もはやサッカーの話じゃないし、アラフォー世代じゃないと分からん会話www



いつかハルがサッカーとかやるようになったら、本気でルールを勉強しよう。
このままだと、「どうせルールも分かんないじゃん」 って、試合にも呼んでもらえないかも(汗)







今日でハルは生後2ヶ月になりました♪

補助ミルクを飲まないから心配して病院に電話したら実は母乳が多く出てた事件とか、下痢冤罪事件とか、火がついたように泣き続けて小児科に駆け込んだら途端に泣き止んだ事件とか、巨大鼻くしょ両穴ふさぎ呼吸困難事件とか、レンコンがミルクまみれ事件とか・・・、もう色々あったんですが、とりあえず健康に2ヶ月すごせました!
良かった良かった。

今までもお買い物程度なら外出はしてたけど、今後は積極的に外出して体を強くしていくので、とりあえず今日はベビーカーで運動公園までお散歩してみた。
が。
めっちゃ寒い!!!
お散歩するには寒すぎたな・・・まあいいか、冬は寒いもんだ。


ハルが2ヶ月になって思うこと。
最初の1ヶ月は、おっぱい飲むか寝るかしかなかったけれど、最近はそれ以外の時間も増えてきた。
目の焦点もはっきり合ってきたし、自己主張もするようになってきた。表情も豊かになってきたし、手足の動きも、それなりに意味があるものになってきた。
そして私も、ハルが何で泣いているのか分かるようになってきた。これは自分でも嬉しいし、お世話もスムーズにできるようになってきて助かる。

最近のハルは、自分と、自分の外の世界の区別がつくようになってきたように見える。
そろそろおもちゃや、色んなものに興味を持つ時期かな?

それにしても。
この時期の赤ちゃんは数時間おきに授乳が必要だし、オムツの交換その他のお世話も含めると、24時間常に親がサポートしていなくてはならないので、子育ての他に使う時間が皆無。
ママさんたちのブログが、完全子育てブログになるのも分かる。というか、当然だよね。
だって他のこと何もできないんだもん(笑)!

一息つこうかなと急須にお湯入れて、そこでハルが泣き出して・・・、結局数時間後に気がつくと、冷えた急須がテーブルの上に乗りっぱなし・・・なんてざら。一体どれだけのお湯と葉っぱを無駄にしたことかw
午前中なんかは、ハルのお世話の後に、寝ている合間を縫って自分の朝食、後片付け、洗濯、ポルちゃんのお世話、水槽のお世話・・・と、やることがいっぱいあって、一度も座らないことが当たり前。
家事はひととおり片付けたから、午後はハルが寝たのと合わせてお昼寝しよう・・・と張り切っていると、午後はハルがぐずって、ずっと抱いて歩き回ってたり。
日々の買い物に行くのにも、ハルのオムツを換えて、着替えさせてから暖かくしてベビーカーに乗せて・・・と、準備だけでも大変。

育児は大変とは分かっていたけれど、何もかもが自分のスケジュールや段取り通りにいかないことが一番大変なのだと、良く分かった。
大人になって、ある程度仕事とかしてきてるとさ、自分なりに段取りとか手順とか考えて進めるじゃない?
育児もそういう風に効率的にやっていけると思ってたのよ。甘いんだけど(笑)
それがさー、甘いどころか、甘甘だったわけよ(笑)!

で、ひとつ分かったこと。
一番きついのは、自分の段取りどおりに事が進まないこと。これが一番精神的にくる。
別に段取りどおりに進むとは思ってはないけど、自分なりに効率的にことを進めて作った時間や準備が、とても簡単に、一瞬にして、台無しになる。そのときの無力感。
そんなこと分かってたはずなのに、覚悟してたのに、それでもやっぱりきつい。
こういうのは大人相手の仕事ではそうそう起きないわけで、赤ちゃん相手だからこそだなあと実感。
育児は体力勝負ではあるけど、精神修養にとても近いと思う。
39歳での出産だったので、精神的には若い年齢での出産よりも多少強いかなと思ってたけど・・・効率的に仕事を進める経験をなまじやってきた分だけ、ひっくり返されたときのダメージは意外とでかい。
つまり、精神的には全然ダメダメだったってことですw
いまさらながら、鍛えられてます(汗)


でもまあ、カブトのおかげで、適度にストレス解消はできてるし、育児も楽しんでやってる。
こうして自分の全てを必要とされるのも、数年のこと。
その間は、私のすべてを、全力で差し出しましょう!











今日は私の、産後2ヶ月検診。
カブトが仕事でセレ美を使うので、今日はついに、2人っきしきしでロードスターデビュー!!
って、ロードスターだと自動的に2人っきしきしになるんだけどねw

予想はしていたが、キッツキツw
110112_1312~02

分かっちゃいたけど、ロードスターせまいwww
唯一荷物を置ける助手席や、助手席足元、おまけにグローブボックスも使用不能になります(笑)
おまけにベビーカー!!
トランクに普通に積めませんが何かwww
「ゴルフバッグが2つ積めます」って、ホントかよ!!

しかし、すでに5000を超えたハルをずっと抱っこしていくと腰が終わるので、なんとか工夫してベビーカーを積んだ。
まあ、便利さで車を選んでないので仕方なし。

私は、いつか自分の子供とロードスターでドライブするのが夢だったのだが、ついにそれが叶う日がきた♪
最初の赤信号でふと横を見ると・・・チャイルドシートの中から、じっとこちらを見つめる目が。
カワイーw
しかし、次の信号では・・・

もう寝ちゃったw
110112_1300~01

病院ではベビーカーの中でずっと寝ていて・・・

乗り物好きなのねーw
110112_1349~01


んで、私の体はまあまあダイジョウブとのこと。(まあまあってなんだ?)
とりあえず、原因不明の熱が出たらすぐ来てね、ということなので、まあまあダイジョウブなんだろうw
次は3月に、ドクター・ケンの診察であります。
原因不明の熱がでませんように♪





2011.01.11 まつげ
ハルはまつげが長い。
カブトも長いし、私もそこそこあるので、長いだろうとは思っていたが。

長い。
しかも、クルリン。


画像だと実物より短く見えるけど、長いです。
110108_1252~01 110110_1406~01 110116_1452~02

まつげながいねーw
110116_1450~01


長くて直毛だとカブト似、くるりんだと私似だね、と話していたんだけど。
ハルは長くてくるりん。ハイブリッドかな?




授乳後のリラックスハル。

「ぶはー!」と言って倒れこんで、そのまま寝るw
110107_2043~01

げっぷ後、膝の上で、夢の世界へ・・・
110110_1355~01

夢の世界へ旅立った人
110110_2051~03

いつも思うが、赤ちゃんのかわいさって見た目だけじゃなく、全身で、全力で命を預けてくるところにあるんじゃないかなと思う。
こんなに無防備に命を預けて、全身を預けてこられると、ひどいことなんてできないと思う。

最近、ハルを見ていて色々考えるんだけど。
歩くようになったハルとか、幼稚園に行くようになったハルとか、小学生になったハルを思う。
気の合うお友達ができたらいいなあとか、学校が好きになったらいいなあとか・・・。

同時に、悲しいことも想像に割り込んでくる。
お友達ができなくて、寂しそうに一人でお砂場で遊んでるハルなんて想像すると、涙が出る(笑)
いじめられたりしたらと思うと、まだ見ぬいじめっ子に憎しみすらわいてくるwww

世のお母さんたちも同じなのかしら。
それとも、私の想像が飛躍しすぎなのかしら・・・(汗)






最近ハルは、壁に貼った世界地図をよく見ている。
色合いが好きなのか、つるつるした表面に光が反射してるのが興味をひくのか。
そろそろ目も発達してくるので、新しいおもちゃを作ってみた。

じゃーん!!
110108_1147~01 110108_1148~01 110108_1149~01

きれいな色の紙とピカピカ折り紙を交互に貼った筒を、ペットボトルに入れてみた。
ペットボトルを振ると、中の筒がカタカタクルクル回って、キラキラ光ります。
あと、中にお米を入れて、シャカシャカ音も鳴るようにしてみた。
鈴を入れることも考えたけど、鈴はぬいぐるみにもたくさん入っているので、これは違う音で。色んな音で試してみよう。

筒はトイレットペーパーだし、紙は雑誌から切り抜いたきれいな写真。ピカピカ折り紙を100円ショップで買ってきただけの、エコ&経済的なおもちゃ(笑)
でも、中の筒は何度でも模様を変えられるし、音も変えられるし、将来性は高い!と思うw

ちなみに、最初に作った零号機はこれ。

どう見てもゴミ…
110107_1354~01

これはさすがにテルミンじゃなくてもゴミ呼ばわりされるだろうと思い、1日で作り直したw

さて、ハルはこれで遊んでくれるかな?
次はラップの芯で、なんか作ろうっと。




2011.01.08 抱き癖
よく、「泣いたからって抱っこばかりしてると抱き癖がつくよ」 って言う。
また、「赤ちゃんは泣いて肺を強くするんだから、泣かせないとだめだよ」 と言う人もいる。

本当かな?その根拠は?


気になったので調べてみたが、いずれも特に根拠はないらしい。
育児論てのは年々変わるもので、10年前に推奨されてたことが今は 「やっちゃだめ」 になってることも多いし、その逆もある。

カブトのお姉さんが上のお子さんを育ててた頃は、うつぶせ寝が推奨だったらしいし、母が私たちを育てた頃は、授乳期はお餅を大量に食べて、オムツかぶれにはパウダー推奨だったらしい。
今はいずれも、「根拠のある禁止事項」 になっている。
人が人を育てることなので、まだ色々と分からないこともあるし、やっていかないと見えてこないこともあるんだろう。

ということで、基本的に 『泣いたときの対応』 は、自分で考えたやり方を取ることにしている。
私が思うのは、『赤ちゃんが泣くことにはそれなりに理由がある』 ということ。
空腹、オムツ、身体的な不快感、不安・・・。それ以外で泣く、いわゆる 『ぐずり』 もあるけど、これもれっきとした理由。
「すごく眠いのに、なんだか上手く寝付けない」 「なんか分からないけど、どーにかしたいのにどーしたらいいのか分からない」 ってことは、大人の私たちでもある。

ちなみに、「すごく眠いのにうまく寝付けなくて機嫌が悪くなる」 のは、私は非常に多いですw
そういうときに、背中や体をさすってもらうとリラックスするでしょ?マッサージしてもらったら、あっけないほどにすんなり眠れたりするでしょ?
きっと赤ちゃんも、そういう気分じゃないかなと推察。
違うかもしれんけど、お母さんに全身を包むように抱かれることは、すごい安心感があると思うんだ。

私が大事にしたいのは、「自分がお母さんを必要としているときは、お母さんは必ず自分のところにきてくれる」 という信頼感を作りたいってこと。
料理中や家事をやっているときなど、すぐに抱けないこともある。そういうときは、必ず声をかけるようにして、無視はしないようにしている。
自分の呼びかけには、必ずお母さんは答えてくれる。そういう風に感じてほしい。

これが正解かどうかは分からないけれど、それとは別として、私はそういう信頼感がハルとの間にできたら嬉しいなと思っている。
「2人目からはそうはいかないよ!」と言われるけれど、まあそれはそのときの話。
1人目だからこそできることがあるのなら、それをやってみるのもまた良いんじゃないかな。


ちなみに今ちょっと調べてみたら、最近の推奨は、「赤ちゃんが呼んだらどんどん抱っこしてあげてください」 らしい。
で、病院でそう教えられたママさんたちが、家に帰ると、自分の母親やお姑さん、先輩ママたちからダメ出しを受けて混乱するのらしい。
10数年でこんなにころころ育児論が変わったら、そりゃママさんたち混乱しますわね。

ころころ変わるのなら尚のこと、自分の子供は自分の考えで育てるのが吉!
・・・・・タブンねw






最近ハルはよくおしゃべりをする。
ご機嫌ににこにこして、手足をじたばたさせながら、アーウー、ウーアー!キャッ!アハァー!クケケケ!
クケケケってなんだ。笑ってるのか?聞いた感じは、ヤギかイルカって感じですw

今朝も楽しそうにおしゃべりしてたので、携帯で動画を撮ってみたが・・・録画を始めると黙る(笑)
なんでよー!全世界に発信したいんだから、そのまましゃべってくれればいいのに。


おしゃべりハル
110107_1204~01
110107_1204~01
by risuco

うーん、携帯動画だと小さいし録画時間が短いな。

おまけ。

様子を見ながら泣くハル
101228_1112~01
101228_1112~01
by risuco


私はあまりハルのおくちにチューはしない。
虫歯菌のこともあるし、衛生面もあると思うので、なんとなく。それに、ハルにとっても、お口のチューは特別なものじゃないかな、と思うので・・・。(でもそのうちにお口にチューするかもだけどねw)
でも大好きなので、ほっぺたはチューチューチュ-チューしておりますw

で、先日。
ハルがおなかを空かせて泣いているときに、「ちょっと待ってね、手を洗ってくるね」 とほっぺにチューしながら言ったら・・・ハルがすごい勢いで私の口に吸い付いてきた(笑)
柔らかくてあったかくて、むっちゅむっちゅ吸い付いて、舌がものすごい勢いでナニカを必死に探してくるwww

これに味をしめて、最近よくやるのが・・・ハナw

ハルがおなかを空かせて泣いてるときに、ハルの口元にハナを近づけると、ハナにむっちゅむっちゅ吸い付いてくるのだ(笑)
ぱくぱくするお口が至近距離で見えるし、目がうつろになってるのもカワイイw

赤ちゃんがいるママさん、お試しください(笑)








2011.01.06 最近のハル
最近は、寝る、おっぱいを飲む、以外の時間にも長く起きるようになってきた。
起きている間は、楽しそうに手足をじたばた動かしたり、アーウー!キャッ!と声を出しておしゃべりしてたり。
何を言ってるのかな?

最近よくする遊びは、カスカスカスガ遊び、しぇかい水泳個人メドレー、新羽田国際空港!
・・・一体なんなんだ(笑)
まあ、新羽田国際空港あたりは容易に想像がつくと思うがw

遊んでるときも目が良く合うし、よく笑うようにもなった。
まだしっかりと目で追うことはできないけど、ゆっくりなら時々目で追うこともある。
確実に成長してるのね。

なんとなく心が通じてるように見える2人(でも一方通行らしいw)
P1011235_20110106114242.jpg

じっとしなくなってきたねー
P1011242_20110106114243.jpg

お口がセキセイインコみたいでカワイイw
110103_2104~02


なんだかカワイイ写真ばかり載せているようですが。
こういうのもあるのだ。

見よ、この満足感と脱力感!!
110106_0735~01

これは、ミルクではなく母乳をあげたときだけに見せる表情。
やっぱり母乳が好きなのねー。

よく、「ミルクは甘いからミルクをあげると母乳を飲まなくなる」とか言うけど・・・うちは逆。
断然、母乳の方が好きみたい。
っていうか、母乳甘いよ?w 偶然味見したんだが、ミルクと味の違いが分からないほどに甘かった。ミルクの方が、少し粉っぽい感じがするくらいかな。
うちが使っているのは、牛乳成分を全く使っていない、母乳に近い粉ミルクだからかな?
それとも、最近のミルクが優秀になったということなのか。

でもハルは、味というよりもあの密着感と安心感が好きなんじゃないかな。
「母乳は楽に飲めないから、ミルクの楽さを知ると赤ちゃんが母乳を飲まなくなる」、とも言うけど。
その飲みにくさがまた、食後の満足感をいや増してる感じもする。

それにしても、このハナがレンコンみたいでカワイイw
首筋のフワフワに顔をうずめて、ブーー!ってしたい(笑)

ちなみに、おなかに口を当てて、ブーー!ってするのは、ハルは好きじゃないらしい。
イヤーな顔をして、そっぽを向きます。
でも私が気持ちいいからやるけど(笑)







またまたステキなものをいただきました。

めぐちゃんからは、カッコイイお洋服!
101208_1103~01


今のハルにはまだ大きいけれど、これを着たハルと、海でお散歩するのがすごく楽しみ!
ありがとう、めぐちゃん!
あはーん、きっとハルったら、すっごくカワイク着こなすんだろうなー♪しゅてきーw(親ばか)


そしてそして、弟2号がお世話になっている、マイミクのねこあらさんからは絵本!

「タイナ」恐竜のおはなし
110103_2053~01

お話もいいけど、色使いもすっごくきれいで、まだお話の分からないハルにも楽しめそうな絵本です。

どのページも色の洪水!
110103_2054~01

今は一緒に絵を楽しんで、お話が分かるようになったら、私が読んで聞かせてあげて。
長く楽しめそう!



さらに、岡山の兄貴からは離乳食の本、食器、ぬいぐるみ!
そして私のために、岡山限定の白桃ダージリン、葡萄烏龍、白桃あめ、ゲゲゲの梨キャラメル、目玉おやじキャンデ-w

こんなにたくさん!
110106_1020~01

食器にはさりげなくリスさんがw
110106_1021~01

リスのぬいぐるみ、フワフワでチョーかわいい!
110106_1022~02

リスのぬいぐるみは、ハル誕生以前から用意してくれて、ハルの誕生を待っててくれたらしい。
ああ、兄貴の愛をひしひしと感じるわ!!ありがとう兄貴!!


ちなみに目玉おやじキャンデーは、ひとつだけ激辛らしいw
これは今年のお花見にでも持っていこうかな。(行けるのか、私?)







2011.01.04 添い寝
これは年末の画像ですが・・・。
カブトがいない日に、ハルを私の布団に引き込んで、また一緒に寝てみました。
暗い中から漂ってくる、甘くて酸っぱいようなミルクのにおいと、スピースピーと聞こえる寝息w
そして、油断すると飛んでくるクリームパンパンチ、そして大人顔負けのキック力で蹴たぐられる毛布w
幸せだけど熟睡できない(笑)

でもいいの、だってカワイイんだもんw

こんなに小さい!
101230_0716~01

私と並ぶとこんな感じw
101230_0734~01


こりゃタマランなあ。





2011.01.03 お年始
カブトの実家に、年始のご挨拶に行った。
ハルにとっては、これが初めての遠出。まあ、カブトの実家なので、ただ外出するよりはずっと安心だけど。
移動中の車の中ではスヤスヤ寝てくれて、途中の授乳やオムツ交換もスムーズにいって、ほっとひと安心。
カブトの実家では、カブ姉家族も来てくれていて、にぎやかに歓迎してくれました。

カブトとお姉さんは年が少し離れているため、ハルの従兄弟にあたる子供たちはみんな大きくて、大学生、高校生、中学生の3人。
うーん、一緒に遊んでもらうにはちょっと年が離れすぎたね(笑)
でもみんなハルのことをすごくかわいがってくれて、代わる代わる抱っこしてくれて、おかげで私は食事ができたし、久しぶりに身軽さを味わいましたw

意外だったのが、一番ハルのことを気に入ってくれたのが、15歳の男の子!
最初は怖がってハルを抱こうとしなかったんだけど、カブトが抱いてる横から手を伸ばして、ハルの頭をくるくるくるくる、ずっと撫でてくれるw
大丈夫だから、と抱いてもらったら、本当に嬉しそうにずっとハルを抱っこしてくれて・・・ふと見ると、ハルと目を合わせて超仲良し状態!
ハルも嬉しかったらしく、お兄ちゃんの目をじっと見て、手足をじたばたさせて、楽しそうに笑ってアーウーおしゃべり。

なんだか一気に、ハルの発達が進んだみたい。
たくさんの人と接することが大事だとは思っていたけど、こんなにとは!
今まで見せたことのなかった表情も見せるようになって、今まで出さなかったような声でおしゃべりする。
そうかあ、ハルにとってはものすごい刺激だもんねー。

そして、なんと!
ハルくん、初めてのお年玉をいただきましたw

わー、ハルくんお金持ちーw
110103_2104~01


生後1ヶ月ちょっとでの遠出はちょっと不安だったけど、行って良かったなと思った。
ハルは確実に次の成長のステップに入っているので、これからはまた違う遊び方と接し方をしながら、楽しみたいな。

さてと、このお年玉は・・・お母さんが大事に管理しておくからねw




2011.01.02 お風呂
ハルは年末からお風呂デビューしました。
最初の2日はカブトが入れて、今日は私がハルと入る番。
裸のハルは暖かくて柔らかくて、全身で密着するとものすごい幸福感(嬉)

・・・・・ハルはちょっと嫌がってましたがw

カブトと入るときはリラックスして、プカプカ浮かんでたんだけどなあ。
ちょっと私が時間を気にして急いでたから、それが伝わっちゃったかな?


で、お風呂上りの耳掃除がかなり気に入らなかったらしく、必死の抵抗。

いやーー!!!
101228_1838~02

耳掃除ったって、耳の穴じゃなくて、外側のガワの部分についた水分と汚れを取るだけなんだけどw
最初は全然嫌がらなかったのに、最近はかなり嫌がるようになった。
まあこれも発達の一部なんだろうと思うが。

耳掃除が終わっても必死のガードw
101228_1847~01

ダイジョブダイジョブ、もう終わったから(笑)!
怖がる姿も、嫌がる姿もまたカワイイ♪

・・・・・で、眠ったのを見届けて台所仕事して、部屋に戻って寝ているハルに近づいたら。

寝たまま再びガード!!
101229_0916~01

へええ(笑)!
さっき嫌だったことをまだ覚えてるんだ!!
すごーい。もう記憶してるってことね。スゴーイ。


嫌がるハルがまたかわいくて、ニヤニヤしながらずっと枕元に居座る、嫌な母親なのでしたw





2011.01.01 謹賀新年
皆さま、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

年末の日記を更新できないままに年が明けてしまった…こんなこと始めてかも(笑)

深夜の数時間おきの授乳で、昨日と今日の区別がつかないまま、なんとなく新年になってしまいました。
まあ、これも今年らしい明け方かな(笑)

去年は本当に良い年でした。39年間で、一番良い年になったと思います。
ただハルが生まれたということだけじゃなく、春から繰り返した入退院と、それに伴う様々なこと。そこで出会った人たち。
そこで経験したことは、私にとってとても大切なものになりました。

楽しいばかりの妊婦生活ではなかったけれど。
痛みと苦痛と不安に満ちた日々だったけれど。
その中にも、喜びと希望が確かにあった。
これ以上の一年は、私には考えられません。
支えてくれた皆さん、励ましてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

今年からは親子3人!
どうぞ皆さん、今年もたくさん遊んでください。 そして、ハルも仲間に入れてください。
よろしくお願いいたします!

PC201184.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。