上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.28 訪問検診
市の助産師さんが訪問検診に来てくれました。

体重計を持ってくると聞いていたので、どんなのだろうと思っていたら・・・昔の八百屋さんみたいな、吊り下げ式のやつでした!!なるほどねえー。

最初に母子手帳内容の確認をして、いよいよハルの体重測定。
私がアンケート記入している間に、助産師さんがハルの体を検めながら脱がせて、ハンモックみたいな体重計に乗せていた。
あんよがはみでて、なすがままのハルは色々と不満らしく、ギーギー言いながら吊るされている。カワイーw
助産師さんは、ハルの唸り声にいちいち 「そうねえー」 「ふうーん、そうなのー」 「うんうん、そうよねー」 と相槌を打ちながら作業を進める。手際もいいけど、そういうところもさすがだなー。

そして驚愕の事実。
ハルの体重、4800グラム!!∑(゜Д゜;)
4600グラムくらいになったかなーと予想していたが、もっと増えてた・・・。
1日あたり48グラムの増加ですってよ、奥さん!! 赤ちゃんってすごいワー。

身長は1センチ伸びて54センチ、頭囲も胸囲も順調に成長。
助産師さんが部屋に入ってきたときにしっかり目も合ったし、光や音への反応も良し。ちょうど助産師さんがいるときにハルのお腹が空いてしまって授乳タイムに入ったのだが、吸う力もしっかりあるし、食欲もあるし、上手に飲めてますね!と言ってもらえた。良かったねー、ハル!

色々と質問もできて、これで安心して年末年始をすごせるかな?





スポンサーサイト

Dear Jessie / MADONNA

高校の頃に初めて聴いた曲。
かわいい曲で元々好きだったけれど、ハルが生まれてから聴こえ方が変わった。

ピンクの象さんにレモネード。幸せを運んでくれるクローバーに、願いをかなえてくれるランプの精。
幸せなものに満ち溢れた、いい曲です。
ハルが生まれてからずっと、ハルを抱いてるときに歌ってます。

「Baby face don't grow so fast・・・ 」
元気に大きくなってね。でも、急いで大きくならないで。
ずっと思ってることです。
早く大きくなって、色んなことを一緒に楽しみたい。でも、小さなままでもいてほしい。
矛盾だけど、母親の気持ちってみんなそうじゃないかなと思う。
すでに2700グラムの小さなハルが懐かしい、ワタクシです。


最近のハル。
ますます活発に力強く手足を動かすようになり、吐き戻し&寝返り防止枕からカンタンに脱出してしまいます。

おとなしいなと思っていたら、すでにこの位置。
101227_2044~01

頭まで潜ると、ギーギー言って不服を述べます
101227_2028~01


もはや枕としての意味ナシ。



ハルのところにもサンタさんが来たw
福岡のばぁばから貰った、「チャンピオンシップ」 と書かれた靴下を枕元に置いておいたら、朝にはなんと・・・!

あ、靴下に何か入ってるよ!!
P1040582.jpg

なんだろうねー?
P1040586.jpg

ラリー車のミニカーでした!
P1040587.jpg

ブーブーかっこいいねーw
P1040591.jpg

しかしあれだ、縁もゆかりもないスイフトのラリー車(笑)
だって仕方なかったのよ!!異端児のラリー車なんてト○カさんは作ってくれないみたいなのよ!!
まあいいか、どのみちハルにはこれが何だかも分からぬようだし(汗)

今回のプレゼントは、完全に私の自己満足チョイスでしたw
これからもっとほしいものが出てきたら、ハルのリクエスト聞くからねー、それまではお母さんの好きにさせていただきます(笑)





我が家のクリスマスイブは、いつものとおり、トリとシャンパンです♪
シャンパンは今日のためにノンアルコールのを用意。思ったより全然美味しくてびっくり!!
こないだ買ったノンアルコールの赤ワインは、 『ぶどうジュースから甘みを取って薄くしてまずくしました』 みたいな味がして、コテンパンにヤラれたが・・・これはイイ!

で、カブトが 「クリスマスだし、少しワインも飲んだら?授乳は少しお休みして、夜の間はミルクにしたら」 と勧めてくれたので、そうしてみることにした。
どのみちカブトに授乳を代わってもらうときはミルクだし、「何が何でも母乳!」 ってこだわらず、臨機応変にリフレッシュするのも必要よね。

・・・・・と思ったが。
この赤ワイン。
・・・・・・・・まずい(笑)
ミディアムボディと書いてあるのに、ウルトラスーパーヘビー級なんですけど!!
しかも、ヘビー級にシブいくせに、味は薄い・・・どーゆーことよwww
妊娠以来、初のアルコール解禁がこれってのはきつい><

少し飲んだだけで、ヤラれました・・・orz


ヤラれまくった私は、トリの衣をぼろぼろ落としながらトリの足をかじり、ハルの横でうたた寝を始める始末。
「もう寝たら・・・」 とカブトに促され、そこらの子供より早く布団に入って寝たのでありました(笑)




2010.12.23 添い寝
我が家はお布団で、ハルのお布団は私の隣に敷いて寝かせております。
ハルが夜中にぐずるときなどは、子供用お布団からささっと連れ出して、私のお布団に引きずり込みます。
いつも隣で寝てはいるんだけど、同じお布団っていうのは体温も感じられるし、寝息も間近に聞こえて、嬉しくて楽しいw

一緒の毛布をかぶって、お布団をかけて、「お母さんとねんねしようねーw」 と声をかけて、トントンしながら眠る・・・が。

ハルはぐずってなくても、大抵ギーギー機械音を発して独り言を言うので、うるさいw
私はだいぶ慣れてはきたが、カブトが起きるんじゃないかと気が気ではない。
ようやく寝たかと思うと、顔面にパンチが飛んでくる(汗)
ハルのお手手はクリームパンみたいにふくふくしているので痛くはないが・・ないが・・・全力なので、油断しているとちょっと痛い(笑)

結局赤ちゃんて、起きてても寝てても、母親を寝かせてくれないものなのね。
でもカワイイから仕方ない(はぁと)
仕方ないけど、けど・・・父も母も、もう慢性的寝不足なんです(涙)アラフォーには辛いです(´Д`;)

一人だけぐっすり寝た人
101218_0711~03
今日は私の1ヶ月検診。
カブトが仕事で来られないので、ハルと2人でお出かけ♪

受付を済ませた後、移動式ベビーベッドを借りてハルを寝かせ、その間に私は血圧や体重を測定。
ついでなので、そのまま授乳室にてハルの授乳。
やれやれと授乳室を出ると、「・・・やっぱり!!イイダさん!」 と声をかけられた。
なんと、入院中に同室だった双子ママの友達だった。

「授乳室から、ハルくんに似た赤ちゃんが出てきたな~って思ったの!」
なんと、ハルの顔を覚えてくれてたのか∑(゜Д゜;)

待合室にて楽しくおしゃべりしている間に私の番が来たので、彼女とはお別れ。
看護師さんとの面談を済ませて待合室に戻ると、今度は 「あっ!イイダさん!!」 またもや入院仲間と再会w
彼女と話し、また別れたところで・・・また別の友達と再会w

たくさんの看護師さんに声をかけられるし、知り合いとの遭遇率が高くなるし、入院が長いと顔が広くなります(笑)

診察の結果、筋腫のせいで子宮の戻りが遅くなっているけれど、特に大きな問題はなし。
今日からお風呂も入っていいらしい♪ やったーー!!そのつもりで、もう柚子を買ってあるのよ♪♪♪
「センセー、腹筋やってもいいですか?」
「えっ!?腹筋は・・・もう少し待ってください(汗)」
「じゃあ・・・スクワットとか骨盤運動は?」
「それはいいです」
「でも、腹筋はダメ?」
「腹筋は待ってください。っていうか、なんでそんなに腹筋やりたいんですか(笑)」
「この戻らないお腹を・・・強制的に腹筋で押さえ込もうかと!!!」
「それは筋腫と子宮のせいですから、腹筋で押さえられるものじゃないですよ・・」
「そうなのか・・・orz」

まあ、実はスクワットは入院中から既に、ハルを抱いてやってたんだけどねw
腹筋はまだダメかあ・・・。このお腹、いつひっこむのかなあ。まいったなあ。


そしてハルは、今日も外出中はとてもおとなしかった。
っていうか、待合室では他のママさんたちに愛想振りまきまくってたし!!
あんた、家にいたら午後いっぱいぐずるくせに・・・(笑)
まったく外面のいいオトコですw






ジャスコの前にあった看板。

101215_2052~01

ありがとう!!
ホントに感謝しています(汗)

40分で助かる命があります。
私に血を分けてくれた見知らぬ皆さん、本当にありがとうございます(涙)

私も何か、できることをやろう。


2010.12.20 お宮参り
ハルの1ヶ月検診の後、安産祈願をした神社にてお宮参り。
午前中は雨だったのに、午後にはいいお天気♪ やはりハルの大事な日はよく晴れる!
カブトにお祈願の申し込みしてもらっている間に、ハルと私はおみくじの鯛釣りにチャレンジw

お金はお母さんが立て替えます。ハル、この300円は出世払いねw
PC201168.jpg

釣れたよーw
PC201169.jpg

おみくじは末吉であった。
が、ハルはまだ生まれたばかり。末吉で良かりけむ!!

けむ!!
PC201170.jpg

魚釣りの後は、待合室にてハルに着物を装着。
最初は特に着物を用意することは考えておらず、普段着でお参りするつもりだったけど・・・。
実はこの着物、サイタ父が満州で生まれたときに作った着物。(満州というところに時代を感じる)
その後、弟1号と2号もこれを着てお宮参りをし、七五三のお参りをし、そして今・・・65年目にして、孫のハルがお宮参りで着る。
ところどころ黄ばみもあり、サイタ家の家紋が入ってはおりますが(笑)、親子、孫と3代続けて着ることができるなんて、とても縁起が良いもの。
古いとか家紋がどうとかよりも、ずっと強い祝福だと思うので、ありがたく受け取りました。

で、どうするのかしら、これ・・・。よく考えたら、装着方法を聞いてなかった(汗)

戸惑う母を心配げに見守る息子w
PC201171.jpg


この着物、富士山とタカと怒涛の波が描かれていて、とてもカッコイイのです。
境内には他の赤ちゃんもお宮参りに着ていて、豪華なお着物の赤ちゃんもいたんだけど、そのたびに横からカブトが 「タカを前面に出せ、タカを出して威嚇しろ」 とうるさいw
威嚇して一体どうせよというのかwww

平日だったこともあり、初宮参りのお祈願は我が家一組で行っていただけることに。
祈願では、「太鼓の音で赤ちゃんが泣くと思いますが、どうぞお気になさらず」 と神主さんが言ってくれたが・・・予想通り、太鼓の音ではハルは全く動揺せず。
むしろ、ドン!ドン!ドン!ドン、ドン、ドンドンドンドンドン・・・」 という太鼓の音に合わせて、深い深い眠りに落ちていったのでありました(゜Д゜;)

で。
グースカ寝てるかと思えば、神主さんの祝詞に合わせて、ニター、ニター、ニターw と、定期的に笑うのはなぜw
一体なにがそんなに面白いのか、かつてないほどに笑うハル(笑)
その後はスリングの中でギーギー機械音を発し続け、最後までぐずることなく、いつもどおりのハルで、お祈願を終えることができました♪

お祈願の後は、境内の戌岩にお礼参り。
戌の日に、この戌岩のおハナを撫でて、安産のお願いをしたんだよねー。
そのときはまだ、お母さんのお腹の中にいたんだよねー。

戌岩さん、ありがとう!
PC201182.jpg

戌の日の画像。なんてお腹が小さい!!
戌のお参り 002

この頃はまだ、ハルは性別も分からず、重さも算出できないほど小さかった。身長20センチとか、そのくらい。
こうして抱いてお参りができるなんて、夢のようだ。本当に、感謝しなくては。

無事に1ヶ月検診もお参りも終え、大忙しのイベント盛りだくさんの一日は終わりました。

お疲れさま、ハル!おうちに帰ろうねー
PC201181.jpg

ちなみに今回の画像、かめさんからお試しレンタルしているカメラで撮りました。
やはり違うね、一眼!!
かめさん、ありがとー^^






2010.12.20 1ヶ月検診
今日はハルの1ヶ月検診。
ドキドキでありましたが、なんと!

   1ヶ月検診時  出生時    増加分

体重:4410グラム   2718グラム  +1700グラム
身長:53.0センチ   48.2センチ  +4.8センチ
胸囲:36.4センチ   29.0センチ  +7.4センチ
頭囲:37.5センチ   34.0センチ  +3.5センチ

すげー!っていうか、体重の増え方すごくね?出生時から1.6倍!?(笑)
「あの、二重アゴにもなってるし、も、もしかして肥満ですか?」 とおそるおそる聞いてみたら、成長曲線的には大丈夫らしいw
ってゆーか、「ミルクの飲みが悪いようです」 と病院に電話相談までしたアタシ、恥ずかしいわよ(汗)!!

先生が計算してくれたところによると、体重は1日に49グラムずつ増えている計算になるらしい。およそタマゴ1コ分、毎日太ったってことデスヨネ。
生まれてしばらくは、体重は増えたり減ったりして右肩上がりにはならないので、実際には2週間くらいの間に、すごいスピードでお肉がついてきたということになるんだろう。
すげーな、赤ちゃん。

それにしても、新生児検診っておもしろいことするのね。
先生がハルの両手を持って、首をぶらーんとさせたまま仰向けに起き上がらせて、「はい、ぶらーーん。ホイ!」 と、手を離す(汗) 無抵抗にばったりと倒れこむハル(゜Д゜;)
あれは何を診ているのであろうか。あんな扱いをしても大丈夫なのか。きっと私たちがクビに対して神経質すぎるのであろうが、やはり私にはおそろしくてできぬ。

さらに今度はハルをうつぶせに 「ホイ!」 と寝かせ、じたばたするハルをじっと見ている。
うつぶせにするときも、別に首に補助してなかったな。でも大丈夫なんだ(汗)

次はハルの脇に手を入れて立たせ、「はい、あんよー」 と、前進させる。
おもしろいもので、ハルはまだ歩いたことも立ったこともないのに、ちゃんと交互に足を前に出して、歩くしぐさをする(驚) 本能的なものなのか、人体の構造によるものなのか。
そして相変わらず、何を調べているのかは不明。

その後先生は、ハルの全身をあれこれ診て、「体重や身長も全て成長曲線のド真ん中にあり、順調です。その他の問題もありませんね」 とのこと。ほっ。
で、何か気になることはありますか? と聞かれたので、いくつか質問した。

最近出始めた乳児湿疹。顔じゅうに出ているのだが、
「ああ、湿疹ね!それはこの時期出るもので、別に問題はないですよ。石鹸で洗ってあげて清潔にしてあげてください」
ふむ。その対処法についてはネットにも出てたんだけど。私が気になっているのは、その原因。
いくつかのサイトでは、「母親の食事に問題がある」 と書いてあったのだ。
聞いてみると、あっさりと、「ああ、関係ないです」 と一言。

母体から外の世界に出てきて、赤ちゃんの体には劇的な変化が起きていて、乳児湿疹はそのうちのひとつらしい。
清潔に保っておけば悪化はしないし、数ヶ月であっさりと消えるものなんだって。ほっ。
確かに、「ママの食事に問題があります」 と書いてあるサイトや体験談には、「これを飲んだらよくなりました!」と健康食品のサイトへリンクが貼ってあったりして、確かにあやしかった。

しかしあやしいとは思いつつ、やはり迷える母親であるところの私は、知り合いの友達にメールを送りまくって質問もした(汗)
すると皆さん口を揃えて、「あー、乳児湿疹は避けて通れないから!キニシナイキニシナイ!母乳は悪くないよ!」 と言ってくれた。
しかし、それでもやはり心配だったのだ(笑)

オソロシヤ、育児ビジネス。妊婦相手にあれこれ売ったかと思うと、母乳育児にもつけこむか。
ってゆーか、つけこみすぎだろ。新米ママはメンタル弱いんだから、ほどほどにしてやってくれ。あやうく信じかけるところだったぞ。


検診の後、カフェテリアに移動して、カブトと私の遅い昼食。
カブトはしょうが焼き定食、私はハルを抱っこしても食べられる、ホットドッグとゆでタマゴ。赤ちゃんを育てていると、片手でかぶりつけるもののありがたみがよく分かる。ビバ、ホットドッグ!ビバ肉まん!

ビバホットドッグなのではあるが、普通の食事にも興味がある私は、「せめて見るだけ」と定食コーナーもひやかしてみる。
すると隣にいた男性と目が合い・・・「あっ!!」
私を担当してくれたチームのウォータン先生であったw
先生は私を覚えていてくれた♪(「あんな苦労した患者のことは忘れないんじゃないの? byカブト)
そしてハルを見て、「うわー!大きくなったなあ!アタマがいいカタチに成長してますね」 と、ぐりぐりとアタマを撫でてくれた。

生まれたときは2700グラムだったので、次に見たのが4400だとさすがにみんなにびっくりされる(笑)
明日に手術を控えた友達に差し入れするために病棟に寄ったが、看護師さんたちにもびっくりされた。
どうやらハルは、順調に成長しているようです!
よかったよかった♪




2010.12.17 最近のハル
ここ数日、ハルが午後になるとぐずりだす。

ただぐずるのなら良いが、体をねじりすぎるのか、ミルクを吐いて泣くので放っておけぬ。
抱けばおとなしくなるし、熱もないし元気もあるので、体の不調ではない模様。
しかしずっと抱いてると何もできないし、腰痛もひどくなってくるし、ひどいときは食事することもお茶を淹れることもできない。

どうにかできないかと考えて、スリングを活用してみることにした。
スリングに入れて抱いてると安心するらしく、よく眠る。今後は、午後いっぱいはスリング生活かな・・・。

最近、赤ちゃんが泣く=『泣いている』 のではない、ということが分かってきた。
アクションとしては 『泣いている』 のだが、それは、周囲の人間を一番動かすことのできるアクションが 『泣く』という行為なので赤ちゃんはそうしているだけで、決して私たちと同じ意味合いの 『泣く』 ではないのだ。

つい、泣いているハルを見ていると、「辛そう」 とか 「かわいそう」 と思って、こちらも辛くなって色々考えて、ときには一緒に悲しくなってしまう。
でも、泣いている赤ちゃんに対してするべきことは、今、赤ちゃんが必要としていることを、してあげること。感情移入することではないのだ。

頭では分かっていたけど、泣いているハルを見ているのが辛くて、なかなか心から理解することができなかった。
でも、1ヶ月一緒に暮らして、だんだん理解できるようになってきた。
・・・気がするw
まだ悲しくはなるけどね(汗)





ハルは自由を愛するオトコ。
まだ首もすわらないのに、寝返りうっちゃうんじゃないかってくらいに動く。
とにかく、定位置に居続けることを嫌うらしい。

ハイローチェアに載せても、じたばたしているうちに・・・

落ちる寸前。
101215_1445~01

最近は、すぐにずり落ちてハイローチェアに載せてるのも危険な感じになってきたので、吐き戻し防止&寝返り対策用のマットレスを買って、ローソファの上に昼間は寝かせております。

おとなしかったのは最初だけ。
P1040540.jpg

気がつくと、頭が見えない(汗)
P1040537.jpg

そして、下からは足が見え始める・・・
P1040538.jpg

激しくバタ足
P1040543.jpg

脱出したら気が済むらしいw
P1040535.jpg

まあ、気が済んでおとなしくしてくれれば別にいいのだが、不安定な状態になるとこれまた気に入らないらしく、
「ウアアーアーアー!」 と泣き出すw
お母さんが安定した場所に寝かせてあげたのに、あなたが自分でやったんでしょうが(笑)!!
まったくもう。と、まくれあがった肌着を直して、元の場所に寝かせても・・・。

すぐにじたばた開始w
101216_1236~01

元気なのは良いが、これでは私が離れられぬ(汗)
みなさん一体、どうしているんだろう?

そして、ハルはオナラマシーン。
ちょっと動くたびに、ブーブーオナラする。リズムを刻むときもあるw
じたばた時は、ひたすらオナラが出てますwww

よくそんなにガスが生成されるものだと感心する。





2010.12.14 生後1ヶ月
今日でハルは生後1ヶ月(4週間)になりました。
あの川岸を歩いた日から、もう1ヶ月!!

ハルとすごす日々は慌しくて、数時間おきに授乳とオムツ換えを繰り返していると、昨日と今日と明日の区別すらつかなくて。
気がつけば、もうすぐクリスマス。そして年が変わる。・・・早いなあ!
ハルが寝ている間に、母子手帳を開いてみる。

【生後1ヶ月のチェック項目】
・裸にすると手足を元気に動かしますか?
・音がするとびっくりして手足を伸ばしたり、泣き出したりしますか?
・お乳をよくのみますか?
・おへそは乾いていますか?

はい!はい!ハーイ!
ハルくん全てクリアです!!

1ヶ月検診は来週なので、体重と身長の成長が楽しみだ。
カブトと私で計測したところによると、体重は3000グラム後半、身長は55センチ。
しかし、以前に家で計測した翌日に病院で計ったら、全然違ったことがあるので・・・来週を待とう。




福岡の実家から来てくれていた母が、帰ることになった。
毎日の家事を母がすべてやってくれたおかげで、私はハルのお世話に慣れることを最優先にできたし、栄養たっぷりの食事のおかげで体の回復も順調。

でも、いつまでも甘えるわけにもいかないし、母には母の生活と仕事がある。
私たちも、自分たちの生活を始めないとね!


大好きなばぁばと・・・なのに、ハル!変顔(汗)
P1040493.jpg

久しぶりに母の手料理をたくさん食べることができたので、いずれ時間ができたらいくつかの料理に挑戦したいと思う。特に、ちらし寿司!!
母のちらし寿司は、具が13種類も入る。今回は3人分なので、9種類のみだったけど、私もいつかは13種類の具を入れたちらし寿司にチャレンジしたい。

しかし、母の料理にはいつもレシピというものが存在しない。
「お酢と砂糖、しょうゆをちょこっと」 とか、 『調味料の内容』 しか情報がなく、分量や配分という情報が全くない(汗)
私に再現できるだろうか・・・。

料理の他にも、ハルのあやし方や抱き方についても参考になった。
母が抱くと、ハルはすぐにおとなしくなって居心地良さそうな顔をする。私のときは 「とにかくナニカがチガウ!」 と主張して暴れるのに・・・orz
「どういうところに気をつければいいの?」 と母に聞いても、「普通に抱いとうだけやけどねえ」。
ぬう、これも料理と一緒か。
母のやり方を見て、「こうかな?」 と、少しずつまねるうちに、なんとなく分かってきた!
大事なのは、安定感と安心感ね。

母が離陸させてくれた生活を、今度はカブトと私で軌道に乗せないとね。
さあ、親子3人の生活のはじまりです。
がんばろー!
そしてお母さん、ありがとう!




ハルが声を出して笑った!

今までにも何度か、「あれ、もしかして?」ということはあったけど、確信はなかった。
母がハルを抱っこして、私と雑談して笑っているときにハルが・・・

「アハハ!」

「・・・・あれ!?今の、もしかして!」
「・・・笑ったよね!?」


今日のはあきらかに、声をあげて笑ってました(嬉)
1ヶ月くらいから笑うって話は聞いてたけど・・・きゃー!カワイーw


ハルは唸り声とか機械音みたいな声ばかりで、あまりかわいい声を出してくれない。
友達の赤ちゃんは「虫みたいな音を出して怖い・・」 らしいのだが、ハルは動物系。
ゾウ、ブタ、馬、犬、ネコ、ヤギ、イルカ、そして唸り声と機械音・・・orz
赤ちゃんらしいかわいい声も出せるのに、なかなかかわいい声は出してくれない(涙)

でも、笑い声はやっぱりかわいかった!
これから段々、笑うようになってくるのかな。楽しみだ。

ちなみに友達の赤ちゃんは、「よだれかけが顔にかかるのが楽しいみたいで、そのたびに笑ってた」 らしいのだが、ハルのツボが何なのかは不明。
今のところ3回ほど笑ったのを確認したけれど、うち2回はばぁばが抱っこしてるときで、もう1回は、誰もいない部屋で、何もない空間を見て笑ってた(怖)

いつか私の顔を見て笑ってほしい。(切実)





表題のとおり、もーカワイくてたまりまへんのどす。
似たような写真ばっかり撮っては自己満足なのですw

頭をくるくるくるくる撫でていたいw
101209_0957~01

この、お口のトンガリがたまりまへん!
101206_1915~01

随分とぞんざいなミルクあげ・・・
P1040459.jpg

このほっぺたには多分、カスタードクリームが入っているはず!
101212_0841~01

かめさんが、いいカメラで撮ってくれましたw おめめキラキラ♪
DSC00450.jpg


ああもう、親バカなんです。
しばらくしたら慣れてくると思いますが、このかわいさに慣れる気がしないwww

いつかは激泣きしている顔も撮りたい。




2010.12.11 2人の夜
今日はカブトがITA忘年会で不在のため、2人ですごす夜なのでアリマス。
が、気負っていたよりもスムーズに進行。

沐浴も、今までで一番おとなしくてリラックスしてて、全く泣かず、暴れず。
お風呂の後もご機嫌♪

なんとも無防備な姿w
101206_2107~01

さっぱりしてご機嫌♪
101211_1919~03


カブトがいないと深夜の授乳をすべて私がやることになるので、夜泣きしたら一睡もできないなと覚悟してたけど・・・規則正しく3時間おきにお腹を空かせてぐずる以外は、結構すんなりと寝てくれて一安心。
眠れないのを覚悟して、お昼寝もしておいたんだけど(しかしハルが寝言を言うので気になって眠れず。昼寝をしたのはハルだけであったが)、思ったより平和で助かった。


おててをつないでお昼寝の図。シアワセな時間です。
101210_0940~01



2010.12.10 オホー顔
ハルはよく、きばる。
別に便秘ってわけじゃないみたいなんだけど、しょっちゅう声を出してきばる。

これがまた、すごい声w
「ん゛ん゛ーーーー!!」
「あ゛あ゛あ゛ーーーー!!!」

で、顔を真っ赤にしてきばって、ふっと力が抜けた後に、「オホーw」って顔をする(笑)
この、オホー顔がかわいいw

オホーw
101211_1826~01

ときどき、きばった拍子に大きなオナラが出たりすると、両手をビクーッと挙げて硬直w そしてボーゼンwww
あなた、それ自分のオナラですから!!なに自分が一番びっくりしてるんですか!!

授乳の最中にこの巨大オナラが出ると、驚きのあまり食欲を忘れてしまうらしく、しょっちゅう授乳が中断。
おかげで授乳のタイミングが狂って困る。
そろそろ自分のオナラくらいには慣れてほしいと思う、今日この頃。






2010.12.08 2週間検診
本日、産科外来の日。
本来なら1ヶ月検診なんだけど、私は術後の状態が非常に悪かったので(笑)、「イイダさんは、油断するといつもとんでもないことになるから」 と心配したドクター・ケンが2週間目で一度診察を入れてくれてたらしいw
ってゆーか、「油断するととんでもないことになる」 って、言い得てるw

しかし嬉しい誤算で、「予想に反して、非常に順調ですね! イイダさんはいつも想定外ですね・・・」
採血(久しぶりにやったら痛かった)の結果、炎症の値も問題なし。貧血も、なんとか大丈夫。
良かった~w
ただ、今は鉄剤を飲んでるから大丈夫なのであって、「授乳もしてるし、また貧血になる可能性もありますから、十分に睡眠はとってください」 とのこと。
って、十分な睡眠なんてミリだろ普通にw

私は昼寝をする習慣がないので、夜の睡眠時間は大体4時間。しかもハルは3時間おきにお腹を空かせるので、授乳の前後の作業を合わせると、順調にいっても1時間はかかる。ということは、まとめて眠れるのは1時間半から2時間が限度。
大体、23時くらいに最後の授乳を済ませて、24時頃に就寝。2時半くらいからハルがぐずるので目が覚めて、ハルの目覚めを待って授乳。
で、げっぷ出しして寝かしつけて・・・、4時くらいに再び就寝。
最近、夜中のハルはよくぐずるので、就寝してもたびたび目が覚める。
で、次は6時すぎくらいからぐずり始めるので、授乳してからそのまま起床。
長くても2時間の睡眠を、ぶつ切りで2度とるのがやっと。

まあ仕方なし、と思ってやってきたが、さすがに疲れがたまってきたので、最近はカブトが夜の最初の授乳を代わってくれるようになった。
久しぶりに4時間とかまとめて眠れるのが嬉しい。アリガタヤ。
そのうちハルの睡眠時間も長くなってくるはずなので、それまでは 『目をつぶってとにかく走り抜こう』 というのが、我が家の方針であります(笑)
が、睡眠不足で私が倒れたら元も子もないので、もう少しうまくやるべきだな。
カブトのおっぱいが出れば授乳を半々に分担できて理想なのだが、さすがにそれこそミリ。出たとしてもアブラしか出そうにないし、ハルにはとても飲ませられぬ。

今日の通院にはハルも連れて行ったが、とにかく静かで助かった。
隣の新生児外来ではどの子もビャービャー泣いていたが、ハルはスリングの中でフニフニ言ってるだけで、ほとんど泣かず。
「ハルはいい子だね~」 と言いながら駐車場を出ようとしたら、そこで 「おなかがすいた」 と激泣き(笑)
まあ空腹はどうしようもなし。

慌てて車を駐車場にとめ、私は授乳、カブトは補助ミルクを作り、外を歩き回って人肌に冷まして・・・と、最後の最後で大変でした(笑)
赤ちゃんてのは本来そんなもんよねw

ちなみに、「おなかすいた」 と激泣きしてるハルの顔が、最高にカワイーので、激泣きされても苦ではありません。
むしろずっと見ていたいw








2010.12.07 出産予定日
今日は12月7日、本来の出産予定日です。
とはいえ、出産予定日とはあくまでも理論値&目安なので・・・あまり関係ないけどねw

夜中の授乳中、突然ハルがミルクを全部吐き戻した(驚)
眠そうなのに無理に起こしながら飲ませてしまったのと、ぐずって暴れて無理な体勢で飲んでたので、それが原因と思うんだけど・・・、ゴボゴボと大量のミルクを吐く姿を見て、さすがに焦った。

なんだか今日はハルは妙に眠たがって、夕方から少しミルクの飲みが少なかったので、脱水症状が心配になり・・・30分ほどしか落ち着かせないで次のミルクをあげたら、またもや吐き戻し(汗)
本当なら1時間はゆっくりさせるべきだったのに、私のミス。

2度も吐き戻す姿を見ているとこっちが辛くなってきて(ハル自身はケロッとしてたけど)、申し訳ないやらかわいそうやらで、ぼろぼろ涙が出てきた。
ハルは吐いて疲れたのか、ウトウトとしだしたが、これがまた私の心配のモトになった。
ハルは寝るときに白目をむいて落ちてゆくため、『これって寝ようとしてるの、ぐったりしてるの!?』 と不安になる(笑)
いつものハルを一番見ているのは私なんだから、ちょっと冷静になれば分かるんだが・・・、母は寝てしまってるし、カブトは今日は仕事で深夜にならないと戻らない。
誰にも相談できないのがさらに不安をかきたてて、ハルの横を離れられない。

結局、深夜に帰ってきたカブトに 「少し寝ておいで、俺が見てるから」 と言われ、やっと落ち着けた。
少し眠って冷静になれば、熱もないし、立て続けに吐いてるわけでもないし、よくあるミルク吐きだと分かるんだけど・・・。
慢性的な寝不足と疲れで、ちょっと冷静さを欠いてるかも、と反省した(汗)
どーんと構えて子育てしたいのだが、予想以上に私は小物だったらしいw

友達にメールで話したら、「そんなの、最初の子供でどーんと構えられたら誰だって苦労しないよ!!何から何まで心配してしまうのは、最初の子供のときの特権くらいに考えていいんだよ~」 と言われ、少し安心。
人によっては、『毎週小児科に来てる』 ってママさんもいるらしい(笑)

まあ、それはちょっと極端としても、みんな不安なのよね。
きっと、慣れた頃には子供は大きくなってるんだろうな(笑)





2010.12.03 いただきもの
皆さんから、出産祝いをいただきました。
どれもこれも、赤ちゃんのものって本当にかわいくて・・・タマリマセン><

蛙師匠からは、かわいいクマさんのバスポンチョ♪
来年のプールデビューには、早速これでキメていきたいと思います!!

師匠にお礼の写メ送ろうと思ったらぐずった・・・(汗)
101201_1702~01

撮りなおしw
101201_1702~02

従姉妹のべらちゃんからは、かわいいお花♪
P1040463.jpg

かめさんからは、おむつケーキw

大きなケーキみたいですが、近くで見ると・・・オムツなのですw
101205_1554~01 101205_1554~02

早速ロディくんとお昼寝♪
101205_1559~01

ウー家のおばあちゃんからは、なんと手作りのパッチワークマット!!と、整頓小物w
P1040471(1).jpg P1040472(1).jpg

どれもこれもかわいいものばかりで、本当に嬉しいです!
ハルに、「皆さんに、アリガトウのスマイルをしーw」 と言ってカメラを向けたら、こんな笑顔でハイ、チーズ!

ちょっと生意気くさい笑顔w
P1040466.jpg

他にも、おさがりのお洋服も続々と届いて・・・本当にありがとうございます!






プロジェクト出産、おかげさまで完了いたしました!

これからは、 『プロジェクト育児』 の開始です。
長い長い道のりで、このプロジェクトの成果が分かるのは、おそらくハルが老人になって命を終えるとき・・・いや、ハルの子供や孫がどういう人間になるか・・・どう繋がっていくか。
その行く先を、私たちは見届けることはできないけれど。
私たちができることは、できるだけ良いバトンを、ハルに渡すこと。甘やかすのではなく、ハルを自立した人間として育てること。
そのためには、私たちも一緒に、ハルと成長していきたいと思います。

日記の中にも書きましたが、今回の妊娠と出産は、ほとんど奇跡に近い出来事でした。
たくさんの人に支えられ、たくさんの人の力を借りて、ハルと私の命はここにあります。
その人たちに恥ずかしくないような人間に、ハルを育てなくてはいけません。それが恩返しであり、その人たちに対する答えだと思うのです。
たくさんの人たちの苦労を無駄にしないように。恥ずかしいことのないように。
胸を張って、その人たちに 「ありがとうございました」 と言えるように。

皆様、ご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。


プロジェクト出産の、手術編を書き起こしました。
下半身麻酔なので、手術中のことのほとんどを覚えていて、なかなか面白い経験をしたと思います。
かなり、かなりの長編ですw

興味がある方、お時間のあるときに読んでいただけると幸いです。

『37W0d:手術~その1~』

『37W0d:手術~その2~』

『37W0d:手術~その3~』

『37W0d:手術~その4~』


また、入院中の日記に関しては、多少の加筆訂正も行いました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。