2009.12.31 2009年振り返り
あっという間に2009年も最後。
なんか今年は早かった!

私の今年は、決して良い年とは言えない感じではあったけれど、よくよく考えてみたら、私を取り巻く環境が厳しかっただけで、別に私自身に悪いことが起きたわけではなかった。
私も家族も健康だし、なんとか食べているし、笑えるときだってある。大切な友達もいる。やるべき仕事もある。
でもずっとそのことに気づかなくて、自分の辛さや苦しさにばかり目が向いてしまって、12月は鬱々とすごす日が多かったのでありますが。

落ち込んで、心が引きこもって、人と会うことも苦痛だった時期に、一番嬉しいものが届いた。
それは、『過去の自分の評価』。
今年は新しいことをやったわけではなかったし、むしろ今までの延長を淡々とやってきた感じで。
それが、「今年は何もできていない」みたいな気がして、『今が苦しくて辛いのは全部自分のせい』 みたいな気分になっちゃって、自分で自分を責めたりもしてたんだけど、それだけではないんだって気づいた。
長い人生を歩く以上、そんなに毎年毎年、新しいことを積み重ねられるわけではない。それは当たり前のことなんだけど、目に見える成果や評価がないと、自分に自信がなくなる。それが環境が悪化するタイミングと重なれば、完全に自信喪失。
まさに今年の私はそれだった。


でも、5年、10年前に自分がやってきたことについての評価が、今、私の手元に届いて。
「ああ、あのとき、そういう風にちゃんと評価されてたんだ」と思うと、今抱えている小さな焦りや不安が、ふっと薄らいだ気がした。
それが今の私の地位や収入に直結するものではないけれど、でも、そんなことよりもずっと大事なものになりました。
それは私に、失いかけた自信を与えてくれ、なによりも私を救ってくれた。
多分、本人たちには、そんな意識はないんだろうけれど、私に大事なことを気づかせてくれて、本当にありがたかったです。
本当にありがとうございます。(このブログ見てない人たちばかりだけど)


結局、何よりも自分を救うのは、『自分自身がやったこと』 なんだな、と思った。
でもそれを見るのも他人だし、それを教えてくれるのも、やはり他人で。
自分がやったことが、誰かを通して、また自分に返ってくる。


来年は新しく勉強することも増えるけど、今までどおりの仕事もちゃんと進化させて、工夫して、より良い内容の仕事をしていきたい。
見てくれている人に、自分が尊敬する人に、認められる。そんな人間になりたい。
そのためには、1年単位で一喜一憂してちゃいけないんだ。ひとつひとつの成果に、気持ちを左右されちゃだめ。
もっと遠くを見て歩けるようになりたいな。

38歳にもなって、そんな単純で当たり前のことに辿りついた(笑)、2009年の年末でした。


皆様、良いお年をお迎えください。
来年もどうぞ、よろしくお願いいたします!



2009年大晦日 りす





スポンサーサイト
2009.12.30 問と解
先日のクラスでのお話。

朝からの入水でかなり疲れもたまってきてて。
つい水に入るときに、「おっこらしょーい!」と言っちゃいましてw
「さすがに今のはどうかな」と思ったので、「おーらよっしょいわかしょいエッサッサー!」と言い直してみたら(言い直しが意味不明)、小学3年生くらいの女の子がプッと笑って・・・。

「センセー、今の歌ってなに?」
「歌・・・かなあ?わかんない。古い歌でそんなのなかった?知らないかw」
「そんなの知らなーい!センセー、センセーって一体いくつなの?」

おお、相変わらず子供はストレートだねえ。
でもセンセー疲れてるし、こっちもストレートにいっちゃうよ?

「センセーはねえ、さんじゅうはっさいでーーーーーっす♪」


そしたら、意外な反応がw
「へえ・・・言うんだ・・・?」


なによ、言っちゃいけないのかよw そっちが聞いてきたから答えたのに(笑)


「えー、なんで?言っちゃいけないの??」
「だって、あたしのママ、年齢絶対言わないよ?人に聞かれたら28歳だって答えてる。本当は40歳なのに!」
「あははは!そうかーw」
「センセーはどうして自分のトシを言うの?」
「そうねえ・・・」

センセーはねえ、やりたいことをやってきて、どれもすごく楽しかったの。
こんなに楽しいことばかりやってきたんだから、38年経ってても仕方ないなって思ったの。
まあね、28歳になれたらいいかもしれないけど、なれないでしょ?28歳って言って28歳になれるならいくらでも言うけど、どうせなれないしねw
だからね、そういうことを気にするのはもうやめたの(笑)


ということを、子供向けに2~3行程度にカンタンにまとめて答えたのだが、「ふうん・・・?」って感じで、分からないみたいだったw
まあ、そうだよね。そういうのを理解するには、キミも40手前くらいまで生きないと分からないと思うよ(笑)
でもいいんです、それまでは若さを謳歌して、傲慢なほどに謳歌して、何も考えずに楽しめばいいと思うんです。
そしたらきっと、40歳近くなったときに、自分の年齢に納得できると思うのよ。


キミの若き日々が、素晴らしいものであることを、先生は祈っているわ。





2009.12.29 横須賀忘年会
本日、恒例の横須賀忘年会であります。
カブトと結婚する前の年から参加させてもらって、もう今年で何回目になるんだろう??
今年の会場は、浦賀の中華料理屋さん。メンバーの奥さんや子供さんも参加しての、にぎやかな忘年会になりました。

美味しいお料理をお腹いっぱい食べて、飲んで、笑って・・・。
その後は、Iカタイさん(仮名になってないw)ちにお邪魔して、また3時まで飲んで、泊まらせてもらいました。

Iカタイさんちには2歳のミニチュアダックスがいるんだけど、この子が人懐こくてお利口さんでかわいい!
いつもは夜はケージに入れちゃうらしいんだけど、今日だけ特別にケージから出して、一緒に寝させてもらうことに。

持ち込んだシュラフを広げると、タタタタターッて駆け込んできて、私の足元でくるくるっと丸まって、あっという間に寝息が聞こえてくるw
犬の毛の柔らかさ、ひんやりした毛の下の体の熱、寝息に合わせてゆっくりと動くお腹のリズム・・・。
実家で一緒に暮らしてた犬と別れて、もう10数年。犬と一緒に眠るのは、あれ以来。
実家の犬はモコモコでフワフワでガッシリ体型(どういう犬w)だったので、ミニチュアダックスとは全然違うんだけど、動物と一緒に眠るあの感覚を思い出しました。
涙が出そうなほど嬉しかった(笑)

夜中に何度も寝返りを打って、足元から私のお腹のところまで移動したり、腕枕を要求してきたりw
実家の犬は腕枕を嫌がったので、やっぱり犬にも個性があるなあと実感。
手がしびれるし寒かったけれど、犬の体温独特の熱が伝わってきて、シュラフの中はポカポカ。
シュラフから飛び出した鼻がひんやりと私の顎にあたって、「プフー、プフー」と寝息がかかるwww

そんな感じで幸せな夜をすごし、お礼に翌朝にお散歩に連れていってきました。
犬と散歩するのも、10数年ぶりなんだな・・・。
犬と歩く朝は、幸福に満ちていました。

いつかまた、犬と暮らしたいなあ。









2009.12.29 ひとり旅
20091229163114
20091229163105
20091229163052
軽くひとり旅中。
いきなり事故通行止めでルートが混乱w

土地勘全くナシなので、ここからは運頼みですw



2009.12.28 クリプレ!
今年の、私からカブトへのクリスマスプレゼント・・・。
何を贈ろうか考えたんだけど、カブトが必要としているものは、今の私には高くて買えず。
結局、ささやかだけど、美味しい食事をご馳走することにしました。
いつものお店で、小さいシャンペンのボトルを頼み、カブトの好きな牡蠣のパスタを頼み、ささやかに乾杯。

で、なにかの話から、「10年前の今ごろ」の話になりまして。


そうなのよー。そういや10年前の今頃は、まだカブトと私は友人であった。
というか、ほとんど話したこともなかったw
全日本ラリーで知り合ったみんなとよく飲み会をしていたけれど、無口なカブトと、酔うほどにテキトーになる私とでは会話があまり成り立たず、『なんだか飲み会でよく隣の席になる無口な人』 と認識しておりましたw

で、ちょうど今頃は。
まだナニをアレしてるときで、しかもそれがもうアレをナニになりかけな頃で。
友人たちにも何も言わず、私が姿を消してしまったのでありました。

まあ私はひっそりと福岡の実家にいたのであるが、ネット上にも姿を見せず、誰にも連絡せず、1ヶ月経っても音信不通で、
「一体どこにいるんだ?そもそも生きてるのか!?一体何があったのか!?っていうか、何か起きてそうではあったが、誰か詳細知ってるか!?とにかく生死と所在だけでも確認すべきでは!?」
ということで、関東ではちょっとした騒ぎになってたものだったw(皆さんその節はご心配をおかけしました)

あの頃は、激動の日々であった。
まさかねえ。10年後にこうしているとはねえ。
まさかあの、「なんだかいつも隣に座ってる無口な人」が、今こうして毎日隣にいるとは(笑)
分からないものです。


人生って分からないものね。
だから面白いんだな。









2009.12.27 ミッション
世間は仕事を納めたとか納まったとかいうお話のようですが・・・。
まだ納まっていないワタクシです(涙)っていうか、今年最後の週末、土日ともに出勤ですwww
しかも、冬休み短期教室開催中であるため、毎朝6時に起きて7時に家を出て、水に入っております・・・。

今回の私の担当クラスは、『ボクはクロールできます』 クラス。年齢層は小学校1~5年生と幅広い。
が、まあ大体、「ボクはクロールできます」と自己申告してきて本当に泳げる子っていないのであります。
フタを開けたら、「ヒー(涙)バタ足もできてなーい!!」とか「顔もちゃんとつけられない!!」だとかいうこともorz
だから、「水を怖がるんです~」みたいな水慣れクラスとはまた違う意味で、非常に大変・・・・・。

で、今回もまあ、やはりそんな感じ(笑)
事前情報で、「先生、うちの子は25m泳げますが、クロールなんですけど、平泳ぎが混じったような泳ぎ方で無理やり泳ぐんです」という、想像不能なケースもあったので(しかしそれで25m泳げるのはある意味スゴイ)、かなーり事前準備して、練習内容と手順も細かく考えて、あらゆるパターンに対応できるようにはしておいた。

それなりに大変ではあったが、今回のクラスの子たちは非常におとなしく、私の説明もちゃんと聞く真面目な子たちばかりだったので、みるみるうちに上達する!!
実際に初日に泳ぎを見たら、まともなクロールができる生徒さんは1人もいなかったので、今回は丁寧に基本からしっかりやり直す方法をとってみたのだが、3日目にしてみんな息継ぎクロールができるようになっちゃったw
フォームもきれいに整ってきて、とりあえずクライアントの要望(「先生、きれいなクロールが泳げるようにしてください」)にも応えられ、時間に余裕ができたので、後半は背泳ぎの基本も教えることに。

明日は最終日。アーンド、やっと仕事納め。
みんなが泳ぐ楽しさを感じてくれたらいいけどな。






今朝のカルちゃん。

あ、おはよーw
P1030224.jpg

お口になにかくわえてますね・・
P1030226.jpg

何をくわえてるのかなー
P1030223.jpg

あ、JAFスポーツですねw
P1030218.jpg

「JAFスポーツは巣材に最も適してるんだよ」 byカル
P1030217.jpg


本当はケージから出して撮影したいところであるが。
カルちゃんは右手がありませんので、うっかり高いところに登って、落ちたら大変。
タンスの裏とかに入って、傷口にバイキン入ったりしても困るしね。
お部屋のお散歩は、もう少し傷口がきれいに治ってからにしようねー。



今日はクリスマスイブでございますね。
結婚してからは、『自宅でトリとシャンペン』になったので、そんなに特別な感じはないのですが、やはりなんとなく楽しいw

先日の飲み会のとき、少し早く着いてしまったので、駅ビルの中をうろうろしてみた。
すると・・・おお、懐かしい光景がw
若い男女が、ジュエリーショップで楽しそうにプレゼントを選び合っている。
そしてその合間に、男性が一人で所在なさげにうろうろする姿・・・(笑)
彼女へのプレゼントを自分で選びにきたのはいいけれど、何をどう選んでいいのか分からない模様。

最初はカップルの隙間から、ショーケースを覗いていた彼氏であったが、カップルのひしめくジュエリーショップに疲れてしまったのか、今度は洋服屋さんに。
しかし、服ってのは、アクセサリーよりも選ぶのが大変だということに気づいた彼氏(笑)
ふらふらとお店を一周して・・・ついに私の隣に。
で、私が手に取ったニットを、彼氏が次に見て。
私が見たマフラーを、彼氏が見て。
私が見たコートを、彼氏が見て・・・(笑)

ちょっと待てw
キミの彼女と私では、雰囲気とか好みも違うと思うぞ!?
でも、男の人にとっては、女性が身につけるものなんて、何を選んだらいいかわからないよね(笑)38歳の見知らぬオバサンの手に取ったものでも参考にしたくなるよね(涙)
せめて相談してくれれば・・・「アガットのピアスとかどう?」くらい言ってあげられるのだが。

で、その彼氏。
最後はへろへろになって、何も買わずに駅ビルから出ていきました(笑)
おーーーーーい!!!イブまであと2日だよ!!
大丈夫かーーー!!


で、今日はそのイブですが。
あの彼氏、ちゃんとプレゼント用意できたかな(笑)?










2009.12.23 ネンガジョー
ぶはあ。
今日の午後いっぱいかけて、来年の年賀状作りを終えました。

1年に1度しか使わない年賀状ソフトなので、毎年格闘するのです・・・。
しかも、我が家は相変わらず家庭内ワークグループが繋がっていないので、プリンターに接続しているPCはカブト号だけ。
なので、1台を2人で操作して、ああでもないこうでもないとやっているうちに面倒になってきてw

私が画像を編集→カブトPCへメールで送信
カブトが去年のレイアウトを私にメールで送信→私が今年モードに編集
それをカブトにメール送信→カブトPCで最終調整

という、恐ろしいほどに非効率的な作業になるのですw
え?なんで家庭内ワークグループが繋がらないのかって??
それは不明・・・。あのエキスパートサポートセンター・ひできですら、接続できなかった我が夫婦の絆。
「多分、ゆきちゃんのが Win2K だからじゃね?」ということで一同納得していたのだが(でも職場ではできてたんだから、多分これは理由ではないが)、私がXPになっても、やはりイイダ家の家庭内LANはうまく繋がらなかったのだ。


誰か、我こそは繋げてみせる!!って人、今度チャレンジしませんかwww




それにしても、年賀状作成ってホント大変。
PCと格闘して疲れ、プリンタと格闘して疲れ。(プリンタと格闘するのは私だけだが)
で、裏書き書くので手首が痛くなり。
さすがに60枚超えると、だんだん字がきたなくなってしまいますorz ゴメンナサイ・・・。
でも、手書きがなにもない年賀状は好きじゃないので、せっせと書きます。
ああ、手が痛い・・・。


「年賀状って結構大変だね」
「だからもらうと嬉しいんだよ」

ふむ。あのCM、いいこと言うなあ。







2009.12.22 天狗忘年会
本日は、前の会社の先輩と同僚との忘年会であります。

今回予定していたお店が、「予約なんていらないんじゃね?」的なお店だったので、油断してたら・・・。
前々日に、「イイダさん!!ヤバいです、お店が予約でいっぱいでした(´Д`;)」とメールが。
じゃあ、ここはどう?と、5軒くらいの候補をメールで送ったら。
「全て全滅でした・・・開始が21時前からならいいそうですw」


ってことで、20:45より飲み会開始wwwww



でも大丈夫。会長はちゃんと1軒目で暖気してきてて、むしろおかげでいいスタートを切れましたw
っていうか。
私がこのメンバーで会うのって、今年2度目で、その前は5年会ってなくって。
忘れるほどのこともないのに忘年会ってw

飲んで笑って、笑って飲んで・・・楽しい忘年会でした!


で、飲んだ後に、別部署の人からメールが。
「今日は○○さんたちと飲んでたんでしょ?混ざりたかったなー!年明けに企画するから、今度みんなで飲もうよ」

で、次に受信したメールは、最初に入った会社の同期から。
「こっちにいるメンバーで新年会やろうよ!○硝子ガールズで!!」


もう一緒に働いてないのに、こうして誘ってもらえる仲間や友人に恵まれて・・・仕事だけのつながりじゃなく、何年経ってもこうしてプライベートでも仲良くしてもらえて、私はとても幸せ者です。
正直、最近はちょっと精神的に調子がよろしくなくて、『出掛けたくない病』 『人に会いたくない病』 の 『無気力病』 になってたのですが(笑)、今日の飲み会のおかげで、久しぶりに外に対して目が開いた気がします。

なんだかんだ言って、やっぱり人と会うのが一番の薬なんだな。



【本日のキーワード】
・ラーメン屋の名前には、一か八がつく
・ラーメン屋の隣は○○ショップ
・ビタミンナントカは良く効く
・丸みが悪い
・中指は意外と使う
・天狗で天狗舞
・ノー天狗
・女性はひょっとこで
・「お猪口はいくつ?」→「二合で」
・子猫のような目
・お薦め本の交換は時計周りで
・システム部初の○○
・「できたっぽい」はできたのか
・会長登場の際は小天狗が小鼓を叩く
・ETを見た後でカートを押すのは危険
・社内報に投稿する前にやるべきこと


2009.12.21 カサカサ
どうも最近、調子が悪い。
体中のお肌がカサカサ。何を塗っても、保湿入浴剤入れたお風呂に入っても、カサカサ。
最近はカサカサすぎてピリピリしだして、かゆくて辛い(涙)
しかも、水着が強くあたる場所や、関節の周囲に内出血が・・・。

血液検査は異常なかったけど、でも内出血ってことは、お肌だけの問題じゃなくて・・・体をつくる組織の問題ってことよね??まあ、両者に全く関係がなければ別だが・・・ほぼ同時期なので、関係があると見てもいい気がする。
で。あれこれ調べてみたけれど、ひとつだけ心当たりあるのは・・・亜鉛不足??
亜鉛って、日本人にはもともと不足しがちらしいので、偏った食生活してると、簡単に欠乏するらしい。
亜鉛摂取に良いとされるのは、赤身のお肉、お魚、牡蠣。

あーーーーーーーー。
もしかしたら。

経済状況悪化により、ここ1、2ヶ月のイイダ家は 『鶏むね肉4コ入って1袋350円』の鶏むね肉ばかり食べていた。(なんと100g35円なのでw)
来る日も来る日も、トリばかり。
ある日は炒め、ある日は煮て、ある日は揚げて・・・・・。
「トリばかりで栄養が偏る!」と思ったので、その分野菜を多めにしたが。
『食物繊維は亜鉛の吸収を非効率的にします』というお話もwww

もしかして、トリばっか食べてるのいけなかったのかな。
ということで、昨日はトンカツにしました。(あやうくチキンカツにしそうになったが。習慣ってオソロシイw)
で、今日はカキフライですw
明日からは、半額だった豚ばら肉ブロックを使って、ポークビーンズにします!!



で、その次の日はクリスマスなので、またトリ食べますw




「トリだからダイエットにもいいしー!お野菜たくさん食べてるしー!」と思ってたけど、何事もバランス良く、が大事なようで。
と、反省しつつ、体中にベビーオイルを塗りこむ日々なのでした。


あーーーーーー。カサカサいやだーーーーー(涙)














2009.12.19 はつ恋
最近、福山雅治の「はつ恋」がよくラジオで流れてますわね。
CMではよく聞くけど、こうして聞くと、昭和のフォークって感じがする。(私だけか?)

でね。

初恋ってなんだろう?
って思ったわけですよ。
「初恋っていつだったー?」ってのは罪のない恋バナのひとつであると思うのだが、初恋の定義って難しいよね。
(ちなみに職場の忘年会では、「ねえねえ○○くん、初めてっていつ?」という、全く意味合いの違う質問が行われていた。オトナって不潔ねw)


初恋の相手は、幼稚園の先生。小さい頃隣に住んでいた男の子。小学校1年のときの担任の先生。隣に座ってた女の子。サッカー部の先輩。近所のやさしいお姉さん。部活のマネージャー。etc...
いろいろあると思いますが、どういうのから「恋」と呼ぶのか。どこまでが「好意」なのか。

個人的に、「初恋」と呼ぶからには、それは「恋」であるはずだと思うわけです。
ということは、果たして幼稚園の先生に、幼稚園児が恋心を抱くのか??
いやまあ、考えすぎなんですがwww
通勤途中に、突然頭に浮かびまして、気になっちゃっただけなんです。

え?あたしの場合?(誰も聞いてない)
うーん、難しい。
「いいな」と思う男の子の一番古い記憶は、小学1年生の頃。
10年後の私が味わうモテナイ人生とは違い、あの頃はバラ色であった。「いいな」と思っていた男の子が他の女の子の誘いを断って、「ゆきちゃん、俺と一緒に遊ぼう」と言って、校庭の端っこの茂みまで私の手を引いて走ったのだ。
「校庭の端っこの茂み」って書くとなんだかアレだが(笑)、ただ他愛もないことをおしゃべりしながら、小石を拾ったり、砂山を作ったり、木陰に座ってただけだったw
でも・・・・あれは初恋とは違う気がする。

これと同じく、「初めて付き合ったのっていつ?」という定義も難しい。

何をもって、「付き合う」と定義するのか??
一番わかりやすいのは、「付き合ってください」「ハイ」という会話のもとに開始される関係であるが、お付き合いの際に、必ずしもそういう正式な確認作業があるわけでもないし、「付き合ったけれどもあまり実態はなかった」ってケースもあると思うので、確認行為をもってその開始とするのか、あるいは実績によって判断するのかという問題があると思うのであります。(考えすぎ)


まあ、どうでもいいことだとは思うんですけどね、こういうくだらないことがふと頭に浮かぶと、運転しながら延々考えてしまったりするんですよ。



ただね、ひとつ私が思うのは。
「もうあんな清い恋はできないよね」「初恋って清らかでいいよね」「もうあんなプラトニックな恋はできない」って言う人が多いけどさ。
初恋って清くないといけないの??清らかの定義って何?プラトニックじゃないとだめなの?
初恋がドロドロしてたっていいじゃない。清らかである必要ないじゃない。プラトニックである必要もないじゃない!!

と、声を高らかにして言いたいのです。


いやまあ、別に理由はないんだけど(笑)




2009.12.19 眠いぞ
今日はカブトがお仕事なので、早起きしてお弁当を作った。
玄関まで見送ったが、なんと寒い!
しかし冬の寒さは結構好きだ。身の引き締まる感じが良い。

で、とてもそのままいられないくらいにリビングも寒いので、今は寝室のお布団の中に避難しております。枕元から、リスたちの寝返りうつ音や、何かを食べる音が聞こえてくる、平和で穏やかな空間。
ああ、二度寝への素敵な誘いが…。

しかし今日は美容院を10時から予約しているので、寝るわけにはいかぬ。
だけど遠くから、スイマーがやってくる気配が。
今日もヤツはバタフライでやってくる。
ザッパーン、ザッパーン、ザッパーン……



2009.12.14 忘年会
今日は職場の忘年会。
会場は、いつもの職場近くの焼肉屋さん!!
であるが、私は車なので飲めません(涙)飲み放題なのに・・・orz
仕方ないので、キリンのFREEで乾杯♪

うちの職場は、席順は全てクジです。
だから色んな人と話せて楽しいのだが、当然アタリハズレ的なものはある。
最初の年は、「レバーだめ」「辛いのだめ」「お酒だめ」「モツ系だめ」な人たちが集まるテーブルに当たり、そこに出てきたタンとレバ刺しとユッケとビールを、全て私一人で消化しなければならないハメに・・・。
多少たくさん食べられる&飲めるのは良いが、これら全てを一人でとなると、少しも楽しくない><
やはり、楽しみは共有できた方がよろしいようで。

で、今年はアタリのテーブルでした♪
みんな何でも食べるオトナで、会話も盛り上がり、ラッキーでした。

宴もたけなわになったところで、恒例のビンゴ大会!
私はいつも、「真っ先にリーチで立ち上がって、最後まで立ったまま」なので、もう最近はあまり期待していない・・・のだが、なぜか 『今年はイケる気がする~』 という、根拠のない自信がありまして(笑)
1人、2人とリーチ申請が出たあたりで・・・キタ!!62番!!あたしもリーチ!!!!


「はーい!リーチきました!はい!はい!はい!」



慌てて立ち上がったところで、足がもつれた。
しまった、食事中はずっと正座してたから、しびれが!!
でもリーチ申請しなきゃ!!


「はい!はい!はい!あたしリーチです!!イイダリーチですっ!!」



「イ、イイダ先生、分かりましたから落ち着いてくださいw っていうか足がカクカクしてますよw」



すみません、落ち着きますorz



しかもあれだ。別に立たなくても良かったらしい(笑)
そういや誰も立ってなかった・・・・・orz




みんなに笑われながらビンゴ続行。


で・・・・・・15番キタ!!ビンゴコタ──────(゜∀゜)────!!!!



「はーーーい!!はい!はい!はい!きました、アタリきました!イイダきましたっ!」



やばい、こんなに早く上がったの始めてだよ(*´Д`*)ハァハァドウシヨウ
確か今年の一番のアタリは、東京ディズニーリゾートペアチケット!!若しくは、焼肉屋さんよりご提供の、極上ステーキ肉2枚組!!


いやーん、どっちが当たっても幸せになっちゃう気がするー♪♪♪



いそいそと賞品受け取りに行くと、なぜか抽選ボックスが差し出された。

「何これ??」
「イイダ先生、賞品は抽選ですよ」
「えっ!!当たった順にイイモノがもらえるんじゃないの??」
「違います、当たった人から抽選権があるんです。さっき説明しましたよ?」
「そうだっけ??」
「話はちゃんと聞いてください・・・」
「す、スミマセン><」


で、当たりました!!






『イスに置くだけでマッサージチェアになるナントカカントカ』 ってやつ・・・。




うわーーーーーーん!!ネズミとすごすクリスマスを期待してたのにーーー!!!
もしくはイイダ家の食卓がステーキ一色になる夢を見てたのにーーーーー!!!




その後はしょんぼりと、みんなの大騒ぎを傍観するのみ。
目の前の男の子が極上ステーキ肉を当て、ナナメ前の男の子がディスニーランドペアチケットを当て。
いいなー。
でもまあ、一反木綿フロートよりは良かったのかしら。どうかしら。


『どこでもマッサージチェア』の箱を見ながらしょんぼりと飲んでいたら、マイクロバスのドライバーさんが、うらやましそうに私の賞品を眺めていたので、プレゼントすることにした。
私とこのドライバーさんは縁があるのか、しょっちゅう飲み会で近くの席になる。
最初の年は私が胡麻焼酎を当てて、それをうらやましそうに眺めてらっしゃったので、ドライバーさんの賞品の 『高級ボックスティッシュ5箱』と交換したことがある。
なぜか一反木綿フロートのときは、交換してくれなかったが・・・w (理由は明白)
ドライバーさんは職業柄、腰が痛いらしいので、ぜひ使っていただくことにした。
今回はドライバーさんは何も当たらなかったので、「すみません、交換するものがないんだけど」と恐縮されたけど、ほしい人が使った方がいいと思うので、よかりけむ。


そんなこんなで、今年も楽しい忘年会をすごせました!
でもやっぱり、飲めないと物足りないわ。


【本日のキーワード】
・合コン熊楠
・意中の人とはナナメ前に座れ
・大事なことはメモろう
・入水前の挨拶は膝をついて
・着かず離れずの補助
・耳元で「いいよ」
・空気を読め!
・「立つなっ!!」
・10回くらい「うるさい」って言った
・鍋では野菜を多く食べる草食系男子











2009.12.12 箱根の朝
朝起きると。

わーーーーー!!晴れてる──────(゜∀゜)────!!!


お布団を跳ね飛ばして、窓際に駆け寄ると。


あっ!!


お部屋からは富士山見えないと思ってたのに、目の前に見えてる∑(゜Д゜;)スゲー!!
すごーーい!!きれーーーい!!




しかし、ひとつ疑問が。





・・・なぜそこに木を植えた?
20091211_004.jpg


その木がなければ、最高の景色になったんだがwww




まあいいや、次はお風呂だ!!
急いで用意して露天風呂へ・・・・。
おーーーーー!!きれーーーーーーー!!!
富士山を見ながらの朝風呂って、最高・・・!


さて今日は、彼女を新幹線の駅まで送ります。
途中で景色を眺めつつ、のんびりと。


雨上がりの朝の、お散歩にて。
20091211_005.jpg


乙女峠の茶屋より。肝心なところに雲がっ!
20091211_007.jpg

ズームすると、結構大きく見えるのね
20091211_006.jpg


完璧な富士山は見えなかったけれど、良く晴れて景色はきれいだったかな。
あとは、新幹線から見える富士山に期待(笑)!!



長旅お疲れさまでした!!明日からは、素晴らしき日常へ!!
20091211_008.jpg



ちなみに。
「新幹線は種類によって顔が違う」という話から。
「なるほどー、ちゃんと先頭と後ろの顔は合わせてあるのね」と友人が言ったので、
「あ、でもね、たまーに、前と後ろの顔が違う新幹線があるとよ。それを見たら幸せになれるらしいよ!」
と教えたら(もちろんウソです)、
「またー。そんなウソ信じんよー!w」 と、やはり信じてもらえなかった(笑)

しかし彼女を見送った後に、「今の新幹線!!後ろの顔が丸顔やったよ!!」とメールしてみたら。
「ウソーー!ホント!?じゃあ私、すっごいラッキーなんやね!疑ってごめん!わー!嬉しー!」
というメールが届きましたw


信じるものは幸いなり。








2009.12.11 おかえり!
夏に世界に旅立った友人が、ついに戻ってきました。

朝の5時に「港に入ったよ~!」というメールが届き、寝ぼけまなこで「了解~」と返信を打とうと思ったら・・・今度は電話が(笑)
「ただいまー!!」
「おかえり・・・ちゃんと予定通りついたね~」
「うん!!あのね、何度電話しても電波が届かんくてね、今やっと通じたとよ!」
「そっかそっか。じゃあ迎えに行くけんね、また後でゆっくり会おうね」
「うん!ありがとう!またね~」


まだ5時か・・・あと1時間眠れるな。とりあえず寝るか・・・。



チャララララ~ン♪



な、何!?あ、電話か・・・。
「もしもし・・?」
「あ、私さ、大体11時頃に船降りるって言ったっけ?」
「うん、さっき聞いたよ・・・」
「そっか、良かった!言い忘れたかと思って!じゃあ朝ごはん食べてくるね!!」
「うん、食べてきー・・・また後でね」
「うん!!またあとでねーー!!」


朝の5時に元気だなー(笑)
もうすっかり私も目が覚めてしまったぞw


そんなこんなで、今日は彼女をお迎えに、横浜の大桟橋へ。
残念ながら雨で、寒いです><


出発のときは真夏だったのに、もう真冬ね~
20091211_002.jpg

おお、ちゃんと無事で戻ってる!!
20091211_001.jpg

待合ロビーにもクリスマスツリーが
20091211_003.jpg


たくさんの荷物をカートに載せて出てきた友人は、すっきりと痩せて、元気に笑っておりました。
日本を出るときよりも、ずっと元気になってる(笑)

船ではゆっくりとお風呂にも入れなかっただろうから、今日は一緒に箱根の宿に泊まります。
露天風呂から富士山が見える宿にしたのだが・・・生憎の大雨(笑)
では、富士5合目にでも上って、雲の上にでも出てみようかと調べてみたら・・・。
「本日、富士5合目は雪です。全線通行止めです」ですって奥さん∑(゜Д゜;)ヤダモー!


しかし友人が、「ポーラ美術館に行きたい!」と言ったので、そちらに寄り道。
「ここ、ずっと来たかった!」と大喜びしてくれたので、まあ良かったかな(笑)

美術館を堪能した後は、宿でまったり。
なんと女風呂には『富士見酒』としてお酒が置いてあって、のんびり湯船に浸かりながらお酒を楽しむことができた。
日本を発つ前にはお酒が飲めなかった友人が、「実は私、お酒飲めるようになっちゃった!しかも一番好きなのはテキーラですw」 などと言うので(飲めなかったのに、一番がテキーラってどうなのw)、一緒に富士見酒を楽しみました♪
(カブトによると、男風呂には富士見酒はなかったらしいw)


豪華な夕食を楽しみ、夜はまた、お部屋で宴。
船旅の土産話を聞きながら、笑って、飲んで。


明日は晴れるといいなー。
おやすみなさい♪





2009.12.09 スポンサー様
皆さんご存知かと思いますが、こんなイケイケ's にも、スポンサーについてくださる方々がいらっしゃいます。
で、お世話になってくるせにご迷惑ばかりかけてる本人たちが言うのもなんなんですが、これが非常にお優しくて寛大な方々ばかりでして(涙)
こんなにリタイヤ続きでも、あきれずに見捨てずにスポンサードしてくださるのです。
おまけに今年からは、さらにスポンサー様が5件ほどついてくださいまして。

新城では結構目立ってたこのステッカーも、実はスポンサーステッカーなのです。
20091209001.jpg

「ホメラレテノビマス」と書いてあるのですが、なんでこんなステッカーにしたのかと言いますと。

「ステッカーは御社の社名でお作りすれば良いですか?」
「ああ、別に広告宣伝を期待するような業務内容じゃないけん、俺の好きな言葉にして」
「好きな言葉・・・何にしましょうね?」
「褒められて伸びます、にしよう。かわいいロゴでよろしく!」
「それでいいんですか・・・?」
「いい!」

で、実際にそれを貼って新城を走りまして。
その後のご報告を電話でしたのですが・・・。


「やっぱり、『これって何?』って色んな人から聞かれましたよ」
「あはは!そうやろ!!『あれ、何?』って言われるくらいがいいとよ!!」
「そうですか・・・それで、結果なんですが。SS3で炎上リタイヤしまして。あ、でも、雑誌に載りましたので、近々送らせていただきますので」
「あはははは!!燃えたとね!!で、燃えたのに雑誌に載ったったい!!あはははは!最高!!いいね!それじゃ、来年も面白い企画があったら企画書出してよ。またスポンサーつくけん」

いや、燃えたのは決して 『おもしろい企画』ではなかったんですけどね・・・。



さらに、メインスポンサー様である、ナプロ様も。
「復帰早々に炎上リタイヤだなんて、申し訳ないなあ・・・」と、謝罪文に満ち満ちたメールを添えて参戦レポートをお送りしたら、
「今回もすごくおもしろかったです!臨場感があってみんなで笑いました」
みたいな返信が・・・。

どうしてこう、イケイケ's の周囲には、心の広い方々がいらっしゃるのだろうと(涙)


来年こそは!!来年こそは!!完走して、リザルトに残ります!!(切実)


ということで、ウーの参戦記にも書いてありますが、イケイケ's 、スポンサー様募集中です。
あなたの名前も、好きな言葉も、ステッカーにして貼りますよ!
一緒に全日本ラリーを走りませんか?






2009.12.08 隣の印度人♪
先日の日記に書いたように、ここしばらくの脳内BGMは「夜の女王のアリア」だったのですが。
たひらさんの日記を見て、あっという間に上書きされました。
その曲は・・・・・。

「隣の印度人」 by 戸川純


まあ、たひらさんは戸川純の歌について書いたわけじゃないんだが(笑)


この曲。
中学か高校くらいだったかな。
従姉妹に教えられて聴いて、衝撃を受けましたw
戸川純スゴスwwwww



今日はずっと、カブトに「隣の印度人」を歌ってあげて、戸川純のスゴさを伝えておりました。
まあ私の歌唱力では伝えきれないのだが。
ちなみに上に貼り付けたのはライブ画像みたいなんだけど、個人的にはCDの音源の方が好きです。

さらにちなみに、我が従姉妹は、これをかなり忠実に歌えますw
この歌は実はものすごい歌唱力を必要とするのだが、この曲の衝撃が強すぎて、歌唱力のすごさが伝わらないかもしれぬ。

でも、戸川純ってスゴイと思うYO!!


子供も印度人♪
カリィラァァァァァ~~イス♪

今更インドへは♪
テンニャ~♪テンニャ~♪テン~ニャ~~♪





私はお酒を飲んでいるのに、マイクロバスを運転している。
意識ははっきりしているつもりだけれど、車の揺れとワンテンポずれて脳が動くような感覚があり、あきらかに飲酒運転だ。しかしなんで、お酒を飲んでいるのにバスなんて運転しているんだろう。まずいな。
前を走るカブトのマイクロバスは、順調に住宅地を抜けていった。
遅れる・・・と思って、ちょっとオーバースピードで路地に入ったら、坂の段差があった。「おっと」と強めにブレーキを踏んだら、バスの挙動が乱れて・・・住宅の壁とガレージの柱にぶつかった!!

うがあ!!やばい!!

見てみると、マイクロバスの天井の鉄板がはがれて曲がっている。
やべえ、飲酒で民家に突っ込んだなんてバレたらクビだ・・・・・。

カブトの後ろから会社の駐車場にマイクロバスを入れてみたが、幸いにもカブトは何も気づかなかったようだ。
よし、このままこっそりと、何事もなかったように家に帰ろう・・・。








ピピピピピピピピ・・・・!!!!!!



ぎゃああ!!うそです社長!!すみませんすみませんすみません、私が・・・私が・・・・・ああ、夢か。



忘年会の朝は、最悪の目覚めであったorz
汗びっしょりで、心臓もバクバク言っている。
だめだ、もしかしたらこれ、死ぬかもしれん・・・・・。

人知れず死ぬ覚悟を決めていたら、隣のお布団から姫が 「おはよー。お風呂いこ!」と元気に話しかけてくる。
ごめん、ちょっと今、死にそうだから・・・と思ったが、朝風呂に入らずに死ぬわけにいかぬので、がんばってお風呂へ。

ああ・・・やはり朝風呂は極楽極楽♪


マイクロバスのダメージからようやく脱出し、いつもの美味しい朝ごはんをいただき(そしてまた画像を忘れた)、お会計して、飲み部屋のおかたづけ&残りものの山分け。
ああ、今年もあっという間に忘年会が終わってしまった・・・。

今年の忘年会も、とっても美味しくてとっても楽しかった!!
みんな、また来年も楽しく遊ぼうねー!!

宿の部屋から、中庭を眺める
20091205006.jpg

苗場の山には、うっすら雪が
20091205007.jpg





2009.12.05 ITA忘年会2009!
今年もITA忘年会の季節がやってまいりました!
1年って早いわねー。
今年の参加者は、ヒメゴーシマシマヅヨメハカカメイチジュンタケリスの10名。

いつものベイシアで【TC0:Kaidashi】今年はこれに加えて武男のスキー帽選び(笑)
「ハチ?」「スズメバチの巣?」「なんでそんなに長いの?」
と、様々な不思議な帽子を試着後、結局「いいじゃん、980円だし」の一言で、武男のスキー帽がケテーイw
で、一路宿へ。
ITA忘年会史上稀にみる大雨の中、宿に到着。で、早速お風呂へGO!!
いやーーー、温泉サイコー!!

お風呂の後は、【SS1:Yusyoku】
いつものように美味しいカルパッチョ尽くしで、カルパッチョ鍋も最高でありました!

091205_1811~01 091205_1811~02


しかし、食べすぎて動けなくなる人多数・・・w


ここから長い長い 【SS2:Nomikai】スタート!!
SS2はオーバーナイトの超ロングSS。最終号車のゴールが5:30だったり、SS中のリタイヤ車が死体より重かったり、赤ワインが炸裂したり・・・と、最も過酷なSSのひとつでありますw

「もう食べものの番組見たくない・・」
「お菓子も見たくない」
と言っていたはずが、気がつけばこの状態w

「ビール取ってー」「俺もー」「あたしもー!」
20091205001.jpg

お菓子も開けすぎですw
20091205002.jpg 20091205003.jpg

夜中にタバコを吸いに出た武男の、「雨やんでた。月でてた」の一言により、私はカメラを抱えて外へ。

きれいな月だー!             宿の玄関。
20091205004.jpg 20091205005.jpg

しかし寒かった。
浴衣一枚では無謀であったか。

そこからも楽しい宴会は続き・・・・今年も楽しく騒がしく、ITAの夜は更けてゆく。


【今回のキーワード】
・男の男の吸引力
・Z行
・それ、電話もできるの?
・2階はハ○○○場
・一瞬でホームシック
・バッグinバッグの音
・お前はもう目が楽になっている
・ショショショショショ
・武男のイニシエーション
・組んず組んず






最近ハマっている曲。

「Réglisse Reine de Nuit」 de Cassiopée 」


カナダのアーティストらしいんですが。
モーツァルトの「魔笛」より、「夜の女王のアリア」。
ロック調にアレンジしてあるのがかっこいい。

最近だと、アルファードかなんかのCMに、日本人歌手のこの曲が使われてましたね。
あれも良かったんだけど、他にもないかなーと探していて、見つけたのがこの曲。
「夜の女王」にふさわしいキレっぷりで素敵。


昨日の仕事中は、この曲がずっと脳内BGMでした。


ちなみに。
うちの母が、以前入院していたときに。
「サイタさん、何のCD聴いてるの?」
「これはモーツァルトの魔笛かな」
「へえー、どんな曲?私、オペラって聴いたことないとよね」

と同室の人に言われたらしく。
「ええとね、こんな曲」と言って、なぜか自分で歌ったらしいwww

で、この高音のコロラトゥーラのところで・・・・

「なんですかっ!!この悲鳴はっ!何かありましたかっ!!」
と、看護婦さんが駆け込んできたらしい(爆)


お母さん・・・orz




昨日から、このアーティストのCDかDVDを探してるんだけど、見つからない。
YouTubeとかだと結構ひっかかるんだけどなあ。
カナダの友人に手配してもらうしかないのかしら。
とりあえず、週末にHMVでも行ってみるか。


こちらのオバサマも素敵。
「 Queen of the Night」 Michelle VEENEMANS


今朝見た夢。


またまた世界観から説明が必要な夢です。


この世には、人間にはどうすることもできない、『悪いこと』が、必ずいつかは訪れる。
それは、古い時代であれば、不作や疫病であったし、今の世であれば、不況のようなものであったり。
あるいは、もっと小さい、『この町やこの村』にとって不利益な物事の流れであったり。

それは不定期に訪れるようであるが、大きな長い時の流れで見れば、ある程度のタイミングで訪れる、当然の流れ。
人がどれだけ工夫したり、防ごうとしても、全ての凶事から免れることはできない。


だから私のいるこの村には、『送り上げ』というものがある。
それは、訪れた『悪いもの』がすぎてゆくまでを、一身に引き受ける役目。
言い伝えでは聞いているけれど、それが具体的にどういうものか、私は知らない。


そして今、『悪いこと』がすぐそこまで迫ってきていて、私たちの村にも襲い掛かろうとしている。


夢の中の私は、小さな村に住む、10代後半か20代前半くらいの女性だ。
時代は・・・私たちの祖父母が生きていた頃より、もう少し古い時代のような感じ。
私には気になる異性がいるのだけれど、相手には私は、友人くらいにしか思われていないらしい。
私に早く結婚してほしいと願っている父は、この期に自分の勧める縁談を決めてしまいたいと思っているようだ。


そんなある日。
『悪いこと』が村まで近づいた日。
私の中に、何かが入ってきたのが分かった。例えるなら、何かにとりつかれたような。

それが何かは分からない。ただものすごい存在感で、けれど際立った意志はなく。
朦朧とした意識の中、目に入るもの全てを食べ、壊し、損ないたいという衝動的な思いと、何もしたくないという強烈な倦怠感。
そのどちらもが強烈で、自分をもてあまし、それがまた次の暴力に繋がるような。
その大きな意識の下に残る、私自身の意識で、悟った。
私が、『送り上げ』になったのだ。
私の中に、『悪いもの』が入ったのだ。

そうか。
『送り上げ』とは、村に近づいた『悪いもの』に、一時的に自分の体を貸して、なるべく村や周囲の人々への危害が少なくなるように、コントロールする存在なのだ。
いや、コントロールというのは違う。私には何もコントロールできないのだから。
ただ、貸している体が、私という女性であるがために、『悪いこと』が及ぼす危害にも限度がある、ということなのだ。

私は目に付くものすべてを口に入れ、目に付くものすべてを壊した。
私が『送り上げ』になったことに気づいた人々は、私が食べてもいいような食べ物を周囲に置くようにしてくれた。
それは、きれいに洗ったリンゴだったり、みかんだったり。(不思議と『送り上げ』となった私は、生ものしか食べないようになった。火を通した食べ物には目もくれないのだ。彼らが果物を置いてくれなければ、私はトカゲや昆虫ですら食べたかもしれない)
そして私が何を壊してもいいように、私は古い廃屋に住まわされた。

父は、年頃の娘がなぜ『送り上げ』にならなければならないのかと憤ったが、私には分かる。
これは、こちらでは選べないのだ。
『悪いもの』が選ぶのか、あるいは別の何かが、『悪いもの』を私に入れるのか。

いずれにしても。
私自身には何も驚きはなく、「ああ、そういうことだったのか」という思いで、この役目を受け止めている。


そして分かった。
『悪いもの』がこの村をすぎて、私の中からも出てゆくとき。
この村に入ってきたときの『悪いもの』よりも、ずっとその悪意は薄れるだろうということ。
だから、『祓う』のでもなく、『避ける』のでもなく、『送り上げ』なのだ。
受け止めて、流して、見送る。

『悪いこと』なんて、人間がどうにかしてコントロールできるものではないのだ。
それはおそらく、大きな運気の流れのようなもの。
それは、祓ったり避けたりするものではなく、うまく流れに乗り、やりすごすべきものなのだ。
敬意を払って、受け止め、流し、見送るべきもの。


私の手は、目の前にあるリンゴを握る。足で障子を蹴破りながら、乱暴にリンゴに歯をたてる。
遠く、庭の向こうに、友人たちが次の食べ物を持ち寄ってきているのが見える。
けれど、彼らに見える『悪いもの』は、私の姿をとっている。だから、彼らは『悪いもの』に対して、恐怖や悪意を抱かない。
見えないものには畏怖の念を抱き、目に見える私の姿には労わりの態度で接してくれる。
それが、『悪いもの』に対する、必要な態度なのだ、きっと。


確かに大きな何かは、『悪いもの』と呼び習わしてはいるけれど、確かに悪意ばかりに満ちたものではなかった。
『良いこと』に流れを転じるために、必要な、もうひとつの波。
だから、この『送り上げ』が終わる頃には、大きな次の波・・良い波がくるという確信がある。
それを皆に伝えたいけれど、今は私の意識は表に出ることができない。


昔から言い伝えられてきた『送り上げ』。
それは『悪いもの』への正しい処し方だったんだ。
そうか・・・・・。

時期がきたら、すべて元通りになり、そしてまた、村は栄える。
そうか・・。


そしてまた、私の右手はリンゴを掴み、足で襖を蹴破り、私は意識の底に沈んでゆく。


・・・・・で、目が覚めた。


ちょっと独特の世界観のようで、実はこの世界の真理であるような気もしたり。
でも私の夢の中では、こういう世界観の話は多い気がする。

ちなみに今読んでる本は、司馬遼太郎の『花神』なので、読んでる本の影響ではないみたいです。





ついに12月ですね。冬ですわね。
冬に突入したということで、本格的にバイク通勤メインに切り替えたいと思います。

え?冬はバイクは冬眠だろって?なんですかそれ。 冬こそバイクに乗るのが通ってもんですよ!!(ウソ)
まああれだ。冬だからこそ毎日乗ってないと、エストくん本当にエンジンかからなくなりそうだからさ。
冬こそ毎日エンジンに火を入れてあげなくちゃ、エストくんって本当にヤバそうなんだもの(涙)

で、最近判明したことなんですが。
私の革ジャン、バイク用ではないので、あちこちからスキマ風が入ってくるようなのです・・・。
カブトと一緒に色んな革ジャンを見て歩くうちに、「あれ、もしかしてユキコの革ジャンって、ペラペラ?」と質問されまして。
比べてみたら、本当にペラペラでございましたw
バイク用じゃないので、ファスナー部も完全シングルで、そこから入るスキマ風と冷気が堪える><
「ユキコさあ、いつも真冬でもあれで寒くなかったの?」
「寒かった・・・でもあたし寒がりだから、人より寒く感じるんだろうと思って・・一緒にツーリング行っても、みんながんばって走ってるから・・・寒い寒い言ったらウザイだろうと思って・・・ずっとガマンしてた(涙)」

そうなんです、すごーーーーーくガマンしてたんです(涙)
ひどいときは、ホッカイロ10コくらいくっつけて走ってた(それでも寒かった)。

で、ちょっと革ジャンを加工してみました。
古いスキーウェアの背中部分から、胸当てを作成。
これで正面からの冷気とスキマ風が随分緩和できるのでは?

早速テストしてみたところ・・・。
ふむ。確かにマシになった。が。
おかげで、他の部分からのスキマ風がはっきりと分かるようになりましたorz
私の革ジャンは、一応 『ライダース』と銘打ってはあるけれど、バイク用じゃないみたいで。
デザインのために、あちこち縫い合わせたようなデザインになってまして。
その縫い目から、スキマ風と冷気がっ(涙)

今回よく分かりました。
『バイクに乗るときには、バイクウェアが正解』







今朝見た夢。

私は親戚の家に、カブトと来ているらしい。
親戚もカブトも寝静まってしまった夜。私はなんだか寝付けず、しかも猛烈にのどが渇いて仕方なかったので、二代目で飲み物を買いに外に出た。

田舎道を走っていると、祭りの行列と会った。
男性たちはみんな締め込み(ふんどしのようなもの)を着て、法被を羽織っている。
小さい神輿も担いで、なかなか歴史あるお祭りのようだ。

ちょうど出店で西瓜を売っていたのを見つけ、急に食べたくなったので、小さめの西瓜を買って車に戻ると・・・
「あ、サイタさん!」
「あ、○○くん!」
なんと、自動車部の後輩であった。(実在はしない男の子)
偶然にも、○○くんの実家がこの辺であるらしく、帰省した際にはこの祭りに参加しているらしいが・・今日は実家に誰もおらず、このまま帰ってもヒマなのらしい。
まだカブトにも会ったことがないというので、一緒に私の親戚の家に行くことにした。

が、カブトをいくら起こしても起きぬので、仕方なく2人で西瓜を食べることに。
台所で西瓜を切って部屋に戻ると、○○くんは着替えを済ませており・・・・しかし、その姿は・・・。

白のTシャツにジーンズ・・・なのだが、そのジーンズ、足の付け根あたりの位置で短くカットされており、しかも妙にハイウエスト∑(゜Д゜;)ナンデ!?
さらにさらに、そのヘンなジーンズの上から、白のブリーフを重ね履き∑(゜Д゜;)ダカラナンデ!?

「あの、○○くん、それ・・・ジーンズの上から履いてるの、・・・なに?」
「あ、これっすか?これは、ブリーフですよ」

○○くん曰く、ブリーフは本来下着であるが、あえてこうしてジーンズの上から履くのがオシャレであるらしい。
しかも、「Tシャツと同じ、ミズノなんです」とのこと。
ただの白いTシャツとブリーフ、という上下のアイテムを、「さりげなく同じブランドで合わせる」のが、「真のオシャレ」であるらしい。

そうなのか・・・しかし、どうなのよ。

気まずい沈黙の中で、シャクシャクと西瓜を齧る音だけが響く。
そして2人で西瓜を食べているうちに・・・夜が明けてきた。
もぞもぞと、隣の部屋でカブトが起きる気配がする。
「あ、カブト、おはよー」
すると慌てて帰り支度をする○○くん。
「あ!○○くん!今ダンナが起きたけん!紹介するけんちょっと!!」
「いや、誤解されたらマズイんで帰ります」
「今帰る方がよっぽど誤解を招くって!!ちょっと!ちょ・・・」

隣の部屋からカブトが出てきて、私を疑惑の目で見ている。
「夜中にね、のどが渇いたけん買いに出たらね、偶然後輩と会ってね・・・カブト起こしたけど起きんけん、待っとったっちゃけどね・・・」
「俺は、夜中に一度起きたよ。で、男の子も見た」
「うん、じゃあ、分かろ?状況は分かろ?」
「・・・・・」
「ねえ、○○くんの格好、見た?ジーンズの上からブリーフ履いとって・・あれ、おかしくない?」
「うん・・・」
「ねえ、なんで無言なん?ねえ・・・」


というところで目が覚めた。
ちょうど隣で、カブトが目覚ましを止めて起きるところだった。

「ねえカブト、私がね、ジーンズの上からブリーフを重ね履きした男の子と西瓜なんか食べよってもね、そんなこと気にする必要はないとよ・・・分かった?分かった?」
「え?うん、分かった」
「私もあの服装見たときは、家に上げるんじゃなかったと思った・・・あの格好、おかしいよね?」
「そうだねえ、ブリーフはジーンズの上には履かないねえ・・・」
「そうやろ?そうやろ?おかしいよね、やっぱり・・・Zzz」
「おやすみ・・・」


カブトはなんと思っただろうw
まあ、いつもへんな寝言につき合わされてるから、慣れてるかな(笑)







右手切断の手術から、2週間。
まだ傷口が完全にはふさがってないので、2~3日おきに通院しております。

肩には大きな血管もあるので、もし大量に出血したら、止血剤を塗ってすぐに病院に連れていかなくてはなりません。
なので、毎日朝と夜には私が診察。
今のところ幸い、大きな出血はありません。

で、先日の診察にて、「傷口はふさがりきれてはいないけど、体重も食欲もあるし、状態も安定しているので、通院は週1にしましょう」と言っていただけました。

んで、見てもらった結果。
縫合の糸を、全てカルちゃん、自分で抜糸しちゃった模様orz
傷口はある程度ふさがっているので、このままで大丈夫らしいんだけど。
カルちゃん・・・あれは溶ける糸だったから、抜糸しないで良かったのよ。


それにしても。
看護婦さんやお医者さんが口をそろえて言うのには。
「カルちゃんはおとなしくて、本当にいい子ですよねー」

え・・・それ、他の子の話じゃ(笑)

「診察のときも捕まえるの楽だし」(うちでは逃げまくりですよ)
「ケージの中でもおとなしいし」(うちでは暴れまくりですよ)
「置いておいても逃げないし」(うちでは脱走常習犯ですよ)

どうやらカルちゃん、典型的な内弁慶らしいですw

「退院初日なんて、移動用ケージの屋根ごと外して脱走しましたよ!」
と言うと、「ええっ」と皆さん驚かれます。


ん?俺はいつだっていい子だよ byカル
091201_1241~02

でもまあ、元気なのはありがたいことだ。
最近では片手でもひまわりの種をむくし、お野菜も片手でがんばって食べているし、なんとドングリも齧る。
ケージの2階への上り下りもすっかり慣れたようで、やっぱり動物の適応能力ってすごいなあと感心します。
早く傷口がきれいにふさがったら安心なんだけど。







毎年恒例の、知己知己メンバーによるボジョ祭り。
が、残念なことにまみおさんが欠席となり、エミタソとの2人っきしきしボジョ祭りとなりました。

なんとラッキーなことに、予約したタイミングでボジョもラスト1本!
お願いして取っておいてもらったので、無事ボジョれました♪

091130_2055~01


今回は 「軽く飲みますか♪」という予定のはずだったんだけど、結局生2杯→ボジョレーボトル→グラスワイン と、ラストオーダーの時間まで、しっかり飲んでしまいましたw
おかげで今日は二日酔いであります・・・。

次回は新年会かな!


【本日のキーワード】
・間接照明できてほしい
・衝撃のカミングアウト
・モーモーモー
・(天狗)(天狗)(天狗)
・スーンスーンスーン
・最早キーワードではない
・夢見ないで
・男の子だめん
・おつゆオーバー

ううむ、すでにモーモーモーのあたりから記憶にない。
天狗3つは、絵文字が入っているのみだし。
「男の子だめん」って、打つ途中で力尽きたのか、それで完成形なのか。

とにかくひどいなwww