上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.29 結婚詐欺
最近話題の結婚詐欺。

34歳?小太り?鈍重そう?オバサン?

聞こえてくる評判はいずれも結婚詐欺師とは遠いイメージであるが、彼女の手練手管にかかった男性は多数・・・・・。

ある意味、相手の選び方とその相手のニーズをよく分かってたんだろうなあ。と思う。
それだけの能力があるならそんなことしないで、素敵な誰かのハートを掴んで幸せになることだってできただろうに。

きっと、幸せの概念が違ったのね。
高級マンションの最上階に住んだり、外車を乗りまわしたり、セレブを気取ったり、実際には知識もない複数の職業を名乗ってみたかったり。
すべては砂上の楼閣なのに。

なにひとつ真実ではないのに、いつまでもそれでいこうと思ってたのかしら。
34歳といったら、まだまだあと何十年も生きるのに。
想像力ってないのかしら。


「ねえねえカブト、これならさあ。あたしでも引っかかる男はどっかにおるっちゃない?」
と、聞いてみたら。

「あなた、騙そうとした時点でずっと目がカマボコだからすぐバレるよ」


私が詐欺師になるには、致命的な欠陥があるらしいですorz





スポンサーサイト
2009.10.25 カモメ練習会
本日、カブトが所属するチームカモメのダート練習会であります。
練習会には、私も日程が合えば一緒に走らせてもらうのだが・・・、残念ながら今年はダートなので、二代目はおうちでお留守番w
カブトのエボに同乗でガマンです!
でもダート練習って久しぶりで楽しみだな♪

今回の練習場は、聞いたこともないダートラ場w
少し小さいけど、練習には十分な感じ。
コースを作り、いざ!!

・・・・・・・・が。


「・・・ん?」
PA250001.jpg

「あれ?これどっちだっけ?」 「あっち!あっち!」
PA250005.jpg

ちょっと複雑なコースにしたら、ミスコース続出w
なーんだ、コースを覚えられないのって、ラリー屋さんだけじゃないのね(ホッ)


今度は、久しぶりに走るカブトの横に同乗。
「車内から迫力の画像を撮るばい!!」 と張り切っていたのだが。

うがああああ!!ダートは揺れる!!
PA250009.jpg

うあああああ、カメラが落ちる!落ちる!落ちる!
とにかくシャッターを切ろうと思ったら、いつの間にかレンズがこっちを向いていたりw
ちがっ!自分を撮ってどうする!!あっちだあっち!外だ外!!

・・・・・もはや何がなんだかw
PA250010.jpg


やっぱりダートじゃ㍉みたいw


最初はカブトのエボを借りて走ってみようかなーなんてちょっと思っていたのですがw
よくよく考えたら、私がダートラを走ったのは学生時代のEPターボが最後(笑)
それからは、初代ロードスターで良好ダートくらいしか走っていない。
とてもとても、エボ7の走りに対応できるとは思えず、自粛w

「最初から貸す気ありませんから!!」 by カブト


ダヨネー。あたしに貸したら間違いなく刺さるもんねーw



でも久しぶりに練習会行けて、楽しかった!!
今から来年の練習会が楽しみでっす♪
あ、カモメの皆さん、毎年混ぜていただいてありがとうございます(ペコリ)





2009.10.24 駐車場のノラ
今日は少し早く職場に着きすぎたので、車の中で本を読んで時間をつぶす。
すると、駐車場の奥からノラがてくてくとこちらに歩いてきて・・・。
とん、とボンネットに乗ってきたw

中に人がいるとは全く思ってない様子なので(笑)、そーっと携帯カメラを準備して、パチリ。

え?人いたの!? by ノラ
091022_1506~01


会社の駐車場は、裏に空き家があるせいかノラ猫のたまり場。
ノラ猫は人間に心を開いていないのが多いので、基本的にここのノラたちも近づいてこないんだけど。
このノラちゃんだけは、ビミョーな距離まで近づいてきます。お口のまわりの模様がかわいいw

こないだ、「なんか食べる?これしかないけど」 とブレオあげたら、 「くんくん・・・いらん」 と言われたので、今度はもうちょっと美味しそうな食べ物を分けてあげようかと思う。





2009.10.22 天狗な飲み会
ひょんなことから、前の会社の皆さんと飲むことになりまして。
メンバーはエミタソがチョイスしてくれまして、OさんとTさんが来てくれました♪

退職してから一度も会ってなかったので、もう4年半ぶり!?
「イイダさん、ここ!ここ!うわー、全然変わってないねー!」
と、優しい気遣いも相変わらず(笑)

いやもう・・・せっかく痩せたのにまた太ったし、お肌もすっかり衰えまして。
4年もブランク空いたら、もうこんな暗いお店でしか会えないんですのよ。ホホホw


久しぶりではあるけれど、共通の知人の話や、当時の話で盛り上がり。
笑いっぱなしの飲み会でした。

Oさんと隣の席に座ったんだけど、そういうポジションで会話していると、一緒に仕事していた頃のことを思い出した。
そして、あの頃のあの日・・・私が担当システムの状況説明をしているときに、Oさんはちっとも聞いてなくて他のことに耳をすませていたことが判明∑(゜Д゜;)
でもまあ、あれになら耳ダンボになりますよね・・・・・むしろ私もそっちを聞いていたかった(笑)

それにしても。
私は今の職場で3つ目になるのだが、最初の職場の○硝子の友達とも今も続いていて、次の職場の○トーの皆さんとも、こうして楽しく飲ませてもらっていて。
大学の自動車部のみんなとも、帰省や出張のときには飲めて。
すごく恵まれてるんだなーと思います。感謝、感謝。私は幸せ者ね。

終電ギリギリまで飲んで解散となりましたが、ホントに楽しかったです!
エミタソ、仕事忙しいのにセッティングしてくれてありがとう!
よかったらまた、混ぜてくださいw


【今回のキーワード】
・聞こえなかったからゆっくり言って
・pardon?
・「R」
・カタカタカタ・・・
・ちょいちょい挟む
・天狗のクイズ
・天狗のパ(ry
・突端が(ry
・片○さつき

あーーもう!キーワードってもっとすごいのがたくさんあったはずなのに、全て忘れた(笑)
追加を思い出したらまた書きますw

っていうか、後半天狗の話ばっかりだったぞwww ひどくないか?w






2009.10.22 自業自得
昨夜、アドレスくださーいって日記をアップしてから、続々とメールをいただいております。
皆様、本当にありがとうございます・・・(涙)

それにしても。
アレをナニしてもらった携帯は、今までと同じカシオ製のにしてもらったのだが。
ガワは似てても、操作性が全く違ってびっくり。
特に入力方法が全く違って、アドレス登録がままなりません。
実際他の機種を使って気づいたのだが、私って携帯もブラインドタッチしてたのね(笑)
だから、今までどおりの操作をしてると・・・文章がメタメタになるw

昨夜から、ひたすら携帯と格闘です。
そんなとき、頭に浮かぶのは 『自業自得』 ・・・・・。
バックアップ取っとけば、みんなに迷惑かけることもなく、こんな苦労もすることなかったのにね。
学習します・・・orz

で、あれよ。
新型機種の発売日がきたら、また新しい機種に慣れる苦労をせねばならぬのかと思うと、超ブルーorz






今日の1時間目、いつも金曜日にきているヨウくん(仮名)が振替授業で来ていた。

前にも書いたことがあるけど、ヨウくんは難聴の生徒さん。プールでは全く聞こえない。
ヨウくんが入会して最初の水慣れクラスの担当が私だったので、トイレの説明や、水が怖いときの対応、プールでの決まりごとなどを説明するために、手話とメモ書きでたくさん話したものだった。

「コミュニケーション不足で、水慣れが上手くできなかったらどうしよう。」
そんな私たちの心配をよそに、ヨウくんはどんどん上達していって、今年の春には上のクラスに進級し、私の手を離れていったのだったが。

今日は私がバタ足クラスを担当している時間帯に、ヨウくんが振替で来た♪
「ヨウくん、今日はイイダ先生ね♪一緒に練習するの久しぶりだね!」
と手振りで会話。

が、久しぶりで手話を忘れている・・・・・orz

一生懸命記憶から引っ張り出しつつ授業を進めるが、思うように会話ができずにヘコむ。
ヨウくんの担当じゃなくなってから勉強サボッてたからだな。あたしってそういうところが全然だめだ。
こういうときに、日頃ちゃんと努力している人とそうでない人との違いが出るんだよなあ。
せめて手話50音くらいはいつでも出るようにしとこうと思ってたのに。

授業を終えて、「ありがとうございました、さようなら♪」と手話で挨拶したら、ヨウくんがバイバイと手を振ってきた。
バイバイ、と手を振り返したら、ヨウくんの手が伸びてきて・・・ギュッと手をにぎってくれたw
「またねー♪」と手を握り返して、見送って。

さあ、次の授業だ!と準備して、出欠をとっていたら・・・。


ヨウくんのお母さんが、プールサイドの入口に来て、こちらを見ている。
やば、なんかあったのかな(焦)


慌ててお母さんのところに行くと、なんと。
「イイダ先生、うちのヨウくんが、今日はすごく喜んでて!プールから上がってきて何度も何度も、プールにいるときもですけど、『今日はイイダ先生だよ!』って私に言ってきまして・・・さっきもピョンピョン飛び跳ねながら喜んでまして・・・」


!!!!!


そんな・・・・私、手話も全然できなくなってて、せっかく上手になったヨウくんに、そのこと上手に伝えてあげられなくて。
「練習よくがんばってるね」 って言いたかったのに、言えなくて。


「今日ですね、イイダ先生何度も、トイレ休憩大丈夫?って聞いてくれたでしょう?本人、今日は授業がすごく楽しかったそうで、トイレはガマンしてたらしいんです。で、今、走ってトイレに行ってるところなんです(笑)今日はありがとうございました」


そんな・・・・・・トイレ休憩行って良かったのに(笑)
でも、そこまで喜んでもらえて嬉しい。
すごく励みになる。すごく救われる。嬉しい。


担当クラスもずっと増えて、チーフで当たり前みたいになって、ちょっと慣れちゃってたところあったけど。
気を引き締めて、初心を忘れずにがんばります!!





関係者および、お友達の皆様にお願いです。


聡明な皆様におかれましては、こうなった時点でうすうす気がついてらっしゃるかと思いますが・・・。

あのう、あのう、皆様の電話番号、およびアドレスを、私の携帯に送っていただけませんでしょうか(涙)
新しい携帯のアドレス帳はまっさらになってしまったので、できれば名前も書いて送っていただけると・・・非常に・・・・・助かります(涙)

そうなんです、バックアップ取ってなかったんです、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!
今までのOSが2000だったもので・・・・うちにあったソフトが2000は対応外で・・・・・XPにしたタイミングでやっとけば良かったんですが・・・・あのう、あのう、全ては私が悪いんです、ごめんなさい(涙)

うわああああん、ごめんなさい(涙)

お時間のあるときに送っていただけたら・・・助かります。
番号とアドレスは、今までと同じで届きます!

今度はちゃんとバックアップ取ります・・・orz










携帯と生き別れになってから、早や幾年月。(まだ4日目だけど)
しかし、あれだ。何かと不便だ。
しかも来週には、カルちゃんの手術&入院という重要事項もあり、さすがにそこで携帯なしというのは困る。病院からの連絡がすぐに取れないのでは、かなり問題。

で、仕方ないので・・・仕事帰りに、auショップに行ってきた。
まあ、安い型遅れモデルでよかろ・・・・・と思ったが!夏に発売されたモデルが、まだ普通に5万とかする!!!!∑(゜Д゜;)ウソデショ
もうあと10日で新機種が出ると言うのに!それなのに、型遅れになるやつに5万とかありえん!!
こんなん誰も買うわけないやん!!(と思ったが、買ってる人が普通にいた)

そうだ、こうなったら、あれだ。ICチップの再発行してもらって、今のカツオの前に使ってたペンギン携帯に移植して使おう。
と思ったら、諸々の事情により、それだとちょっとうまくないらしく。

結局、新機種発売までアレをナニしてもらって、ナニをアレできるようにしてもらいました。(意味不明)
意味不明ですが、まあ、今までの電話番号とアドレスで、私と連絡取れるようになりましたw

とりあえず、新しいパートナーはカエル色です。
多分、正式な新パートナーも、カエル色になりそうです。なんでこういう色揃えになるかなあ・・・普通に水色とか白とか出せばいいのに。


そういうわけでして。
あのう、大変申し訳ないのですが、あのう。

あ、次の日記で書きます。
タイトルから分かりやすくした方がいいもんね。




昨日の朝見た夢。

自動車部の飲み会で、どうやら 『箸』 にいるらしい。
私たちは卒業してもう10数年経つが、なぜか全員出席していて、しかもコーチ任命とかされている。
コーチを任命しているのは、シ○タさん。
次々と読み上げられる、担当コーチ・・・。
和モノはモータースポーツ担当コーチ、主将だったイノウエくんは整備担当コーチ(そんな担当コーチなかったがw)。で、なんと私がフィギュア担当にされかけている!!

「いやあの、私は遠いですし、教えに来られないので!」
「なんば言いようとや!お前は後輩たちがかわいくないとか」
「そういう問題じゃなくてですね、物理的に無理ですから」
「コーチは多少無理してでも後輩の指導をせんといかんやろ!」
「えっと、あ、ミヤケくんがいいと思いますよ!ミヤケくんは後輩思いですし適任だと思います!」

夢の中でも平気で人になすりつける私w
めずらしく自分のままの夢でした(笑)

他にも、普通に山で教えてるシーンとか、みんなと飲んでるシーンとかあって・・・なんだかあの頃に一瞬戻ったような気がして、なつかしかったなー。
ちなみにこのブログ、『福大自動車部』 で検索してくる方が結構いらっしゃるようなのですがw
みなさん現役大学生なのかしら?




2009.10.20 そして今日も
電話が出んわorz


もうね、多分・・・・・見つからないと思います(涙)
さようなら、カツオ携帯!
さようなら、防水機能だけのくせに、なぜか衝撃にも強かったカツオ携帯!
さようなら、なにげにシンタローくんとお揃いだったカツオ携帯!


とても気に入っていたのに。残念だ。

ということで、今日は新しい携帯見に行ってきます。
買うかどうかは、まだ未定。

ちょっとだけ、携帯ナシでどこまで生きてゆけるか試してみたい気もしてきたけど、どうせ㍉w





今日、職場にWRC+を持って行ってみたw

仕事を終えた後のコーチ室で、おもむろにバッグから取り出しつつ・・・・
「あのう、ちょっと自慢してもいいですか(笑)?」


そしたらなんと、憧れのOコーチと愛しのジュディコーチが立ち上がって、
「えっ!!もしかして!うそお!」
「えええー!見せて見せて!」

と、予想外の好反応w


ページをめくって106ページを開くと、
「わーー!!すごーーい!!」
「かっこいいー!」
「うっそー!すごーい!」

Oコーチもジュディも、すごく喜んでくれて、もうその笑顔を見ているだけでタマラン(照)
「ねえねえ、雑誌の名前もう一度教えて?帰りに買って帰る!」
と言ってくれる人もいて、アリガタヤアリガタヤ。

ああ、ここにダイアナがいたら・・・・そしてダイアナが「イイダ先生、すごーい!」とか言ってくれたら・・・・もうアタシはおしっこ漏らしそうなくらいに喜んじゃう(照)
ので、ダイアナがいなくて良かった(笑)





2009.10.19 電話が出んわ
昨日の夜、カブトと一緒に携帯探しの旅に出た(笑)
前の夜に歩いた道、バッグを開けた駅前・・・・お店の前まで行ったけれど、どこにも落ちてなかった><

お店にもないらしいし、駅の警察にも届けられてないらしい。
一応、遺失物届けを出してきたので、警察に届けば連絡がくるだろう。
が、ちょっとネットで調べてみたけど、「携帯を落としたけど1週間経っても見つからないので、もうあきらめます」 みたいな人の書き込みが結構多い。
やはり見つからないのかしら・・・。

ちなみに私、あまり落し物や失くしものをするタイプじゃないので、こういうのは本当に珍しい。
(なぜか結婚指輪と婚約指輪はよく失くすがw)
たまに何かを忘れたりするが、大抵は 「あ、あのタイミングで忘れたな」 と分かるので、忘れてもすぐに見つかる。
しかし今回は、ここだと思うポイントもなく、さらにお店を出てから帰宅するまでに携帯を触ってないので、どのタイミングで失くしたのかがさっぱり分からない。
そんなわけで、落としたエリア自体は限られるのに、どうも見つかるような気がしない・・・・。

今回の携帯はかなり優秀で気に入っていたのに!!
雨に濡れても、洗濯機で洗っても、脱水までかけても、何度地面に落としても、何をやっても元気だった私の携帯。(酷使しすぎ)

もしかして、酷使しすぎて嫌気がさして、逃げられたのかしら・・・・・。


それにしても、携帯のある生活に慣れきってしまっていたので、携帯がないと本当に不便。
昨日だって、警察で思ったより時間がかかりそうだったので、駅の前に駐車して待ってくれているカブトに、「思ったより時間かかりそうだって連絡しとこう」 と思ってポケットから携帯を出そうとする始末w
「ああそうか、その携帯がないからここに来てるんだ」 と思って、一人で苦笑。

で、警察を出たところで、美味しそうな鯛焼き屋さんを発見。
「お、カブト鯛焼き食べるかな。聞いてみようかな」 とまたバッグを探り、「あ、そうか・・・」 


一応、数日待っても出てこなければ、もう新しいのを買う予定ですが。
試しに1週間くらい、携帯ナシの生活をしてみるのもいいかなあ、なんて。
まあ・・・・無理かなw



2009.10.18 陸の孤島
昨日、飲みに行った帰り道で携帯をなくしましたw
多分・・・・お店か、JRの駅のトイレのどっちかだと思うんですが・・・。
お店はまだ開いてないから確認できないし、JRから遺失物としても届いてないらしい。

さっき調べたら、警察に携帯電話が遺失物として届いた場合、警察が電話会社に契約者確認をして、電話会社から本人に「あなたの電話が遺失物として届いてますよう」 って連絡があるらしいですね∑(゜Д゜)
なんて親切な世の中なんでしょう。

しかし残念ながら警察に届出もないらしいので、とりあえず安心ロック(アドレスなどを見られなくする機能)と、回線停止の手続きをしておきました。
今、私の携帯に電話すると、「お客様の都合により、通話できない状態に・・・」とアナウンスが流れますが、料金を払っていないわけではありませんので、念のためw

多分、見つかるのは夜だな・・・。


携帯がないと、なんだか落ち着きません。
陸の孤島の気分・・・w




新型インフルエンザ、かなり流行ってるみたいで。
うちのスクールに来る生徒さんの学校や、同僚コーチたちのお子さんの学校でも、学級閉鎖が普通のことになってきている模様。
ひどいときには、クラスの半数がインフルで休みということも・・・。
もう、いつこちらにきてもおかしくない状況みたい。

個人的には、新型インフルエンザって騒ぎすぎだと思うんだけど。(体力のない小さい子供やお年寄り、慢性疾患のある人は別として)

でもまあ、こういうのって温度差があると思うので。
個人的には、「そういうの気にしてても、生活してれば完全にには防げないじゃん?だからいつもどおりでいいんじゃない?」って思うんだけど、やはり心配してる人もいると思うので、小さい子供さんのいる友達とは最近はなるべく会わないようにしております(汗)
私は職業柄、多数の子供と接することが日常ですので、新型ウィルスをもらう可能性も多いと思うので・・・・・ウィルス運び屋になっちゃったら申し訳ないし。
でもまあ、家族の誰かは会社に行って、家族の誰かが買い物に行って・・・ということまでやめるわけにいかないので、私と会う会わないで大した違いはないのかもしれんけど(笑)

そしたらなんとタイムリー。
福岡にいる自動車部の友人からメールが。
「2人の娘がインフルエンザになってねー」
「あら、新型じゃないとはいえ、大変ね」 ・・・と返したら。
「あ、新型ですw でもまあそうひどくないから大丈夫。これで免疫できてちょうど良かったと思ってるw」

さすが福岡のオンナは動じません(笑)
しかし同時に、「こないだ休日に一緒に買い物した友達が、新型インフルだったらしいの!どうしよう!?」ってかなりパニックになる友人もいたりして・・・。

家に小さな子供がいる場合は、多少神経質になるのも仕方ないと思うのだけど・・・、そうじゃなくてもこんなにパニックになる人がいるのは、あれか。マスコミが煽るせいか?
っていうか、そんなに神経質になるなら、余計な外出しなきゃいいのにと思うんだがw

この温度差はどうも予想がつかないので、友達を食事に誘うのも気を遣います。


ちなみに、我が家では。
インフルエンザはリスにもうつる(?)らしいので(本に書いてあったが、本当かな?)、新型であろうとなかろうと、インフルエンザになった時点で、寝室では寝られなくなりますw
体中が痛くて、熱でだるくてつらくても、お布団で寝ることはかないませんw
自分以外の家族が全員寝室で寝ているのに、病気の自分はリビングで寝袋・・・・・。
なにげにこれが一番辛いです(笑)





先日のお話。

バイクで通勤中、細い路地からバス通りに出るところにおばあちゃんが立ってて、通過する車に何やら大声で叫んでいる。

まいったな。
私は細い路地から合流するので、どうしてもおばあちゃんの横で停止しなくてはならない。
近づいてこられたら危ないなあ。

案の定、私が停止したらおばあちゃんは近づいてきて、なにやら大声で話しかけてくる。
一度はそちらを見たが、おばあちゃんは同じことを繰り返している模様。
でもメットをかぶっているし、近くの工事の音がうるさくて、何を言っているのかは分からない。

「そこ・・・・・・!、・・・・が!!・・・・・から!!・・・・て!!」

うん、ごめん、おばあちゃん。
何言ってるのか全然わかんないや(´Д`;)

とりあえずそれ以上近づいてこないので、安心して左折。
で、次の角で、おばあちゃんが何を言ってたか分かりましたw

警察が、携帯とシートベルトの取り締まりしてた!
あー、おばあちゃん、
「そこの角で、警察が!取り締まりしてるから!気をつけて!!」
って言ってたのねw

残念ながら、おばあちゃんのがんばりも虚しく。
すでに5台くらい捕まってましたw

ありがたいけどおばあちゃん。
そんなことしてないで、他のことしてた方が有意義だと思います(笑)







2009.10.15 Present for you
今日のクラスのお話。

「センセー、センセーっていくつ?」
「おお、ちょうど先週、38になったよーw お誕生日おめでとうは?」
「お誕生日おめでとー!」
「で、プレゼントは?w」

「じゃあボク、ケーキ買ってあげる!」
「ほんとー!?」
「うん、今日の帰りに早速買っておくよ!」
ありがとう・・・・でも、次にキミと会うのは来週の木曜日だ(笑)
できれば前日に買っておいていただけるとありがたいのだがwww

「じゃあセンセー、ボクはね、金曜日に遠足で植物園行くの!そのときにね、お花買ってきてあげるよ」
「えー!ほんと?お花うれしー!」
「じゃあえっとね、チューリップか、水仙の球根買ってきてあげる」
「わー!先生そしたら春が楽しみになって嬉しいな!」
「うん、待っててね」

私も38年生きてきているので、誕生日や記念日にお花をもらったことは多々あれど。
球根ってのはなかったな。

あなたを想いながら毎日お水をあげて、春を待つ。
なんてロマンティック(゜∀゜)=3ムッハー!!





久しぶりにモータースポーツ誌を買ったので、新鮮な気持ちで読みました。

そういえば学生の頃・・・・PDやJAF SPORTSからWRカーの写真を切り抜いて、ベッド横の壁にたくさん貼っていたのを思い出した。
隣の弟の部屋の壁は、テニスプレイヤーの写真(弟はテニス部だった)。私の部屋はクルマの写真。
知らない人が私たちの部屋を見たら、きっと男ばかり3人の兄弟と思ったことだろう(笑)

私がWRカーの写真を壁にべたべたと貼っていたのは。
いつか私も世界を走るラリーストになってやるぞ!と思う気持ちの表れでもなく。憧れのWRCドライバーがいて、その人の走りに憧れ、恋焦がれたからでもなく。

実は当時の私は・・・ラリーを見たことすらなかった(笑)


私は大学自動車部に所属していたけれど、ラリーができる部車は2台(サニーとファミリア!)しかなかった。だから全員がラリーという競技をやるわけにもいかず、当然ラリー車に乗るのは、ちゃんと走れる上級生の先輩たち数人だけ。さらに部員全員がサービスに行くと大人数になるので、それにも整備ができる数人の男の子たちだけで大会には同行していた。
だから私は、自動車部にいながら、ラリーというものがどういうものなのか、さっぱり分からなかった。

でも、雑誌で見るラリー車はどれも林道や荒地を力強く走っていて、それを見るとなんだかすごく楽しい気分になったものだった。
ジムカーナやダートラなら大会に同行するし、自分で走りもする。
でも・・・写真でしか見たことのないラリーという競技には、サーキット競技とは違うものを感じた。
本来、車が全開走行するような場所ではない、林道、荒地・・・・そういう自然に満ちた場所を、車という鉄のかたまりが、あり得ないようなスピードで走る。
そんな写真を見て、美しい、と思った。
空の色や、林道の緑、土の色、水たまりの水しぶき。
そういう自然の中に、明らかに異質な、人間が作ったおそろしく速い鉄のかたまりが走っている。
そこにいるには異質な存在なのに、なぜか自然から拒絶されていない気がした。
他人と争うのではなく、自然の中で、自分と戦う競技・・・・・そんな風に見えた。
美しい。単純にそう思った。


だから私のベッドサイドには、サーキット競技の写真はほとんどなかった。
どれもこれも、泥だらけ砂まみれになった、ラリー車。(モンスター田嶋のダートラ写真はあったがw)


でも、交代で練習したり、ダブルエントリーできるジムカーナやダートラと違い、たとえ自動車部員の私でさえも、ラリーは簡単にやってみることができる競技ではなかった。
さらに・・・・・ジムカーナやダートラでさえも、完走率5割を切る私(コースアウトの常連だった)には、 「お前がラリーなんて狂気の沙汰!死ぬ気か?殺す気か?誰もナビになんてなってくれんぞ。1人じゃラリーできんしなあ」 と誰もが言ったものだった(笑)
ラリーに興味があるとはいえ、自分のドライビングの危険さを知っていた私がラリードライバーになれるはずもなく(というか自粛した)、きっとこのまま、ラリーだけはやる機会がないまますぎてゆくんだろうな・・・、と思っていた。


でも、私はラリーが好きだったんだな。と、今では思う(笑)
ラリーを知らないときから多分ずっと、ラリーが好きだった。

社会人になってもジムカーナを続けていた私であったが、そんなときに縁あってラリーのナビの話をいただいた。
それまでラリーのナビをやってみたいなんて思ったこともなかったのだが(笑)、わけも分からずエントリーして真冬の林道を走ったとき、今までの全てが繋がった。

真っ暗な闇の中、ヘッドライトに照らされて、目の前の道だけが見える。
舞い上がる砂埃の合間から、雪が飛んでくる。
ガラガラと底に当たる、砂や石の音。突き上げられる衝撃。
声をあげても、衝撃で声が途切れる。
でもそんなことに気をとられている場合じゃない、やらなくてはならないことがたくさんある。
ノートをめくり、マップを見て、電卓を叩き(時代を感じるw)、ラリコンを見てファイナルを読み上げる。

これが、ずっと私が知らなかった世界。
何も知らずに壁に写真を貼りながら、この車の中で起きていること、聞こえる音、感触を、想像しても、しきれなかった世界。

そうか。
こっち側って、こうだったんだ。
こっち側って、なんてうるさくて、ほこりっぽくて、汗くさくって、忙しいんだ(笑)


でも、こっち側から見る世界って、・・・・・・・なんて美しいんだろう。



もう随分と昔の・・・・20年近くも昔のことだけれど(笑)、WRC+を読んでいたら、あの頃の自分の部屋にいて、ベッドサイドの写真を眺めているような、そんな気分になりました。








2009.10.13 WRC+ 追記
えっとですね。

久しぶりに雑誌に掲載されて嬉しかったので、携帯で写真撮って、ばあちゃんとか叔母とか友達とかに送りまくったんですよw
そしたら。

「すごーい!今日仕事帰りに絶対買うけん!!」

「いい写真やーん!!ダンナにも見せるけん、これから本屋行ってくる!」

「おお!本屋を2軒回ったけどなかったぞ。これから3軒目行ってくる」


叔母に至っては、ばあちゃんの分と自分の分を2冊買うために、わざわざ天神(福岡の一番の繁華街)まで行ってくれたらしい(汗)
私が 「大きい本屋さんじゃないとないかも」 って行ったから・・・わざわざバスに乗って天神まで・・・><

ばあちゃんも叔母も、ラリーなんて全然分からないのに。
私の友達だってみんな、ラリーとレースの違いも分からないのに!!

「私の載ってる、たった1ページのために・・・写真1枚のために・・高いし重いのに、ありがとう><」
とメールしたら。
「ゆきちゃんが載ってるだけで十分よ!友達に自慢するために買うと♪」
という返事がきました。ありがとう・・・。

母方の叔母は、「友達に自慢するために」 と言っていましたが。
この叔母、私が生まれたときにも、赤ん坊の私の写真を持ち歩き、会社の同僚と言わず上司にまで、「姪っ子自慢」 をしていた人(笑)
今回もまた、罪のないどこかの誰かが、見も知らぬ姪っ子の自慢をされることでしょう(笑)
いや、あるいは。赤ん坊の私の自慢を聞かされた人だったら、私の成長ぶりに喜んでくれるかもしれませんw


ということで、なにげに私の関係者だけで、軽く10冊を超える売上げに繋がった模様w
SS3で燃えてしまった私たちを掲載してくださったWRC+さんに、少しはお礼になりましたでしょうか・・・?
10冊やそこらじゃだめかなw
でも、日頃モータースポーツに全く興味のない人たちが購入してくださったわけなので、すごいことだと思います!(タブン)





2009.10.13 WRC+
「なんか、雑誌に載ってるよ~」 という情報が入りましてw
そういや新城で、ウーが取材受けて、一緒に写真撮ったなあ。あれかな?「WRC+」かな?

ということで、早速本屋さんに行ってきましたが。
1軒目・・・扱いなし。ツーリングで疲れた体にムチ打って、徒歩30分の本屋さんに行ってみたが(ビールを飲んでしまったので車を使えない)・・・ここも扱いなしorz

うがあ!!!!なんでクルマ雑誌ってこうなの!
もっとどこの書店でも置いてくれ!!あたしが載ってるときは買うからさ!!(つまり滅多に買わない)


仕方ないので一晩ガマンし、今日行ってきましたよ。デカい本屋さんに。
そしたら・・・・・。

あったあった。・・・・たった2冊w


オカーサンに送る分と、スポンサーさんに送る分と自分の分を買おうと思ったのに、これじゃ全然足りないYO!
その前に、思ってたよりお値段がいいお値段すぎて、どのみち何冊も買えなかったんですけどね・・・orz


とりあえず、私がお願いしてついて頂いたスポンサーさんに、雑誌に載った旨を電話してみました。
「もしもし?雑誌に載りましたのでご連絡しました・・・」
「わはは!あっという間に燃えたのに、雑誌に載ったったい!?すごかね!!
なんて雑誌?WRC+?お、それ見たことある。土煙上げて走るクルマが表紙になっとうようなやつやろ?見たことある、大体分かる。大丈夫、こっちで探すけん。じゃあ、黒木書店にこれから行ってみるけん!」

すみません、スポンサー様自ら黒木書店に行っていただくとは・・・・・(汗)


しかし、SS3であっという間にいなくなったのに、こんなに大きく扱ってくださるとは。
ありがとうございます、WRC+様!!
しかももう半分のページはロータス嬢!!
何から何まで、恐縮でございまする・・・・・。






朝だ。やっと暖かくなってきてゆっくり眠れると思ったら、もう朝だよorz

ごそごそと起き出して、布団の上でボーッとしていたら、イトウさんが一言。
「どうしたんだ、疲れきった顔してるぞ(笑)」

疲れたのよ!!寒くて夜中に何度も目が覚めて・・・・orz
キミたちオヤジは、なぜにあの寒さで眠り続けることができるのだ!?
しかもイトウさんなんて、毛布すら着てなかったぞ・・・。あれで平気なんだったら、取り上げて私が使えば良かった。

でもまあ、きれいな空気の中で朝を迎えるのは心地よいものだ。
そしてログキャビン前の、呪いのいけにえたちはきれいにナニモノかによって食べられていたw
多分・・・・カラスかな?w

朝露に濡れた草がきれいだ
P1030035.jpg P1030041.jpg


そして今日の朝食は。
房総産のあじのひらきと、ごはんと味噌汁──────(゜∀゜)────!!!!
のはずだったのだが、昨日食べ切れなかった牛カルビが残ってて。
そっちを食べなきゃってことで、朝からヤキニクw

しかしもう不惑を目前に控えた3人には、朝からカルビはきつい><
大量のカルビをお互いに押し付けあいながらの朝食になりましたw

「イトウさん、おニク食べりーw」 「もうカルビはいいよ・・・」
P1030030.jpg

さて、今日の予定は。
特に決めてなかったので(笑)、のんびり海沿いを走って九十九里まで行って、焼きハマグリでも食べることにw

千葉ってあまりワインディングがないので残念だけど、その代わりに海を眺めながら走るのがとても気持ちいい。
天気も良くて、海がキラキラ輝いててすごくきれいだー。
私のエストくんは中古で買ったんだけど、エストくん、前のオーナーさんと海沿いとか走った?
どういうとこ行った?どこが楽しかった?
エストくんとお話できないのが残念だな。
でも、エストくんて95年式なのよね。それなのに、たった10000kmしか走ってなかった。
あんまりツーリングとか行かないオーナーさんだったのかしら。
その分私と、たくさん走ろうねー♪
今は私と、年間5000kmペースで愛し合っちゃってるんだもんねー♪
もうそろそろ、今までのオーナーさんとの距離を抜いちゃうんだもんねー♪
それはつまり、私との愛が過去の愛を超えちゃう瞬間なんだもんねー♪

などとエストくんと愛の語らいをしているうちに・・・・・思ったより早く九十九里に着いたので、焼きハマグリのお店に行っちゃうことにしましたw
ワインディングないと、ボケーとしてまっすぐ走ってるだけなので、妄想も突っ走るな・・・。

ハマグリうまいぞパカーw
P1030057.jpg


ああ、今日もハマグリ美味しかった。アルコールフリーのビール的飲料で気分も上々!
あれってアルコール0.00%なのに、なんで気分良くなっちゃうのかなw
酔い覚ましなんて必要ないんだけど、なんだか潮風に当たりたくなったので浜辺でお散歩。

なんか変わった凧が揚がってます!
P1030047.jpg P1030050.jpg 

ここからは途中まで3人で走って、イトウさんはフェリーに乗るために途中で離脱。
金谷からフェリーに乗っちゃえば、すぐおうちに着いちゃうんだって!ウラヤマシス。
私たちは高速で、がんばって帰宅しまーす!イトウさん、またね!

市原SAで撮った、コスモス
P1030061.jpg


今回はワインディングもほとんど走らなかったので、あまり走りについては書くことがないw
ただ、やはりUターンは練習した方が良い気がするorz
次は来月!1年の走りを締めくくる、伊豆TIPIツーリングだッ!寒いぞーw
きっとそこで、エストくんとの10000km超えを迎えることでしょうw そのまま恋人岬にも行っちゃおうかしら(笑)


今回の走行距離 : 501km ・・・・・・思ったより走ったなw







いい季節なので、千葉にキャンプツーリングに行ってきました♪
今回は、イトウさんを交えての三角関係ツーリングでありますw

今週はずっと天気が良くなかったのに、週末になるとカラリと晴れてツーリング日和!!
フフフ、私の日頃の行いが良いからですわよ・・・w

しかし天気が良いとは言え、朝の6時に家を出たらやはり寒い(´Д`;)
ヒートテックにフランネルのシャツ、フリースに革ジャンであったが・・・グローブも冬用のにするべきであった。
イトウさんとの待ち合わせ場所の金谷に着く頃には、全身ガチガチに凍え・・・ああ、死ぬかとオモタヨ(涙)

陽が昇り、やっと暖かくなってきた房総半島を、海を眺めながらのんびり走る。
ところどころ、景色の良い場所にバイクをとめ、ぼーっと海を見ながら休憩。

でっかい帆船ハケーン!あれはなにかしら・・?
P1020986.jpg

今回もお昼はくじら定食~♪美味しすぎる~!!
P1020997.jpg

ぐるりと房総半島をまわり、早めに本日のキャンプ場へ。
今回は、『大多喜県民の森キャンプ場』 のログキャビンに泊まりまっす♪
ログは思ったよりも広くてきれいで、なんとエアコンつき!!
布団も貸してもらえるし、こりゃなかなか良いかもね?

結構きれいで日当たりも良好♪
P1020999.jpg


荷物を置いて買出しに行き、近くのお風呂に入ろうと行ってみると・・・・。
「すみません、ここ、天然温泉って書いてますけど、岩盤浴なんですよ」
「ええっ!湯船ないんですか?」
「そうなんです・・・ここから10分のとこにお風呂屋さんありますから、そこを案内しますよ」

ということで案内してもらった場所が、なんとキャンプ場のすぐ近く!!ラッキー♪
が・・・・着いてみると、なぜか道が封鎖されている!?
近くのおじさんに聞いてみたら、
「ああ、そこ?10月末オープンだよ~。他にお風呂入れるとこ?ここから10分のとこに岩盤浴屋さんがあるよ~」
その岩盤浴のおじさんからここを紹介してもらったんですよ・・・orz

仕方ないので、キャンプ場についてる無料の温水シャワーでいいや、ということでキャンプ場に戻ったんですが。
「とりあえずさあ、疲れたし、飲もうぜ」
「カンパーイ!」

で、そのままBBQに突入w

もうこのままキャンプファイヤーも申し込んじゃう?w
P1030018.jpg


ちなみに今日のBBQでレバーも焼いたのですが。
あのさ、レバーにさ、丸っこいのがくっついてるよね?あれってなんだろうか。胆のう??
わかんないけど、ちょっと怖いやつね。
あれをね、捨てるのももったいないので、誰か食べに来るかなーって思って、ログキャビンの前の杭にですね、1コずつ並べてみました。

まるで呪いの儀式∑(゜Д゜;)
P1030005.jpg

アップで撮った画像もあるんですが、怖すぎて自粛ですorz


そんなこんなで夜は更け・・・・たのですが。

寒い(´Д`;)

寒くて寝れん(´Д`;)


だって貸し出ししてくれる毛布が1枚きりなんだもん!!
聞いてないよそんな話!!寝具は貸しますから寝袋も何も要りませんって言ってたから油断したじゃんよう!!

で、2時間100円のエアコン起動・・・。
別に有料なのはいいんだが、問題は2時間ごとに切れるので、その度に起きて、小銭を入れなくてはいけないということ。
何度か 『ようし、100円入れたからこれで暖かくなるぞ!!』 という夢まで見て、でも寒さで目が覚めたりして・・・・orz
やはり次からは、シュラフは必須な気がします(涙)






2009.10.09 被害者の会
村瀬くんがこちらに出張してきているからというので、飲み会のお誘いをいただきまして。
仕事を終えて、都内まで行ってまいりました。

メンバーは、村瀬くん、鈴木くん、シンタローくん、ウー、武男、私の6名。
私が到着したときにはもう飲み会は始まっていて・・・・ふと見ると、ウーの前には芋焼酎のロックグラスが!!!
誰だ、いきなりそんなものを飲ませているのは!!
一緒に飲んでいる以上、全員が被害者となる可能性があるのに・・・・誰と飲んでるのか、自覚あるのか!?

そして不安は的中。
最初はラリーの動画を見たり、GPSナンタラで見るSSの軌跡を楽しんだりと、普通の飲み会(普通じゃない気もするが)であったのだが・・・。

ちょっと普通じゃない気もするけど、一応普通に飲んでる図
091009_2208~0001 091009_2220~0001

このあたりまでは普通の飲み会。
091009_2210~0001


・・・・・・だったのだが。
酔っ払ったウーが、「村瀬!ゾンビに電話しようぜ!」 「えっ、だめですよこんな遅くに!!」
でもまあ、聞く人たちじゃないので・・・・・(っていうか、ゾンビに電話したのは私であったが)

「もしもーし!ゾンちゃーん!!村瀬がねえ、今ね、ゾンちゃんのことを・・・」
「ボクは何も言ってませんよ!!違いますよ!やめてください上原さん!!」

で、ゾンビとの電話を切り、ヘコみまくる村瀬くんをよそに、また電話を持つ上原さん。


「今度は曽根にかけようぜ!!」 「やめてくださいっ!!」
091009_2236~0001

スミマセンスミマセンと繰り返す、かわいそうな村瀬くん
091009_2246~0002

こうして、曽根さんの次は岡田さん、そして若さんと・・・・上原さんが電話をかけ、村瀬くんが押し付けられて謝りまくるという、非常に迷惑な展開に。
まさか酔っ払ったウーがここまで悪質だとは思ってなかった村瀬くんは、すっかり酔いも醒めてうなだれているw

「ダイジョウブダイジョブ、番号はウーのだから、酔っ払ったウーがかけてるって皆わかってるから。今かけたのはみんな九州時代からのラリー仲間だから、ウーのこと分かってるからさ、村瀬くんに怒ったりはしてないよ!ね、元気だしてw」
と励ましてみるが、もう何も届かないw

「ああ、俺はとんでもない場所にきてしまった・・・」
091009_2245~0001


夜遅くにご迷惑をおかけした皆さん、本当に申し訳ありませんでした・・・。


で、終電の時間になったので、私はお先に帰らせてもらうことに。
ウーに帰る気配がなかったので、これ幸いと皆に押し付けて帰ろうとしたら、
「上原さんっ!!ほら、帰ってくださいっ!!」
と、荷物と上着とウーを一緒に押し付けられたw

仕方ないので一緒に駅まで行くが、酔っ払いとすれ違うと、「この人、超~酔っ払いじゃね?」 と指をさす(汗)
ちょっと!!私をトラブルに巻き込まないでくださいっ!!
さらにミニスカートの女性とすれ違うたびに指さして 「あの人、超~ミニじゃね!?」 と私に聞いてくるのはやめてほしい。
「指ささないの!声も大きいっ!!」 と言うが、ウーには全く聞こえておらぬ。

しかしおもしろい。
どんなにミニであっても、太ってて足がムッチリという女性の場合には、それは発動せぬ。
ウーが 「超~ミニじゃね?」 を発動するのは、あくまでもきれいだったりかわいかったりする女性の場合のみ。
こいつ、酔っ払っててもちゃんとしてるな・・・・。

ホームに上がると、ウーが 「おしっこしたい」 と言いだした。
もう!!ホームに上がる前にしとけばいいのに!!
「じゃあ、してくれば?」
「どこで?」
「トイレに決まっとうやろ」
「トイレってどこぉ~」
「知らん、そこでし、そこで」
と、面倒くさくなって線路を指差したら、ウーはフラフラと線路に向かって歩き出した。
しかしその先にはちゃんと男性の駅員さんが2人いたので、線路にしそうになったら制止してトイレか駅長室に誘導してくれるだろうと思い、2人分のお茶を買うために私は自販機へ。

で、振り返ったらウーがおらぬ。
ちゃんとトイレに行ったかな。

しかしなかなか帰ってこぬ。トイレ混んでるのかしら。
あ、電車きた。けどウーが帰ってこぬ。まあ終電の1本前なので、最悪終電まで待てばいいや。
と思ってたら、ウーからメールが。

ミニスカートの女の子の画像と、「超~ミニじゃね?」 の文字。


ちょっ!!そんなことしてるヒマがあったら、さっさと戻ってきなさいよ!!
終電にしたら混むじゃないのよ!!

「いいけん早よ戻ってきー!次が終電よ」
と返信したら、
「3両目」
という返信がきた。

え、いつの間にか電車に乗ってるの!?

目の前の電車はすでにプルルルル・・・と発車寸前。
慌てて飛び乗るが、1両目。

駅ごとにホームに降りて3両目を目指すが、人が多くてドア1つずつしか移動できぬ。
やっと武蔵浦和で3両目に入れたが、ウーがおらぬ。

「3両目に乗ったけどおらんよ!どこよ?」
「この電車は6ドアだぞ。どこのドアから乗っても俺がおるとは限らない。5ドア目だよ」

きっさーん!!少しは歩み寄りというものを見せたらどうか。

ようやく大宮駅で5ドア目について、ウーを捕獲。
上着と荷物とお茶を渡したら、今度は
「買ったばかりの携帯に、液晶保護シートを貼ってほしい」 とか言いだした。


この満員電車の中で!!!!


と怒ろうとしたが、ちょうど大宮で大量に人が降りたので席が空いた。
ウーに言われるまま液晶保護シートを貼り終えたところで、私の降りる駅に着いた。
「ここからはがんばって自力で帰ってよ・・・それじゃ」

と言い残して電車を降りたが、今度は自分が迷った(涙)
通常20分くらいで家に着くのに、今日は40分近くかかってしまった・・・。
しかも無情なことに、私が玄関に着く前に、ウーからのメールが。
「やっぱり川越からはタクシーだった。俺は無事に家についた」

先に電車を降りた私が、まだ着いてないのに・・・まあ、ご無事でなによりでしたorz



【本日のキーワード】
・アフタースタンド
・謝罪
・チャンピオン
・目じゃないバーイ







先日のお話。

「センセーねえ、昨日お誕生日だったんだーw」 と生徒さんたちに話をしたら、
「あっ!ボクんちのママも、昨日お誕生日だったんだよ!」 という男の子が。
「へえー!偶然だねえ」
「でね、ママがね、パパに帰りにケーキ買ってきてねって頼んでたのに、パパ忘れたんだよ!!」
「わ。そりゃヤバイねw」
「うん、パパね、玄関でママの顔見て思い出してね、着替えもせずに、ダッシュで買いに行ったの!」
「あはははは!」


「ねーねー、センセー、センセーはプレゼントなにをもらったの?」


センセーはねえ。
センセーの車の二代目ロードスターがねえ、もう10万km超えてね、タイミングベルト交換しなくちゃいけないのにねえ、工場に出したら10万もするとか言われてね!!
10万も払えんし、でもこのまま乗ってタイミングベルト切れたらもう二代目乗れんくなるしでね、それでセンセーはダンナさんにね、
「パーツ代は私が払いますから、あなたが休日に費やしてくれる作業を、私の誕生日プレゼントにしてください」
ってお願いしたんだよw

という旨を、小学生に分かる感じで話してみたら。

「・・・・・・・要するに、プレゼントはもらえなかったの?」

と、少しかわいそうな目で問われたw


いや、センセーにとっては二代目はとても大切な車で、長く乗りたいんだよ。
でもお金をかけることはできなくて、でも自分でやることもできなくて、それに誰でもできることでもなくて。
だから、タイミングベルト交換っていうのは、センセーにとってとても嬉しいプレゼントだったし、センセーのダンナさんがそれができる人だってのはとてもラッキーなことなんだよ。
モノじゃなくても、嬉しいプレゼントってあるんだよ。

そりゃまあ、センセーにも物欲はあるんだけど、しかも本当は新しいレーシングスーツとかHANSとかバイクとか色々ほしいんだけど、そういうのは高すぎて、人にねだれる金額じゃないの。
人にプレゼントをねだるのって、結構難しいことなんだよ。


・・・・でもまあ、みんなにはまだ分からないかなあw



ちなみに、なにかちょっとしたものでも誕生日の記念にほしいなと思ったので、エミタソとのデートの前に、自分のために小さなピアスを買いましたw

自分に贈る、誕生日のプレゼントって。
結構いいものだと思います(笑)










2009.10.08 タイフー
台風って不思議だ・・・。

今朝まだ暗い頃、ものすごい雨と風と雷の音で目が覚めた。
カブトも同時に目を覚ましたらしく、隣で動く気配がしたので、
「・・・・あれ、雷?」 と聞くと、立ち上がって窓にゆき、
「見えない・・・けど、すごい雨と風だね」

「そう・・・・・」 と言いつつ、また眠りに落ちるw


そしてまたしばらくした後。
ガサガサガサ・・・キュルル。 と音がして、また目が覚めた。
カブトも今の音、聞いたかな?
「ね、今の音、聞いた?ポルちゃんが鳴いたよ。寝言かな」

「ゴメン、今のは俺の腹の音」


は、腹!?
なんで腹からガサガサ音がするのよwwwww



よく分からぬが、まあ平和な証拠と考えて、また眠りに落ちる。



目が覚めたら、空は明るく晴れていた。
風は強く、雲が驚くような速さで流れてゆく。

?????

台風ってどっか行っちゃったのかな??
テレビを見ると、未明に知多半島に上陸して、これから関東を縦断するらしい。
?????なんでもう晴れてるの??

台風って難しいわ・・・・・。






ハッピバースデー、あたし!!
なのであります。

本日10月6日で、めでたく38歳になりました(照)


よく、「ハタチになるなんてやだー!オバサンになるぅー!」 とか、「30のハードルが・・」とか言うけれど、私は一度もそういう風に思ったことがない。
ただ、19→20のときは 「ちょっと語呂が悪くなるな」 と思った程度。
30のハードルも全然高くなかったし、むしろなってみたら、30代は仕事もプライベートもとても面白く、やっと自分の年齢を胸を張って言えるようになったな、と思ったくらい。
35を越えるときも全然平気だったし、36も 「年女だぜ!縁起がいいぜ!」 くらいでウェルカムであった。

が。

ちょっとだけ、37は嬉しくなかった(笑)
なんとなく、40へのカウントダウンが始まった気がして 「でもまだ私、40を迎えられるほどちゃんと出来上がってない!!仕上がりが間に合わないよ!」 という気持ちの焦りがあって。

そして今日、捗々しくない仕上がりのまま、38歳を迎えてしまいました(笑)
全ての人に等しく、時間はすぎてゆく。だから仕方ないんだけどね。

生きていれば年をとるもの。年齢を重ねれば、体には衰えがくるもの。
だから、数字というものに反応しても意味がない。
なんだけど。
40間近なのにこの人間的な仕上がりは、いかがなものかと(汗)

で、そんな感じであまり嬉しくない気分で朝起きたのですが・・・。
まだ寝ているときに届いた、ウーからのお祝いメール(なんと一番乗り 笑)を皮切りに、次々と届く、家族や友人たちからのバースデーメール、プレゼント、手紙・・・・・!!
こんなにたくさんの人たちから祝福されて、私は幸せ者です><


そしてそして。
カブト不在の夜を、共にすごしてくれることになったのは・・・・。
ラブラブエミタソ♪♪♪
なんとお店まで予約してくれて・・・(涙)

おかげで寂しい誕生日にならずに済んだよー、ありがとう!
と言いながら楽しく飲んでいたら。
突然席の照明が消えて。店内にドリカムの音楽が流れ。
あれ?これって、「ハッピバースデー」って言ってない?
「へえ、他にもあたしと同じ誕生日の人がこのお店にいるんだねー!!」 なんて話してたら!!

あたしにバースデーケーキコタ──────(゜∀゜)────!!!!
091006_2301~0001


もうヤバイ。
涙がでそうになった(笑)
エミタソ最高!!あたしの最高のカレシエミタソ完璧!!

お店の人が写真撮ってくれて、カードにもしてくれた(涙)
091007_0048~0001


最初は嬉しくなかった誕生日だったけど、こんなに祝ってもらえたら、38歳大好きになりました(笑)
そして、お店を出て携帯を見ると・・・・また数人からのバースデーメッセージが!!
こんなに祝福に満ちた誕生日ならば、私の38歳は、きっと素晴らしい1年になるでしょう。
それに恥じぬよう、もう少しイイ感じの仕上がりをめざして、努力します!!

ちなみに。

深夜バスを待っているときに、メール着信が。
見ると、カナダに住む友人から、「まだそっちって6日よね!?おめでとう!今カード送ったけん!!」 と、慌てて届いたメール。なんと時刻は、23:59ちょうど!!
彼女からのメールを読んでいるときに、ちょうど0:00になり、幸せな気分のまま、私のお誕生日は終わりました。


私は本当に、幸せものです。
皆さん、本当にありがとうございます!!








2009.10.06 お祝い♪
私のお誕生日はカブトが夜お仕事なので、こないだの土曜日に先行でお祝いしてくれました♪
10月1日の結婚記念日のお祝いもかねて(笑)

1年間ありがとう!これからもよろしく~♪
091003_1851~0001

美味しいシャンパンを飲んで、美味しいお料理を食べて。
ワインも飲んで、最後にはデザートも頼んで!!

気がつけば丸8年かあ。
そして私ももうすぐ38かあ。

楽しいことばっかり積み重ねて、今日まできてしまったね(笑)
そりゃあ、たまには苦労もせないかんやろ。
と、改めて思った夜なのでありましたw





『座敷わらしのいる宿』 として有名な旅館が、全焼したらしい。
座敷わらし様には守ることができなかったのか、もう離れてしまった後だったのか。

個人的には、私は 『人でないもの』 の存在はあると思う。
でもそれを、『前世のカルマ』 だとか 『スピリチュアルガーディアン』 とか 『霊魂』 だとか、そういうコトバで表わした途端、なんだか胡散臭くなってしまう気がしてしまうのは私だけでしょうか。

私の思う 『人でないもの』 とは、もっと自然に、人間がこの地球にいるのと同じくらい・・・いやそれよりもっと長く、この世界に存在するモノたち。
きっとそれは、それらを見る人の目のフィルターによって、さまざまなカタチを見せるのだろうと思う。
それらは魂かもしれないし、記憶の残滓なのかもしれないし、動かぬ真理なのかもしれない。


ちなみに、弟2号の住む家にも 「人ではないもの」 がいらっしゃるらしい。
前に住んでいた家に居て、引っ越すときに一緒に来るかと誘ったら、「一緒に来た」気配があったとかなかったとか。
しかも新しい家にもどなたかが既にいらっしゃったらしく(笑)、今の家には弟2号以外にも複数の存在が、うまく同居しているとかw


私はいわゆる 『そういう体質』 ではないけれど、たまにそんな体験をすることもあります。
前のマンションに住んでいたときには、バチンという音と共に体が動かなくなり、ミシリミシリと枕元の畳を往復する足音が・・・。

そのとき、いつもは夜はぐっすり寝ていて巣から出てこないトヨちゃんが大騒ぎを始めまして。
「・・・・・なんで、こんなところにリスがいるんだ・・・」

という男の人の声を共に、その気配は消え、体が動くようになった(驚)

慌ててカブトを起こすと、「何の気配も感じなかったけど、トヨちゃんが騒ぐので起きた」 とのこと。
あんなに必死に助けを呼んだのに!!!!

でもまあ、金縛りに遭ったりする程度なので、特におおごとには考えていませんが。
いるのかもしれないし、あれはただの夢なのかもしれないし。


ちなみに私の思う、「ヒトでないものたち」 とは。
手塚治虫の描くマンガに、一番近い感じです。
『火の鳥』 の 『異形編』 や 『太陽編』 なんか、上手く描いてるなーって思います。こういう解釈って、自分の頭の中ではできるんだけど、形に表わすのは難しいと思う。さすが手塚さんね。

そういう視点から読まなくとも、彼のマンガはとても面白いです。
特に 『火の鳥』 シリーズは秀逸!ぜひ読んでみてください。















哀川翔さんが、今日のいいともに出てらっしゃいましたね。
奴田原さんからお花も届いてましたw

で・・・・ラリーの話が出て。
タモリさんも翔さんもラリーのすごさとか面白さを話すんだけど、客席の女性には全く伝わっていない模様w
以前にもテレビで兄貴がラリーの楽しさを説明してたけど、他の男性芸能人たちにも全く伝わってなかった(汗)

ラリーって本当に、説明が難しいスポーツですorz
ただひとつ、タモリさんが言った一言が、ラリーをよく表してると思った。

「あのね、普通だって通らないような道を、全開で走るんですよ。
・・・・F1ドライバーなんかが言うけどさ、ラリーをやる人たちを指して、『アイツらはおかしい』 って言うからね」


本当に、ラリーストってどこかおかしいと思います(笑)


ちなみに、最後の『1/100をめざせ』 で、
「ラリーやってる人・・・は、いないか!」
「女性だからねー」

・・・・・まあ、多分・・・いないだろうなあ。


そういえば以前、誰だか 『資格ゲッター』 みたいな芸能人がいいともに出たときに、「A級ライセンスを持ってる人!」 で1/100に挑戦したら、誰もいなかった。まあ、いないか。
ちなみに私がそこに居ても、ボタンは押せませんがw


よくラリーをやってると言うと、
「えー!じゃあ、A級ライセンス持ってるの?」
と聞かれる。
「いや、国内ラリーなら、国内B級ライセンスでできるんだよ」
「そうなの?じゃあ、ゆきちゃんもB級ライセンス?」
「いや、私のライセンスは、国際C」
と言うと、「なんだ、B級よりさらに劣るのね」 みたいな雰囲気になり、なんとなくガッカリされるw

違うのよ!!Bの後にAを取って、その後実績残さないと国際Cは取れないの!!
Aライまでは誰でも取れるけど、インターCは大変なんだよ!!
と言いたいが、どうせ伝わらないので、「Bよりさらに劣るオンナ」 という立場であきらめる・・・。

インターC、本当に大変なのに。
ウーなんて、一体何年スタンプラリーをやってると思ってんだwww


本当にラリーって、大変な割りには、伝わらないスポーツですw






久しぶりのカブトのお休み&久しぶりの晴れ間だったので、お弁当を作って東武動物公園へ行くことに。

・・・・・が。
家を出て少し走ると、明らかに異音がする。
まあバイクってのは異音だらけなのであるが、その中でも 『いつもと違う、これはおかしいぞ』 という音。
少し前からチェーンの交換時期にきていたし、場所と音からしても、きっとそこだろう。
スタンドで追いついたカブトに見てもらうと、「こないだ調整したのに、もうこれか・・こりゃ動物園に行ってる場合じゃないかもね」

ということで、急遽通り道にあるライ●ランドに寄ることに。

駐車場にバイクを停めると、堤真一に似たシブいお兄さんが近寄ってきた。
私がナナメに停めたからかしら・・・・と思ったら、

「それ、チェーンやばいですよ」

おお、パッと見た目で分かるのか。それほどまでにひどいのか。
「ちょうどそのために来たんです~」 と話すと、丁寧にチェーンの種類の説明をしてくれて、一緒に選んでくれた。
なんとラッキーなことに、ちょうどチェーンは30%オフで、しかも工賃無料期間であった。

しかし、堤真一似のお兄さんの話によれば、「もういつ切れてもおかしくない状態」であったらしい。
交換すべきであることはわかっていたが、「時間がない」「忘れてた」でずるずると放置していた私がいけなかった。反省。
不幸中の幸いであったことは、そうやってずるずると延ばしている間にチェーンが切れなかったことと、ちょうど静かな住宅地を走っているときに、明らかにおかしな異音に気づけて、すぐに交換することができたこと。

きっとあれだな、神様が、
「まあ・・・・痛い目に遭って学習するのは、もう少し先でいいよ」
と言ってくれたんだと思う。
でも、いつまでもラッキーの神様に救ってもらえるとは限らない。
これからは、ちゃんとメンテに気を配ります・・・><

ちなみにお兄さんは、特設テントに来ていたチェーン屋さんであったらしい。
駐車場に入ってくるバイクというバイクに、タカのような目を光らせてチェックしてました(笑)
でも、お兄さんが近づいたのは私のバイクだけ・・・orz

反省します><





書きそびれていた、連休の釣りのお話です。



SW(シルバーウィークと言うらしい・・・職業柄、SWはスイッチと読んでしまう)のメインイベントは、カブトの愛しのイトウさんと行く、釣り大会!!

「ねね、釣りってどこ行くの~?」
「俺とイトウが昔からよく行ってたとこ」
「それってどこ~?」
「よくイトウと泳いだり釣りしてたりしてたとこがあるんだ」

いくら質問しても、イトウさんとのスイートメモリーしか出てこぬカブト。
そりゃ私に地名を言ったってどうせ分からないんだけどさ。それにしてもさ。
本当に私がついてっても良いのだろうか・・・。

今回のポイントは、横須賀の剱崎。
2人のスイートメモリーポイントに、お邪魔虫(古すぎる表現)のツマが、土足でずかずか行っちゃうよ~w

福岡にいた頃は何度か釣りにも行ったけど、いずれもボートや波止、岸壁だった。磯釣りってのは初めてだし、何にも知らないよりも多少は知識を仕入れて行った方が迷惑をかけぬだろう・・・・と思い、前日夜にネットで調査。

で、いつものクセで、好奇心のままに検索をかけた結果・・・・結局ムダで使えぬコアな知識を大量に脳に詰め込み(笑)、当日朝には2人に冷笑される始末。

「あのね、ミャク釣りってのがあってね、それはこうしてね・・・」
(「ミャク釣りってなんだ?」)

「ハゼってのはね、針を飲みやすいからね、こうね、アタリの前にビミョーな反応があるからね、そこを狙うらしいよ!」
(「今日はハゼは釣らないよ」「まあ釣れるかもしれないしな、色々やってみな」)

「あのね、結局ね、『壁は底の延長』らしいよ!!」
(「意味が分かりませんが・・・」「ここに壁はないぞ」)

「あのね、エサの付け方にもいろいろあってね、ナントカ巻きとかナントカ巻きとかあるの」
(「ナントカって何?」「まあ、好きに巻いてくれ」)


結局、本当に役に立ったのは、8の字結びだけであった。(これはちゃんと褒められた)
いいもん!!釣ってみれば分かるはず!!私が仕入れた知識のナニカが、きっと結果に結びつく瞬間もあるはず!!
「ようし、行くぞ~・・まずはあれだ、エサはね、一番食いがいい、ナントカ巻きにしよう・・」
「ナントカ巻きって、すでに名前忘れてるじゃん!」
「あれだよ、あれ・・・そうだ、ナゴヤ巻きだ」
「それって違うんじゃね?」

「オレはまだ死にたくない」とゴネるイソメと格闘すること5分・・・・誰かに助けを求めようと振り返ると、もうカブトもイトウさんも磯に出て釣り糸を垂れている。
くっそう、イソメめ、おとなしくナゴヤ巻きに刺されろ!!

釣りの前のイソメとの格闘で、すでに汗だくの私。ああもう疲れたぞ。
磯に出てみると、先日の台風のせいか波が高い。
ふふふ、波にもまれて一杯一杯なサカナどもめ!!私のエサを食うが良い!!どりゃーー!!!!


・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


釣れーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!

釣れん!!



「ねえカブト、なんも釣れーんよー!ちっともなんもこーん!!」
「あなたねえ、少しはガマンってものをしなさいよ・・・そうそう都合よくすぐ釣れないよ」
「エー」

ヒマだ、速やかに誰かエサを食え・・・。
090921_1426~01

じっとしているのもヒマになったので、イトウさんのポイントを視察することにした。
するとなんとしたことか!私が近づいたとたんにイトウさんにアタリが来たではないか!

ウミタナゴ?
P9210004.jpg

なんだ小さい、とイトウさんはあっさりと海にリリースしたが、やはり釣れたのは羨ましい。
アタったり引いたり巻き上げたりと、何もかからぬよりもずっと楽しいはずだ。
私もナニカと格闘したい!!

「カブトー!カブトー!イトウさんがねー!ウミタナゴ釣ったー!」
「そう・・・あんまり走ると転ぶよ」
「ねえねえ、私も何か釣りたい!!あっちのポイントのが釣れると思う?」
「どこでも一緒だよ・・・あなたはまず、じっとして釣り針を海に入れなさい」

まったくカブトは忍耐強い。
だからこそ私のオットが勤まるのだが、こうも忍耐強い男だったのか。
横でゴネている私を気にすることもなく、カブトは静かに釣り糸を海に垂れている。

もはや全てを超越したらしいカブト。妙に磯が似合う
P9210001.jpg

むう。カブトは全く取り合ってくれぬが、きっとこのポイントがいけないんだわ。
ツマたる私は、ちょっと良さげなポイントを探してくるわよ・・・!

で、見つけた。
台風の置き土産のタイドプールに、ベラだのハゼだのが泳いでいるではないか!!
そうだ、私のナゴヤ巻きがサカナたちに通用するかどうか、ちょっと確認してみよう。
私のエサは、サカナたちに魅力的に映るかどうか?
ここでだめなら、別の巻き方・スパゲティ巻きに変更するのもアリだしな。

ようし・・・勝負!!
090921_1436~01

うおお、食った!!!!
090921_1429~02

「やったー!釣れたよー!1匹目ゲットン!!」
「この人、タイドプールで釣りしたよ・・・ひどい人だよ・・・」

イエーイ、30cm級のハゼだぜ♪
090921_1450~01


まあいい、何も釣れぬままだと心が折れかねぬからな。時々はこうしてナニカを釣った感触を楽しまなくては、短気な私の集中力がもたぬのよ。
ハゼさんにはタイドプールにお帰りになってもらい、「ごめんね」と謝ってからイソメを数匹プレゼント。
ようし!!今度こそちゃんと釣るぞーー!!

で、その後。
なんとか普通に釣れました♪

90cm級のイリイリ♪
090921_1510~01


そうこうしているうちに日が暮れてきて、ふとイトウさんが帰り道の方を見ると・・・。
「おーい!撤収準備!!急げ!!」

潮が満ちて、道がなくなった・・・
P9210018.jpg

まあこれも楽しい出来事のひとつ。
ジーンズをまくりあげて、海を渡って本土へ帰還。
「先で釣れる場所があるか見てくる」 と偵察に行ったカブトが、岩場の向こうからサインを送ってきた。

「コノ先、釣り場ナシ」 by カブト
P9210017.jpg

仕方ないので一度車に戻り、今度は漁港を目指す。
だってこれからがトワイライトタイム!!爆釣タイムの始まりのはずだもの!!

しかしさすがですね。漁港は人でいっぱい><
どうにか釣り場を確保して、釣り再開~♪

お、きたきた!!
70cm級のアイナメ、ゲットン!!(画像は撮り忘れ)

お、またきたよ!!

フグ~♪
090921_1742~02


結局暗くなってきたのと空腹に耐えられなくなって、ここで釣り大会は終~了!
残念ながら、釣れた魚はいずれもビッグサイズでクーラーボックスに入らなかったので、全てリリースしました!!

え?画像ではどれも小さく見えるって?
・・・・・キノセイです!!!!!

どれもチョーでかかった!もう大変やったもん、タモにも入らんくってさあ・・・・・。



ということで、本当は夜は 『釣れたサカナでお刺身三昧』 の予定でしたが、そこはそれ。オトナな私たちは、お金で解決(=居酒屋で飲み) となったのでしたw

お腹いっぱい食べて飲んで、イトウさんちのリビングで寝させてもらって・・・・。


夜中に痛みで目が覚めた。

・・・・・・なんか、肋骨が痛いよ!?



さて、こんな穏やかな休日のどこで、私は肋軟骨なんて折ったのでしょうw

きっとあれだな!!モビーディックと対決したときだな!!
もう、体ごともってかれるかと思ったもんね!


・・・・・もしかして、ハゼの祟りかしら。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。