上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.31 夏の終わり
気が付くと今日で8月も終わり。
お盆からこっち涼しい日が続いて、なんだかなしくずしに夏が終わってしまったなあ。
海水浴も3回しか行けなかったし、今年はカブトの仕事が忙しくて、お盆休みも結局全然遊べなかった。ツーリングも行けなかったし・・・・・完全に不完全燃焼。(日本語ヘン)

まあいいか、その代わり短期教室は全て入ってかなり稼いだぞ。命短し働け乙女。
キリギリスであるためには、キリギリス化してないときは仕事を入れるのが必須。なんだか今ひとつキリギリスじゃないような気もするが。まあ、まっとうなキリギリスってことで。

さてさて、今年はあまりシェイプアップについて書いてなかったことに気が付いた。
というのも、今年は数値を追うのではなく、今年こそ『理想のライン』つまり、答えのない答えにたどり着いてみようと思ったわけです。だからここに書き残すのがちょっと難しかった。
別に書かなくても良いのだが、毎年シェイプアップをやるときに過去データを参考にすることも多いので、ここでひとつ来年以降のために書き残しておきたいと思う。

【2008年のシェイプアップ方法】
・基本は例年と同じ。食事には制限を設けず、運動によるシェイプアップを目指す。
・有酸素運動による脂肪燃焼&筋トレによるラインづくりの2本だて

【食事について】
・4月のシェイプアップ開始から8月末の終了までは、ジャンクフード、スナック菓子、夜のおつまみは食べない。
・6~7月の本気月間は、魚、豚肉、鶏肉と野菜中心の食事を心がけ、牛肉は避ける。
・本気月間は、週に数日ダイエット晩酌を取り入れて、たまに夜の炭水化物を避けてみる。
 (但し、朝と昼には積極的にお米を食べました)
※もちろん、飲み会やイベントのお誘いは断らない。参加の場合は全ての制約を忘れて楽しむ。

【運動方法&内容】
今年はいつもと違う順序でトレーニングしてみた。
ここ数年の夏季トレーニングでベースとなる筋肉がついていると判断して、最初から筋トレ開始。
・4月から通勤は全てチャリ(片道8km)
・チャリ通勤できなかった日は夜に1時間ウォーキング
 (でも今年は天気が良くてチャリ通勤できたので、ほとんど歩いてない)
・5月からチャリ通勤に加え、筋トレ開始。
 (腹筋50、スクワット50、キックバック各足30。もしくはビリー腹筋編)
・6月後半くらいに筋トレをやめ、コアリズムに変更。チャリ通勤は続行。
 (どうも腹筋がつきすぎてバランスが悪くなったため)
・7月コアリズムを週3に減らす。短期が始まると同時にチャリ通勤のみにトレーニングを減らす。


以上の感じ。
で、結果と感想としては。
おそらく例年やるように、体脂肪率を19%まで落とす必要はない。
あの頃は筋肉が全然なかったので、あのくらいまでやらないとラインを作れなかったが、今年はベースとなる筋肉ができたので、おそらく体脂肪率は22~23%が正解。
これ以上落とすと、ウエストのサイド部分のおニクが落ちすぎて、ラインがカタくなる。
下腹部のふくらみは気になるが、あれが女性の体のラインのひとつであることも事実。真っ平らにすることは年齢的にも生活的にも不可能であるが故、ラインをたるみラインにしないように気をつける。『くいこみor乗っかり』的な下腹でなければ、女性の体としてアリ。

最初に筋トレをやったのは大正解と思われる。特に下半身から始めたので、6月後半には骨盤が内側に入りだし、その後のラインづくりに非常に有効であった。
チャリ通勤による有酸素運動を続けながら筋トレで下半身を作り、その後緩やかに調整する、というのがおそらく正解。
但し、今年は体脂肪率を大きく落とさなかったので、8月後半で通勤をバイクに切り替えると、ラインの緩みも例年より早く感じられる。(例年は10月くらいまで勝手に体重&体脂肪が落ちたが、今年は平行線)

【来年への課題】
・朝食と昼食の野菜をもう少し増やしてみよう。
・シーズンオフに軽い運動を継続しておくとかなり楽。特に下半身。
・今度は二の腕もやってみましょう。
・太腿のカタチも気にしてみよう。
・年間を通して、内腿の筋肉を意識してみよう。
・突然運動をやめないで、ゆるやかに継続してみたら素敵かも。
・2週間おきくらいで固定アングルの画像を撮ると参考になります。


ボディ部については大体答えが出た感じなので、来年以降はもう少しディテールにこだわってみよう。

今年はちょっと精神的にも余裕が出来て、ビーチで他の人の体を見て『別にそんなに思い詰めなくてもいいのカモ』とは思ったが、まあ結局自分で自分を許せないと意味ないので来年もがんばろう。
「いいじゃん別にこれで」と思うことは、女としての終わりを迎えることだ。
年齢は容赦してくれぬので、あとは自分の意志でがんばるのみだ。
1年のうちのたった3ヶ月。来年もがんばってみましょー!

ということで、そろそろ串揚げ&中華食べ放題&ジンギスカン&豆乳鍋に行きたいな(爆)


スポンサーサイト
2008.08.30 下人究明
今日も朝から短期教室。
仕事を終えてばたばたと家に帰って、すぐに二代目を見る。
ああ・・・・・・。

またプールできてるorz

ってことは、昨日補強した場所が原因じゃないってことか。
じゃあどこだろう・・・。
水を吸い出し、窓を開けて乾燥させながら、あちこち調べてみるが・・・分からん。どこにもそれらしき跡がない。
おかしい、どこかから漏ってるなら絶対水が流れた跡がありそうなのに。
水がこれだけ溜まってるのに、ドアや窓を水が伝った跡がない。
どこだ・・・どこだ・・・・・。

すると空に、いい感じの雲が出てきた。

おーきたきた!いい雲キターーー(°∀°)!!
080830_1237~0001

絶対原因を見つけてやる。
こんな水浸し、今日で終わりにしてやる。
もう二代目をこれ以上ひどい目に遭わせない!!こんなになるまでに、きっと予兆があったのだ。それに気付かなかったのは私の責任だ。本当にごめん、二代目。
今日でこんなこと絶対に終わりにするから。絶対にまた快適な状態にしてあげるからね。

雨が降り出したので、懐中電灯を持ち込んで二代目で待機。

さあこい、雨漏り!!
080830_1719~0001


小降りで5分経過。まだ何も起こらない。
小降りで10分経過。まだ漏らない。
本降りになってきた。
本降りで5分経過。まだだ。
本降りで10分経過。まだ。
本降りで15分経過。

まだ・・・・・・・・・。

いや。

なんだか気配がする。絶対に何かが起きてそうな気配がする。でもどこにも水は見えない。
でも絶対に気配がする。どこだ。ここか?違う。どこだ?

・・・・・・分かった!!ここだ!!!!

予想もしなかった、幌の後部の部分。
ここに大きな空間があって、そこに懐中電灯の灯りを当てると、キラキラと揺れる水面が。
これか!!
急いでセームを突っ込んでおいて応急処置し、外に出て車体にブルーシートをかける。雨は本降りから土砂降りになっている。
原因箇所が分かったので、対策は明日以降やろう。ブルーシートをかけておけば、もう水は入らないだろう。

ずぶ濡れになった髪を乾かしつつ家で待っていると、カブトが仕事から帰ってきた。
事情を話すと、「ちょっと見てみる」と言ってくれた。「場所は分かったから明日以降の雨がやんでる昼間でいいよ」と言ったのだが、「雨が降ってるときに水の通り道を見ておきたい」とカブト。
なんと仕事熱心な男か。

カブトに見てもらうと、驚くべき事実が発覚。
場所はそこで間違いないのだが、どうやらそこは『水が入ってきて仕方のない場所』らしい。
あきらかに水を溜めるつもりの形状になっているとか。
ではなぜそのまま溜まる!?
「これでなんでドレーンがないんだろう・・・おかしいなあ・・・」

そこでカブト隊長の『魔法のドラえもんハンド』が発動!
なにか車内でゴソゴソ動いてると思ったら、ジャバー!!とすごい音がして、水の流れる気配が!!
「なっ、なに今の!?」
「ドレーンやっぱりあった。砂で詰まってたみたいだから、指つっこんだら水が流れてったよ」

さすがカブト隊長・・・!!
隊長、せっかくですから反対側の穴もそれお願いしますw

こうして、二代目を襲った最大の危機はとりあえず去った模様。
いや、エンジンストップの原因は今ひとつ分かっていないので、完全には去ってはいないのかもしれぬが。しかし再現せぬので仕方ない。

一時はかなり悲観的になって泣きもしたが(笑)、今回もカブト整備隊長のおかげでなんとか乗り切れそうだ。
明日も1日、乾燥デーだな。
そしてあれだ、カビる前のスプレーも買ってこよう。







帰って改めて二代目を見ると。

ああ・・・・・・。

助手席の足元に、プールができてる(;´Д`;)イヤー!
古いセームでひたすら水を吸わせて絞る。吸わせる。絞る。吸わせる。絞る。
しかしセームって優秀だなあ。ものすごい吸うぞ。面白いくらいだ。
吸わせる。絞る。吸わせる。絞る。吸わせる・・・・・

単純作業をひたすら繰り返す。無心に繰り返す。
しかも気が付くとよりによって、「あっめあっめふっれふっれかーあさーんがー♪じゃっのめっでおっむかえうっれしっいなー♪」 と鼻歌を歌いながらやっていた。
なんでこんな歌を口ずさんでるんだ。
雨のせいでこんな目に遭っているというのに・・・。

なんとか水分を吸い取り、窓を開けてなるべく乾かす。
試しにエンジンをかけてみたら、ちゃんとかかった。止まらない。うーむ。
仕事から帰ってきたカブトに見てもらうが、おそらくどこかに溜まった水がブレーキを踏んだときにナニカにあたったんじゃないか、と。
まあ致命的な展開にはならなかったようなので、良かった良かった。

さて問題は雨漏り。
2人であちこち懐中電灯で照らしてみるが、どうも雨が漏った形跡がない。絶対どこかにあるはずなのに。
とりあえず幌の劣化しているところを補強して、次の雨で様子を見ることにした。

さてと・・・・・。




すごかったですね、昨夜の雷雨。ライウと書くとなんのことか分かりませんね。ライウ~。

朝起きてテレビをつけたら、電車が遅れているとか高速が通行止めだとかなんたらかんたら。
あらら、〇〇先生大丈夫かな、△△先生間に合うのかな・・・なんて人のことばかり心配しつつ、混雑を予想して、いつもより早く車で出勤。

が・・・・・・。

裏道からバス通りに出るための一時停止をした途端、二代目が突然苦しそうに震えだし・・・え?え?

ゴゴゴゴゴ・・・ゴン・・・・・

え?なんでエンスト!?エストくんならいざ知らず、なんで二代目がエンスト!?
急いでエンジンをかけてみる。かかった。が、すぐ落ちる。かける。落ちる。かける。落ちる。
アクセルを煽ると少しもつが、すぐにまたアイドリングが不安定になって落ちる。
さてと・・・・・。

慌てずハザード出して、考えてみる。バッテリーは去年換えたばっかだしなあ。症状的にバッテリーじゃない気がするが、バッテリーランプが点いて落ちるので、関係あるのかなあ。
ううむ、全然思いつかぬ。
とりあえずカブト整備隊長に電話してみるが、もちろん電話で話しただけではカブトにもはっきりとは分からない。「まあ見てみないと分からないけど、結構めんどうそうだね」とのことだが、もう既にかなりメンドウな事態になってるんですけど(笑)

とりあえずここに置いておくわけにもいかぬし、カブト隊長は遥か遠くの大和の地を目指しているところなので自力でがんばるしかない。いよいよJAFか。あ、そういえば先月末で会員証切れてたw忙しくて更新手続きやってなかった。今から振込みしてもアリかしら。どうかしら。っていうかそんなことしてたら仕事絶対間に合わねえw

やっぱり動かすしかない。今日は絶対に仕事休めぬのだ。
後続が来ないのを確かめて、もう一度エンジンをかけてみる。
回転を高めに保てばなんとかなりそうなのを確認して、ゆっくりバック。近くの駐車場を使って方向転換させてもらい、高回転を維持しつつ徐行で自宅へ戻る。
停止するときも曲がるときも回転を落とすとエンジンが止まるので、ひたすらヒール&トゥ。こんなところで役に立とうとは(笑)

なんとか自宅の駐車場まで戻り、二代目を駐車する。よかった、たどり着けて・・・orz
しかしラリーやってなかったらあそこであきらめて立ち往生だったな。
テンパらないで対応できたのも、ここまでごまかしごまかし持ってこれたのも、ひとえにラリーのおかげだろう。
割に実生活に役に立つラリー。っていうか普通は車はこんなに問題起きんか(笑)

駐車場に止めてふとよく見ると、なんと助手席側の足元が・・・・足元に・・・さざなみが立ってる∑((゜Д゜)))ガーン!!
二代目は幌なので、ひどい台風のときなどは雨漏りするが・・・だからってこんなになるほどじゃないのに!!

急いで仕事に行かねばならぬが、このままにしておくわけにもいかぬ。
いつも職場に30分早く着くようにしているので、幸いまだ少しなら時間がある。
急いで家に戻ってタオルを取り、ばたばたと水を吸い取る。ああ、いくら取ってもキリがない・・・・・。
とりあえず時間いっぱいまでがんばって、今度はバイクで出勤するための装備に着替える。
ブーツ履いて、ジャケット着て、メットとグローブ取りに行って・・・・!ああ急がねば。時間がない。さっきから走り回っているのでもう汗だくだ。そういや出勤するだけだからと水着を着てるんだった。そりゃ水着を着てこんなに走り回ったら汗かくよなあ。
しかもなんだかハイテンション。ああ、この妙な高揚感はなんだ!?朝から何ひとつ良いことなんぞ起きておらぬのに。どうやらあまりのショックに突き抜けたらしい。

そして仕事をしている途中で、ようやく現実に戻った。
二代目、復活できるのかなあ・・・・。被害状況をしっかり確認する時間がなかったけれど、どの程度なのかな・・・・・。

つづきに、つづく。






2008.08.27 第一印象
『夏の日の1993』を聞いて、もうひとつ思い出したことがある。

「普通の女と思っていたけど」という歌詞。
はたと思った。
あの頃の私って、みんなにどう思われていたのかしら?

ううむ。どうかな。
美人でもじゃないし、ムネがデカいわけでもないし、かわいい系でもないし、派手なわけでもないし、これといった特色はない・・・まあ頬袋を持ってはいるが、多分普通の女の子と思われていたのでは・・・・・。
と、そこまで考えて思い出した。
そういや私、一度先輩に聞いてみたことがあるのだ。
「私の第一印象ってどうでした?」 と。

そのときなんと言われたか。まさに10数年の時を経て、先輩のセリフが突然36歳の脳に蘇った。


「こいつは問題起こすやろうなあ・・・って。こいつ絶対問題児になる、って思った。別に目立ってたとかじゃないけどな、直感的に」


なんだその第一印象。すごくないか。
しかしまあ実際にその後4年間私は問題を起こし続けたので、先輩の第一印象は当たっていたことになる。けだし名言というべきか(笑)
・・・って、笑ってる場合じゃないのかもしれんが(爆)

ちなみに大人になってからは、今度こそ『普通の人』と思われるようになった気がします。
・・・・・多分(笑)





2008.08.25 夏の日の2008
帰り道のラジオで、『夏の日の1993』が流れた。
リクエストした男の子のメッセージが紹介されて、「高校の頃にこれとまったく同じシチュエーションで恋に落ちました。思い出深い曲です」と言っていたので、なんとなく歌詞を聴きながら走っていた。


・・・・・・・!!


いい曲だなーとは思っていたけど、歌詞を聴いて鳥肌が立ってしまいました。
いいじゃんこれ・・・・。

とは言え、別に歌詞が深いとかじゃなく、まんまの状況を歌ってるだけの歌詞なんだけど。
歌われてるその状況を想像したら、なんだかすごく、自分が大学生くらいの男の子になった気分になってしまって、鳥肌が立ったんです(笑)


要約すると、ただの友達、特に気にも留めてなかった女の子が、水着を着てプールサイドに立ったと。
そしたら『まるで別人のように魅力的』であったと。
おお人違いか、ああそうじゃないよ。普通の女と思っていたのに、いきなり恋してしまったよ、夏の日のキミに。
みたいな。

なんか要約すべきじゃなかったかしら。この文章でむしろダメにしてしまったような(笑)
まあ、歌詞は皆さん大体知ってるだろうし、検索すれば出てくるので見てくらさい。

で、まあ、大事なのは歌詞じゃなく。その状況。
男の子には大抵、そういう経験ってあるんじゃないのかな。どうかな?
私は男の子じゃないので、脳内でちょっと想像してみました。

映像として想像する場合、彼女がグラマラスであるかどうかという点が気になるが、個人的には多分そこはあまり問題じゃないと思う。きっと彼女の素肌を見たのが一番ギューンときたんじゃないのかな。
まあ、人によって好みは多様なので、『バストはCカップ以上ないと萌えぬ』とか『いやいや俺はそこはかとないバストが萌える』とか『俺はD専なのでムチムチブリブリパッツンパッツンじゃないと』とかいろいろあるかと思いますが、そこはそれぞれ想像して頂いて。

多分むしろ大事なのは、『日頃とのギャップ』なのかもなあ。
女の子の体の肌って、普段見ることないからね。男性にはない、きめの細かい肌の質感や曲線にギュームとくるのではないかと。
ああ、1日だけ男になれるのならば。この歌詞のような体験をしてみたい。

ちなみに1993年の夏と言うと、私は21歳。おお若けえ。当たり前か、15年前だorz
あの頃の私が、近くの男性たちにこのような感慨を与えられたかと考えてみたが、どうも自信がない。
部活で真っ黒に日焼けしていたし、頬袋は今よりパンパンだったし、海に行ったらじっとしてなくて、バカスカ防波堤から飛び込んだりしてたし・・・・・・
「普通の女と思っていたのに、おおセクシー」 というより、
「普通じゃないとは思っていたが、やはりちっともじっとしていないこの女」 って感じだったろうなあ。

女と生まれたからには、一度くらいは男性をこの曲のような気持ちにさせてみたいものだが。
時すでに遅し。もはや36。




先日の話。
仕事を終えて駐輪場からバイクを出していたら、背後から「キャー!」という黄色い声が。
振り向くと、最近新しく入った大学生女子コーチが2人、こっちに走ってきた。

「キャー!イイダ先生のバイクですかこれ?うわー!」
「あたし今朝このバイク見て、かっこいー、誰のかなーって思ってたんです!キャー!」

うちの職場は美人揃いであるが、この2人はその中でもかなり美人&かわいい2人。
アリシアコーチ(仮名)はダイアナの再来かと思うほどのスラッとした美人。実は最初に見たとき、ダイアナが遊びに来たのかと思ったほどだった。
もう1人のジーンコーチは、どこかの女子アナに似た、かわいい顔した美人。
こんな2人にキャーキャー言われたら、美人好きの私としてはもうタマランw

「うわー、本当?ありがとーw 2人ともバイク好きなの?」
「好きです!めっちゃ好きです!キャー!」
「これって中免ですか?キャー!うそー!キャー!」
「250だから中免で乗れるよ。そんな好きなら、免許取ったら?」
「中免めっちゃ取りたーい!キャー!でもバイクっていうより、このバイクがいいよねー!」
「そうそう!このバイクチョーかっこいー!かわいー!」

キャーキャー言いながら、エストくんのタンクをペタペタさわりまくる2人(笑)

「あ、ありがとうw 免許取れたらさ、一緒にツーリングとか行けたらいいね~」
「キャー!ツーリング!!あたし鳥肌立ってきたー!」
「すごーい!ツーリングとか!!キャー!マジやばーい!」

2人とも本気でバイクが好きみたいだし、本当にエストくんを気に入ってくれているようなのだが、どうもこう、文章にするとからかわれているように見えるw
なんというかこう、年齢差のためか、言葉の壁が・・・・・(笑)

免許を取る気は十分にあるらしいのだが、残念ながら親の了承が取れないらしく、現在まだ計画中の段階なのだとか。まあ、女の子は大体反対されるからねー。
でも、いつかこんな女の子たちと一緒に走れたら、楽しいだろうなーw




2008.08.24 チラシの表
先日の撮影会の写真が、チラシに印刷されました。

これが評判がめちゃくちゃいい(笑)
私がげらげら笑っているところを上手い具合に使ってあって、すごく楽しそうな写真になったらしい。

「イイダ先生!チラシできたから見てください、最高ですよ!」
「えーっと、ああ、あたしめちゃくちゃ笑ってますねえ(笑)」
「いやー、楽しそうな写真が使えて助かりましたよ!」
「モデル料は高いですよw あ、ダンナにも見せたいので、1部もらってっていいですか?」
と聞くと、丁寧にクリアファイルに入れてくれたw

家に帰ってカブトに見せると、
「あー、これいつもの顔だねえ、ニヤーっとして(笑)」

知ってる人は分かると思うが、いつもの私の『良からぬことを考えているときの顔』。
知らない人には、『自然な笑顔』と写るらしい(笑)

スクール長自ら「今度からの写真は全部イイダさんでいこう!」と言われたので、次からは強気で、モデル料はコーヒー牛乳じゃなくて焼肉くらいをリクエストしてみようかしらw



2008.08.23 親といふもの
先日、弟2号の日記を読んで、ふと思ったのですが。
うちってちょっと変わった親だったのかもしれん、ということ。

弟2号の日記に書いてあるとおり、我が家にはこれといった禁止事項がなく、遊びに行くにも誰とどこに行くとか言う必要はなかったし、勉強しろとか宿題やったのかとか成績上げんとどうとかも言われたことがなかった。もちろん大人になっても何ひとつ口出しされたこともなく、結婚まだかとか子供まだかとかも、全く言われたことがない。もちろん、前回のナニをアレするときも何も言われなかった(笑)
その代わり、箸の持ち方や食事のマナー、公共の場所でのマナー、姿勢、敬語や挨拶についてはかなり・・・・というかハンパなく厳しかったキオクがある。

しかしうちの親が厳しかったのはそういうことだけで、他については本当に何も言われたことがなかった。
社会人になって、ふと疑問に思ったので母親に聞いてみた。


「そういえばさあ、 うちって本当に何も言わんやったね。
それに、考えてみたら、私がラリーやることについても、何も思わんやった?」


母の答えは・・・・・
「それはもちろん心配だが、心配なことを全て制限するわけにもいかないし、親は子供についての全てが心配なのだから、24時間365日くっついていたってどのみちその心配はゼロにはならない。
私のお腹を出た時点から、私の人生とその子の人生とは別のものになる。その子の人生はその子のものだから、あれやこれや言っても仕方ない。自分で選んで、決めることだ。それに自分が何も言わなくても、自分の子供たちにはそれができると思っているから、実は正直あまり心配してない(笑)」
みたいなことを言った。

なるほど。と思ったが、それって結構大変なのではなかろうか?

「例えばゆきちゃんがラリーするのをあきらめさせたとしてね。あんたが普通に生活しようときに道で交通事故に遭って死にそうになっとうとするね?
そのときに『ああ、お母さん、私本当はラリーやりたかったとよ』って言われてもね、お母さんは何もしてやれんやろ?謝ってもどうしようもないやろ?
ゆきちゃんがラリーに行くときもね、もしかしたらこの子とはもう会えんかもしれん、と思って覚悟はして送り出しようけど、別にそれはラリーに限ったことじゃなく、誰にでも、いつでも、起こりうることやけどね」

それってどういう気持ちだろう。
その時点でもうラリーを続けて数年経っていたが、いつも普通に『いってらっしゃい!楽しんどいで~』と言ってくれるだけで、やめなさいとも危ないんじゃないのとも、何も言われたことがなかった。
トロフィーを持ち帰ったら喜んでくれるから、危険な競技だって知らないのかな?と思っていたが・・・・・。


あ、父ですか?
父は母よりもちょっと、あれこれ反対したり、注文つけたりしました。が、理由は全く別のところ。

「自動車部!?そんなの許さん!いかん!だって部員は男ばっかりやろうが!!」

「どうせ語学やるならフランス語が良かろ。ゆきちゃんにはフランス語の辞書を持ってキャンパスを歩くのが似合っとう、うん、絶対似合う」

「車はスポーツカーにしなさい、2シーターの。うん、そして絶対に男は乗せるな」

「バイクやらいかん!あんたのかわいい顔に傷がついたら・・」

もう書くのも恥ずかしいが(笑)、まあ、うちの父は36歳になる今の私も、「僕のゆきちゃん」と思ってるようなので・・・。
なんというか、何度ヨメに行ってもまた帰ってきそうなあたりが彼を勇気づけるらしい(爆)


ちなみに、ラリーやってるってずっと内緒にしてたのに、つい九州チャンピオンになったときに嬉しくて、トロフィー見せたんです。そしたら父。
「なに、九州チャンピオン!?俺やら世界チャンピオンぜ!!ギネスにも載っとうとぜ!!」


娘がラリーをやっていたという事実を、自分の競争心によってあっさりスルーしてしまったようで、一番の懸案事項はあっさりと解決したのでした(笑)



仕事してると足が痛いので、イトウ先生の勧めで整骨院?接骨院?整体?みたいなとこに行ってきました。
事情を話すと、ほうほうそれはお困りですね、では水に強いテーピングしましょう・・・とすぐなった。ホッ。

しかし出してきたのは何やら電極みたいなもの。あれ、すぐテーピングじゃないの?
電極パッドを足の甲と裏につけてマジックテープでぐるぐる巻き。もしやこれは・・・・・
「ではまず電気治療して、それからアイシングして、それからテーピングしますね^^」

ヒイ。私電気治療苦手なのよ(涙)家電売り場の体験でもヒイってなったし、お風呂屋さんの電気風呂とかも絶対ダメだし!
「あのう、あのう!これってビリビリきます?ビリビリ?痛いですか?痛い?」
慌てて質問する私を見て先生、
「大丈夫です、そんな強い電気じゃないですから(クス)」
ああまた笑われた・・・・orz

しかしスイッチを入れるとビリビリというかジワジワくる。足の指が、何もしてないのにグニーって動く。
ヒイ。やっぱりこれ苦手><
思ったより長い時間であったが、気のせいかそのうち腕とか首とかお腹とかの皮膚もピリピリしてくる気がする。キノセイかしら。キノセイよね。これってキノセイ?
ものすごい落ち着かない時間の後、ようやくアイシングしてテーピング。

とりあえず、歩くのは随分楽になった。
さて、これで午後の仕事も楽になるかな?



仕事を終えて髪を拭いていると、
「あのう、イイダ先生、マリ先生、ミッシェル先生・・・ちょっと」
と事務所の男性に声をかけられた。
「今度やる、ウォーキングクラスのチラシの写真モデルになってもらえませんか?」

あらまあwそういうことは事務所を通してもらわないと♪

などと冗談を言っていたが、どうも良く聞くと冗談じゃ済まない内容。
つまり。

「30代~40代をターゲットにしたクラスなので、年齢が合う先生にモデルになってほしい」 と。

いあ、あたしは確かに36ですしね、まさにその適性モデルではありますけどね・・・。
この年代のコーチが今日は少ないので、私とマリ先生と、若いけれどミッシェルコーチにも声がかかったらしいのだが。

「あ、ミッシェルコーチは顔が写ると若いのが分かっちゃいますから、後ろ姿であっちに歩いてください。で、イイダ先生は最前列で。あ、イイダ先生、こっち見て笑ってください」

最前列で顔も写すと言うが、ちっとも嬉しくないぞ・・・・・。

「あ、カメラの都合によりあまりズーム効かないのでもっと近くに」
「あ、カメラマンの都合により、動いていると撮りにくいので止まったまま歩いたフリで」

なんか色々と都合が多い撮影会だな(笑)

それにしても中年女2人、前後に並んで歩いているカタチで静止して笑顔を浮かべているなんて、どう考えてもどうもおかしくて・・・・おかしくて・・・・・・
「プッ、あはは、アハハハハハハハw」
もう爆笑w

こんなにゲラゲラ笑いながらウォーキングする人もいないだろうというくらいに笑いまくった画像が撮れましたw
チラシができるのがちょっと楽しみですw



2008.08.21 ホネ、その後
昨日の夜から寒気がしてたまらぬ。こりゃきっと熱出てるな。
そういえば昔、先輩に聞いたことある。「ホネいったときは熱が出る」って。まじか。これか?
今朝になって熱を測ってみると、・・・微熱程度であるが確かに熱がある。
きたか。ついに。

朝の仕事を終え、上司に断って慌てて一旦帰宅。
確か通勤時、開いてるくさい病院見つけた・・・・・。
レントゲン設備があるのかどうかも不安になるほどのボロい病院であったが、まあこの道の専門家は少なくとも数人いるだろうから、なんとかなるだろう。

「イイダさーん」と呼ばれて診察室に入ると、もうヨボヨボのおじいちゃん先生が。
がしかし、見た目と違って受け答えはしゃっきりしている。
そして私の右足を、シンデレラの王子様のように両手で持ち上げると・・・ニヤリと不敵な笑みを浮かべ、
「いやな腫れ方だねえ、ええ?」

そして断りもなくグッと足の指を押してくる!!

「ぎえええ!いたい!!いたいです先生!」
「ふっふっふ。このね、足の裏側に内出血しているね?ここに内出血するってことはね、ホネいってるときなんだよ。〇〇くん、レントゲン!第4指と第5指!」

レントゲンを撮ってもらって診察室に入ると、先生がじっとレントゲン画像を見ている。
「・・・・ヒビは入っとらんようだね」
なんだかちょっと残念そうな先生(笑)
「でも、動かしたらいかんことには変わりないぞ。かなり腫れとるからね」
「ははあ、ではテーピングとかで固定するんですか?」

なぜか知らんが、私のこの『テーピング』という言葉が何かいかんかったらしい。
突如先生のテンションがアップ!!

「テーピング!?そんなケチなもんはしません!当て木します!〇〇くん、第4指と第5指の当て木を準備!!」
「あっ、あのっ、当て木って添え木みたいなやつのことですよね?それつけたらプールには・・・」
「何を言っとるんだね、もちろん入れんよ。フロもダメ」
「それは困るんです、今週土曜までは絶対に休めないんです、仕事」

これがさらにいかんかったらしい。

「仕事!!そんなもの休みなさい!治してほしかったら医者の言うことを聞くんです!そうじゃなかったらここに何しに来たんですか!!ええ!?」

ええと・・・・一応現状確認したかったのと、できれば痛みを抑えて仕事できるようにテーピングしてほしかったのと、一番の理由は、ヒビが入ったホネの画像を見たかったからです(照)

なんて言えるわけもなく。
激怒したおじいちゃんをこれ以上怒らせるとヤバそうだったので、黙って右足をシンデレラ台に差し出し、当て木して包帯グルグルにしてもらいました。
もちろん、こんなに怒らせておいて、
「あのう、ホネのレントゲン画像、写メール撮ってもいいですかw?」
なんて聞ける雰囲気でもなくorz

しかしどうも納得いかん。ヒビ入ってないならここまでしなくてもテーピングで十分なのではないか?
周囲にも、ホネにヒビ入った人というのが何人かいたが、みなさんテーピングで仕事してましたよ。ヒビ入ってないのに当て木なの??
どうしてテーピングじゃだめなのかなあ。でもその説明してくれなかったなあ。

家に帰って色々考えてみたが、やはりこれは当て木しなくてもいいんじゃないか?という結論に達したので、外してまた仕事に戻りました(笑)

で、仕事に戻ったときの上司の一言。
「ハハハ!でもイイダさん、ラリーやってるから骨折とかヒビとか日常茶飯事でしょう?たいしたことないでしょう?」

いあ、そんなに頻繁にポキポキ折ってたら競技としてヤバいでしょう・・・w

まあ、とりあえず。
がんばって牛乳飲んでくっつけよう。



もしかしたら。
足の指の骨にひびが入ったかもしれませんw
コーチ仲間に見せたら、「それ絶対ヒビいってる!!」ということらしいが、そうなのかな?

でも周辺の整形外科は木曜休診らし。
だから明日はいつも通り仕事に行ってみるテスト。まあどうせ忙しいしw

まあ足の指くらいなら命に影響ないし、折れたならともかくヒビ程度なら大事なかろ。
アウト荷重にしなければ歩けるし。
O脚改善のためにも、イン荷重を心がけることは良いしな。

まあ・・・なんかすごい色になってるけどwww


今朝見た夢。

私は大学生に戻っている。
いつもの如く試験前で、なんと全然学校に行ってない私は、またもや友達に電話をかけまくって時間割を調べ、試験範囲を聞いて、一夜漬けでなんとかしようとしている。

とりあえず、明日の2限目は社会。(社会??)
試験範囲を書いたプリントを見ると、『〇〇問題集より』と書かれている。なんだよ〇〇時代~〇〇時代とかのくくりとかないのかよ。でも問題集より、と限定されていれば、一夜漬けでも60点くらいは取れそうだ。
さて問題集はと・・・・と開くと、まあ当たり前だが全く解いた形跡がない(笑)
まいったなあ、ちょっとくらいは答えを書いていれば話は早いんだが・・・・・ってまあ全然大学行ってなかったしな、仕方ないか。
気合を入れて自力でやってくか、と思ったが、よく考えると今日からコンビニのバイトを入れたんだった。なんで試験スタートと同時にバイトを入れるかなあ私。

店長にもらったシフト表を見ると、なんと明日の2限にかかっているではないか。
慌ててコンビニへ行き、店長に交渉。
「えー。明日は人が足りなくてさあ、サイタちゃんアテにしてたんだよ」
「すみません、その代わり試験終わったらすぐ来ますから」
なんとか交渉して、明日は代理の男の子に入ってもらうことに。
ここのコンビニは山奥にあって、お客が全然こないのでヒマなのが最高に良い。店長も「お客が来ないときは控え室で休んでていいよ」と言ってくれるくらいなので、やることがなくて最高だ。
だから私が突然休んでも問題ナイと思われるのだが(笑)

次のシーンでは、部活の飲み会のシーンになっている。
私は4年生の先輩と付き合っていたが、つい先日、先輩に新しい彼女ができて別れたばかり。
しかし周囲にはまだそのことを言っていないのと、せっかくの飲み会が微妙な雰囲気になると申し訳ないので、私は何事もなかったかのような顔をして参加している。

するとその元カレが、ペットのフェレットが最近産んだという子供フェレットを連れてきた。そのフェレットは私も一緒にかわいがっていたコだったので、産まれる子供を楽しみにしていたのだ。
それを思って元カレは連れてきてくれたのだが、今はそんなことすら辛い。
「こいつの名前、お前がつけてやってよ」
「えー、〇〇さんの飼ってるフェレットじゃないですかー。私が名前なんてつけちゃってもいいんですか(笑)〇〇さんがつけたほうがいいですよー」

だってもう、新しい彼女といるのに。私が名前なんてつけられるわけないし、私が名前つけたフェレットをかわいがるのは、新しい彼女でしょ。
男って本当に無神経だ。
「お前が元気にしてるか気になってさ・・・元気そうでちょっと安心した」
身勝手な理由で別れておいて、元カノには笑顔で元気にしていてほしいと言う。笑えるわけないじゃんか。ばかか。笑ってるのは無理して笑ってるんでしょうが。そんなことも分からんのか。
元気なわけない。でもこんなみんなのいる飲み会でしょぼしょぼ泣くわけにもいかんやんか。
そんなことする女じゃないって分かってるから、こんなところでそんな話をする。ここなら私は泣かないし、取り乱さないから。
別れたんだから放っておけばいいのに、こうしてわざわざ会いに来てヘンなところで優しくして、でもヨリは戻せないんだから結局残酷なことになる。
ああまったく。

・・・・・・という、ミョーにリアルな夢でした(笑)

って、マジにリアルだ(爆)





毎年のお盆休みを締めくくる、さいたまワールドフェスタです。
うり隊長は昨日すでに下見を済ませたらしいが、もちろん本日も参戦ですw

残念ながら朝から曇ってて、肌寒いくらいのお天気。くっそう、晴れてて暑くないとビールが進まないじゃんかよう!!

と言いつつもちろん飲むけど。
080817_1244~0001

今年はちょっと屋台の内容が変わって、楽しみにしていた3色丼とソーキそばがなかった。ぬう。
変わりにアジアン系とスイーツ系が台頭。特にスイーツ系は今までで一番アツかった。
ちなみに今回私たちが食べたのは、あらびきドイツソーセージ、生春巻き、シンガポール風焼肉のムーナントカ、アジア系骨付きニクの焼鳥のカ・・ナントカ、パッパカパンライス、鶏ラーメン・・・という感じ。
本当はもっといろいろ食べたかったけれど、胃袋の限界にきたので断念。
それにしてもうり隊長はすごい。
どデカい佐世保バーガーをしょっぱなから完食し、その後も次々と何やら食べていた。やはり格が違うぜ。

所詮格下の私はこんなもんです。
080817_1245~0001080817_1249~0001080817_1322~0001080817_1249~0002080817_1318~0001080817_1318~0002080817_1352~0001080817_1319~0001080817_1332~0001080817_1351~0001080817_1354~0001080817_1358~0001

いやあ、食べた飲んだ。もう満足です。
最後にドラゴンアイスでシメて、今年のワールドフェスタはおしまい!
来年こそはソーキそば食べたいわ。久し振りにケバブサンドも食べたいし、早々に売り切れになったタコライスにも興味がある。小さくなってくれれば、ハワイアンバーガーだか佐世保バーガーにもチャレンジしたい。でもパッパカパンライスはめちゃウマだったので来年も外せないし。
ああ夢はふくらむが選ばれてない民の私の胃袋には限界がある。
来年こそは2DAYS参戦しないと無理かしら。どうかしら。

そんなこんなで、また来年♪
080817_1359~0001

さあ、長いようで短かった10日間の夏休みも今日で終わり!
明日からはまたお仕事の日々よ。そして明後日からはハードワークの開始だ。
夏休みは終わったとは言え、夏はまだ終わってない。できたら少なくともあと1回は海水浴にも行きたいわ。
残り2週間、全力でこの夏を駆け抜けるわよー!


DSの漢検1級合格しました~w
昨日あたりから150点くらい取れるようになってきて(合格ラインは160点)いたので、今日あたりいけるかなと思ってはいたのですが。
晴れて170点で合格~w

さて。
やることがなくなった(笑)

とりあえずデコってみるか。

デコ~♪
080816_1833~0001

うむ。かわいいw

しばらくはカブトのソフトで遊んでみるかな。
なにか面白いソフト知ってる人いたら教えてくださいw




先日、アルペンのアウトレットを見に行ってみたら、ツーリングテントがかなり安くなってたので買ってしまいましたw
これさえあれば、泊まりがけのツーリングがかなり安く浮くかも♪

ってことで、試し張りするために秋が瀬公園まで行ってきました。
降水確率70%というのに、周囲はBBQを楽しむ人でいっぱい。みんな結構チャレンジャーですね。

それにしてもびっくりしたのだが、最近のテントってすっごく良くできてるのねー。
なにあの骨組みのカチャカチャなるやつ!!すげー。なんか短いなーと思っていたのよね。まさかこんななってるとは・・・・・。
「すげー!スゲー!すげー!」と感動しまくっていたら、「あなた一体いつの時代のテントと比べてるんですか」とカブトに突っ込まれた。考えてみたら、小学校のときの三角テント以来だな。技術の進歩って感動的だわ。

ってことで、意外とカンタンにテント設営完了~♪

ツーリングテントだから小さいよw
080816_1125~0001

早速いそいそと入ってみる。
ふむ、低いが中はなかなか快適・・・・・かと思ったら、異常に暑い(汗)
「そっちにベンチレーションがあるよ」とカブトが言うので開けてみたら、そこはフライシートでふさがれていた(笑)どうやら設営方法に問題があった模様。
風が抜けないテントはもはやサウナ状態。体中から汗が吹き出てくる。
「暑い・・・・・異常に暑いよ」
「なんでだろうねえ」
「普通の暑さとはちょっと違う気がする、なんかこう熱気すら感じる・・・ハッ!原因判明!!」
「なに?」

なんと熱源が隣に。
080816_1126~0001

もはや冗談では済まないほどに暑くなってきたので、テントを出て外でお昼を食べる。
おかしい、今日はあわよくばテントでお昼寝しようかとすら思っていたのに・・・。
椅子を並べてサンドイッチと紅茶でお昼を済ませ、他人のBBQを観察しながらのんびりとする。ああ、素敵な午後の過ごし方・・・・・。

そのとき、バサッと音がして、ドングリの枝が目の前に落ちてきた。
見てみると、青々とした葉っぱと大きな実がついた枝。枯れて落ちてきたようなものでもない。
これはもしかしたら・・・・ハイイロチョッキリの仕業かも!?

実のすぐ下で切られた枝。
080816_1119~0002

切り口を良く見てみると・・・スッパリ!やっぱり!
080816_1119~0001

チョッキリを知らない人も多いと思うが、ハイイロチョッキリはドングリとかの木の実にタマゴを産む、オトシブミ科の虫です。
木の実にタマゴを産んだら、枝を切り落として地面に落とす。切り落とす理由は、幼虫が地中でさなぎになるために効率的だとか言われているらしいけど、まだよく分かってないらしい。
チョッキリの種類によっては、タマゴを産むのは実ではなく葉っぱだったり、切り落とすのも実だけ落とすとか葉だけ落とすとか、または切り落とさないのもいたりするらしい。
まあ細かいことは検索してみたら色々出てくると思いますw

ハイイロチョッキリが切り落とした枝かどうかは、見ると結構すぐ分かる。
上の画像のように、切り口がスッパリと切れている。ドングリの周りに、穴を穿ったときのくずがついてたりする。
ほえー、すげーwと思っていると、結構バサバサと落ちてくる。
1時間ちょっとの間に3回は落ちてきたぞ。がんばれチョッキリ。産めよ増やせよハイイロチョッキリ。

一休みしたところで、公園内を散策してみる。

あやしげな沼をハケーンw
080816_1318~0001

近寄ってみると、ザリガニやオタマジャクシやカエルがいっぱい。キモイけど面白いのでガン見w
巣穴から出入りするザリガニや、顔だけ水の上に出してこっちを伺っているカエルなど、なかなか見られないものが見られて面白い。
「ユキコの足元でザリガニが戦ってるよ!!」とカブトが言うので見てみたら、ほんとだ、大きなザリガニと小さなザリガニがバトルってる!

どっちもがんばれーw
080816_1312~0003

ハサミと触角で相手をバシバシ叩いて戦っているが、どう見ても小さい方が形勢不利。ってことで、小枝で私も援護してみたが・・・・力を入れすぎて大ザリ横転!!お腹と足を見せてジタバタする様子は、もはや画像を撮ることができぬほどにコワイ(涙)
「うぎゃああー!裏面キモイ!裏面見たくない!裏面きらい!!うぎゃー(涙)!」
しかし横転の責任は私にあるので、嫌々ながら小枝で復旧させてやり、気を取り直してバトル再開・・・・と思ったら、大ザリも小ザリも戦意喪失したらしく、バトル終~了~。
まああれだ。これで沼に平和が訪れたってもんだ・・・・・。

他にもトンボとザリガニのバトルとかあって、なかなか面白かった。
沼って結構見どころたくさんあるな。
でもキモイやつばっかりでアレだけど。

たまにはこういうのも面白いな。キモイけどw





深夜に見た夢。

会社が開催する、親子キャンプイベントに来ている。
昼間は川遊びをして、夕方にBBQ、そして夜は子供だけどこかに出かけるイベントがあって、お母さんたちは一部職員と一緒にキャンプ場で待機・・・という予定。

川を怖がって水に入りたがらない子供を励まして一緒に泳いだり、BBQで料理を作ったり・・・・と、さながらそこに実際にいるように、ゆっくりと時間をかけて詳細な夢を見た。
で、夜のイベントの時間になり。
子供たちがいなくなったので、お母さんたちは今のうちにと仮眠をとる。私たち職員ものんびりとお茶を飲んだり片づけをしたりしてすごす。
そのとき。
突然2階から誰かのうめき声と悲鳴が上がる。
慌てて階段を上がると、お母さんの1人が苦しんでのたうちまわっている。
「どうしました?どうかしたんですか?」
「突然苦しみだして吐いたの。何か悪かったのかしら」
心配そうな周囲のお母さん。何が何やら分からず介抱していると、別の部屋でも同様の騒ぎが。
どうやら昼食に作ったスモークサーモンサラダの残りを、「もったいないから」と深夜に食べた人たちが中ったらしい。
こんな真夏に、半日経った料理をなぜ食べる・・・・・。
するとなぜか隣にいるカブトが、「俺は食ったけど平気だったよ」とのたまう。
そりゃあなたは大丈夫でしょうが・・・・・。っていうかなんで職場のイベントにカブトがいるのw

まあ良い、「とにかく救急車呼んで!」とカブトに頼むと、なぜかカブトは「わかった!」と一言残し、バンガローの2階から、アスレチック遊具のターザンに掴まって滑り降りていった。
ケガしなきゃいいが・・・・・。


このへんでトイレに行きたくなって一度目が覚めた。


あーあ。割と面白い夢だったから続きを見たいのになあ。
あの騒ぎの顛末も気になるし・・・続きは無理かなあ。

と思ったが、なんとなく夢のキオクが鮮明だったので、続きが見られるような気がしてもう一度布団に入る。
すると、続きが始まったw


残念ながら続きのストーリーは断片的にしか覚えてないが、ちゃんと続いておりました。



この後また一度目が覚めて、今度はダイビングにいく夢が始まり・・・。
これまた、朝の集合→現地到着→ダイビングに至るまでの詳細な長い長い夢でした。
書き残せるほどにしっかりしたストーリーでもないしオチもないので、これについては特に記しませんが。

しかし、私の夢はいつも長くて詳細でストーリーがしっかりしてはいるものの、1日を通しての話がずっと続くようなものは珍しい。
なんだか本当にキャンプに行ったみたいな気分ですw

あ、もちろん、職場のキャンプでは食中毒なんてことは起きたことないですので念のためw



ポニョ観てきました。
手描きが良い味だしてました。ストーリーは特に複雑でもなく、作りこんであるわけでもなく、非常にシンプルなものだったけれど、宮崎駿の良さが出ている作品だったな。

それにしても、宮崎駿の描く話って、いずれも女性が強いわね。
主人公やその周囲にいる若い女性は大抵、度胸があって何でもできて気が強くて機転が利いて、船や飛行機や車の運転が男勝りに上手い。
そして、いずれもスリムで美人。
宮崎さんはそういう女性が好きなのかな。

まあ、宮崎さんじゃなくてもそういう女性はみんな好きか(笑)
ちなみに、宮崎さんの作品に出てくる男性は全体に目立たない(豚は別として)感じがするけど、みんな懐が深い感じがします。女性の存在感をいい具合に支えてるというか。
ああいうのはいいわね。懐の深い男は大好きです(笑)

宮崎さんの描く話はいつも、おばあちゃんが元気でいいですね。
今回もデイケアセンターみたいなところが出てきたけど、おばあちゃんたちがいい味だしてた。
個人的にはラピュタのドーラおばちゃんが最高ですがw

若い頃はフィオみたいな女の子で、大人になったらリサみたいなお母さんになって、年をとったらドーラおばちゃんみたいになれたら素敵ね。
もはや私はフィノになりそこね、リサにもなれてなくて、こうなったらドーラを目指すしかない気配もありますが・・・・・w



2008.08.13 ツボで海水浴
行ってきました、ゲリラ海水浴。
今回のメンバーはウリカブリス。場所は油壷に初チャレンジ。
湾になっているので幼魚が多いんじゃないかな?ということで行ってみたのですが・・・。

まず浮遊物が多い><
時期的に仕方ないかもしれぬが、思ったよりずっとひどくてちょっと残念。
沖にある岩場に行けば少しはマシかと思ったけど、やはり浮遊物多し。湾になってる分、流れがなくて浮遊物が出て行かないんだなあ。

とはいえ、いろいろな生物がいて楽しめました。特にタコノマクラが多い!
貝殻や海藻、小石をつけて偽装しているのだが・・・・フフフ、タコノマクラブな私の目をごまかすことはできないぞ。どんなに偽装しても、不自然なその丸みがキミのかわいさをアピールしているぜ!!
ってことで、何度も潜っては集め、潜っては集めし・・・

タコノマクラ牧場完成~♪
tubo002.jpg

ものすごく分かりにくいと思いますが、5匹います。
しかしこんなことをしているうちにうりさんとカブトと随分離れてしまったので、牧場づくりはひとまず休憩して、2人に追いついてみる。

これはナントカガイ。アメフラシの仲間らしい。ムニムニしてましたw
tubo001.jpg

左はコモンウミウシ。        右はサラサウミウシ。結構早く動きます
tubo003.jpg tubo004.jpg

しかし今回、浮遊物が多いので、水面から小さいおサカナを見つけるのは難しい。なので、今回は『まず潜って、それから探す』方法じゃないとめずらしいおサカナは見つからない。
何度も潜って水底を丹念に見てみると、結構いるいる、かわいい幼魚!

ナゾの幼魚。大きさは4cmくらいです。カサゴ系かな?
tubo005.jpg

この幼魚は砂地にじっと寝てました。
砂地と同じような色合いで擬態しているので、近づいても「オレは見つかってない、全然見つかってない」と信じつづけているため、どんなに近くから見てもカメラを構えても、逃げません(笑)
もうちょっと上手に撮れたらなあ。悔しいなあ。

では最後に、わが牧場の賑わい具合を見てから帰ろう。と思ったら・・・・・。
牧場主、自分の牧場を見失いましたorz
タクマクがどのくらいの速度で移動するのかを見ていきたかったのに。
でも、牧場近辺で、マイタコマクらしきものを発見したので、実は牧場は見失ったのではなく、みんな脱走しただけなのかもしれぬ。
次回はもうちょっと分かりやすい目印を設けて、タクマクの生態を観察してみたい。

今回はポイントがちょっと沖合いになったので、1本1時間以上使って泳ぎましたw
なので、お昼をはさんで2本目を泳ぎ終えたときには、もう15時前。いやあ、なんだかんだいってよく遊びました(笑)!

stubo001.jpgstubo002.jpgstubo003.jpg
stubo004.jpgstubo008.jpgstubo006.jpg
stubo007.jpgstubo005.jpgstubo009.jpg

お天気が良くてお水も温かくて気持ちよかったです!
stubo010.jpg



なんと・・・・・。

準1級、合格してしまいましたw
080812_1747~0001

っていうか!!!!
これって準1級になった途端に問題数が激減して、同じ問題がしょっちゅう出てくるんだもん。
いくら難しくたって、これじゃいずれ合格するだろ・・・・・。

おかしいと思ってネットで検索したら、やはり準1級~1級は問題がかなり少ないらしい。
前作が2級どまりの機能だったので、今回は『準1級、1級問題も対応』となった今作は、2級レベルの人が一番楽しみにしてたらしいのだが・・・・結局意味ナシだったらしい。
それに準1級以上になると漢字辞書機能ひいてもデータがなかったり、四字熟語の説明もなかったりで、丸覚えするしかない状態で、どうも使い勝手が悪すぎる。

っていうかこれじゃ、2級レベルの人にはあっという間にやることなくなって、コストパフォーマンス悪すぎじゃん!!
くっそー、仕方ないから1級漢字でも覚えるか。

まあ漢検受けるわけじゃないから別にいいけど・・・・・問題たくさんなかったら当初の目的も果たせなくて意味がないぞ。
こんなもんなのかしら。ちぇ。


漢検2級、DSの検定で合格しましたが・・・。
準1級が難しすぎてたまりません(涙)

読書量は結構多い方だと思う私でも、見たことない漢字とか聞いたことない読みとかがじゃんじゃん出てくる。
まる覚えしては身につかないと思ったので、知らない言葉は毎回辞書機能を呼び出すのだが・・・
『常用漢字ではないのでデータがありません』
ナヌ。出題するからにはその後のフォローだってしてほしいぞ。
仕方ない、辞書でも引くか・・・と思ったら、これまた辞書に載ってない言葉が結構ある。
もうあれか、漢和辞典とかことわざ辞典とかも買ってこないと分からんかも。
ひまつぶしのために買ったソフトなのに、これ以上お金かけたくないぞ。

行き詰まった図。
080812_1105~0001

きっとあれだな、一般人が目指すのは2級まででいいな。
準1級以上は、資格マニアか特別な仕事に従事する人しかいらんだろ。
とは思うが、ソフトを買ってまだちょっとしか遊んでないのでもったいない・・・・・。コツコツと覚えてがんばるか。



2008.08.12 夏の2人
暑い日が続きますが、冷房の効いた部屋で暮らす2人はいつも元気です。
最近はキャベツとトマトがお気に入りのご様子。
ニンゲン嫌いで日頃は絶対に近寄ってこないカルちゃんでさえ、手から食べてくれますw

トマト!!トマト!!
080808_0956~0001 080808_0957~0001

昨日あげたキャベツとトマトの残骸。
080812_0942~0001

どうやら、キャベツの芯は嫌いなようですw
トマトはきれいに皮を残します。スイカじゃないんだから・・・。っていうかきれいに皮だけ残すもんだ(笑)

煮干しは頭が嫌いなご様子w
080812_0944~0001

おやつクロワッサンを大事に別荘に持っていくカルちゃん
080812_0947~0001

相変わらず丸っこいポルちゃん。そんなに食べるからまた太る・・・
080808_1001~0002 080808_1001~0005

壊したログハウスで寛ぐカルちゃん。っていうか丸見えですよw
080809_1105~0001 080809_1106~0002

しっぽがかわいいw
080809_1108~0001

そしてはとえさの袋にまた入るポルちゃん。そんなだからまた太(ry
080812_0944~0002


最近の2人は食べることに夢中で穏やかです。
でももう少ししたら秋になって、また気性が荒くなるのかな。
今のうちにたくさんさわっとこw


甥っ子たちがおじいちゃんちに来ていて、海水浴に行くというので便乗してきました。
ポイントは、おじいちゃんオススメの城ヶ島です。
ここはダイビングでも来たことがあるけど、シュノーケリングでも楽しいポイントなので楽しみ♪

不思議な岩場にテントを設営
joga012.jpg

今回一番お気に入りのおサカナ。ナベカちゃんですw
joga001.jpg joga006.jpg

このナベカちゃん、ギンポの仲間で岩場にいて、穴から顔だけ出して威嚇してくる。
しかしどうも間が抜けた顔をしていてかわいいw
今回はこいつをガン見するのが楽しくて仕方なくて、しつこくしつこく追いかけましたw

保護色が見事なナゾのサカナ      アオウミウシ・・・何をしてるの!?
joga002.jpg joga003.jpg

相変わらず、イカにギンポに威嚇されまくりw
joga004.jpg joga005.jpg

ハリセンボン。これは最初から怒ってましたw  右は、落ち着いたときのハリセンボン
joga007.jpg joga008.jpg

ここにもムカデウミウシがいっぱい。どれも大きいですw
joga009.jpg

しかし甥っ子たちは泳ぐのが楽しくて仕方ない時期なのか、生物を教えてもあまり反応が薄いw
今日はおサカナ図鑑も持参して、たくさん生物を教えてあげようと張り切ってきたのになー。
するとカブトが、「バブルリング見せてあげたら?」と提案。
おお、あれは子供に相当ウケが良いしな。海でやるのは初めてだけど、やってみるか。

タダトモのワ~w             ちゃんとワになってるの見えるかしら
joga011.jpg joga010.jpg

しかしこれも反応薄w
カブト曰く、「あとで2人でこっそり練習してたよ(笑)」と言うが、なぜにこっそり練習するのか(笑)
一緒に練習してくれたっていいじゃんようー。
しかし甥っ子2人は本当に仲が良い。いつも2人でじゃれあってばかり。
今は生物とかバブルリングとか必要ないのかもしれぬ(笑)

今回は浮遊物が多かったのと流れが強かったのとであまり良い写真は撮れなかったが、他にもチョウチョウウオの幼魚とかもいて、結構楽しめそうなポイントであった。
今年のゲリラ海にはここも取り入れて良いかも♪
水温も上がって幼魚も出てきたし、海はこれからどんどん楽しくなる時期です!

sjoga002.jpgsjoga003.jpgsjoga004.jpgsjoga005.jpgsjoga001.jpgsjoga006.jpg



本日、川越花火大会です。
今日は、去年ばあちゃんからもらった、しぼりの浴衣と博多帯で行ってみます。
改めて袋から出したら・・・・・・さすが生地がいい!!帯もいいわ~。さすがばあちゃん、趣味がいい!!こんなの自分で買おうと思ったら買えないわ。ありがたやありがたや><

こんな感じでーす♪
080809_1616~0001

枝豆や韓国風キャベツ、唐揚げを作ってクーラーボックスに入れ、早めに現地に到着。
水中花火が正面から見える、特等席をゲット~♪

こりゃ最高w
080809_1728~0001

帯はこんな感じです。     そして嬉しそうにビールを買ってくる焼豚さん
hanabi001.jpg hanabi002.jpg

それにしても、最前列は地元の人々による場所取りで、ガムテープやブルーシートがびっしりと隙間なく貼られていたのだが・・・・・。
開始30分前になって来た中年夫婦が、迷いもなくガムテープの上にシートを広げだすw
隣に座っていた男の人がさすがにぎょっとして、「そこは場所取りされてるみたいですよ・・・」と言うと、「じゃあこのへんなら大丈夫かしらね」とか勝手な解釈をして、縁石とガムテープの間20cmを中心点に決め、結局場所取りエリアの上に腰を据える(笑)

あれはすごいな、と思って見ていると、別のおばちゃんがさらに来て、その反対側にまた同様のことをしてシートを広げだした(笑)
『スダ』と書かれた場所取りエリアは、今確実に4人分狭められた(笑)

そして10分前。
娘2人とダンナさんを連れたおばちゃんが、堂々と『スダ』と書かれた場所のド真中に来て、
「ここって良いのよね?」
と、誰にともなく確認を取ってシートを広げだすではないかwwwww

いやいやいや、どう考えても良くはないでしょう!!あなたスダさんじゃなさそうだし(爆)!!
スダさーーーん!!!!あなたの場所、今すごいキケンなことになってるよーーーー!!!!

左右の人に「いいのかしら?いいのよね?」と確認を取りつつ作業を進めるオバチャンであったが、左右の中年夫婦もスダさんのエリアを侵食している以上、ダメとも言えぬ雰囲気(笑)
さすがにまた見かねた近くの男性が、「そこは場所取りしてるみたいですから・・・」と進言。
すると、「あらあ、だめなのかしら。だめなの?」と言いながら、今度は数m先にある20cmの隙間にスタスタと移動。

オバチャン学習したのか、今回は誰にも了解を得ず強引に
「すみませんねえ、すみませんねえ」
と言いながら、左右のブルーシートに強引にかぶせ、無理くり4人分のエリアを確保!!!!
なぜに20cm×80cmの隙間が、4人分のエリアになるのか。まさにイリュージョン。

「あのオバチャン、まじすごいね・・・俺びっくりした」
「あたし、個人的にはあのオバチャンとスダさんのバトルば見たかったけどねえ(笑)」
「あなた本当に悪趣味ね・・・」

本当に世の中には色んな人がいるものです(笑)
さて、楽しい楽しい人間観察も終わったところで、いよいよ花火スタート!!

水中花火、目の前です!!
080809_2045~0001

うわーいw
thanabi001.jpgthanabi002.jpgthanabi003.jpg

真上に上がるから、口が開きっぱなしですw
Shanabi007.jpgShanabi008.jpgShanabi009.jpgShanabi010.jpg
Shanabi011.jpgShanabi001.jpgShanabi002.jpgShanabi003.jpg
Shanabi004.jpgShanabi005.jpgShanabi006.jpgShanabi012.jpg

今年もきれいでした!
最後の音楽花火がどうも意味不明だったが・・・まあ今後に期待しようw




いよいよはじまりましたね、北京五輪。
前回のアテネのときは、なぜかほとんどの競技を深夜のLIVE映像で見たというちょっと変わった年でしたが(熱心だったためではなく、いつも深夜か朝方に帰宅していたため 笑)、今年は普通に見たいと思います(笑)

さて。
今回はうちの会社のグループからも2人のエントリーがあり、さらにうち1人は同僚の妹さんでもあることで、ちょっと応援にも力が入ります。

今年はめずらしく開会式から見てみたのですが、さすが中国。人海戦術(笑)
とはいえ、思ったより良い開会式でびっくりした。なにげにやるじゃん中国。
それよりなにより驚いたのは、弟2号があちこちの国からエントリーしているということ。主に南の島国からのエントリーでしたが(笑)
ということで、早速母にメール。
「今、弟2号がドミニカ選手団の中におったよ!他にもたくさん出とうみたい」

結局母はもう寝てたみたいで、翌朝になってメールが返ってきた。
「えっ!本当?じゃあすぐ見てみる!なんチャンネル?」
「・・・・・それは昨日の夜のメールですので、今はもうやってないよ(笑)
 あ、お昼13時すぎから開会式の録画を流すみたいよ。
 ちなみに今、〇チャンネルで女子重量上げやってておもしろいよ」
「わかった、ありがとう!見てみる!」

重量上げが終わり、今度は谷選手の試合が始まった。
これはなかなかおもしろい。お母さんも見てるんだろうな~。と思ってたら、母から早速メールが。

「開会式、すごいねー!きれい!!」

・・・・・・・お母さん、私が教えたとおり、開会式の録画の時間になったらチャンネル変えたらしいorz

確かに開会式はすごかったですが、どちらかといえば今は、柔道のライブ映像を見るべきときかと(笑)
きっとこの後、別のチャンネルで柔道のダイジェストを見るんだろうと思うけど・・・微妙にオリンピックの見方を間違ってる気がします。

でもまあいいか。
がんがれ日本!!



ハードディスクの容量が苦しくなってきたので、いらないファイルやPGを削除して、整理することにした。
そうだ、最近メンテもしてないから、クリーンアップしてデフラグもやってしまおう。

と思ったのが運のツキ。


デフラグやってる途中で落ちました。
立ち上げたらすぐまた落ちます。
そういうことを繰り返すうちに、ストップエラーが発生し、起動すらできない状態に(笑)


エラーの内容をカブト号であれこれ調べるが、どうもいずれの原因にも心当たりがない。
仕事に行っている間にカブト号にHDDをくっつけて、ウィルスチェックとファイルチェックをやってもらうが、どうも根本的な解決には遠そうだ。
ううむ、ひできサポートセンターに連絡するか。
仕事中のひできサポートセンターに相談して、結局HDDのみリニューアルすることにした。なにげにもう7年くらい使ってるしな。デフラグの様子見ても、結構やばそうではあったし、そうするか。

ってことでソフマップ行ってみたけど、なんだHDDって安いのね。容量もでかいし。
オリジナルってのはこうやって部品だけ買い換えていけばいいから出費も抑えられるし、そのときそのときの用途に合わせてリニューアルできるから便利でいいわ。
ひできPCショップマンセー!

と言っていると、カブトが
「俺は結局、今日1日をユキコのPCのために使ったぞ・・・」
と隣でつぶやく。
いや本当に、カブトさんにはいつもお世話になっております。

「でもさあ、カブトさあ、考え方によってはあれかもよ?」
「何?」
「私が結婚相手じゃなかったらさあ、カブトの能力は半分くらいしか発揮されんかったかもね?そうだ、ひできの能力もさ、サイタ家と幼馴染じゃなかったらさ、やっぱり半分くらいしか発揮されんかったと思うよ?そう考えるとさあ、もうこれは運命よね」
「そういうものなのか・・・?」
「そうやん!!だってこれが手のかからんヨメをもらっとったらよ?カブトはこれだけの能力を発揮したと思う?しかもこのヨメが連れてきたドライバーが、ドクター・ウーよ?カブト鍛えられとーって。相当能力開発されとーよ」
「そうか・・・?なんか根本的に違うような気がするが・・・・」
「いや、それでいいとって!どうせ生まれてきたからにはさ、自分の能力を最大限発揮したいって普通誰でも思うやろ?すごいことよ、これって。まあそういうことでさ、焼肉でも食べにいかん?」
「おお、いいね!」


イイダ家は今日も平和です。


夏休み期間に入ってずっと続いていたハードな日々が、やっと今日で一旦終わります。
朝の授業は会員さん以外の生徒さんも来るので、いろいろと大変。毎晩22時くらいになるとあくびを連発して、ばったりと就寝。朝は6時に起きるんだけど、実際はいろいろ気になって5時には目が覚める。
睡眠時間はしっかり取れてるけど、体の疲れはなかなか取れず・・・・・。
あとは明日出勤すれば、一足早くお盆休みに突入だ!!

さて。
今年の夏はすでに、3回の短期教室で担当を持たせていただきました。大変だったクラス、意外と楽だったクラス、いずれも良い経験になりましたが。
今朝までやっていた小さい子供さん向けの水慣れ教室でのお話。

若い男性コーチがウサギの耳がついたピンクの帽子を被って手を振っていたのですが、これが結構不評(笑)。
「ほーら、ウサギさんがいるよー♪」
と言ったら、全員が固まったというクラスもあったらしい(爆)

私のクラスには女の子が3人いて、そのうち2人にはウサギさんは不評。
「ほらー、ウサギのおにいちゃんがいるよー、手を振ってーw」
「えー、おにいちゃんじゃないよ、ウサギのおじちゃんだよー」
かわいそう・・・・ウサギさんまだ20歳なのに(爆)

ある朝のこと。
遅れてきた生徒さんをウサギさんが連れてきてくれたが、その子がヘルパー(腕につける浮き具)をつけてなかったので、持ってきてくれるようにウサギさんに頼んだ。
しかしなかなかヘルパーが届かぬ。
足もつかない小さな子供なので、ヘルパーなしで授業を開始するわけにもいかぬ。
腰かけバタ足をさせながら様子をうかがうと、なんとウサギさん、他のクラスに入り込んで楽しそうに水かけしているではないか(笑)!!

それに気づいた生徒さん、不安そうな顔になって
「センセー・・・ぼくのヘルパー、まだ・・・?」
「そうだね、ウサギさん来てくれないねー。他のおにいさんに頼んでみようね」

大声で他の男性コーチを呼んで、ヘルパーを持ってきてもらう。
それを見た女の子2人。
「だめだねー、ウサギのおじちゃん」
「ほんと。ウサギのおじちゃん、全然だめ」

「そ、そうだねー。ウサギのおにいさんは忙しかったのかな(汗)」

「忘れてるんだよ。だってあっちで遊んでるじゃん!」
「ぜんぜんだめじゃーん」

子供ってなんて厳しいのだ(笑)

すると、もう1人の女の子が、小さな声で助け舟。
「センセー・・たぶんね、ウサギのおにいちゃんはね、お水に入りたかったんだよ!」
「あ、そうだね。プールサイド暑いもんね!コトちゃん優しいねー」
「うん、あのね、コトね・・・・ちょっとだけ・・・・ちょっとだけ、ウサギのおにいちゃん好き」
「そうなんだ!コトちゃんウサギのおにいちゃんのこと好きなんだー」
「えー、うそー」
「エー、なんでー」

そこの女の子2人、厳しすぎです(笑)



さあ、あとは通常勤務をこなせば夏休み!
そして後半は、さらにハードな日々が待っている(笑)



2008.08.06 漢検
先日の海水浴の帰りに、うりさんのDSで漢検トレーニングやってみました。
実力テストの結果・・・『3級』

大抵の人と同じく、読みは1級くらいまでいけるんだけど、書き取りと部首、書き順で点が取れない。しかも問題の意味を取り違えてたりして、凡ミス続出w
ふうむ・・・3級か。そんなもんか。
なんか悔しい&面白かったので、私もDS買ってしまいましたw

で、もう1回やったら問題のコツが分かってきたのか、今度の実力テストでは『準2級』でした。
なるほどなるほど。ちょっとだけ納得がいったぞ。

で、さらに、不得意分野をちょっとトレーニングしてお手軽検定受けてみたら、現在『2級』になりました。
でも、実際の検定受けたら準2級も合格しないんだろうな(笑)
ちなみに私は資格ゲッターするのが嫌いなので、多分漢検は受けないと思いますがw

ずっとDSは敬遠してたけど、読む本がないときなんかの空き時間にやるには、結構いいかも。
やっぱり、仕事してて「あれ、この字ってどう書くんだっけ」なんて手が止まるのはちょっとかっこわるいし(汗)

それにしても、こういうのをやってると、知らない部首とかが結構出てきてびっくり。
「あかへん」なんて名前、知らんかったよ。
日本語って難しいなあ。



ああ良く寝た。今日はちょっと移動して別の浜に行くので、さっさと準備して朝食食べたらすぐ出発!!

今日は九十浜にきました。
ここは白砂の美しい、遠浅で透明度の高いポイント。一度ダイビングで潜ったこともあります。

きれいな青と緑の海が、山の向こうに見えます
B2008mucha007.jpg

ここでもビール的なものでカンパイして、早速潜る。
っていうか、また気ばかり焦ってラッシュガード忘れたw まあいいや、1本目は様子見だからな・・・・と言いつつ、いつもと同じく1時間近く潜るんだけどw

ここは砂地と岩場が適度にあって流れもないので、いろんな楽しみ方ができて良い。
砂地にポツンとある小さな岩と藻場に、なんだかナニカがいるような気がして潜って見てみると・・・

いたー!キヘリモンガラの幼魚!      あちこちにイセエビの亡骸が・・・
B2008mucha008.jpg B2008mucha009.jpg 

どこかにヒラメだかカレイだかがいます   ヤガラです。ながーーいですw 
B2008mucha011.jpg B2008mucha010.jpg

ううむ、この浜もおもしろいなー。
ここも浅い場所でもおサカナがいっぱいいるので、子供連れなんかにも人気があるようだ。透明度が高いので、水深3~5mくらいでも、おサカナを探しながら泳げていいし、写真も明るく撮れて嬉しい♪

潜って、潜って              ウツボに威嚇され・・・
B2008mucha013.jpg B2008mucha018.jpg

また潜って、               また家捜しw
B2008mucha014.jpg B2008mucha017.jpg

覗き見、チョーたのしーw
B2008mucha015.jpg


また別の小さな岩場で、「ナニカいる」気がしたので、潜って見てみると・・・。
岩の下の穴で、ダレカと目が合った!!!!
「うりさん!!カブト!!ここにタコがいるよ!!」

早速タコをあぶり出そうとする2人
B2008mucha012.jpg

しかしタコも必死だ。吸盤で岩に吸い付いて、頑として出てこぬ。
そこにごるごが来て、「なにがいるんですか?タコ?」と寄って来たのはいいが、なんと禁断のクラッシャー立ち泳ぎを!!!!
「うわー!ごるご何するんだ!!砂巻き上げるな!!」
「ぎゃーー!クラッシャーだ!!」
「すっ、すみません(笑)」

まさかごるごがクラッシャーになるとは予想外だった(笑)
やっと砂が落ち着いたので潜ろうと思ったら、そこに真打ち登場!!
「えーなになに、タコがいるの!?どこどこー??」
「わーー!!武男やめれーー!!砂がああー!」
「ぎゃーー!!そこで立ち泳ぎやめてーー!!」
「え?あ、ごめん!あはははは!」
「だから立ち泳ぎやめれーーーー!!!!」

もう笑いすぎて溺れるかと思った(笑)


この後も、
「りす、このサカナなんだと思う?」
「ええと、なんだろ。もっかい見てみる」
「なになにー?なにがいるのー?」
「わー!武男きたー!」
「ゆっくりこい、そこの岩のとこになんかいるから」
「え、どこどこ?どこにいるの?」
「今まさに武男が足を下ろしたとこ・・・・」

今回もクラッシャー全開の武男でした(笑)


【今回のキーワード】
・ジークイオン
・質量保存の法則
・かめさん的な人
・中央分離帯はおかしくない
・下田で撒かれる
・成りでぶ
・デジカメにあってほしくないもの

なんか他にもたくさんあったはずなのだが、例によってこれくらいしかキオクに残っておりません(笑)
それにしても今回の海水浴は、無茶史上最高にきれいな海だった。遠かったけれど、来た甲斐あったな。今後も、数年おきくらいにここを取り入れたいな。

夏の一大イベントが終わったと思うとなんだか寂しいけど、夏はまだまだつづく。
今年はあとどれくらい遊べるかな?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。