上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.30 今年のラリー
なんか最近、全然ラリー関係の話を書いてないことに今更気付いた(爆)
ラリノサウラに名前を連ねているのが申し訳ないと思う今日この頃・・・・・。

一応、今年の予定はですね。
なんにもありません(笑)

ウーの復帰がまだ見えないので、ヘルプの要請があったらいくつか出ようかな、くらいで考えていたのですが・・・・・。
いきなり「全日本3戦お願いします」、の依頼が(笑)
全日本は新城までないだろうと油断していたので、今年のラリー資金のほとんどを、目の手術とバイクとスキーで使ってしまったのであった(汗)
今月から仕事を忙しくしたので、いくらか資金は作れるとは思うけれど・・・さすがに不安定な状況すぎるので、残念ながら他をあたってもらうことにしました(涙)
結果、私よりずっと力のある方が乗ってくれることになったらしいので、結果的には良かったのかもしれん。
がんばってください!!!!

っていうかさ。
なんてーかもう、油断しすぎよね、あたし・・・・・。
でもまあ長くラリーやるわけだから、たまにはこういうこともあるだろう。多分。

そろそろセクシーレーシングスーツも買い換えないとまずい時期だと思うので、今がんばってる分のお給料は、来年の新セクシーレーシングスーツ代と参戦費用にして、手をつけないようにします!!(多分)
もうスキー道具はそろえたし、あとはバイクを壊さないように気をつければ出費はないハズ・・・・・。

しかしあんまりラリーを離れると、隣に乗る自信がなくなりそうです。
ウー、早く復帰されたし!!
あなたの隣に乗ってから、あんなに好きだった絶叫マシンに乗れなくなったアタシ。この責任は取ってもらわねば(笑)



スポンサーサイト
本日、春の特別短期クラス2日目。休日出勤だけどがんばるぜ。ここ1ヶ月仕事をがんばったので、板とブーツ代の出費は戻せたし、そろそろプラスに転じにいくわよ。じゃないとまたキリギリスになれんからな。

私のクラスは昨日誰も泣かなかったし、おまけにみんな上達したから、結構気が楽だ。
今日から新しいこともやるんだもんね~。昨日の夜、ちゃんと復習と予習もしちゃったからね~。で、クラス終了までに明らかに上達させてから送り出して・・・・・でもきっとみんなプールが好きになって、そのまま入校しちゃうかもしれないわよ♪

なーんてことを考えながら準備していたら。
「イイダ先生!イイダ先生おられますか?」
「はーい、ここです」
「昨日お休みだったユウタくん、今日は出席ですのでよろしくお願いしますと受付にいらしてます」
「あ、了解でーす」

すると周囲からにやにや笑いが・・・「あー、イイダ先生、大変だ♪」「2日目から入るコって、結構泣くわよ~」「だよね~」
「・・・・・おどかさないでくださいよ」

しかし実際にプールサイドに入ってきたユウタくんは、非常に聞き分けが良くおとなしい男の子。全然泣いてなんかいないぞ。やった!!
ちゃんと朝ご飯食べた~?とか、プールに入ったことある?とか、海はどうかな?とか、シャワーあびられる?とか、お風呂好き~?とかいくつかの質問をしてみたが、いずれにも素直に答える非常にかわいい男の子。まあ大丈夫そうかな。

そこで数人の女の子も同時に到着したので、彼女たちの出欠を取り・・・・ふと振り向くと。

ああっ∑((´Д`;)))!!!!

そこには、声をあげずにはらはらと大粒の涙をこぼしつづけるユウタくんが・・・・・(涙)
ヒーw 無言でさめざめ泣くのはびっくりするからやめて(笑)

「ちょっ!!ユウタくんどうしたの!?あ、知らないお友達ばかりで不安になった?」
「・・・・・・。」(フルフルと首を振る)
「パパとママと離れちゃったからさみしいの?」
「・・・・・。」(フルフル)
「もしかして・・・プールきらいなの?」
「・・・・・・。」(フルフル)

ほっ。プールは嫌いじゃないのか。
「じゃあ、どうして?どうして泣いてるか、先生に教えてくれるかな?」
「・・・・・おみず・・・・・・こわい(涙)」

メッギャァァァァァァアアァァン!!!!!

突然ハードルが高くなった(笑)


大丈夫、泳ぐことが上手になるには、ユウタくんが楽しい!とかやりたい!!って思うことが大事で、だから先生はユウタがやりたくない、怖い、って思うことは絶対に無理してやらない。
ユウタくんが自分でやりたい!できる!やってみたい!って思うように、楽しい授業をするのが先生のお仕事だから、それはちゃんとお約束するよ、・・・といつもの話をして、いざプールへ。

とにかく楽しく、楽しく、楽しく!
なんとかユウタくんは泣き止んで、パパとママの向けるカメラに笑顔を送れるようになった。
ここがチャンスとばかりにそっと手を離すと、ユウタくんはちゃんと一人で浮いて泳いでくれた。良かった、最初の大きなハードルはなんとか越えたか。

そして帰るときには、ギャラリー席から私を見つけ、満面の笑顔で手を振ってくれた。
「センセー、今日たのしかった!ありがとー!!」

そう言ってくれたら、先生は何にも増して嬉しいです。
・・・・・・でも、明日来てみたら、全てを忘れてまた泣いたりとかするんだよね、子供って(笑)
まあ、また明日、楽しくやりましょう!!



2008.03.29 昔の彼氏
昔の彼氏に、会ってしまった。
今日、外出先のお店の、駐車場で。
お店を出て、二代目のキーをジーンズのポケットから出し、ふと顔を上げたら・・・・・偶然目の前に、彼がいた。
うそ。まさかこんなところで。

彼とはそう長く付き合っていたわけではない。ほんの短い間だ。
彼とは、ある人から紹介されて知り合った。
けれど彼は私の好みのタイプではなかったし、むしろ最初はちょっと怖いなと思っていたくらいだった。
だから別に、友達として付き合っていくつもりだった。

・・・けれどすぐに、私は数日おきに彼に会いに行くようになった。
彼は忙しい人だったので、なかなか会えないときもあった。だから彼の予定さえ空いていれば、私が仕事を休んででも会いに行った。
彼と会っていないときは、私は彼のことばかりを考えていた。
私が強引で身勝手だったから、けんかすることもあった。そのたびに泣きながら帰ったが、また数日後には彼のところへ会いに行った。

私が会いに行くといつも、彼は少しだけ迷惑そうな顔をして、そのあとにっこりと微笑む。
「・・・・あたし、迷惑かな」
「いや、俺は平気だよ(笑)」

私は彼を愛しすぎた。
私は彼をいつも、乱暴なやり方でしか愛せなかった。
ときには草むらに押し倒し、ときには河川敷の外灯の下で押し倒し、ときには縁石を乗り越えて押し倒した。
「・・・・・そんな乱暴にされたら、俺、もたないよ(笑)」
「あ、ごめん・・・・・あの、それで悪いんだけど・・・・・もう1回、いいかな?」

そんなことを1ヶ月も繰り返したある日、彼は突然、私の前から姿を消した。
最後にきちんとさよならを言おうと彼の家に行ったけれど、彼はそこにもいなかった。

それなのに。
あんなに会いたいと思っても会えなかったのに。
まさかこんなところで。




・・・・・・まさかこんなところで、教習車と同じCB400がっ!!!!
しかもタンクの傷まで、教習3号くんと同じところに!!
「あ、あの・・・・・元気?」

やばい、昔の恋が再燃しそうだw
っていうか画像撮っとけば良かった(悔)!!


2008.03.29 春特別クラス
春休みです。春の特別クラスの時期です。
今回は出欠について何も聞かれなかったので、「今回は人手が足りてるんだな~」と思っていたら。

「なに言ってるんですか!チーフなんですからギッチギチで入ってますよ!全日程に名前が入ってます」

ちょ、今回は週末にもかかってるんだから、せめて事前に確認してw

仕方ない、今年の冬はキリギリス並みに遊んでしまったからのう。夏にもキリギリス化するために稼がねばならぬ。
ってことで、今日から春の特別クラスです。

昨日の夜、レイアウト表とにらめっこしながらえんえんとシミュレーションしてみた。
ああやってこうやって、あ、でも水に入るのを怖がる子の場合はこれは使えないからその場合はこっちのプログラムにして・・・・ああそれじゃ流れが悪いな。この道具をそのまま使えるとしたらこれだけど、ちょっと単調か・・・・・などとやっていたら、なんと眠れなくなった(笑)
明日は6:30起きというのに、寝たのは3時。まじか。

案の定寝起きはサイアクであったが、気合でがんばった。
激泣きが数人いて、他のコーチは大変であったようだが、なんとシアワセなことに私のクラスでは誰も泣く生徒さんがいなかった(嬉)
あれこれと予想外のことがあったが、まあなんとか乗り切った。
最初は「水が怖い」と言ってしぶきがかかるのも嫌がっていた生徒さんばかりだったので、当初はどうなることかと思ったが、最後にはちゃんと浮けるようになったからほっとした。
これで明日からもう少し先まで進められそうだ。ほっ。

仕事の後は、コーチ仲間と近くの中華屋さんへ。ここのスーラータンが最高に美味しいのだ。

疲れた体にスーラータン♪
080329_1226~0001


フランコーチが杏仁豆腐無料券を持ってきてくれていたので、デザートまで食べた。
ううむ、ここの杏仁豆腐は本格的ですな。
また来よう。

2008.03.27 独身生活
最近カブトが夜お仕事に行っております。
で、毎晩一人で晩ご飯。
いつも仕事から帰宅するのが19:30頃。大抵カブトの方が先に帰宅しているので、帰ったらすぐにゴハンの用意。ごはんはタイマー予約してあるので、ばたばたとおかずを作り、20:00には『いただきます』。

でもカブトがいない日は、何も用意しないで仕事に行きます(笑)
一人分の食材を用意するのは結構不経済だし、疲れてたら食欲湧かないし、軽くつまめる程度でも私は構わないし・・・。

ってことで、ここ数日の夕食はこんな感じ。
・レンジで新じゃがポテチ
・キュウリと生ハム
・ウォッカのグレープフルーツジュース割り

・・・・・・・・ゴハンじゃないし(笑)
でもアブラ使ってないし、キュウリは2本食べるし、レンジでポテチでじゃがいも2コ食べるし、健康的なような気もしないでもない。どうかな。どうかしら(笑)
あとこれに、野菜ジュースも飲みます。ウォッカのグレープフルーツジュース割は、寝るまでにえんえん飲み続けます(笑)

なんだかキュウリとかピーマンとか野菜ジュースがやたらと美味しい今日この頃。
最近はキュウリ1本38円ですが、去年の夏くらいは1本18円の頃があったな。別に数十円の違いだけど、1本18円だったらもっともっと買って食べるなー。カッパみたいに。
ピーマンをざっと炒めて、ざっと塩コショウしたやつも好き。
単純だけど、野菜の味がするものが好きであります。

それにしても、あれだ。
結婚してなくて今でも一人暮らしだったら、毎晩こんな感じのゴハンなんだろうな。
もちろん、数日おきにめんたいでゴハン食べるけどね(笑)
割とそれで生きていけそうな気がします。経済的だ・・・。いや、アルコールエンゲル係数が高いから経済的にはならんか(笑)
まあ、そんな感じです。






今日のクラスでのこと。
本日は月末なのでテストであります。前半練習して、その後1人ずつテストをする。
水曜のこのクラスは、できているのにキモチが負けてて立ってしまう生徒さんが数人いる。だからいつも、アゲアゲでレッスンを進めるようにしている。

「よーし!じゃあこれからテストの練習するからね。終わったらテストだから、ここでしっかり練習しとくんだよ!」
「エー・・・・」
「だーーいじょうぶ!!マサトもソウタもミーちゃんもシホも、みんなできてるから!大事なのはね、息継ぎするときに、『できるかな、どうかな』ってやらないこと!キモチはキックに出ちゃうからね。息継ぎすると決めたら、『やるんだ!!』ってキモチでしっかりキックする。そしたらできる!!絶対できる!!だってみんなもうフォームはできてるからね、あとはキモチ!」
「そうかなー」
「あたしできるかなー」
「それがいかん!!やると決めたらやるしかないんだから、やるのだ!!って感じでヨロシク!!」

そこで、大柄で物理的には一番浮力がありそうなのに一番弱気なマサト(仮称)が一言。
「センセー、ぼく・・・・」
「どした?マサト」
「ぼく、なんだか勇気がわいてきたよ(嬉)!!」
「そ、そう、それは何より(笑)」

隣で吹き出すアシスタントコーチ(笑)
なんだかなあ、おもしろいなあ。

あ、で結局、マサトの勇気はちょっぴり足りなかったようで・・・・息継ぎの途中でキックを止めてしまい、立ってしまいました(涙)
どんなときにも、大事なのはほんのちょっとの勇気のようであります(笑)






天性の女たらしユウくんが、振替授業で隣のクラスに来た。
いつもと違うクラスは女の子が多くて、コーチも若くて美人の先生。
最初こそ、いつもと違う雰囲気に不安そうにしていたユウくんであったが、気が付くと女の子2人にいつも通り、熱心に話し掛けている。さすがだのう(笑)

「ユウくん、今日は良かったねー、女の子多いし、先生も若くて美人だし!」
「あっ!イイダ先生!今日は上のクラス教えてるの?」
「そうだよー。ユウくん今日は楽しそうだね(笑)」
「んー、でも・・・・・ぼく、でもイイダ先生が一番いいな!今日もイイダ先生にこっちのクラスに入ってほしかったな!」

おいおいおい(笑)
さっき美人大学生コーチの腕に嬉しそうにぶら下がってたのはどこの誰よ(笑)
まったく、さすが天性の女たらしだ。どんな風に育っていくのか、非常に興味深い。




昨日の夢を見て、ふと考えたことがあり、カブトに質問してみた。
質問の内容を以下に書きますので、皆さんも考えてみてください。

-------------------------------------------------------------------
あなたは独身です。あなたにはとても好きな女の子がいます。彼女はかわいくて、性格も良くて、前からずっと好きだったんだけど、無理かな、って思ってました。でも勇気を出して告白してみたら、なんと『私もずっと前から好きだったんです』ということになりました!!
そんな彼女と何度かデートして、楽しくて幸せでモーたまらん、って頃。海水浴に行くことになりました。もちろん彼女とはまだ何もないので、彼女の水着姿や肌を見るのは初めてです。彼女のことは大好きだし、あなたは若いし、いろんな意味でワクテカです。
海辺に着くと、彼女は海の家で水着に着替えて、ビキニの上からシャツを羽織って出てきました。やっぱりスタイルも良くて肌もきれいで、すごくかわいいです。もう俺の彼女最高!!ってな感じです。
さあ、じゃあ泳ごうか、という段になり、彼女がシャツを脱いだら・・・・・

ボウボウでした∑((゜Д゜)))ガーン!!

もう、かなりボウボウです。うっかり忘れたとかじゃなく、彼女は主義主張があってワキを処理しない人だったのです。

「さて、あなたならどうする?彼女とずっと付き合っていけますか?」

-------------------------------------------------------------------


「・・・・・さて、あなたならどうする?」

「なんか途中でワクテカとか意味の分からない単語が出てきたんですけど・・・まあ、主義主張があるなら仕方ないかな、良いコなら」

というのがカブトの回答でした。

「でも、あれよ?夏のデートではさ、普通にノースリーブとか着てきて、『あ、あれ見てかわいー♪』とか手を挙げるたびに、ワキからボーよ?電車でつり革掴むときも、ワキからボーよ?マックで『あたしフィレオフィッシュセット!』とか言いつつボーよ?平気かな?」
「なるほど、電車のつり革はちょっと平気じゃないかも・・・・っていうか、どういう質問ですか!!!!」

まああれだ。愛の限界点を知りたかったのよ(笑)。
愛とその他の障害との釣り合うところって、割と個人差あると思うのよね。
そういうところが知りたいんです、ただ単純に(笑)

皆さんはどうですか?
よかったら教えてください(笑)




今朝見た夢。

私は母方の祖母の家にいる。
時計を見ると、もう出勤する時間。やばい、急がなきゃ!!と思ったが、ふと考える。
私なんでここにいるんだろう。いつからいるんだっけ?
嫌な予感がして、お風呂を借りてみると・・・・ワキが・・・・ワキがっ!!もずくのようにボウボウと(笑)

うそでしょ!?いつから放置してんの私!?
っていうかこんなになるほどなったことないし!!!!
もう一度腕を上げてみると、やはりそこにはもずくのような・・・・・・じゃなくて、これ本物のもずくじゃんか(驚)!!!!

何度見ても、ワキにはしっとりと・・・いやズブズブに濡れたもずくが、15cmくらいたっぷりと張り付いている。おかしいってこれ。なんでもずくが。しかも左だけに(笑)
「ばあちゃんどうしよう、ワキにもずくが生えとう!!」
と言ってみたら、
「お風呂場にカミソリあるけん使っていいよ~」
まじか。いやもちろん除去するけど、少しは驚くものじゃないのか。
でもまあ仕事に行かなきゃならんのでとりあえず除去しよう。

置いてあるカミソリを使ってみると、さすがもずく。身離れがよく、さっと取れた。
ああ、良かった・・・・・。
もう仕事には間に合わない時間だったので、会社に電話を入れて遅刻する旨を話しているところで、目が醒めた。

ああ夢でよかった。
でもワキからもずくって、かなり衝撃的な絵でした(笑)



なにげなくネットを見ていたら、なんとまだあっち方面は雪が降っているらしい!!
今年は春スキーはあきらめていたけど、これならいけるかも!?
ってことで、突然決まった春スキーw

個人的に、雪質が悪い春には滑りたくない、と思っていたのだけど、去年春スキーに行ってみたらイベントとして楽しかったので、シーズンの締めくくりイベントとして有志で催行することに。
今回のエントラントは、ウリカブリス。残念ながら武男コーチは仕事が忙しく、涙の不参加。

天気もサイコー!これぞ春スキー!
kagura001.jpg


毎回景色を楽しめないパノラマコースも、今日は最高!!タシーロ湖がきれいです
kagura002.jpg kagura008.jpg


雪質は確かに良くはないけど、まあ春スキーだしこんなもんさ。
それに今までよりも、アイスバーンやシャーベットの上でも滑れるようになってきたので、これはこれで十分楽しめる。
春スキーだから、今日はあれこれ悩まずに楽しく滑る・・・・・つもりだったが、やはりどうしても色々考えてしまう(笑) が、この雪質なのでジャカジャカやってもどうにもこうにも。
結局、コソ練の成果をカタチにできなかったなー。
まあいいや、来年だ来年!!

春スキーは楽しむものよーw
kagura004.jpg


それにしても暑い。お昼が近づくにつれ、ものすごく暑くなる。
来年の春スキーは、もう少し装備を考えよう・・・。
「お昼は混雑する時間帯を避けて13:30くらいからにしよう」と事前に打ち合わせしていたのに、選ばれし民たちは12時になると自然とレストランへと移動を始める(笑)
カブトによると、「マーボー丼を食べたことないのは人生の4分の1は損している」ということなので、お昼には人生初のマーボー丼を注文。

これが人生の4分の1・・・!!

kagura005.jpg


が、言うほど美味しくなかった(笑)
まあここのマーボー丼が美味しくないものと思われるので、今度自分で作ってみよう。

午後は各自自由練習ということで、ゲレンデを決めて各自出発!!

今回カブトはショートスキーで苦戦。なんと流れ止めは電線です(笑)
kagura006.jpg


前回もらった武男コーチとカブコーチからのアドバイスを受けて、今回は膝の曲がりよりも足腰の伸縮を意識して滑ることにしてみた。
ちょうどコブ斜でスクールをやってたので、休憩がてら見学してみる。
ほんとだ。こうして色んな人の滑りを見ていると、すごくよく分かる。なるほどー、膝が曲がってるのと膝が動くのって、当たり前だけど別モノなのね。曲げればそれでいいってわけじゃないか。

私には上級コースのコブは無理なので、中級コースの小さなコブを見つけて、みんなが練習していたやり方をやってみる。
さっき見たイメージを意識しながら・・・・・・・あら!!もしかして!?これ!?

なんかキタ──────(°∀°)─────!!!!カモ?

今シーズン最後のスキーで、何かを得た気がする!!
まだ再現性は低いし、明らかに一段上がった、というわけにはいかなかったが、これに気付けたのとそうでないのとでは全然違うと思う。
大事なステップよ、きっと。
まあ来シーズンになると忘れてる可能性は高いが・・・orz
まあいいさ、還暦までに上手になろう(笑)

最初はお昼過ぎで帰るか、とか話していたのに、結局火がついて16:00までたっぷり滑った(笑)
いやー、もう何も悔いはありません!!

今年の冬もたくさん遊びました!!
kagura007.jpg


さよなら、スキーシーズン!!
kagura010.jpg


で、この後は大宮の塩ホルモン屋さんにて打ち上げw
「今年の反省点と来年の抱負を一人ずつ述べよ」とうり隊長が言うので、各自述べてみる。
が、3人とも共通で「今年の反省点はありません!!」
だよねー、これだけ練習できればもう悔いはないよね(笑)

そんなこんなで、今年のスキーはおしまい!!
次は海に向けてダッシュだ(爆)

【本日のキーワード】
・デブオリンピック種目
・デブハーフパイプ
・デブスレー
・あざらしの皮
・二次災害
・ニクジュヴァン
・Dの死角

あ、無茶メンバーに業務連絡です!!
還暦までスキーを続けるということで、各自の還暦年には赤いちゃんちゃんこと赤い頭巾で春スキーを行います。また、その後一人また一人とメンバーが減ってきた場合は、残されたメンバーが遺影を持って滑ることとします(笑)
健康な若手メンバーは特に心しておいてください(笑)


2008.03.20 夫婦の溝
ここ最近ハードだった仕事が一段落したので、ニキュ食べてきました(笑)
ビールのあとはマッコルリ飲んで、あーもーーーだめーー(嬉)♪

って感じでいい感じに酔っ払って帰ってきたのであるが、なんか急に咳が出だして止まらぬ。
あまりにしつこく咳込むので、
「そのセキよくないね・・・ポルちゃんとカルちゃんにうつしたら大変だから」
と言いながら、カブトが寝室から私のお布団を持ってきた。・・・・つまり、今夜はリビングで寝ろと!?∑((゜Д゜)))ガーン!!

床かたいし、私もお布団で寝たい・・・と思ったが、もう眠気にも勝てず、そのままリビングの床で一人寂しく就寝(涙)

幸い泥酔していたので(笑)、床のかたさにもめげずにぐっすり眠った。
朝方にカブトがすまなそうな顔でリビングにきて、「寝室で寝たら?」と誘ってくれた。ありがとう(涙)

ちなみにカブトの記憶では、私が酔っ払ってリビングから動こうとしないからお布団を持ってきてあげた、ということになっているらしい。
果たしてどちらのキオクが正しいのか・・・・。

しかし昨夜は寂しかった。
暗いし床はかたいし暑いし(ホットカーペットがダニパンチモードになっていた)。
なによりも、私を除く家族の全てが寝室にいるのに、私だけがリビングの床に寝ているという事実。
あーー、やっぱりお布団で寝るのってサイコーw

朝方に寝室に移動したら、おもしろい夢を見た。
何かとかくれんぼをしている夢なのだが、その何かは、自在に自分を変えられるらしい。
私と一緒に逃げていた友達が、「あっ!カラスになってるよ今!!」と言うので空を見ると、確かにその『何か』はカラスに姿を変えて、私たちを探している。
駐車場の車の陰に隠れたら、今度はトンビだかワシだかの猛禽類に姿を変え、空中を旋回しながらじっくりと探しているのが見えた。
「だめだ、これじゃ見つかる。車の下に潜って隠れよう」ということになり、私と友人は車の下にもぐりこんだ。
するとしばらくして、その『何か』が犬に姿を変えて探しにきた。
犬は私の隠れている車の横に来て、頭を突っ込んで、私のわきの下あたりに鼻を当ててフンフンフンフン、とにおいをかぎ出した。
くすぐったいのと、「見つかっちゃった!」という気持ちとが混ざって、おかしくておかしくて・・・・でも声を出したら負けのような気がして、声を殺して肩で笑っていたら・・・・
「くすくすくすくす・・・・くっくっくっく・・・・・・くすくすくす・・・くーっくっくっくっく!・・・あーーっはっはっはっは!!ゲラゲラゲラ」
気が付いたら大笑いしてた(笑)

「ユ・・・ユキコ!?」
「あーっはっはっはっは!!あーっはっは!くすくすくす・・・あーっはっは・・・・・ああ、夢か」
「やめてよびっくりするから・・・」
「いやー今ね、かくれんぼしとってね、犬がね、私のわきの下あたりをね、フンフンフンフン、ってね・・・」
「意味わかりませんから・・・」

でもあれだ。
お布団サイコーw




朝。
朝風呂に入るために6:30に目覚ましをかけておいたが、昨夜飲み過ぎたのと睡眠不足と疲れで眠い・・・・。朝風呂あきらめようかな・・・・と思ったら、隣の男部屋からドタドタと人が出て行く音がする。
オヤジ共がちゃんと朝風呂に入るのに、乙女が入らんでどうする!?いかん、負けるなあたし。
布団で死んだように眠るasako姫を残し、単騎朝風呂へ。

露天風呂の柵の向こうでは、オヤジたちの話し声が聞こえる。私の見立てでは、カブトと武男だな。
「おーい!おっはよー!!」
声をかけるが返事がない。シャイなオヤジたちめ。
「おっはよー!!今日もいい天気だねー!!」
叫びながらお湯を男風呂めがけてバシャバシャかけてみる。
・・・・・が、反応なし。
ちっ、朝からノリが悪いオヤジたちめ。

孤独に朝風呂を堪能し、部屋に戻る。
スリッパを見ると男性陣は戻っているようなので、「お風呂、ちょっと熱かったねーw」と部屋に入ってみると、なんと男性陣、全員寝てる∑(゜Д゜)))!!
「あのー、みんな朝風呂いったよね?」
「いってない・・・Zzz」

じゃああれ、他人!?∑((゜Д゜)))ガーン
しまった・・・・・ゴメンナサイorz

今日も気持ち良いお天気。しっかり日焼け止めして、いざゲレンデへGO!!
今日は雪質は悪いと踏んで、広範囲移動できるように高天ヶ原エリアをチョイス。
こっちのゲレンデ、あっちのゲレンデとうろうろしながら滑り倒し、最後はメインゲレンデで各自自由練習~。
それにしても暑い。ウェアの下はTシャツ1枚だというのに、それでもまだ暑い(´Д`;)
もうこれは完全に春スキーですね><

水分補給~。ゴキュゴキュ
shiga003.jpg


そんなこんなで、あっという間に時間切れ!!
最後にうりさんと姫とジャンプ台で飛んで(笑)、今年のスキーは終了~!

それにしても、今回は雪質が悪かったこともあり、コソ練の成果はあまり発揮できなかった。
ちょっとでも雪質が悪いと発揮できないようでは、まだまだ自分のものになってないってことですね。でもいいのさ、なんとなくだけどそこはかとなく、目指すべき扉を感じることができるようになってきたから!!

それから今回無茶メンバーは、『還暦までスキーを続けよう!』という目標ができました。
『そのためには、それなりの筋力と骨密度を保ちましょう』というのが具体的課題。みなさん、オフシーズンもそれなりにすごしましょう(笑)

【本日のキーワード】
・デブニーワールド
・うりさんのハニーハント
・うりスプラッシュマウンテン
・デブまっしぐら
・ちょっとした勇気
・動物の帽子ならなんでもいい
・長野でオープンエアの結婚式
・アダルトチームの恥ずかしい動画
・かっぱ寿司の代わりにすし太郎
・~的なもの

今回はWiiFitのおかげか、デブネタが多かった気がする。
みなさん、車重は自分のショックで支えられる程度にしておきましょう(笑)!!

そして帰り道・・・・

ハッ!!和モノ!?
shiga004.jpg


今年最後となる無茶スキー。時期を考えて、再度の志賀高原をチョイスしてみました。
今回のエントラントは、ヒメタケウリカブリスの5名。だんだんメンバーが固定化してきたな。

お天気サイコー!
shiga002.jpg


ここ最近雪が降ってないようなので雪質はちょっとよろしくないけど、まあ春スキーに来たと思えばよろしい。今年はコンディションに恵まれすぎたから、この程度は許容範囲であろう。
今日は焼額エリアで滑ることにしたのだが、ここをチョイスした理由は、テレインパークがあるから。最近そっち方面に目覚め始めた無茶メンバー。入門者パークで、果敢にジャンプに挑戦。

今回のベストショット。青空がきれいだ!
shiga001.jpg


チャレンジャーその1:うりさん


チャレンジャーその2:カブト


カブト成功の巻


チャレンジャーその3:武男


残念ながら、姫と私の華麗なるジャンプはファイル容量が大きすぎてアップできませんでした><
でも武男コーチの華麗なる顔面滑走が撮れていたのでよしとしよう。
こういう楽しみ方ができるようになると、多少コンディションが悪くてもスキーを楽しめるのでいいなあ。そのうちケガ人が出そうな気もするが(笑)

1日たっぷり滑って、宿へ移動。ここは食事も美味しいし、露天風呂も最高でお値段も素敵なのでお気に入り。今日のゴハンも非常にスバラシかった!!
食事の後は部屋にて飲み会~♪

鍋おでんをつつく、オヤジたち
080315_2333~0001


姫のWiiFitヨガと、わさび焼酎
080315_2340~0001 080315_2334~0001 080316_0008~0001 

行きの車中ではみんなグターリしていたが、今回も夜はきっちりと飲んで騒ぎました(笑)
最後は、うり隊長が布団で湯気を上げ始めたので、それを期に撤収~。

さーて、明日もたくさん滑るわよー!


2008.03.14 強い人々
最近、自分の弱さを痛感します。
弱さというのは、よく言う「強い人」、「弱い人」とはちょっと違う。

有体に言うと、最近身近であれこれありまして。
・・・・・で、一度書いてみたけれど、リアルなので削除しました(笑)

まあ、あれです。
私って真面目すぎるんだ。(いやホントw)
これが良いところでもあるけれど、私の場合、これがかなり足を引っ張っている気もする。
なんでこういう性格なんだろうなあ。面倒くさい。

モジモジクヨクヨしてるからだめなんだ。
ああ、そこらの石でマンモスを倒して、そのハナの肉を生焼けで食べるような、そんな女になりたい。


2008.03.13 今日のおやつ
今日のおやつは、私と同じ『いちご&ヨーグルト&はちみつ』。
勝手な自己満足なんだけど、同じものを食べるのってなんだか嬉しい。

ヨーグルトは食べない可能性もあるので、まずはいちごのみをあげてみる。
2匹ともいちごは大好きなのです。

いちご!いちご!!
080313_1151~0001


今度は、ヨーグルトにはちみつを落としたものを用意。

食べるかな?
080313_1159~0001


早速あげてみたが、カルちゃんは「脱走させろ!脱走させろ!!ダッソーだダッソー!!」と大騒ぎしてお皿の上を踏み散らかし、食べる前にぐちゃぐちゃorz

ひどい・・・・・。
080313_1200~0001


ポルちゃんは、はちみつ部分だけを食べてあとは放置。
080313_1201~0002


どうやら2匹とも、ヨーグルトはお好きじゃない模様。
飼育本によるとヨーグルトも好きなコはいるらしいんだけど、トヨちゃんもヨーグルトは好きじゃなかったなあ。甘くしてもだめだったか。

これ以上散らかさないうちに2匹のお皿をさっさと下げ、引き続き観察。
するとカルちゃんが最近『いじけ場所』として使っている隅っこの場所で、毛繕いをはじめた。どうやらさっき暴れたせいで、足や体にヨーグルトが付着して不快なのらしい。
カルちゃんはカメラを向けると嫌がるので、ケージの隙間からそっと撮影・・・・。

再生時は画質はマシになります。


気付かれた∑(´□`;)


エミタソと2人っきしきし知己知己デートしてきました

お店はエミタソがドリンク半額クーポンを見つけてきてくれたので、そこにケテーイw
ここは焼酎がどれも良心的なお値段で種類も多いので、満喫するわよ♪

メニュー選定時から既にキーワードが発生する勢いで、食べたり飲んだりしゃべったり握手したり熱い視線を交わしたり(照)
それにしてもよく飲んだ。お互いビールを3杯飲んだ後に焼酎のロックに移り、「そういえばここ、ボトルも半額っすよ」ということでボトルを入れw
お互いに明日も仕事なのであるが、店員さんに「閉店です」と追い出されるまで、時間いっぱいまで食べて飲みました。

ああ、毎回毎回あっという間に時間がすぎていく><
今度はマミタソと時間を合わせて、3人知己知己やろうね!

【本日のキーワード】
・なが~~いソーセージ
・余熱を利用
・私のマグロが崩れていく
・これはだめなまつですよね
・上の(自粛)
・手の位置についての嗜好性
・「ここお漬物ないね」

今回はめずらしくマジメな話などもしてしまったが、こう書くと相変わらずのような気もする(笑)
っていうか、「これはだめなまつですよね」って一体なんだ。
キーワードを携帯にメモれたあたりなので、まだまだ前半の話だったかと思うのだが・・・さっぱり思い出せぬ(笑)

GWにはシステム部が恵比寿に移転するらしいので、こうして平日の夜にデートできるのはあとわずか。
ああ、都会のオトコなんかにエミタソを取られるなんて許せないわ・・・。






先日とは違うクラスでのこと。

「センセー、センセーはどのプリンセスがすき?」
「そうねえ・・・先生は野獣系が好きだから・・・『美女と野獣』のベルかしら?」

さりげなく趣味をカミングアウトしてみたがそこは当然スルーされ(笑)、

「ふーん。あたしはねー、シンデレラ!ねえ、マユちゃんは?」
「マユはねー、アリエル!」
「じゃあセンセー、あたしはこれからシンデレラ、マユちゃんはアリエルに変身するからね♪」
「あっ、じゃあ先生もベルに変身するわ♪」
「それはだめだよ」
「えっ?なんでだめなの!?みんな変身するんでしょ?だから先生も・・・」
「だってだめだよ、先生は・・・・モゴモゴ」
「え、なに?聞こえなかった今。なんでだめなの?」
「だって先生は・・・・・・だって・・・・・・もう女の子じゃないもん

ガビーーン∑((゜Д゜)))!!

「そ、そうね。先生はあれだものね、オ、大人のオンナですものね、フ、フフフ(涙)」

ってことで今日も姫様方のお遊戯には混じれず。
皆さんが飛ばし散らかすボールを拾ってまわっておりました(笑)

シンデレラが言うには、プリンセスの条件は『女の子』じゃないとだめだそうです。
ちなみに彼女たちの言う『女の子』というのは、おそらく年齢がヒトケタくらいの子。それ以上は『お姉さん』となり、働く大人の女性は『大人のひと』、お母さんのお友達は『〇〇ちゃんのおかあさん』、残りが『おばさん』と『おばあさん』らしい。
つまり中学生も女子高生も大学生も、もうプリンセスにはなれないそうな。

一体どういう流れでそういう条件が決まるのか。そこが一番興味深い(笑)




いつものジンギスカンのお店に行ってまいりました。
今回は、姫とごーも参加。
うり隊長自ら、ジンギスカンコース+飲み放題2時間つきを予約してくれました。
よーし、ガンガンいくわよー!!

デブスイッチ、入ります!!
080308_2002~0001 080308_2003~0002 080308_2003~0003 080308_2003~0001 

しかしジンギスカン以外のメニューが充実しすぎていて、なかなか羊に辿りつかぬ。
「あー、なかなかジンギスカンを食べられんよ~」
「え、俺もう3枚くらい食ったけど」
「俺も」
「俺も」
「私も食べてるよー」

ナヌ。みんなそんなに順調に進んでいたのか。恐るべし、選ばれし民たち。
大宮デブツアーで鍛えられたと思っていたが、まだまだであったか。今日も試合に負けそうだ。

そんなこんなでついていくのに必死だったため、今日も食べ物画像を撮り損ねたorz
だってあれなんですもの、デブツアーはいつも『やるかやられるか』の真剣勝負なんですもの。
しかも制限時間がすぎてもぐだぐだと馬鹿話をして、結局終電に駆け込む始末。
姫とごーが先に電車に乗ったので、酔っ払い大宮組は泣きながら手を振りつつ、ホームを走って見送りしてみた(笑)・・・・姫たちの向いのサラリーマンが大ウケしていたが、その後どうなったであろう。

さて。その後大宮組はなぜかカラオケへ。
今日のテーマは、『なんでもチャレンジしてみる』。
そしていきなり飛ばしまくる、うり隊長。

「胸にキラリとハードボイルド いつだって バキューン! 熱いぜ」
080308_2347~0001


「憎みきれないクールガイ やめときな ドキューン! 怪我するぜ」
080308_2348~0002


・・・・・怪我するぜ。
080308_2348~0001


徐々に盛り上げていこうと思っていたカブトと私は、いきなり窮地に立たされた。
待ってください、うり先生!!まだ私たちそこまで準備できてません!!
そして私がチョイスしたのは・・・

「つぼみから花へ わたしはマチコ イェイイェイ♪」
080309_0053~0001


やはり名曲だ。なんてったって「つぼみから花へ」という歌詞が素晴らしいし、そこから「わたしはマチコ」というものすごい切り返し。名を名乗るだけでこのインパクトって一体。そしてそこからどう落とし込むかと思ったら、「イェイイェイ♪」と来る。
いやすごいってこれ。まじで名曲。

ということをアツく語っていたら、カブトから「それ毎回歌って、毎回同じこと言ってるよ」と突っ込まれた。
おかしい、私の記憶ではこれを歌うのは初めてのはずなのだが。
毎回フレッシュな感動を起こしてくれるマチコ先生のテーマは、やはり名曲だということだろう。

【本日のキーワード】
・肉しか育てない
・ヘロドトスで2駅
・ごーはなぜペルー人か
・7つの傷
・ドラゴンボールでいうとピッコロ程度

なんか他にたくさんあったと思ったが、忘れてしまった(笑)


2008.03.07 お姫様競争
小さい子供のクラスでのこと。
今日は欠席者が多く、女の子2人だけだったので、練習した後は長めに遊び時間を取ることにした。

「センセー、あたしシンデレラね!今日からシンデレラって呼んで!」
「じゃああたし、白雪姫!」

いつの時代も、女の子はお姫様が好きだなあ。
「じゃあ、ちーちゃん(仮称)は石田シンデレラね。みーちゃん(仮称)は原田白雪姫ね。じゃあ・・・先生はアリエルにしよっと。今日から飯田アリエルって呼んでね♪」
「エー」
「エー、じゃない!!センセーだってお姫様になる権利があると思います!」
「うーん・・・・じゃあ、飯田アリエル、いくわよー!」
「はーい!アリエルナイスキャッチだったわ!じゃあ、原田白雪姫、パスっ!!」
「はーい!じゃあシンデレラ、いくわよー!」
「センセー、センセー、じゃあこれ、お姫様競争ね♪」
「うん、わかったわ、シンデレラ♪」

ボールの三角パスのどこがお姫様競争になるのか不明だが・・・(笑)

三角パスに飽きた頃、シンデレラが「お船に乗りたい」と言い出したので、でっかいビート板みたいな水に浮く板に2人を乗せてあげることにした。

「じゃー、どこに行きますかー?」
「お城の舞踏会に行きたいわ♪」
どうやらお姫様ごっこはまだ続いているらしい(笑)

「あら!お城ならアリエルも行きたいわ。私も馬車に乗せて?」
「だめー、馬車にはウマがいるもん!」

あたしはウマなのか・・・・。

傷心のウマが牽くかぼちゃの馬車は、王子様を探してウロウロ・・・・
「王子様いないわねー」
「本当だわ、王子様はどこかしら?」
馬車の中のお姫様たちの会話はのどかに続く(笑)

「パッカパッカ・・・あっ!お姫様方、残念ながらお時間です。馬車がかぼちゃに変わる前に、お片づけしてシャワーに行かなければいけません!!」
「えー!やだー!もっと遊ぶー」
「・・・・・だって、この馬車かぼちゃに戻ってしまいますよ?魔法がとけてしまいますが良いですか?」
「あら、じゃあいそいで帰らなくてはいけないわ!!」
「はやくー!いそいでー!」
突然慌てだす姫様2人(笑)

急かされるままにウマは帰路を急ぐ。するとシンデレラが突然慌てだした。
「たいへんよ!!いそいでいたら、クツをなくしてしまったわ!」
「あら、シンデレラどうしたの?」
「いそいで階段をおりていたら、クツをなくしてしまったの。こまったわ、どうしようかしら」

すごいなー。4歳児なのにこの長セリフ。絵本を丸覚えしてしまったんだろうなー。

「あら、それは大変ですね。おクツ、探してみた?このへんに落ちてるかしら。どう?」
「ん・・・あのね、いそいで階段をおりていたら、クツをなくしてしまったの!」

シンデレラ、アドリブには弱い模様(笑)

「じゃあ仕方ないですね、裸足で帰りましょう。ママにはそのへん、うまく言い訳しないとね!夜遊びがバレてしまうわ」
「あっ!センセー、センセー!」
「パッカパッカ・・・なんでしょう?」
「あのね、クツが見つかったの!それでもう、履いたの。だからもう大丈夫よ!」
「あら、それは良うございました。ママにもバレませんわね」
「ええ・・・」
すました顔でほほえみながら、踵のあたりをそっと撫でるシンデレラ(笑)

子供って本当におもしろいなー。
そしてシンデレラが無事にシャワーを浴び、ママの元に駆け寄って・・・・
「ちーちゃんおかえり!今日もいっぱい練習したー?上手になった?」
「うん、おもしろかった!今日はね、飯田アリエルと原田白雪姫ちゃんと、お姫様ごっこしたの!!」

うぐ。ちゃ、ちゃんと練習もしたことも、忘れないでくださいね(笑)






2008.03.06
今日は本当に暖かい。
もう春だわ~。

ところで、昨年新しくできた見沼ICを利用してみました。
だーれも走ってなくて、貸切状態ですw

新しいトンネルはなかなか美しい。
080306_1419~0001


無人だからトンネル画像も撮りやすいわ♪
080306_1419~0002


そしてトンネルを抜けると・・・空の広い見沼ワールドw
080306_1419~0003


仕事の都合で珍しく高速を使いましたが、割と楽しかった。
それにしても見沼の空は広いぜ。
そして駐車場の隣の空き地で、春を見つけました。

もう春ね。
080306_1429~0001



2008.03.03 小さいオトコ
私の周囲に、大型二輪を持ってる人がおりまして。
どうやら限定解除で取得した時代の人でして。
周囲で誰かバイクの免許を取ったりすると、いつもアツく語るわけです。

「俺は限定解除で大変だった、今は大型二輪の免許がカネで買えるからいい時代だな!教習所で免許取ったやつはみんな免許返すべきだよ、ヘタだしプライドないし、あいつらのせいでバイク事故が増えるんだウンタラカンタラ」

まあ私はそういう人には慣れているし、どうでもいいのでいつも聞き流すわけだけど、あんまり何度も言うので、バイクに乗らない他の人とかにも耳に障るようになってきたらしい。
で、今日の仕事場の駐車場にて・・・

「イイダ先生ってバイク乗るよね?そんなに教習所と一発って試験内容別モノなの?」
「んーと、試験内容は同じはずですよ。ただ教習所だと、いつも練習してるところで試験も受けられますからね、そのへんは違うでしょうね。でもそれが教習所ですから。教えてもらって習うところですから(笑) 今は教習所も選択することができるのだから、あとは仕事や生活や自分の考え方で、教習所か一発かを選べばいいと思いますけどね。
まあ限定解除ってのは確かにすごいなと思いますけど、私は普通二輪の人間なので、大型乗る人はみんなすごいと思います。」
「ふうん・・・でもスゴくてもさ、あんなことをクドクド言うのってカッコ悪いよね」
「あー、私もそう思います!」

そうか、若くてかわいい女子コーチもそう思うのか。残念某氏、せっかくアツく語ってるのに効果ナシ。

「あれ聞いてると、別に今のバイク事情を嘆いてるわけじゃなくて、限定解除ってやつをやった自分を自慢してるとしか見えないもんね」
「そうなんですよねー」
「大事なのは今どう乗ってるかですもんねー。一発以外はプライドないとか、そんなことないと思いますけどね。」

そこで某コーチが一言。
「ああいうのを見てるとさ、『ケツの穴のちっちゃい男』って言葉を思い出すわよ」
「あははははは!なんですかそれ!!」
若手女子コーチ大ウケ(笑)

「今の若いコはそんな言葉知らないのかしら・・・イイダ先生は知ってるわよね?」
「知ってますよー。私個人の意見を言わせてもらうと、そういう男はケツの穴どころかあんなとこやこんなとこもちっちゃいと思いますね」

「ぎゃははははははは!!」
「イイダ先生、いつも静かなのにおもしろい人だったんですねー(笑)」

なんかすごいウケた(笑)


某氏を庇うわけではないが、それでもやっぱり限定解除ってのはすごいと思います。
当時はそれしか方法がなかったから、本気でやる気の人だけが、何度も何度も落ちてはトライしてたわけだからね。まあ、思いのたけがカタチとなったものだから、思い入れもあるのだと思う。
キモチは分かるが・・・、それを押し付けるとスマートじゃないよね。

私なんて・・・普通二輪ですら苦しくて、一体何度「マジでカネで解決してえ」と思ったことか(笑)
それにしてもいつも思う。
なんであんなにコケてたんだろう(笑)?





本日の日記は、今までよりもさらに独り言要素が強いです(笑)


すっかり春めいてきたが、ついにサンタさんからの愛が詰まったプレゼントが届いた。

ああ、ひできサンタさま・・・・ありがとう!!
080302_1923~0001


早速見てみるが、もうたまらん。
かっこよすぎ。よすぎ。よすぎ。何から何までよすぎ。
あーーーーーーー、ライブ行きたい!!たまらん。

やっぱりSFUにはヨーコさんが必要だなあ・・・・。
って、誰にも分からない独り言(笑)

ヨーコさん戻ってきて!!
080302_1922~0001


まああれです、遅れましたがSFUってのは私の大好きなバンドです。バンドなのかな。バンドだろう、多分。
ちなみにアクというかクセが強くて一般ウケする人たちではないゆえに、他の人に勧めたりはしませんが・・・でも業界内での評価はすごいらしい。
まあ業界内での評価がどうかというのはどうでもよく、とにかく私が好きなんです。

久し振りに火がついたので、今年のトレーニングのBGM用に、SFUとニューエストとメスカリンでプレイリストでも作ってみよう。



今月いっぱいの期限つきのリフトのタダ券があったので、またまたコソ練に行ってきました(笑)
今回は長野のエコーバレースキー場。参加者はウリカブリスの3名。

小さなスキー場だし、土曜だし、あんまり良コンディションで滑れないかなーと思っていたら・・・。
意外と雪質は良いし、人はいないし、中級コースは結構あるしで、意外といいじゃない!!

新しい板には前回であらかた慣れたと思っていたが、なかなかどうして。
慣れてきたら慣れてきたで、板の可能性や特性がどんどん見えてくる。(気がする)
前回は「うそ!?なんで??」みたいな感じでコケることが多かったが、ようやく分かってきた。
『乗っちゃいけない場所』に乗ると、板が暴走する。その代わり、『そこ正解!』だと、すごくいい感じにコントロールがきく。(気がする)
ふむー、やっぱり道具ってすごいわ。

さてさて。
ここにはスノーパークってのがあって(まあどこのスキー場にもあるが)、そこのジャンプ台がおもしろそうだというのでカブトとうりさんが挑戦することになった。
「ユキコもやれば?」
「いやあたしはカメラマンとして、皆さんの逝き様・・・いや生き様をフレームに切り取りますよ」
まあ、単なるビビリ(笑)

さて、いよいようりさんの番・・・・おお、飛んだ!!
が、着地に失敗。
次はカブトの番・・・・おお、かなり飛んだ!!
しかも着地も成功!!
「今の良かったでしょ?見せて見せて!!」
早速画像を見てみると・・・・・。

うりさんが飛んだ後のジャンプ台・・・
echo001.jpg


カブトが飛んだ後のジャンプ台・・・・
echo002.jpg


「なにこれ!!!!」
「えーと・・・テーマは『静寂』。勇者たちが飛んだ後のジャンプ台をフレームに切り取ってみました(照)」
「単なるシャッター押すの遅すぎるだけだろ!!」
「なんて役立たずなカメラマンだ!!」

スミマセン(涙)だって難しいんだもん・・・・。
「も、もう1回チャレンジさせて!!今度こそ早めにシャッター切るから!!」

満を持しての再チャレンジ。おお、今度は撮れた気がするぞ!!

うりさん着地直前の図。
echo003.jpg


カブト着地寸前の図。
echo004.jpg


あ、相変わらずシャッター押すの遅かったか。なんて難しいんだ。
「もういい、今度は動画で撮ってよ」
「ああそうですよね、そのテがありましたよね・・・そうします(涙)」
こ、今度こそ・・・・・!!

成果は以下のとおり。

うりさんのジャンプの最後の一瞬。


カブトのジャンプ。


うーーーむ。
どうも私はカメラマンとしての素養が全くないらしい。
まあ気付いてはいたが。

そんなこんなでジャンプを堪能した後は、また黙々と練習。
雪質の良さもあって、今日もまたほんのりと膝が曲がりそうな気配がそこはかとなくにおわないでもない雰囲気だったので、がんばってみたが・・・・
「前よりは良くなってきた気がするけど、右が全然だな」
まああれよ。私の膝は硬派な男でさ。つっぱることだけがたったひとつの勲章とそれだけを信じて生きてきたわけなのよ。それを今更ね、曲がれだの柔らかくなれだの、そんな簡単に信条も関節も曲げるわけにはいかないらしいのよ。
まあ、更正には時間がかかるってやつだ。根気強く対話して心を開いていこう。

そんなわけで本日の脳内BGMは当然、『男の勲章』。

・・・・・がんがります(涙)


おまけ画像:うりさんのくるくる滑り








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。