上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝見た夢。2本立て。



まず1本目。

どうやら私は結婚している。夫の姿は後ろ姿でしか見えない。

スーツを着て、痩せて、まあまあ背が高い。

私は夫とは別居中で、実質離婚しているのと同然なので、スナックのママをやっているらしい。

夫はカウンターで黙って飲んでいる。私も黙ってお酒をつくるだけ。

いつものように2時になって、夫は帰っていった。



朝方になって、若い女性が入ってきた。

夫の浮気相手だ。

「あのう、水割りください」

水割りをつくってカウンターに置く。

「あのう・・・奥さん、相談があるんです」

「なんでしょう?」

「あの・・・○○さん、最近お宅に帰ってらっしゃいますか?」

「もうずっと帰ってきませんよ。そちらに帰ってるんじゃ?」

「ええ、前は・・・でも最近、うちに来なくなったんです。連絡もなくて。・・・・あの、2時まではやはりこちらに来てますか?」

「来てますよ」

「そうですか・・・なんだかあの人、以前に、『別居してるとはいえ妻は妻だから、一度は妻のもとに帰る。それが夫としての義理だ』とか言ってて・・・それでいつも、ここで飲んでから、うちに来るんだって言ってました」

「知ってます。それ私にも言ってましたから。そんなの何の義理にもならないのにね」

「で、あの・・・毎晩2時くらいまでこちらで飲んで、それからうちに来てたんです。でもあの、来なくなったってことは・・・」

他の女性ができたってことくらい分かる。そういう男だ。

「あの・・・私の他にも誰かいるんでしょうか?ご存知ですか?」

「私が知っているのはあなただけですが・・・でも、昔から繰り返してきたことですから」

「やっぱり・・・・新しい女性ってことでしょうか?」

彼女は泣き出してしまった。

私は2杯目の水割りをつくる。



ここで終わり。



2本目。

私は高校生になっている。早朝に、自転車で通学しているところ。

周囲にも同じ高校の同級生が何人かいる。

ふと空に、オレンジ色の大きな流れ星みたいなものが見えた。

「あっ!」と周囲の生徒たちも声をあげる。

流れ星と思ったものは、2機の飛行機。A○Aのマークが見える。なぜかひどく近づいていて、接触しそうになっている。

後ろの飛行機が急に方向を変えると、その後ろから来ていたセスナがぶつかりそうになり、急旋回をして・・・・電車の高架線にぶつかって、落ちた!

バチバチと火花が上がるが、炎上はしなかったようだ。でも落下したのは線路上。

「電車がくる!」と誰かが叫ぶ。

線路は少し盛り上がった土手の上を走っていて、セスナの上部しか道からは見えない。

電車はまったく原則しないまま大きな右カーブを抜けてきて・・・・セスナとぶつかるすごい音がしたかと思うと、脱線して列車が落ちてきた。

私の立っている位置をぎりぎりでかすめ、外側の空き地に列車は落ちた。

「次の電車がくる!」と誰かが叫ぶ。

逃げようと思うが、進行方向へ逃げても人の足じゃそう逃げられないしと思い、あえて逆方向の電車が来る方向に逃げる。

走っているところで目がさめた。
スポンサーサイト
2005.09.29 アクセス数
昨日までに福岡帰省の日記を全部アップしましたが・・・

アクセス数が跳ね上がっております∑(゜Д゜)))ムヒョー!!



今までは大体、80~100アクセス/日というペースでしたが(重複は含まないらしい)、帰省中の平均アクセスは40~60/日まで落ちておりました。

帰ってきて、日記を再開した途端、130~140アクセス/日に跳ね上がりました。

すすすすごいですよ・・・・私の日記、そんなたいしたこと書いてないですから、そんなに見なくても大丈夫ですよ・・・・・

ちなみに、日別アクセスのグラフです。



それにしてもありがたや。

帰省中は気合入って写真なんかも撮りまくりでしたが、今日からはまたマターリとした日記になりますので、皆さんどうぞ飽きたりしませんように・・・・
【チキンサラダ弁当】

堤のほか弁のみで確認されるメニュー。

しなびたキャベツの千切りを敷き、その上にから揚げをざく切りにしたものを載せ、さらにその上からドレッシングをふんだんにかけたもの。サラダと名づけるにはあまりにも野菜が不足している弁当。

ドレッシングについては、オーロラソース説が有力である。

ふたは閉まらず、から揚げの上にふたを載せ、輪ゴムのみで封印されている。

非常に油っこくボリュームがあり、花すし弁当(別項参照)と並んで体育会系学生には適しているが、30代社会人には成人病を促進させる危険なメニューと言える。



尚、現在は堤のほか弁は移転か閉店のためになくなっており、このメニューを再び確認することはできなくなっている。(2005年9月現在)
今朝見た夢。



友人たちとパーティーをしている。

私が幹事のようで、料理を運んだり、席を用意したりと忙しい。

なのに誰も手伝ってくれず、話し掛けてもくれない。

あー、幹事なんてやるんじゃなかったなー、お酒も飲めないし。と思っていたら、後ろから名前を呼ばれた。



振り向くとゾンビ山口氏。

ゾンビは照れくさそうに、手に持った箱を開け、中からウサギの毛のマフラーみたいのを取り出し、私の首にかけてくれる。

「プレゼントです。今度それつけて、一緒にラリーでましょう!」

「?? これつけて??って、どのラリーに??」

「僕も同じの買いました。(と言いながら自分の首にもかける)」

「ゾンビ、そんな趣味だっけ?」

「これつけて、2人で、スタート地点で、『イェーイ!』って言って写真に撮ってもらいましょう」

「・・・・・レ、レーシングスーツの上に??で、スタート地点でイェーイ!?ゾンビ、そういうキャラだったっけ?」



よくよく見ると、ゾンビは黒いシャツの胸元を大きく開け、ちょっとホストっぽい。

パーティーだからおしゃれしてきたのかしら・・・それともイメチェンかしら・・・・・

何か言ってあげないといけない気がして、

「ゾンビ、そういう服ってめずらしいね。でも素敵よ」と言うと、

「サイタさんも素敵ですよ」

と言って、肩をそっと(以下自粛)



いやあ、ゾンビ、意外とやるね。






昨日の夜、無事に帰宅しました。

最高に楽しい7日間でした。

あっちで遊んでくれたみんな、ありがとう!

やっぱ福岡最高!!



でも、しばらく肝臓は休ませらなきついです・・・


2005.09.24 ただいま
ええ、そうなんですよ。

帰りは朝日を見ようと思ったんですよ。携帯の充電器も持ち込んで、アラームセットしてね、今回は準備バッチリだったんですよ。

そしたらですね・・・・曇ってましたよ∑((゜Д゜)))ガーン!!

だから今回もふて寝したんですよ。



ふて寝は良いが、船が揺れて眠れぬ・・・・このときどき、「バーン!」と船が波の合間に叩きつけられるときの衝撃がたまらぬ。さらに、足が頭より高い位置にくるときなんかもう・・・・

寝れーーーーーん!!

しかしデッキにも出られぬのでは夕方までは長い。必死に寝る。無理やり寝る。

ああ・・・・余計に疲れた・・・・orz



恒例の朝風呂・・・流れるプールに入り、ラウンジで昼食。

しばらく本を読むが、デッキに出られそうなので気分転換に出てみる。

しかしドアを開けた途端すごい風で、髪が風になぶられ、結んでいたゴムがゆるんでしまうほど。飛ばされる~~と思い手摺をつかんで海を見る。

行きと違ってあまり楽しめそうな海じゃないな・・・

img20050928.jpg



でも晴れてきた。空はきれい。

img20050928_1.jpg



そんなことをしていたら、30おわりくらいの男性が近づいてきて話し掛けてきた。

仕事で長崎から新潟へ行くところだとか。

「俺より年下だよね?」

「さあ・・そちらの年齢知りませんから、なんとも。33ですけど」

「ええ!見えないなあ~。俺30なんですよ」

『げげ!38かと思ったYO!』という言葉は心の中のみで。

「ええ~、1週間1人で帰省ですか?ダンナさん心配じゃないですか?」

「心配って?ああ、不便かけて悪いなあとは思いますけど」

「いや、浮気とかですよ」

「いや、浮気を疑わなくちゃいけないような人だったら結婚しません」

「ははあ・・・さすが九州の女ですね」

妙な感心の仕方だな。しかも挙句に、

「あの、電話番号とか教えてもらえませんか?新潟くることあったら飲みましょうよ」ときた。突然なんだ。意味不明。

「いやあ、それはちょっと」と言おうと思ったら突風が吹いてきて、「いや」で止まってしまった。

「は、はっきり言いますね、さすが福岡の女・・・」

妙な感心の仕方だし、今のは事故なのだがまあいいや。

そんなこんなで新潟着。



ニュースを見ると、どうも長野方面は大雨注意報かなんかが出ているらしい。

カブトによると、この辺は「大雨やら霧やらでひどいときは通行止めになるよ~」とのこと。

「通行止めになったら私はどうすれば!!」とメールを返すが、もう直江津港は出てしまった。

こうなったらルートBに変更か。

しかしついルートA方面へ向かってしまう。ええい、もうKIAIじゃ。

幸いなことに雨はあまりひどくなく、ときどき濃い霧が出ている程度で済んだ。

埼玉に入ってからの方が突然の大雨があったりして怖かったくらい。

帰りの高速でパチリ。

img20050928_2.jpg



ということで、無事に自宅に帰りつきました。

1週間の帰省、本当にあっという間でした。

でも二代目と一緒に帰ってよかった。あちこちドライブできて満喫できました!

飲みに遊びに付き合ってくれた皆さん、本当にありがとう!

また会える日を楽しみにしています。



本日の一言:「あ!遊ぶのに夢中でお土産買うの忘れた!」
いよいよ最終日です。

しかしフェリーは22:00博多港発なので、それまでは遊びたおす!!



ってことで、今日は6年ほど前に知り合った友人とドライブ。

実はネット上で知り合った友人なのだが、同郷・同い年のせいか、会ってすぐに打ち解けてしまい、なんだか子供時代の同級生と会っているような感じ。

2人で数えてみたら、なんとこの6年間の間に5回しか会っていない。・・・しかも、最後に会ってから5年経ってる(笑)

昼食にパスタを食べ、海へドライブ。



台風のせいか波は高いけど、今日もきれい~

img20050928.jpg



なーんにもない空。

img20050928_1.jpg



これは岩じゃないんです。ぜんぶ砂のかたまりなんです。

img20050928_2.jpg



砂浜のすぐそこは、45度以上の急斜面!

img20050928_3.jpg



5年分のお互いの話をし、裸足で海を歩きまわりました。

久しぶりに会えてよかった~!次はゆっくりお酒飲みながら話そうね!



さて、実家に戻り、荷造りをして、親不孝にあるクラブでひできからPC受け取り。

こんなところにクラブできたったいね・・・・Tシャツにジーンズで行ったら、黒服のお兄ちゃんから止められそうになったよ(笑)

愛する広治2号機(もはやこの名前誰も覚えていまい)を二代目のトランクに積み込み、いざフェリーへ!



行きのフェリーは楽しかったので帰りも楽しみにしていたのだが、どうやら台風の影響か、波がかなり高いらしい。

博多湾を出るまでデッキで名残を惜しもうと思ったが、波と風が強くてデッキへは出られないとのこと。

仕方ないのでラウンジからしばらく眺め、お風呂へ入る。

お風呂へいくと、今回も貸切の模様。お!ラッキー♪と思って服を脱いでいると、お風呂場から『ザバーン、カコーーン』と音がする。

あれ?人いるんじゃん・・・・残念、貸切じゃなかったか。

しかし入ってみると、やはり無人。そしてお風呂だけが大荒れ。浴槽からザッパンザッパンいいながらあふれとるじゃないですか!

荒れるお風呂に入ってみると、おおう、流れるプール!! なんてもんじゃない、もうとてもじゃないけどじっと浸かってるなんてミリ。流れるお風呂に流されるまま、無人の浴槽を何周し、そして何度おぼれそうになったことか。ああ疲れた。



お風呂に入ってさらに疲れた体で、これからまた疲れるベッドで眠るのです。

寝る前はもちろんこれ(笑)!

050923_2240%7E001.jpg

辛口柿ピーにビール。帰りのお供は司馬遼太郎と、重松清の「疾走」。3冊あれば多分、直江津までもつでしょう・・・・

窓の外には玄界島。多分。



またね、福岡。いつまでも私の帰る場所でいて下さい。
今日のお昼は、自動車部の同期、よっちゃんとタキちゃんと会うために、よっちゃん宅へ。

おおう・・・よっちゃんちって豪邸。

タキちゃん宅も豪邸だし、昨日の同期のマンションも豪邸であった。しかもみんな子持ちのせいか、乗っている車も大きくて立派。高そう。うちなんてバネ夫と二代目のみ。3人以上乗るか、荷物が多くなると自動的に商用バネ夫。もう1台増えたところで、カブトのラリー車。永遠に2名乗車か商用車の二者択一。しかも屋根にはハシゴ。どうよこの差。

こういうのを見ると、ラリーに注ぎ込んだお金をもっとこう・・・と少しだけ後悔しないでもない。でももう遅し。それにやっぱりムリ。



3人でお昼を食べ、お茶して、懐かしい話をする。

よくよく考えると、彼女たちと初めて会ったのは18のとき。

あの当時、33になった自分たちを想像したこともなかったが、やはりこういう日はくるのか。そしてこんなにも私が成長していないとは。いやはやオドロキ。てか飲んだときの状態は、明らかに後退すらしている。やばし。

「そろそろ子供をお稽古に連れていかないと・・」ということで解散。

みなさんママなのね~。



さて。

本日夜は、ついにトドメの『父子タイマン飲み~取るかとられるか!~』

サブタイトルまでつけてしまった。

なんでこんな山場がちょうど都合よく最終日の夜になったか。でも明日の昼にも予定あるので、タマとられるわけにゃあいきやせん。

一体どこの言葉だか。めぐちゃんからも、「いよいよ今日ですね!姐さん、タマとられんようにきばっておくれやす」というメールまできた(笑)



父子タイマン飲みは久しぶりでありますが、久しぶりに行くお店を予約してもらい、久しぶりの大将にお鮨をにぎってもらいました。

ああああああ美味しい~~~(涙)

なんかいろいろ出してもらった焼酎も美味しかったし、お刺身もごぼうの天ぷらも何もかも美味しかった。

もうあれです、思い残すことはござんせん。

さすがに7日目ともなると胃も肝臓も疲れ果て、お酒を飲むペースもすっかりダウン。

弱くなったねと言われましたが、ペースが落ちただけでまだまだいけますけどね(笑)、諸事情を鑑みるとあのへんが引き上げどきだったので早めの引き上げとなりました。

いやあ、電車が走ってる時間に帰ったのなんて初めてですよ(照)



ちなみに、家に帰って電車男を見ているうちに元気になってきて、めぐちゃんを呼び出してまた夜の街へ繰り出したのは内緒です(笑)

明日にはWRCに旅立つというYさんを深夜までひきとめてしまい、非常に申し訳なかったです。Y谷さん、がんばってくださいね~!



本日の一言:「SSの間じゅう手にぎってますよ!」「おう!」
本日、お昼は某硝子メーカー勤務時代の同期のお宅へお邪魔。

ちょうど仕事が忙しくなった頃に彼女が結婚し、出産したので、電報打ったり出産祝いを贈ったりするだけど、会うのはもう何年ぶりかです。

久しぶりに会う彼女は、子供を産んだとも思えない体型・・というより、独身の頃より痩せていて、こりゃあ私もどうにかせないかんなと反省するほどにきれい。

当時の先輩たちの話や同僚の消息などを話す。

40にしてどんどん結婚していった先輩たち(すごい!)、海外へ転勤して偉くなった上司の話などなど・・・・ちょっと(かなり)ショックな話もいくつかあったけれど、この数年間の浦島太郎状態がよく分かりました(笑)

彼女の子供もすごくかわいくて元気で、私が買ってきたプリンとマロンパイをたくさん食べてくれました。



夜は、業務連絡の甲斐あってようやく再会できた友人と飲み。

小学校5年の冬に転校して卒業するまでの1年ちょっとと、中学2年生のときのみ同級生だったけれど、なぜか今まで続いている友人。

同級生の頃も、特に仲がよかったわけではないと思うのだけど・・・不思議な縁です。

私は何度か引越ししたせいか、あまり昔からの友人とのつながりがない。

小・中だとこの友人だけだし、高校の友人で続いているのも1人だけ。その友人は今はカナダに住んでいるのでめったに会えない。

あとは幼馴染というと、弟同然のひできのみ。

少ねえ・・・・実は私、あんまり友達いないんじゃ・・・・?



ってことで、業務連絡で切れかけた縁を取り戻し、本日の飲みとなりました(笑)

お魚の美味しいお店を予約までしてくれて、ご馳走までしていただきまして・・・ありがたやありがたや。

2軒目のバーでは、久しぶりのホーセズネックを飲む。むう、やはりここのホーセズネックが一番美味しい!!帝国ホテルのより美味しいです。

しかもまだ「ユキコオリジナルカクテル」のレシピが残っていて感激。しかし「もうこれは弱すぎるやろ」というマスターの一言で、もっと強い「大人のユキコスペシャル」なるものが完成。これも美味しかった。

ここに来るといつも勝手な注文をして、「美味しくて長いの」(ショートだとすぐ飲んでしまうため)とリクエストするのだが、毎回毎回美味しいカクテルをきちんと作ってくれるマスターに感謝。

しかしもっと美味しかったのが「PureLove」。これは私のためのカクテルではなかったが、私もかなり気に入った。

真実の愛に自信のないあなた。一度このPureLoveを飲んで、本当の愛とは何かを考えてみて下さい。



はーくん、夜勤明けのうえに、翌日は早朝からの勤務というのに、深夜まで付き合っていただいてどうもありがとう。

しかし飲みすぎたのか、何を話したのかよく覚えておりませぬ・・・

後日「もっと優しくなるよう努力します」とメールが入っていたところを見ると、もしや私は何か失礼なことを申しましたでしょうか(笑)

大丈夫!今のままでじゅうぶん優しいです!

だってこんな酔っ払い女の相手を、もう10年以上続けてくれるんですもの・・・・



これで今回の帰省の山場は越えました。

残すところ、トドメのみです(笑)


本日の昼間は、サイタコースへドライブしてみる。

今日も天気は曇りだけど、あっちはどうかな・・?



移動中に通過。私の通っていた高校。

家から遠すぎたために、遅刻の常習犯だった(笑)

だって、6時台のバスに乗らなきゃ朝補習に間に合わないなんて嫌すぎ。

うちは朝の補習授業が義務。ここで通常の授業もしていたので、これに遅れると結構(かなり)怒られる。

「サイタ、今日はなんで遅刻した」

「ええと、バスが遅れました。」

「みんな来てるのにか?」

「えーと、南区のバスが遅れまして・・・」

「もういい!校長室前に正座!!」

あの日はめずらしく雪が降っていて、校長室前はひどく寒かった。

お茶を飲みに出てきた校長先生が驚いて、

「あんた何したとね?」

「あまり遅刻がひどいので、ここに正座するように言われまして(照)」

「私から先生に言ってやるけん、寒いけん戻りなさい。もうせんやろ?」

「ハイ、モウシマセン!」

やさしい校長先生だったなあ。名前忘れちゃったけど・・・あれからも遅刻したけど・・・

img20050927.jpg



サイタコースはあいにく雨。でもきれいだった。

唐津に降る雨。

img20050927_1.jpg





んで、夜はいよいよ、自動車部の飲み会。

今回の参加者は、洋モノ、和モノ、ケンイチ氏、レッドスター赤星くん。

待ち合わせて最初の一言が、「ごっつうなったねえ!鍛えよろ?」

あんまりな挨拶やん・・・。



そこからの飲みはもう、通常の飲み会状態。

今回は『今だから言える暴露話』もあったりして(笑)

「ほらサイタ、メモっとけ!忘れるんやろ?お前」

と言われ、メモっていたのは以下のワード。



『イリムシャー』

『空気19連射』

『O前先生の博多弁講座』

『ケンイチ氏、3回目のひげそり時間』

なんすかこれ・・・・・



でもいいなあ、やっぱり学生時代の友達って最高だ!

特にあれね、自動車部の仲間は、文字通り同じ釜の飯を食べて、同じ屋根の下で眠ったけんね。

怒鳴りあいのケンカもしたしね・・・(特に和モノ。笑)

たくさん飲んで食べて、最後は和モノとバナナシェイク飲んで別れました。

みんな、付き合ってくれてありがとう!

また飲もうね!



自動車部メンズ達。

img20050927_3.jpg



同期同士で。

それにしてもみんな変わらんね・・・特にケンイチ氏。

img20050927_4.jpg



本日の一言:『惚れた』
今日は昼から夜まで大きく時間がとれる。

ってことで、あの海へ行くことにした。

この場所は地元の人間でもほとんど知らない場所。

私にとって大切な場所なので、今までにもほんの数人にしか教えていないが、やはりこの場所に思い出があるからそれだけ美しく見えるものなのだと、最近自覚。

ってことで、同じくここに思い出を持つ人と来てみた。



これは移動中。でも海きれー!

img20050927.jpg



車を停めて、ここを通って・・・

img20050927_1.jpg



ほら出た! 防風林の植樹をしたので景色が変わってしまいました。

img20050927_2.jpg



でも、この海のきれいさは変わらない。

img20050927_4.jpg



img20050927_3.jpg



気温は高かったけど、海の水は少し冷たくて気持ちよかった。

同行者は泳ぐ気まんまんだったようですが(笑)



夜は、母親の手料理のしそ餃子。

母は料理がうまい。その中でも私の大好きなのがぎょうざ。

「ゆきちゃん、ハッシュドビーフ食べたくない?」

「今日はぎょうざ!」

「なんでもいいよ、食べたいの」

「今日はぎょうざって決めたん!」

「ゆきちゃん、そういえばこないだ教えてもらった、○○○って料理があってね・・」

「今日はぎょうざ!ぎょうざ!ぎょうざ!」

ってことで、ぺろりと2人前食べてしまいました(笑)

あーーーーシアワセ!!

不思議と、同じ料理を作っても、母親が作ったものの方が断然おいしい。



その後2人でお出かけ。

夜景の見えるきれいなホテルに、温泉入りに行きました。


弟2号に某所に案内してもらい、一緒に昼食のとんかつを食べる。

おいしかった~、チキンチーズかつ。

ここは2号のおごりであった。ごっつぁんです!



2号と別れた後は、引き続き、思い出のある場所をまわってみる。

まずは、油山から市内を一望。

いやあ、部室や大学から近いこともあって良く来ました。

なつかしいなー。

img20050927.jpgちなみに、手前側に大きく雲が出ていて、海沿いのあたりにしか日があたってないので今ひとつの写真になりました。

でもねー、海がきれいだったのよー!



ここでいろんなことがあったことを思い出しました(笑)

合宿中にもなると、部内恋愛してる人たちがみーんなここに来るのよね、合宿所から近いから(笑)

部員の車なんてすぐ分かっちゃうのに・・・(爆)



私も練習に行き詰まったときとか、ここに来てぼけーーっとしてました。

で、ふと下を見ると、誰かが練習してるのが見えて、急に焦りだして部室に戻ったり(笑)



ついでなので、大学周辺もいってみることに。

なんか、7号館がやたらきれいになってたような。外装塗りなおしたかな?



ここは和モノの住んでたアパート。

みんなでカレー作ってたとき、和モノのお母さんから電話がかかってきたっけ(笑)

「あのう、うちのヨシフミ、生きてますでしょうか?」

「ああ、大丈夫です、生きてらっしゃいますよ^^」

懐かしすぎる・・・あれは確か18の夏。

img20050927_1.jpg



ここはサガヤナギ氏のアパート。

遊びにきてるときに台風がきて、「あー、ちょうど洗車したかったっちゃん!」と言って車に洗剤を振りかけたことがあったな・・・

img20050927_2.jpg



この他、友人が住んでいたアパートを見てまわったり、その他強烈な思い出のある『大晦日思い出の場所』を11年ぶりに訪れたりした。

月に薄い雲がかかって、きれいな夜でした。




以前住んでいたあたりへ行ってみた。

このへんは住宅地なのであまり変わっていないけれど、ところどころに新しい家が建っていたりして、「ここって前は何が建ってたかな」と考えたり。

大切な場所へ行って、写真を撮って、トヨちゃんのおみやげのどんぐりを拾う。

トヨちゃん、緑のドングリは好きかな?

050917_1714%7E001.jpg



大切な場所から、空を見る。

img20050927.jpg



さて、夜は弟2号と3号(ひでき)との飲み。

例によって1号は電話に出ず、今回も1号不在・・・というか、今日まで1号の電話番号を知らなかった私。だっていつも携帯家に置いて出かけるんだもん。



しかも2号は約束の時間になっても現れぬし連絡もなし。

待ってても仕方ないのでひできと2人で飲む。

「あいつ・・・俺とゆきちゃんを2人にしても平気と思っとうけん連絡もしよらん」

「まー話も尽きんしねー、問題なかやろ。んでひでき、ついでにメモリば2Gにしてよ」

「あー、また要求含みトーク・・・」



弟2号は遅れること1時間強。

しかもお酒飲んだら速攻「ネムイ・・」とか言い出す始末。

それでも容赦なく深夜まで付き合わせましたが(笑)

それにしてもさすが兄弟、私の思っていることがよく分かっている模様。

「別にね、・・・(中略)・・たってわけじゃないんやけどね、本当に好きなんよ・・・でもね、なんていうかこう・・(中略)・・・きついんよ、うまく言えんけど」

「いや、分かるよ。要するに閉塞感があるっちゃろ?」

「そう!それたい!」



あー、ちなみにカブトのことでもないし男の話でもありません、念のため(笑)



それにしても、あれだ。

「あ、姉ちゃん、ひでき、お金ある?俺ね、700円しかない」

ってのはどうかと思うぞ。

大丈夫か、弟よ。確かあなたは今年で30・・・・(涙)
やっちまいましたよ。

船の上から朝日を見るつもりだったんですよ。

そしたら携帯の電池が切れやがりましてね、目覚ましに使えるものが何もなかったんですよ!

仕方がないのでKIAIで起きようと思いましたらね、1回目も2回目もまだ真っ暗で、次に起きたらあーた、もう7:00でしたのですよ!!

ってことで、今度はKIAIを入れて二度寝(笑)。起きたら昼前でした(照)

あー、よく寝た・・・

050915_2148%7E001.jpg



ちなみに今回は全席2等寝台。しかも2段ベッドじゃなく、1段ベッドなのでひろびろとしております。

ベッドルームも1部屋4人なので静かで快適。

もちろんベッドは硬くて枕も硬くて、寝れば寝るほど疲れるしくみなんですが^^;



















朝風呂(昼風呂?)に行くと、なんと貸切状態!これまた快適快適。

お風呂上りに、ラウンジで昼食のパンを食べていたら、ヲヤジ達が話しかけてくる・・・

「お嬢ちゃんは添乗員さん?違うの?旅の人?」

旅の人ってなんすか・・・・



食事の後はデッキへ移動。

ツイてることに、海はベタ凪。ちょうど鳥取沖あたりを航行中らしく、このへんからは陸地がずっと見えている。

靴を脱いで、手すりの間から足を出して座り、海を見る。

透明度が高いみたいで、泳いでいるくらげや魚が見える。

ときおりトビウオの大群が、すずめのように飛んでいくのもきれい。

あーーーーー、最高ーーーーー!

船のしぶきに出た虹を撮ってみた。ちょっとわかりづらいか。

050916_1359%7E001.jpg



音楽を聴きながら、海を見たり空を見たり、寝転がって昼寝してみたり・・・・なーーんにもしないのんびりとした時間。

思ってたより、フェリーの旅ってすごくいい!



ずっとデッキにいたら、体じゅうが塩でべたべたしてきたので、お風呂に入る。今回も貸切。

のんびりしていたら、あれ?なんか見たような風景が・・・・あれって志賀島じゃない!?

フェリーはいつの間にか博多湾に入ろうとしている。

いやー、あっという間の船旅だった!(寝てたから?)

ここで驚くべきことが。1人旅同士だったはずの男の子と女の子が、仲良くデッキで夕日を見ているではないか!!

そして相変わらず、私の隣にいるのは誰か知らんヲヤジばかり・・・・

集え若人(泣)!



久しぶりの福岡の街を運転して、一度実家へ。

今日は、めぐちゃん、倉下くん、カンフーと放生会(お祭り)に行って、飲む予定。

放生会では、金魚すくい対決やらカニ釣りやらして・・・カニ釣りでは激しく後悔しました。

もう私の来世は、カニ釣りのカニになって、針を飲み込んで苦しむ運命で決まりです。

もうしません、二度としません・・・orz

050916_2143%7E001.jpg050916_2154%7E001.jpg



この後、いつものお店で『サイタセット』(やりいかの活け造り、あじの活け造り、ごまさば)をいただき、3時まで飲んだのでありました。

初日から飲みすぎた・・・・orz



ところで、筥崎宮にかかってたこれ・・・なんでしょう。

小学校の頃に写生した記憶では、普通に『筥崎宮』と書いてあったような気がするのですが・・

『敵国』ってなに!?

050916_2110%7E001_1.jpg
いよいよ福岡帰省であります。

なんとか荷造りも終え、地図も再確認し、念のために各ジャンクションからの移動方向を書いたメモもつくった。

さてと・・・行きますか、二代目くん!



高速に乗る前に薬局に寄って胃薬(『飲みすぎに効く!』と書いてあるやつ)を購入し、川越ICから関越に入る。

しかし川越までが結構混んでいたために、ちょっと時間が心配。

横川でトイレ休憩をとり、カブトへメール。

『現在、横川で休憩中。順調なのかどうかわかりません』

『わからないけど、多分順調なんじゃないかな?』

むう・・・・やはり心配だ。先を急ごう。



軽井沢あたりで突然雲が出てきて、次の瞬間土砂降り。

きゃーー!怖ーーーい!

しかし、雨がやんだと思ったら、雲の切れ間から太陽が。

せっかくなので写真をとってみた。

運転中なので、テキトウにそのあたりにカメラを向けてシャッターを切るのみ^^;

050915_1643%7E001.jpg 



わかりづらいけど、夕日の下にあるのは雲海なんです。きれいでした~

img20050926.jpg



これはお気に入りの1枚。

img20050926_2.jpg



そんなこんなで、直江津到着

img20050926_1.jpg



・・・・ってか、まだ19:00ですYO!

フェリー積み込みは21:00から。時間は有り余っているのに、ファミレスすらない。

あるのは釣り具屋さんとコンビニのみ。

仕方ないので、コンビニおにぎりとお茶とおつまみを買い、フェリー乗り場の駐車場で夕食。

コンビニモニギリワビシス・・・・



うろうろしていたらトラック野郎たちに話し掛けられ、博多の名物についてアツく語っているうちにフェリーに乗る時間(笑)

今日乗るフェリーはこちらです。よろしく~^^

img20050926_3.jpg



ベッドに荷物を置いて、まずは探検。

すると、テレビで電車男をやっているではないか!

今日が最終回だと思い込でいた私は、とりあえず見る(笑)。すると、どこからともなくヲトコ達がビールとつまみを持ってどんどん座る。

全員が知らない同士のはずなのに、「ぷっ」とか「ありえねー」とか「おお」とかの合いの手が(笑)

まるで誰かの家で一緒にテレビを見ているかのような状態。

そしてエンディング・・・・って、ええ!?

「あれっ!?今日って最終回じゃないんですか!?」

「ぷっ。ちがいますよ(笑)」

「あれえ・・・」

しまった、貴重な旅の時間をテレビで費やしてしもうたではないか。

気を取り直して展望風呂へ。これがなかなか気持ちいい。快適快適。



お風呂上りにはラウンジでビールを飲み。超ご機嫌(笑)

いやー、意外といいかも、一人旅&船の旅!



ってことで、お休みなさーい。
2005.09.15 いよいよ出発
いよいよ出発であります。

荷造りは大体終わって・・・ない。

これからやりますorz



スケジュールがだんだんぐちゃぐちゃになってきたので、ノートに整理してみました。

どう考えても無理があるような気がします。見れば見るほどおかしい。特にこの日。この日なんて、昼も人と会って、夜も飲みがある。しかも昼から飲むつもりでいるらしい悪寒。いや私がね。

まじで胃薬必携。



でも仕方なし。

せっかく帰るのだから、会いたい人は山のようにいる。実はもっといる。行きたい場所も山のようにある。特に今回の目標は、昔よく初代ロードスターくんと練習した河川敷。

あそこに二代目を連れていってあげたい。

いや、もちろん走りませんよ、今度は。さすがにね、多分ね。

それと、「サイタコース」と一部で呼ばれたあの黄金のドライブコース。

会社の同期の女の子を連れていってあげると、「うわー!ユキちゃん大好き!最高!」などと喜ばれたものだ。私が男だったらさぞあのコースを活用したことだろう。女で無念。



1ヶ月くらいいられれば、やりたいこと全てを完遂できるかもしれぬが・・・・それは無理なので、いけるとこまでがんばってくるつもりです。

ガンガレあたし、超ガンガレ。



では、そろそろ荷造りの続きをして、PCも外します。

今回はこのPCもメンテナンスのために一緒に帰ります。(製造担当者が福岡在住のため)

もちろんあっちでは繋げませんので、しばらくネットには不在です。



では、いってきま~す!
某『できそうに見えてできない男』からめずらしくメールがきた。

どうやらビッグゲストが東京に来ているらしい。

帰省前日なので自重する予定であったが、ビッグゲストが来ているとあっては、行かないわけにはいくまい。

ってことで、急遽新宿で飲み。

しかもカブトからの要望で、焼酎バー。

・・・・私、今日は飲まんって言ったのに!!



いやまあ、飲みましたけどね。結局。

そりゃ飲むでしょ、あれだけ焼酎あったらさ・・・

しかしここの焼酎、『焼酎オール500円』の割りには、銘柄もたくさんあって良い!

が、その謎がとけた。

いずれもワンフィンガーやんけ~~~~!!少なすぎ!!

これにはビッグゲストも怒った。

「なにこれ!少なくて1口で終わるやん!もういい、ビールに戻す」



結局、「今日は早めに帰るね」などと言ったくせに閉店で追い出されるまでいました。

しかも最後は芋焼酎でシメました。



それにしても今回はオドロキの新事実があってびっくりした。

キーワードだけなら書いても問題なかろう。

「どういう関係なんですか?」

こんなこと聞かれた日にはたまらん。まじで。しかもW〇S。

愛しすぎるにもほどがありますよ。てかそれは愛じゃないです。多分。



自分に自信がない男はいかんですよ。多分。

でもそんな男を愛せるのも才能だと思う。多分。



今日は意味不明な日記となりましてスマソ。
帰省の日も間近になり、スケジュールを整理してみた。

おかしい・・・何かが間違っている・・・

1週間もいるのに、毎晩飲み会じゃん!!

てか、むしろ数が合わぬ。夜の数が足りないのでは・・・

ちゃんと数えてみたらギリだった。



しかし、7日間も毎日飲みっぱなしで体がもつのだろうか。

まあもつだろ。多分・・・



久しぶりに薬局ペグで、あやしい胃薬(店主の特別調合)を買うことにしよう。

ガンガレ、あたしの肝臓。超ガンガレ




2005.09.12 チキチキ!
本日、第2回チキチキ飲み会。

なぜにチキチキなのかは不明。

メンバーは某2ちゃんねらーと某まみおさんと私。



待ち合わせ場所にいくと、着いているはずのネラーがおらぬ。

おかしいなと思ってメールしていたら、なんとすぐ横にいた、なんかチャラチャラした男と話している女性がネラーであった。

「あ、お友達?こんにちは」と目顔で会釈したらが、なんとそれはキャバクラのスカウトマンであったらしい。

おそるべしネラー。



本日はアジアンキッチンで飲み。

前回の飲みと同じく、私が強引に店を指定。

「どこでもいいけど、アジアンキッチン系がいいな」

「系、って・・めちゃめちゃお店指定してるじゃないすか(笑)」



今回もいつものごとく、いろいろと笑ったがあまり思い出せぬ。

先日の二日酔いがひどかったので、今回は軽いプーケットビールをがばがば飲んだのだが、やはりあれも数を重ねればクる模様。

今までの反省をこめて、各自キーワードを自分の携帯に送っておいて良かった。これで少しは何か思い出せるかもしれぬ。

さて、私のメモったキーワードは・・・



・バインセオ

・このスレクオリティタカス

・飯田マジック



この3つ。

意味が分からぬ・・・・



とりあえず最後のは覚えている。

最早私のいなくなった職場で、未だにこの言葉が使われているそうな。

ちなみに『飯田マジック』とは、『動くはずのないPGが動いている』とか、『ロジックは誤っているのになぜか正常に動いている』とか、『しかもその状態で半年無事だった』とか、そういう状態を指す。



いつものごとく終電で帰ることになったのだが、お店を出たところで3人組の男の子にナンパされた。

「ねえねえ、終電で帰るの?1時間でいいからさ、カラオケいこうよ」

ネラーが一生懸命笑顔で断ってくれていたが、私とまみおさんは普通に2人で会話を続けていた。

結局3人はあきらめて去っていったが、こういうときに疑問に思うことが。



・3人のうち1人は30過ぎだということに気づいているのだろうか?

・気づいていても2人が若い(24と28)からまあいいやと思っているのか?



ということ。

もしも暗くて気づいてないとしても、カラオケで隣の席になったらきっと気づくはず。

「ガーン!こいつ結構トシいってる!!」

そういうとき、きっとヘコむんだろうなあ。

などなどと考えてしまいました。



20代の頃はそんなこと考えたこともなかったが、こうして考えてみると、以前のように「行かない」だけではなく、「行っちゃ相手に悪いかな」という気持ちも最近はある。

「ナンパなんて隙があるからされるもの。ナンパされるのは恥ずかしいこと」

とずっと思っておりましたゆえ、その恥ずかしさも手伝い、いつも非常に冷たく断っておりました。

でも今考えてみると、その後のカラオケとかってどういうことしゃべるんだろうなーとか興味もわいてきた。

どうなんだろう。もう行くこともないと思うが。
来週より帰省することになりました。

仕事が忙しく、一昨年、去年とお正月にもお盆にも帰省していなかったので、時間がとれる今のうちに帰省することに。

ちなみに今回は、二代目ロードスターくんと私で、フェリーで帰ります。

初の1人旅だ!!



東京発のフェリーは、乗船時間が異常に長いので、直江津からのフェリーを選択。

ここで問題。

「ねーカブトー。私って1人で直江津いけると思う?行けるよね、標識出とうもんねきっと」

「ううむ・・・そうだね、直江津なら・・上信越がいいと思うよ」

「ん?上信越新潟行きってのに行けばいい?」

「いや、上信越は長野です」

「??違うよ、私が行きたいのは直江津よ。直江津って新潟よ?長野じゃないよ?」

「そんなこと知ってます!!いいから地図!持ってきなさい!」



ってことで、急遽『カブトの地理教室』開催。

私の7年モノの東日本地図に、カブトによってルートAとルートBが書き込まれました。

ページを探す手間をなくすために、各ページには付箋紙も貼る。もう完璧じゃ!!

しかし、見直しをしていたカブトによって、ルートBの3番が飛んでいることが判明。

「危ねえー!このままだったら絶対、『なんか地図がワープした!ここどこ??』って電話がかかってきてたよ」

んまあ失礼な。私はルートAを行くんだから、ルートBなんて見ることもないわよ。と心の中で思っていたら、

「もしここのジャンクションで間違っても、慌てずにそのままルートBに行けばいいからね」

などとのたまうではないか。

絶対にルートAを突き進んでやるわ・・・



すっかり安心してビールを飲んでいる私に、

「あー、そこ。ここでもう安心しないように。当日までに地図を熟読しておくこと。前日には口頭で説明してもらいますからね!テストします!」

「エー」



「どうかなあ。トヨちゃんに付き添ってもらうかなあ」

どうやらカブト、本気で心配なようです・・・


2005.09.07 恋愛頭脳
かめさんのサイトで紹介されていたこのサイト。

私は初めてやってみたんだけど、結構はやってるみたいですね。

ttp://hanihoh.com/love/



なんか結構メンドウなんだけど、やってみるとなかなか・・・

ちなみに私の結果は、

「駆け引き重視と、許容・無関心の面に大きく偏りがあります。今が楽しくなければ意味がない、という考え方は人それぞれですが、りすさんは過去を振り返らないことをお勧めします。」

だそうだ。

ちなみに、案外と安定志向でモラリストらしいです(ウホ


アンケートの回答が落ち着いてきましたので、皆さんから頂いたアンケートの回答をまとめてアップしました。

いやー、秘密っていろいろあるんですね・・・。

内容を見ると、このHPを見て頂いている方の年齢層みたいのが分かります^^;

また何か思いついたら、アンケート企画させていただきますので、今回回答いただいた方も、そうでなかった方も、ぜひまたお願いします^^



アンケート結果はこちらから
以前にも書いたことのある知人から、メールがきた。

「いやね・・こないだまた彼から暴力ふるわれてさ。」



あのう・・・あなた前に、「もう別れた」って言ってませんでしたっけ!?

「いや、じわじわとね、段階を踏んでね、別れようとしてたとこなんやけどね、一緒に住まんようになったら暴力ふるわんけん、治ったかなと・・」

治るわけないですから!!

一緒に住まなければ、さすがに公衆の場では殴れないから殴らないだけであって、決して治ったわけではない。

しかも何の段階を踏もうと言うのか。まあどうせ別れないだろうとは思っていたけど。



「今回はねえ、胸骨にヒビが入ってねえ・・・」

はい!!?? 

「胸骨にヒビが入るって、どういう状態になるとそうなるのよ」

「んー、殴られて、蹴られて、引きずりまわされて、馬乗りになられて殴られて・・」

なんすかそれ??



しかも、よくよく話を聞くと、彼は一時期ボクシングをしていた経験があるそうな。

ボクシングをしていた人なら、そりゃあアッパーとか入りますよね、そうですか、それで前回の話も分かりましたよ・・・

暴力のきっかけは、ほんの些細なことから始まるらしい。

彼女曰く、「ケンカが好きなんやろか?」

いや、一方的に弱者に対して暴力をふるうのは、ケンカと言いませんから・・・



しかし、そんな目に遭いながらも別れないのはなぜでしょう。

彼女曰く、「暴力を振るわないときは優しいし、言うことに筋が通ってるから」

暴力を振るわないときも意地悪くて、言うことに筋が通ってなかったら、そりゃあなたすごい問題児ですよ(笑)!!

私は、弱者に暴力を振るう時点でその人とは終わりですけどね。

そうじゃない人も、この世の中にはたくさんいるらしい。

なぜでしょう。



そして大抵が、暴力を振るう者と振るわれる者が出会い、カップリングされるようにできているように、私には見える。

そんなことを繰り返しながらも別れないのは、なにかしら彼女の中にも、暴力を振るわれることで満たされる何かがあるのかもしれない。

私にはわからないけれど。
今朝見た夢。



カブトと一緒に、どこかの駐車場に車を取りに行っている模様。

駐車場の横は田んぼになっていて、道沿いには少し深めの用水路がある。

その用水路に何か動くものが見えたが、「魚かな」くらいに思った。

駐車場に近づくと、その横に大きなオリがあるのが見える。

白と黒の・・・耳と目の周りが黒くて、体が白・・手が黒・・・パパ、パンダ!?

「カブト!あれパンダじゃない?」

「あ、本当だ。パンダだ」

「ええー!パンダなんてこんなところにいていいの!?でもあのパンダ、なんか顔が卑しいというか、怖いというか、かわいくない・・・」

「本物はそんなもんじゃないの?っていうか、本当になんか顔がちがうね・・」



また用水路で何かが動く。

見てみると、白と黒の・・・・・パ、パンダ!?

しかし、パンダは魚のように泳いでいる。よく見ると・・・手はヒレのようになっていて、足もヒレ。

なんか、某お菓子のCMに出てくるパンダアザラシみたいな・・・

「カ、カブト!パンダアザラシが泳いでる!!」

「うわ!本当だ!なんだこれ・・?」



すると駐車場の方から何か音楽が聴こえてくる。

近づくと、駐車場の入り口には、カラフルなインチキくさいゲートがしつらえてあり、そこにはディズニー映画によく使われるような立体文字で、「アンソニー&コートニー」と書いてあり、「種族を超えた感動の愛、当駐車場のパンダアザラシが映画化決定!」と添えてある。

そして横に置いてあるCDラジカセから、アラジンかなんかのテーマ曲が・・・



「えええええ!こんなのどうしてディズニーが映画化するの!?おかしくない?アンソニー&コートニーって、パンダとアザラシの名前なんかいな・・・」

「てか、こいつらかわいくないよね・・・」

もう一度見ると、今度のパンダアザラシは、手と足に、骨のように長い爪がついていて、浮上してくるとこちらを見てニヤーッと笑う。

「うわーー!こえええ!カブト、こいつ爪があるしなんか笑ったよ!」

「これはパンダと何が掛け合わされたんだろう・・・アザラシでもないよね」

その隣には、2匹のパンダアザラシが寄り添うように泳いでいる。

こちらはかなりスムーズな動き。泳ぎがうまそうだ・・・・って、ええ!?

「カ、カブト!!このパンダアザラシ・・じゃない、これパンダカモノハシだよ!くちばしがある!!」

「えええええ!?」

「とりあえず写真に撮ろう、日記に載せる」

しかしこのパンダアザラシたち、カメラを向けるとカメラ目線になりやがる!!

しかもちっともかわいくない(怖)



・・・というところで目が覚めた。
二日酔いです。飲みすぎた模様です。

そんなに飲んでないつもりだが・・・・

不思議だ。どうもあの「生グレープフルーツステア」が曲者だったとしか思えない。

おかわり用の焼酎とグレープフルーツがまるごと1個ついていて、おかわりのために店員さんを呼ばなくて良い便利さに負けて何杯も飲んでしまったが・・・

今考えるとあの焼酎、なんともいえない香りがした気がする。



例によって、本日1日は使い物にならず。

晩御飯はたらこスパにしようと決めていたにも関わらず、袋を開けるとスパが1人分・・・

仕方ないので、実家から大量に送られてきたマル〇イの棒(ry



ってことで、ごめんなさい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。