上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004.03.31 探しています
コシミハルのCD、「echo de MIHARU」を探しています。

CDはもう生産中止のようなので、中古屋さんくらいにしかないかもしれない。

誰かどこかで見つけたら教えて下さい~

または、既に持っているけど譲ってもいいよ、という人、ご連絡下さい。

お願いします><
スポンサーサイト
2004.03.30 危機
ここ1週間、木喜が閉まっている。

この1年近く、だんだんお客が減ってきて、心配したカブトと私は「週1回木喜計画」を励行してきた。(注文よりサービスされる額が多い私たちでは意味なかったかもしれんが・・・)



木喜は料理も美味しいし、お値段もかなり良心的で、非常にいいお店だと思うんだけど、なぜか最近は特にお客が少ない。

マスターが神経痛だと言っていたので、それでちょっと長めのお休みをとっているのかもしれないけど・・・かなり気になる。



近いうちに、隣のお弁当屋さんに状況を聞きに行こうと思う。

木喜のおかげで、共働きの私たちはまともなものを食べることができるのに、もしものことがあったら本当に困ります。

マスター早く元気になってください・・・
2004.03.28 落下物注意
お昼ごろ、部屋でくつろいでいたら突然外で「ドーン!」と何かの落ちる音がした。

慌ててカブトとベランダに出ると、なんとマンションの駐車場に物干し竿が。

1Fに住む大家さんと犬も駐車場に出てきて上を見上げている。

でも誰も拾いにくる気配がない・・・



しばらくして大家さんも私たちもあきらめてしまったのだが、1時間後、タバコを吸うためにベランダに出たカブトが一言。

「大家さんちの屋根、穴があいてるよ(笑)」

なんと、あのすごい音は屋根に当たった音だったらしい。



「あのままじゃ雨が漏る」と心配したカブトは、その後大家さんちの屋根にのぼってふさいであげたのでありました。

大家さんによると、落とし主は6Fの人だったらしいが、

「布団を干してたら落ちたらしいのよ。いつもはしっかり結わえてあるらしいんだけど、今日は反動で落ちたんですって」

という説明はよく分からなかった。

まあ、大家さんが納得してるならいいけど・・・
自動車部の同期の1人が関東に遊びに来るというので、関東在住メンバーで飲んだ。

私以外のメンバーは、確か先月か先々月に集合しているが、私にとっては皆4、5年会っていない人ばかりで懐かしいはずなのだが、なぜか「懐かしい」という感慨はない。



自動車部の同期は、普通の同級生や同期とはちょっと違う気がする。

いわゆる「同じ釜のメシを食った」という仲間で、合宿中は同じ屋根の下で寝起きし、一緒に食事をし、一緒に体力の限界を味わったためか、何年会ってなくとも特別な存在だ。

男の子と怒鳴りあいの喧嘩をしたのもあのメンバーくらいだし(特定1名のような気もするが)。



何年会ってなくても、つい最近まで会っていたような気がする仲間というのは貴重だと思う。

こんな仲間と飲むお酒は何にもまして美味しい。

同期16名のうち12名は福岡在住になり、一生を関東ですごすことになるであろう私にはとても寂しくもあるけれど、こんな仲間がいてよかったと思うのでありました。



【本日の衝撃の一言】

「合宿中に流れた噂なんやけどさ、小四女子の部屋からすごいいびきが聞こえるって。聞いたことある?

Y田が夜中に確かめに行こうって言いよったけど・・」
2004.03.24 どうも最近
日記のテンションが低い。

会社から昼休みを利用して更新しているからだろうか。

レイアウトも推敲もそこそこでアップするから余計にいかん。

勢いというものがありそうでない。

素人まるだしのレイアウトであっても、Blogよりも伝わる何かというのは確かにあるような気がする。



【本日の意味不明な一言】

「いやあ、飛んで火にいるハードディスクですね」
2004.03.23 ヨッパライ
仕事の帰りに電車を待っていたら、向いのホームにすごい酔っ払いが。

かなりの道幅を使い、ありえないほど前かがみで器用に歩く。

しばらくは柱によりかかって落ち着いたかと見せて、突然・・・!!

いやはや。うっかり見てしまいましたよ(涙)



それにしても。

いつも思うが、酔っ払いというのはどんなにふらふらしてても、絶対に側溝とかホームに落ちないのよね。

以前に酔っ払いがホームに落ちて、助けようとした人が一緒に犠牲になったという悲しい事故があったけれど、酔っ払いがホームに落ちる確率はかなり低いのではないかと思う。



以前、母親と犬の散歩をしていたときに、ものすごい酔っ払いが歩いているのに遭遇したことがあるが、そのとき母親が、

「見よってん、あの酔っ払い絶対側溝に落ちんけん」

と私に言った。

しかし酔っ払いは全く周りが見えておらず、あの大胆な道幅の使い方から見て、側溝に落ちるのは時間の問題だと私は思った。



しかし。

酔っ払いは何度も側溝に落ちそうになりながらも、毎回バチバチ(注1)で通過してかわすのだ。

おそろしい。明らかに目は閉じているのに、なぜにそこでかわすのだ。しかも荷重移動で!!



酔っ払いってすごい。

私が酔っているときもあんななのだろうか。

しかし自分ではまったく分からないのが残念だ。



(注1)バチバチ:福大自動車部用語。対象物との距離が非常に接近している状態を示す。基本的に5cm未満を指すが、主に3cm未満の場合に多く使われる。また、人によっては2mm以下で使う場合もある。

(類義語)ギリギリ。
ここ1~2週間、右足の付け根の関節が痛い。

多分、股関節というのだろうが、その外側が痛い。

体重をかけたり階段を登ったりすると痛むし、左足のように動かなかったりする。



原因は大体分かっている。

足を組むくせ、1日中ヒールの高い靴を履く、運動不足、座り仕事。

これで足腰が悪くならない方がおかしいだろう。

私は背が低いので、どうしてもヒールは7cmくらいのを履きたい。足を組むくせもずっとあるので、以前から腰痛はめずらしくなかったが、ついに関節にもきたらしい。



カブトは低い靴を履けというが、パンツ類は全て7cmヒールに合わせているので、これでローヒールにしたら「殿中でござる」になってしまう。(そこまで余らないが)



そんなこんなで、歯磨き時のスクワットに加えて、右足ぐるぐる運動も行うことにした。

いろいろと面倒くさいなあ。
2004.03.21 ドラゴンドラ
ドラゴンドラで、田代かぐら方面まで行ってみる。

こっちははるかに雪質がよく、コースも面白くていい!

昨日もさっさとこっちにくればよかったか。



ドラゴンドラは約5km、所要時間約15分、収容人数8名のゴンドラであります。

そこで一緒のゴンドラになった家族連れの会話がすごい。



息子:「あっ、動物の足跡があったよ!」

父:「最近あんまり雪降ってないから、数日おきに足跡つければいいから職員は楽だな」

母:「あれって長い棒の先に足跡の形つけて押してるのかしら」

父:「ばか。ひもだよ、ひも。ちっ、何が棒だか」

母:「ふうん。ひもなの。」(感心ぎみ)



私:「カブト、川が流れてるよ。きれいだね」

父:「・・・きたねえ川だな」(挑戦か?)

息子:「あ!今ね、イワナがいたよ!」

父:「見えるわけねえだろ」



一体なんなんでしょう、この父親。

スキー場の職員が、わざわざ足跡をつける?ひもで?ゴンドラのはるか向こうの木の向こうまで、ひもで?

小学生の息子が「イワナが見えたよ」と言ったら、「へえ、本当?よく見えたね目がいいなあ」ぐらい言ってやってもいいでしょうに。(まあ見えないとは思うけどね)



そしてこの家族、ゴンドラから降りた後、カブトと私の板の前に立ちはだかり、のったらくったら板を取り、おかげで私は間に合わず、職員さんに取ってもらわなければいけない始末。

さらにゴンドラ出口正面でのったらくったら板を履き、後ろに並ぶ人たちの迷惑も顧みない。



「・・・カブト。あのオヤジ轢いていい?」

「やめなさいって(笑)」



しかしオヤジは結構スキーが上手く、轢こうと思って飛ばしても追いつくことはできなかったのであった。

くっそう。
会社の伝手で安くなったので、憧れの苗場に行ってまいりました。

なななんと、苗場プリンス1泊2食2日間リフト券つき14000円!

さらに会社の補助で1人9000円までさらにドン!

なんて素敵なの・・・

ってことで、憧れの苗場デビュー!



地方出身(しかも九州)の私には、

苗場=ユーミン=おしゃれなゲレンデ=なんかすごそう

という、なんともお粗末な連想があったのですが・・・

実際行ってみると、スキーするには苗場はぜんぜんだめですな。

コースがちっともおもしろくない。

雪もひどかった。これはタイミングの問題だから仕方ないが・・・

それにしてもなんですかこれは。雪じゃないですね?これは氷ですね?

人口降雪機とは仮の姿。あなたカキ氷機ですね?

粒が大きすぎて融けやしませんが(笑)



夜はたいまつショーとか花火もあって、なかなかに楽しめました。

そういえばお昼にゴンドラで一緒になったカップルの女の子が、

「もうー、○○くんがケチるからぁフニャフニャフニャ・・・」

「2万円ケチるからだよぅ~フニャフニャフニャ」

と愚痴っていたのは、どうやらゲレンデ側の部屋にしなかったことを責めていたらしい。

「たった2万円」と言いますが、それを男に出させて当然と考えるあなたはフニャフニャフニャ・・・



ああ、それにしても、こんな恩恵にあずかれるなんて、サラリーマンって最高(笑)
2004.03.18 ホァンホァン
会社の帰りに古本屋さんに寄ったら、ずっと探していた「天璋院篤姫」上下巻を見つけた。

かなり程度も良い。上下で500円なので即購入。



基本的に、

1.本は古本屋では買わない

2.好きな本はハードカバーで買いなおす

3.本は捨てない

4.本は借りて読まない

という4大原則を持っていたのですが、あまりにも本にかけるお金が大きいとカブトに指摘されて気づき、1は妥協することにしました。

(カブトには3も妥協してほしいと交渉されております)



まあそれはいいとして。

この「天璋院篤姫」は、ドラマ「大奥」で管野美穂が演じていた天璋院篤子のことです。

私はドラマ見てないのでネットであらすじ見てみたのだが、ドラマは随分と筋が違うみたいだ。

解釈の違いか、演出上のことなのか。

まあ同じ人のことを書いてあります。



なかなか面白く、これで当分は楽しめそうです。

これを読み終えたら次は何を読むか、また悩むのだろうが・・・
2004.03.17 8000円
以下、会社の女の子から聞いた話。



帰りが23時半くらいになってしまった日のこと。

大○駅で男の人が「あのぉ~、見るだけで良いので8000円でどうですか?」とやってきた。

「は?急いでるので」

「いや、あのぉ、ご、5分でいいです。8000円でダメですか?見るだけでいいんですっ」

シカトし続けたら

「ダメですかぁ・・すいません」

とションボリ消えました。

遠慮しがち、半端な8000円、若い普通の兄ちゃんなだけに色々ショックでした。

何を見るだけなのか、思えば8000円/5分ってことは時給16万(~_~;)おしいことをしたかも(笑)



・・・5分で8000円。見るだけ。

一体何を見たかったんだああああ!!

とっても気になります。

それにしても5分って(略)
ここのところ調子が悪いので、ネットでいろいろ見ていたら、

「胃の症状~吐き気、胃が張った感じ、太らない:胃下垂」

というものにぶち当たった。



「食べても太らない」という症状にはまったく当てはまらないが、運動不足による胃下垂ってのがあるらしい。

下がってしまった胃を押し上げるのは腹筋と脂肪の2つの要因があるとのこと。

私は後者の条件を満たしているような気がするので結論からすると胃下垂ではないような気がするが、とりあえず運動してみようと思った。



帰宅して最初に腹筋20回。

・・・と思ったら、1回もできん(笑)

勢いつけてやったが、足が一緒に飛び上がり、ひたすらじたばたしているだけの状態。

カブトに足を押さえてもらおうと思ったが、腹筋1回もできないなんて絶対にばかにされると思ったので、「1じたばた」=1回とカウントすることにして、とりあえず20じたばたした。



さらに、20じたばたしたはいいが、どうも腹筋を鍛えた感じがないので、自転車こぎをやってみた。

足を上にあげて、ぐるぐる回すやつね。

ふむ・・・あんまりきつくないけど、胃が上に戻るのにいいかもしれぬ。(胃下垂かどうかは不明だが)



とりあえず自転車こぎ200回やってみました。

うっすら汗もかいていい感じ^^



そして・・・この日記を書いているのは翌日なのだが、今現在、ももが筋肉痛です。

そして腹筋は、まったく痛くありません。

どうやら、じたばた運動では腹筋は使っていないようです。。
2004.03.15 タバスコ
体調が悪いことを心配して、カブトが食事を作ってくれた。

ゆでたスパゲティに、「○の洞窟」のミートソース。

これが結構美味しかった。

ミートソースの缶詰は食べたことあるけど、これは具もたくさんで、ほのかににんにくの香りもしてなかなかいける。

粉チーズをかけていたら、カブトがタバスコをかけていた。



・・・・ミートソースにタバスコ??



初めて見た。

ミートソースにタバスコかける人。



私もやってみたら、意外に悪くなかった。

カブトはこれはグローバルスタンダードだと言うが、本当にそうなのだろうか。

最近はこの日記の反響がないので読んでいる人も少ないのだろうと思うが、読んでる人、タバスコかけるかどうか教えて下さい。
2004.03.14 白い恋人たち
どうも最近体調が悪い。

何も食べてないのに胃が張った感じがして、だんだんむかむかしてくる。

ひどいときは戻してしまう(失礼)。

でも何も食べてないわけなので当然どうにもならず、苦しいだけで楽にもならない。

何か食べなきゃと思って食事をすると、ある程度は食べられる。

しかしまたしばらくすると前述の症状が出て・・・という繰り返し。



先週からこんな感じだが、だんだんひどくなってきた。

本日はホワイトデーだが、何をねだる気分にも食べる気分にもならず、ミルクティーを作ってもらっただけだった。



こういうときはさすがに酒を飲む気にはならぬ。

ダイエットにちょうどいいかもしれない。
2004.03.13 ぼくらの
本日出勤。

最初の会社も完全週休2日だったので、2週連続で土曜出勤だとかなり疲れる。

体の疲れはとれるのだが、なんというか精神的な疲れがヘンに残ってしまう。

精神的に疲れるほど高度な仕事もできていなくせにアレなのだが(笑)



まあ、今日はとりあえず18時くらいにあがれたので非常に嬉しい。

先週は土曜出勤にも関わらず22時だったし、0:30というときもあった。

うす明るいうちに帰れることは幸いであります。



駅ビルでスケジュールノートを買おうと思っていたら良いのが見つからなかったので、駅むこうのロフトへ行ってみた。

なにげなく他のお店をのぞいていたら、さっき別れた先輩と会った。

そういえば、奥さんへのホワイトデーのプレゼントをロフトで探すとか言っていたような。

先輩の驚きようからすると、ひょっとしてストーカーまがいと思われたのかもしれぬ。

駅の前で「じゃあ失礼します」と挨拶しておきながらロフトに行ったし。



ここで言っても詮無いことであるが、ストーカーじゃないですよう(涙)
夕方から恵比寿にて打ち合わせ。



社会人になる前に、ある先輩に

「社会人っていろいろ大変なんですよね。人間関係が一番大変なんでしょう?女性の中でも、派閥とかって本当にあるんですか?」

と聞いたことがある。

我ながら、幼稚で単純な質問だったと思う。けれど当時は社会というものがまったく分からず、不安でいっぱいだったのだ。

するとその先輩は、

「人間関係は確かに一番大切でもあるし、大変でもあるよ。でも、どう大変かというとね・・・そうね、あなたの思う、『絶対に受け入れられないと思う、常識はずれな人』を想像してみて・・・そこで想像もできなかったような常識はずれな人ってのが、社会にはいるってこと。そういう人と一緒に仕事しなければならないってことよね」

と言われたことがある。



そのときは意味がよく分からなかった。

想像もできない人なんて、社会人としてやっていけてるのかと疑問に思った。



いつの間にか社会人10年選手になってしまったが、その先輩の言っていたことがよくわかる。

とても当たり前のことなのだが、世の中にはいろんな人がいて、そういう人たちが集まって仕事をしているのが会社なのである。

学校とかなら、好き、嫌いで付き合う人を選べば良い。

あるいは学校によっては、育った環境やしつけの状況がある程度共通しているという場合もあると思う。



でも会社は違うし、さらに好むと好まざるとにかかわらず、一緒に目的達成するための作業を積み重ねなければならない。

こりゃ大変だ。



よく、「人は変えられないんだから自分を変えるんだ(あるいは自分を殺す、と言う人もいる)」ということを言う人がいる。

そりゃそうなのだが、自分を変えたり殺したりって、そうそうできることなのかなあと思う。

そう思ってしまう私は未熟なのであろう。



でも、自分を変えたり殺したりしないで付き合っていく方法もあるような気もするのだが・・その方法をまだ見つけきっていない私には、なんとも言えない。



あらなんだか真面目だわ。

ってか、書きたいことをなにげなく示唆するための前置きが長くなってしまったではないか。

要するに、今日の打ち合わせは疲れたってことだ(笑)
2004.03.12 森光子
会社の人とダイエットの話になった。

家では、間をみてスクワットとかはしてるんですけど、足りないですねえと話したら、

「森光子だって、1日に50回はスクワットしてるらしいわよ」

「まじっすか!さすが芸能人ですねえ・・努力してますねえ」



とりあえず、1日50回以上はスクワットしようと思った。

なんとなく、森光子以上にはがんばらんといかんような気がするからだ。



しかし、腹筋とかバイクマシンとかいろいろ手段はあるのに、なぜに光子はスクワットなのか。

やっぱりスクワットするときは和服じゃないのだろうか。

謎は深まる。
2004.03.09 ダイエット
初日に1kg減ってから、その体重を維持しております。

食事の量は相変わらず減らしているのだが効果なし。

きっとビールがいけないであろうことは分かっているのだが、こればかりはやめることはできぬ。



以前に入院して、3週間アルコールを絶ったことがあったが、ほとんど運動できないで、3食きちんと食べ続けていたにも関わらず、おどろくほどに贅肉が落ち、それはそれは理想的なラインになったのであった。

そのときに、アルコールの恐ろしさを知ったのだが、医師からアルコール解禁を告げられたその日から飲んでしまった。

おそるべしアルコールの魅力。



物心ついたときから飲み続け、長期間飲まなかったのはあの入院のときのみ。

ううむ。

せめて焼酎オンリーにしてみるか。
2004.03.08 プ○イド
今話題の「プ○イド」。

私は見てないのだけど、朝の情報番組による、「今までのあらすじと、今日の番組の見どころ」より。



なに?先週キムタクと竹内さんが結ばれて?(ってか結ばれてって表現もなんか嫌だ)

そしたら竹内さんの昔の恋人が海外から戻ってきて、竹内さんは泣きながら(これまた泣きながらってのが嫌だ)昔の彼氏の元に走った?

まあそれはいいとする。まあそういうこともあるだろう。

しかし、今日の展開(予定)でだよ。自分と寝ておきながら、昔の彼氏が戻ってきたら、あっちに戻っていった女をだよ?

キムタクがまだ好きでだよ?元カレに、自分と竹内さんとのことを言うらしいよ?

まじですか。言うんですか。



どうやらキムタクはまだ竹内さんのことが好きらしいのだが・・・そういうものなのか?

普通、「なんだよもう。今は俺のことが好きになってくれたから、ああいうことになったと思ってたのに、元カレ戻ってきたら戻んのかよ!そういうもんかよ!俺ってなんだったんだよ!シリの軽い女だ」

と思って、腹立てるんじゃないのか?キムタクえらい心広いじゃん。



人の心は移ろうものなので、別にそんなんはいいんです。今カレにいこうが、元カレにいこうが、あるいは第3者とナニかがあろうが、そういうこともあると思います。

でもねえ。

もういいオトナなんだからさあ。「何かを選ぶということは、何かを手放すこと」だってことくらい、もうわかるでしょう。

泣くのは1人で泣くべきです。キムタクの前で泣きながら走り去る必要はありません。

あと、「自分でもどうして元カレに走ったのか分からない」と言いますが(竹内さん談)、自分で選んだんだから、分からなくったって、選んだということは、相手にとってそういうことなのだから、それはちゃんと受け入れて責任(責任ってなんだ)を背負うべきです。

泣いて「わかんないのぅ」と言うのはだめです。あなたが選んだんです。



ということを、朝からカブトに話したら一言。

「だってドラマじゃん。俺だってそう思うけど、そしたらドラマ終わっちゃうじゃん」



まあ・・・・そうなんだけどね。

しかし、あれってアリなの?ひょっとして、リアルでもアリなの?

それが気になる。世の男性に問いたい。あれってアリ?
久しぶりにダイビングの夢を見た。



機材をバッグから出し、さあタンクを借りようと思ったら、私の分のタンクがない。

「あのう、タンクあと1つください」

「ちょっと待ってね・・・今やりよるけん」(なぜに博多弁)

見ると、おじさんが青いバケツにオレンジの液体を満たし、それにおばさんが水を入れてかきまぜている。

「ばか!多かろうが!薄くなった!水ばもうちょっと入れやい。・・・ああ、もういい、もういい!そんくらいでいい」

どうやらタンクに詰めるエアを精製しているらしい。

そこにおばさんが小声で

「あんた、もうタンクがないとよ。今日お客さん多かったけん。・・奥から出していい?」

「奥のはいかん、もう古いけん爆発して危ない」

「じゃあ・・・これしかないよ」(と、ポリタンクを出す)

「ああ、それで十分!それでいい、あと3つくらい用意しとけ」

だんだん不安になってきた。

「あのう、これ、あたしのタンクですか?」

「うん、ちょっと待っとってね。すぐできるけん。・・・ああ、すぐにフタばしやんなって!ちょっと濃いかったけん、すぐ閉めたら破裂しようが!・・・ちっ、もう・・・俺がやる!」

あああ、怖い(涙)

そんなのを担いで大丈夫なのか?



「はいこれね」

と笑顔で渡されたのはいいが、どうしてもポリタンクがBCに合わず、私だけセッティングが終わらない。

「おーい、もう行くぞー」

「待って!待って!このタンク、どうしても合わんとよ・・・・(涙)」



結局、潜る前に目が覚めてしまいました。

あのオレンジの液体はなんだったのか気になる・・・
2004.03.05 ねずみと膝
ふと思い出したこと。



福岡の実家にいた頃のこと。

父が寝室で寝ていたところ、母がドアを開けて入ってきたのに驚いて、飛び起きた。

寝室の奥にはクローゼットがあり、誰が入ってきても別に特別なことではないのだが、寝ているところに人の気配がして驚いたのでしょう。

驚くのは理解できるが、驚いて飛び起きた父は、

「ね、ネズミっ!膝にっ!ネズミっ!」

と意味不明なことを口走り、あげくに驚いて足を跳ね上げたせいで、膝の皿にひびが入ったとか・・・・

そのへんは理解できません(笑)

あれはなんだったんでしょうね。お父さん。

あの膝はその後どうなったのか。「ネズミ」に笑ってばかりで、膝のことは今まで忘れてました。

あの皿、治りましたか(笑)?



他にも、私が同じように部屋に入ったとき、

「うわああああっ!」

と叫びながら飛び起きたことがありましたね。

しかもその右手には、護身用に置いていた、木製のごっついブーメランが・・・

「ああもうあんたね。びっくりした。泥棒かと思った」

と言っておりましたが、もしも間違えてあのまま父にブーメランで頭を割られていたら、あたしの人生の最期はなんとも情けないものになったと思います。



あのブーメラン、今も父の枕元にあるのでしょうか・・・
2004.03.04 体脂肪○○%
今朝、体重計に乗ってみました。

目標は2~3kgダウンだったのだが、早くも1kgダウン達成。

なーんだ、ちょろいじゃーんw

と思ったが、よくよく見ると、体脂肪率はアップしているではないか!!

まあ、運動してないから当たり前っちゃあ当たり前なのだが。



今、私の体脂肪率は、大変なことになっております(;´Д`)

多分、よく水に浮くと思うよ。
2004.03.03 カルボラーナ
今日のご飯はカルボナーラ。(カブトはカルボラーナと言う)

ダイエットしてるのにカルボナーラ。

ここんとこに、やる気の薄さを感じますな(笑)
2004.03.02 ダイエット
ダイエットすることにしてみた。

基本的に食事でダイエットすることは嫌いなのだが、現在の状況ではジムに通ったりすることはちょっと難しそうなので、食事を減らすことを心がけてみます。

運動は、歯磨きしながらスクワットとか、そんな程度(意味ねえ笑)。



かわいそうなのはカブトです。

私がレシピを見て料理しないがため、いつも分量は2人分できてしまう。

なので、「私の量を減らす=カブトにあげる」ことになる。

だからカブトはいつも1.7人前を食べなくてはいけない。



がんばれカブト。

あたしの分も太ってくれ。
2004.03.01
本日3月1日は、4年前に私は今の会社に入社した日であります。

んで、つらつらと、その頃を振り返ってみたり反省したり、ありがたがってみたりなどした文章を書いていたのでありますが・・・

いざアップ、というところでシステム障害が発生し、データが消えてしまいました(笑)

まあいいや、書くようなことでもないし。



しかし今改めて思い出すと、4年前のあの私の入社は、「この世の奇跡」と呼ばれ、世の人々に夢と希望を与えたのでした。

そしてなんとか4年をすごし、未だにクビになっていないという事実は、さらに人々に希望と勇気を与えることでしょう(爆)



まあ、いろいろありましたが、仕事って楽しいです。

私は今の仕事好きですし、職場も好きです。

ラッキーだろうが奇跡だろうが会社の大失敗だろうが、とにかく採用されて、この職場でこの仕事ができてありがたいと思ってます。

会社や職場の人が私を好きでいてくれるかどうか、あるいは「早く辞めてくれぇ(;´Д`)」と思っているかどうかは別ですが(笑)



そんなこんなの4年間。

これからもがんばりまっす!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。