上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エピレーシックの、2年検診に行ってきました。
診察結果は・・・
右眼:1.5
左眼:1.5
両眼:2.0

で、手術の傷跡も含め、経過良好でした。
視力はかなり良いですが、実際には乱視が結構強いです。でもまあ、日常生活には全く問題ありません。
起床時のドライアイが相変わらず残るけど、最初の頃よりは少しずつ良くなってるし、まあ許容範囲かな?

次回は3年検診ですが、「経過良好なので、次回予約はお任せします」とのことで、今回が実質の最終検診となりました。
まあ、来年の1月までは診察料&お薬無料で診てもらえるので、問題を感じたらすぐ診てもらうつもりです。
今回もいつもの抗炎症目薬&花粉症用目薬をもらってきました。
これで仕事の後の目薬も補えるし、花粉症の時期を快適にすごせます♪
後は自分のメンテナンス次第だな。大事に目を使おう。

前回、「私なりの感想を書きたいと思います」的なことを書いたまま、続きを書きませんでしたが・・。
やっぱり色々考えた結果、安易に人に薦めることはできないし、PRもできないな、と思いました。
私はやって良かったと思うし、実際かなり良い成果が出たと思う。
でも、それは人それぞれなので。
手術をする以上、リスクもあるわけだし。その人が必要としているものによっても、手術の必要性は変わると思うし。
そして、手術の成果をきちんと出せるかどうかは、結局患者本人の、術後のメンテナンス次第。
これを自覚してない人が多すぎる。
術後の視力が落ちた人のほとんどは、メンテナンス不足によるものだと思う。
もちろん、メンテナンスの重要性を説明できていないお医者や医療スタッフにも問題はあると思いますが。

だから、私はこれ以上なにも書かないことにします。
ただ、私が今こうして快適に裸眼ですごせているのは。
いろいろとアドバイスしてくれた友人・知人たちと、実際に術後の私を支えてくれたカブトのおかげです。
皆さんのおかげで、今わたしは、全く目のことを考えずに生活することができます。
皆さんのおかげで、みんなから「似合わねー!」と言われた眼鏡ッ娘にならずに済みました(照)

ビバ裸眼!!ビバ視力回復!!ビバカブト!!

あ、一応配られたクーポンはありますので、視力回復手術やるって人にはお渡ししますよ。
24万→17万くらいになるらしいです。安っ!!ウラヤマシス。
でももちろん、自分でいろいろ病院を調べた上で、私と同じ病院でやるってことを決めた人にお渡しします。
同じ病院を薦めることはしません。同じ手術を勧めることもしません。
よく自分で探して、選んで、考えて、決めてくださいね。

でも、ビバ裸眼!!!!



スポンサーサイト
気が付けば夏。今年のお正月以来の検診です。
両目とも非常にいい数値。

右:1.2
左:1.2
両眼:1.5

よすぎwww もうサバンナの向こうのヌーすら見分けられる勢いw
とは言え、乱視があるので結構ブレては見えますが。
まあ日常生活には全く支障がないので、スバラシイ経過でしょう。

今回も予約した時間より早く行ったけれど、待合室にはぎゅうぎゅう詰めの人、人、人。
あーまた待たされるのか・・・・とあきらめ、持ってきた本を読むことにした。
本がおもしろいので熱中していたが、ふと気付くとなんだか静か。注意してみると、そういや誰も呼び出されないし、誰も席を立たない。おかしくないか??
振り返って診察室を見ると、なんと先生が座っていない。
ニャロー、また休憩に行きやがったな!?と思ったが、どうも何か違う雰囲気。

おかしいなあと思っていたら、受付嬢たちがぞろぞろとカウンターから出てきて、患者さん一人一人にひざまづいて何やら囁いている。
ささやき女将もびっくりの囁き具合なのでなかなか聞き取れなかったが、要約すると
「システムが停止して、カルテの呼び出しも何もかもできなくなりました。復旧に30分以上かかります、つきましてはバーガーキングのデザート券ばやるけんなんか食ってきやい」
ということであるらしい。

なんでやねん。
と思うが、今日びシステムが停止したらこういうことになっちゃうのよねー。ああこれなら紙の方が良かったわね、っていう展開。まあどうしようもなし。
システム不調じゃなくても予約した時間から1時間くらい余裕で待たせる病院なので、こうなったらもう帰ってやろうかとも考えたが、もしも目に問題があった場合にシャレにならんと思ったので、ぐっと堪えて待つ。本屋に行ってみたがほしい本は売ってないし、バーガーキングは同じような人でいっぱいなので入る気しないしで、結局本屋をウロウロして時間をつぶす。

1時間近く時間をつぶして病院に戻るとようやくシステムが復旧していて、結局2時間待ちで診察を受けることができた。
結果、術後の経過は良好。もう炎症止めの目薬もいらないらしい。

もう通院は終わりかな?と思ったが、ここは5年間は診察と目薬が無料らしく、次回は年明けになった。
まあ花粉症の目薬をもらうにもちょうどいいのでまあいいか。

そんなこんなで、目の状態はかなり良好であります。
高いお金を払った甲斐はあったかな。
今後も目は大切にしよう。


視力回復手術をして、ちょうど1年。
12ヶ月検診に行ってきました。

視力はいずれも非常によろしい数値。
片目1.5、両目1.5~2.0近いらしい。すげえ。
とはいえ、左目に強い乱視があるため、実生活ではいろいろブレて見えたりしますけど。

診察でも、特に問題はないとのこと。
手術後からずっと悩まされてきたドライアイも、少しはマシになってきた。相変わらず起きてすぐは目が開けられないくらいだけれど、最初の頃よりは確実に良くなってきている。やっぱり私って回復に時間がかかるタイプらしい(笑)

本来なら今日が最後の検診だと思っていたけれど、ドライアイと花粉症のためか、次回は18ヶ月検診に来てくださいと言われた。
次は7月かあ。もう夏だね。きっとあっという間に夏になっちゃうんだろうなあ。

それにしても今日の先生。
おじいちゃん先生で、今まで遭遇した、マトモな話もできないようなベルトコンベア式の診察しかしない若手先生たちと違い、私の相談や心配をゆっくり聞いてくれて、きちんと答えてくれる良い先生だった。「今日はいい先生で良かったな」と思っていたのだが・・・・。

普通、診察台に顎を乗せるときは、先生が「じゃあそこに顎を乗せてください」「はい、いいですよ」というやりとりの元に、患者である私が顎を乗せたり離したりするものだ。
が、この先生、顎を乗せるときには「はい、どうぞ」と言いながら私の肩を引き(ここまでは良い)、終わったときにはなぜか無言で肩を押す(笑)
なんだか優しいと思ってた人に、急に邪険にされたような悲しみが(爆)
ドライアイの相談とかもして何度も目を見てもらったので、合計4回ほど肩を押されたことになる。こんなに度重なる邪険な扱いで、私はむしろ心に傷が(笑)

帰りの受付で、受付担当者が誇らしげに何かの束を出してきた。
「これは希望者の方のみにお渡ししているのですが・・・・」
お、なんだ?新春クーポンとかそういうのか?
「ただいまご紹介キャンペーンをやっておりまして、これでお友達を紹介していただきますと、ご紹介者の方にも特典があります。何枚お持ちになりますか?」

「あ、私は結構です」
と答えると、ちょっとびっくりした顔をされた。
そそくさと束をしまい、「ではお薬です、どうぞお大事に」

んー・・・・あんまり断る人っていないのかな(笑)

私はこの手術をやって良かったと思っている。
けれども、だからって簡単に友人に勧めたりはできない。
いくら成功率高いからとは言っても、やはりリスクはゼロではないと思うから。

1年経ったので、このへんのことについて、別途感想を書きたいと思います。
このブログ、結構レーシック手術に関する検索でたどり着く人も多いので、経験者としての率直な意見を書いてみようと思います。
経験者ブログって、結構いいことしか書いてないの多いからね。文面もどれも同じだし。

とはいえ、私のような強度近視でここまでいい数値で安定するのはどうやら珍しいようです。
だから私はハッピーだけどね。



うっかり書き忘れてました。
先日、9ヶ月検診を受けてきました。

結果は、前回と変わらず

・右目:1.5
・左目:1.5
・両目:2.0

ってとこでした。
まあ乱視があるので実際は結構ブレて見えてますが、日常生活には全く問題ありません。
ドライアイについては、起きたときが相変わらずひどい。起きてすぐには目を開けられないくらい。でもこれも体調などで変化があるので、いずれ改善されるのかも。
夏の紫外線の時期をすぎたので、これでほぼ安定とみていいかと思う。お医者さんにも、傷の治りも状態も非常に良好です、と言われたし。多分もう大丈夫だろう。

ラリーも仕事もダイビングも海水浴も、ものすごーーーく快適になった!!
これが20数万なら安いくらいだ。(実際は保険がおりたので10数万だったし)
でも、むやみやたらに人に勧めたりはしません。
しなくても生きていける手術だし、リスクだってゼロではないし。

でも私はやって良かったかな。(まあ成功したから言えることですが)
見えるってスバラシイ!!


本日、エピレーシック5ヶ月検診。
前回の検診で、「もうほぼ安定してるから、ここからの視力低下はほとんど起こらないでしょう」とは言われていたが、確かに先月からすごく安定した感があった。
で、今回の検診結果は。

・右目:1.5
・左目:1.5
・両目:2.0

起床時のドライアイはまだあるけど、前みたいに「目が開けられない」ってほどはなくなった。ゆっくり目を開けて目薬をさせば動ける感じ。
見え方も、前みたいに体調などで見え方が変わったりすることも少なくなり、ずーーーと『よく見える』状態になった。
目薬も、強いの4種類→弱いの2種類 に減ったし、いよいよ安定に向けて最後の段階に入ったようです(喜)

最初は面倒くさかったサングラスも、慣れてしまえば常に持ち歩くクセがついたし、このまま夏を越せれば安心かな?
今年のビーチでは、アンナものやコンナものをガン見するぜ><bb!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。