上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の無茶水浴では、残念ながら尻すぼみの流れになってしまったので。
行ってきました、海リベンジ!!
メンバーは、ヒメジュンタケカブリスの5名。
うち1名はアルコール残ってますが・・・・・(汗)

渋滞を考慮して早めに移動したので、予定どおり朝には沖ノ島に到着。
台風がすぎた翌日なので心配していたけれど、海はベタ凪!!
浅場には多少のにごりがあったけれど、少し先まで行けば透明度アップ!
台風一過の真夏の日差しのおかげでビールも進むし、おサカナもたくさん見られて、なかなか良い感じ~♪

しかし、あれね。
「二日酔いには迎え酒が良い」 って言うけど、ちょっと㍉ね(汗)
こんなに飲まない海も、個人的には初めてでしたw

今回はじゅんさんと姫の成長率が大きくて、姫に至っては、そろそろ一反木綿を卒業する日も予感させるほどの伸び率でしたw
9月のヒリゾが楽しみね!!


P8120099.jpgP8120109.jpg
P8120120.jpgP8120110.jpg
P8120140.jpgP8120017.jpg
P8120123.jpg

残念ながら、私は毎回ハウジングが曇ってしまい・・・おサカナ画像はあまり撮れませんでした(涙)
だめねえ。事前の準備がいけなかったんだわ。反省。
これならハウジングなしで潜れば良かった。
ヒリゾはそうしようかな??

ちなみに今日見たおサカナで珍しかったものは・・ハコフグの幼魚くらいかな?
でも、ゴンズイ玉に歓声を上げ、みんなで若イカ軍団を追いかけ、ウリクラゲをひっくり返し、ハコフグを海草からいぶり出し・・・(笑)、たくさん遊んで楽しめました!

次回の海が楽しみです♪



【本日のキーワード】
・横暴な業者
・ポロリとホロリ
・ネンブツダイのデートスポット
・星を食べて無敵化


スポンサーサイト
今年も夏がやってきました!
夏といえば無茶水浴!!
メンバーは、ジュンヒメゴーゾンタケカブリスの7名。

今年はニューカマーのじゅんさんと、去年不参加だった王家も来るというので、思い切って再びヒリゾをチョイス。あそこのきれいさは別格なので、ぜひ味わってほしい!!
しかし、ヒリゾは伊豆のとっぺん先なので、ETC割引渋滞にハマったら全てが終わる。天気予報によると土曜の方が天気はマシらしいので、土曜をムダにするわけにはいかない。
というわけで、金曜の夜に各自出発という強行スケジュール(笑)

夜の間に移動した甲斐あって、無事に夜中のうちに仮眠場所のまどが浜回遊公園に着いたのは良いが・・・・・・足湯で遊んでしまったので、睡眠時間は2時間∑(゜Д゜;)
ダイジョウブか、オトナな皆さん・・・・・。

眠さをこらえて下田のジャスコで買出ししてヒリゾに到着。
が、思ったよりもさらに水が冷たい(涙)
1本目はがんばって泳いだが、マジでマジでマジで寒い(´Д`;)
「とにかくメシ食って発熱しよう」 ということになり、ほとんどビールを飲まないままに食べる食べる食べるw

その後は体が暖まるのを待っているうちに、1人また1人とスイマーにヤられてゆき・・・・・全員で昼寝(笑)

このまま無茶史上初の 『泳がない海水浴』 になってしまうのかと思ったら、お昼からきれいな晴れ間が(嬉)!!

しかもハロがハロハロ~w
P8010037.jpg


「今だ!!」 ってことでばたばたと用意するが、木曜夜に飲みすぎて寝不足の武男は、深い深い深い眠りの底に落ちていってしまい、どんなに起こしても騒いでも起きやせぬ(´Д`;)
仕方ないので、残りのメンバーで海へ。

やっぱりきれい!!
ヒリゾ最高!!!!!


むふふ、見ーつけた♪          タコノマクラゲトー!カワイーw
P8010046.jpg P8010047.jpg

きれいに晴れました!!               みんなでおサカナ観察中
P8010083(1).jpg P8010071.jpg

風船みたいなハコフグの幼魚           小魚の大群!!
P8010061(1).jpg P8010050.jpg

今回はデジカメのハウジングが曇りまくりだったので、あまりおサカナ画像は撮れませんでしたが、皆さんたくさんおサカナ観察を堪能できた様子。
一反木綿とニューアイテム導入により格段の余裕とスピードを得た姫は、「おサカナたくさんいる!!おっきいのいる!!あれかわいい!あれなに!?」 と、かなりの成長。
今回早速、数種のおサカナを脳内図鑑に登録できた模様。

しかも姫は飲み込みが早く、「えっとね、カタチはこんなので、ここにこういう模様があってね、こういうの」 とかなりいい感じの情報を持ち帰って来るので、「ああ、それはキュウセンね」 とか 「それはソラスズメだね」 とか、陸に上がってから特定することができるのが素晴らしい。
「なまらトロピカルなやつ!!」 とか、「でっかいやつ。このくらい!」 とか、「ピンクぽくてカワイイやつ」 とか、おサカナ特定に至らない情報ばかり持ち帰る武男を、既に追い抜いた感すらアリw
心配していたじゅんさんも、フィンを破壊するほどの勢いでスイスイ泳ぎ、全く心配する必要がなかったしで、予想より安定感のある無茶水浴になりました♪

初日は夕方まで泳いで、宿のゴハンを堪能し・・・食後のお散歩でビーチまで出て、なぜか飛び石競争&遠投競争w
皆さん肩を壊しかけたところで、宿に戻って夜の宴会。


なぜかGの儀式。
P8010106.jpg



明日のお天気を祈りつつ、無茶の夜は更けてゆく。







ついに、武男が男になる日がきた。

思えば2年前の無茶海水浴から全ては始まった。
ある女性の輝きに気づき、男として目覚めたあの夏から。
いつかその女性と深く深くひとつになるために、うりコーチの愛情に満ちた指導の下、武男は一歩そしてまた一歩と大人の階段を上ってきた。
そして今日。
武男は、初めて胸をときめかせ、男として目覚めた女の胸で、ついに真の男になる日がきたのです!

浮島という名の、母なる海の胸で。

本日、男になる武男を見届けるメンバーは、うりコーチ、カブト、私。
さあ、武男!!チタン製の勇気とモノコックな謙虚さと鋼鉄の好奇心を持って、あの女性の胸に飛び込んで男になるのだ!!

残念ながら天気予報は曇り。厚木の辺りから小雨が降り出すが、私には自信がある。
今までに37本潜ったが、雨だったことは一度もない。しかも『今回はコンディションが悪い』と言われたときでも、伊豆に着けば必ず晴れた。
今回も絶対晴れるはず!!

しかし伊豆に着いてみたら、伊豆も小雨(笑)
でもダイジョウブ、小雨だし空は明るいし、もうすぐに止んで晴れてくるはず。
武男のプール講習の間に晴れちゃうよ♪

『男になるためのHowto~ラブレッスンプール編~』を受ける武男。
futo001.jpgfuto002.jpg

それを生暖かく見守るジュゴンうりコーチ
futo003.jpg

存在感抜群のマンモス西w
futo022.jpg

武男が黙々とプール講習を進めている間に、大宮組は隣でまたドタバタを繰り返し・・・カブトとうりさんが意味不明のトレインをやったり、ツマがオットを溺死させかけたりとあれこれありましたが、そんなこんなのうちに武男は無事にプール講習を終了。
さあ、いよいよ母なる海へ!!

今回のガイドさんは「俺は極力ダイバーさんに触りません。だって自分で何もできないのに潜るなんて、本人が一番怖いでしょう?」という主義の方。その代わり、プール講習はかなり丁寧で念入り。軽くオープンウォーターの講習レベルだ。
でもこれって同感。自分が理解してできるからこそ、安心して安全にダイビングを楽しめるってもんだ。私が沖縄で体験やったときなんて、「体力を消耗すると危ないから」という理由で、キックすらさせてもらえなかった。自分で泳いで潜るからこそ、そこに歓喜がある。
プール講習の武男を見る限りは全く問題なさそうだったので、潜行から自力で開始。

ついに新たなステージへと踏み出した武男
futo004.jpg

ちょっと濁りがあったけれど、少し潜ると明るいブルーの世界が広がってきた。
海水浴ではいつもジタバタしながら見ていたおサカナたちが、のんびりと目の前を横切ってゆく。

イソギンチャクカクレエビ?だっけ?
futo005.jpg

トサカガザミ。擬態中です。絶対こんなの見つけられない!!
futo006.jpg

シラナミイロウミウシ。とてもきれいです
futo007.jpg

気持ちよさそうに中層を泳ぐ武男
futo008.jpg

ミツボシクロスズメダイの幼魚。これかわいくて大好き!!
futo009.jpg

コノハミドリガイ。きれいです~
futo010.jpg


1本目は体験とは思えないほどゆっくりと潜り、たくさんの生物を見て楽しみ、無事に終わった。
途中から晴れ間も出てきたので海の中は明るかったし、素晴らしいダイビングでした。
武男はちょっと緊張があったみたいだけど、危なげなくて上手でした!
ここでランチと休憩して、いざ、2本目へ!!

タコノマクラを見つけて拾う武男。余裕あります
futo011.jpg

クロウミウマ。タツノオトシゴの仲間です
futo012.jpg

なんだろう?こんなヒレのカワハギ見たことない!?
futo013.jpg

クリアクリーナーシュリンプ。半透明の美しいエビです。
futo014.jpg

しっぽが特徴の、ノコギリヨウジ。
futo015.jpg

シュンカンハゼ。やばいくらいかっこいいらしいw
futo016.jpg

赤と白の模様と長い触角が美しい、オトヒメエビ
futo017.jpg

今回武男が一番萌えた、サラサエビを捕食するコウイカw
futo018.jpg

砂地にポツンといた、サツマカサゴ。動くときがかわいいです
futo019.jpg

巣潜りだとすぐに隠れてしまうハタタテダイも、ダイビングならのんびり、ゆらゆら。
futo020.jpg

今回も隠れている気マンマンの、ヒラメさん
futo021.jpg

残念ながら写真に残せなかった珍しい生物もたくさんいて、体験ダイビングとは思えないほどに充実したダイビングでした。
体験ダイビングということで、せいぜい30分くらいのあっさりしたダイビングになると覚悟していたのに、ファンダイビング並みにじっくり見て、潜れて、遠くまで行って・・・・と、大満足のダイビング。
それもこれも、武男が上手だったからであります。武男、スゴイw

武男は立派な男になりました!
futo023.jpg

ガイドさんが撮影してくれました。楽しい1日でした!
futo024.jpg


【本日のキーワード】
・虫が目に入ると冷たい(はず)
・重いに始まって重いに終わる
・上がったり下がったりで忙しい
・ヤバイくらいにかわいい
・ハゼフェチと認めないハゼフェチ
・残酷な日差し
・時間調整が悩みの種
・前半がとにかくアクロバティック
・マンモス西



さて、本日最後の1本。
またまた湾内でセルフですw

前回までの反省点をふまえ、今回は、今回こそは念入りに計画を立ててみることに(笑)

1・ロープ沿いに14mまで行き、右へ移動。今度こそマダコを見る。
2.そこから南南東に移動して水神様の祠を見る。
3.そこから西へ移動し、2段重ねのタイヤまで行く
4.周辺の岩場でミヤケテグリを見て
5.岩場沿いに左に戻り、カエルアンコウまで戻る
6.もう少し進んでコブダイの幼魚を見て、上がる

・・・・・・という計画だったのですが。
いきなりマダコ発見できずwww

しかし次の南南東に移動で見事、水神様の祠をハケーンw

祠にはウツボが住んでましたw
b_oose022.jpg

そこから西の移動で2段タイヤは発見できたが、ミヤケテグリは発見できずorz
まあ、ガイドさんからも「ミヤケテグリは見つけるの難しいと思う」って言われてたしな。
しかし次の目的地のカエルアンコウも見つけられず、当然その次のコブダイ幼魚も発見できずwww

いやあ、セルフって難しいわ。どんどん経験積まないとね。

でも結構、おもしろいものもたくさん見ました。
うろうろしているときに見つけた、ホンソメワケベラのクリーニングステーション。

クリーニングを受けるカサゴ
b_oose023.jpg

この青と黒の細いおサカナはホンソメワケベラと言って、他のおサカナのクリーニングをするおサカナであります。
この周辺にはたくさんのサカナがいて、ホンソメワケベラも5匹くらいいて、一大クリーニングエリアとなってまして。
疑問だったのが、『あれは訪問営業なのか、店舗営業なのか?』ということだったわけです。
帰って図鑑で調べてみたところ、見事に店舗営業でした。
図鑑によると、『ホンソメワケベラは自分のナワバリ内にクリーニングステーションと呼ばれる場所を確保し、他のおサカナはそこに訪れてクリーニングを受ける』 らしい。
すごいときはサカナが順番待ちするほどというからオドロキだ。
ちなみにここのクリーニングステーションには数匹のホンソメワケベラがいたから、共同経営ってとこか。非常に賑わっておりまして、不況などどこ吹く風って感じでした。ウラヤマシスw


ホシハゼ?
b_oose024.jpg

ツノダシ。残念ながら伊豆では冬を越せないらしい
b_oose025.jpg

マハタの子供~♪ ハタ系の子供はかわいいw
b_oose026.jpg

オオモンハタかな?
b_oose027.jpg

ツマジロモンガラの幼魚~♪ ハギ系の幼魚もかわいいw
b_oose028.jpg

どこに何がいるか分かるかな?
b_oose030.jpg

「オレだよオレ、ヒラメだよ」
b_oose031.jpg

ちょっかい出してたら気を悪くして去られてしまいましたw
b_oose032.jpg


結局今回のセルフも、「軽くいこうか」とか言いつつガッツリ潜ってしまいましたw
最後の最後まで楽しかった!!

s_oose001.jpgs_oose002.jpgs_oose003.jpgs_oose004.jpgs_oose005.jpgs_oose006.jpg


今回は全部で6本だったけど、初日に4本、2日目を2本にしたおかげで帰りが楽だった。
お昼は沼津港で鰯料理を堪能し、満足満足♪
これでココロおきなく、36歳から旅立てます!

「お前ももう少しオトナになれよw」 by タカノハダイ
b_oose029.jpg


【今回のキーワード】
・今、砂地がアツい
・スプラッシュの謎
・スケスケパンティー
・うりさんがウェットの首をパカパカするときは・・・
・やはり長文を話すうりさん
・湾内でラリーX





「んっ!?なんだ!?うあ?うーん。なんだ?ああ、違うか。」


うりさんのそんな寝言で目覚める爽やかな朝。
みなさま、おはようございますorz

まだ早いけど、せっかく目が覚めたから朝風呂でも入ってみるか。
露天風呂からは富士山が見えて、今度こそ爽やかな気分で朝を楽しめますw
しかしこの宿めちゃくちゃいいなあ・・・・。36歳で迎える最後の朝が最高のものになりました

美味しい美味しい朝食をいただいたら、早速水着に着替えてビーチへ。
今日の1本目は、湾の外の 『一本松』 へ。

このポイントは、昨日の柵下とはまた一味違う感じ。透視度が昨日より良いのか、大きく広がる景色が美しい。
エントリーしてすぐにスズメダイの群れに囲まれ、幻想的な気分に。
うわーー・・・・きれい・・・。
紫色の大きなウミウチワ、海水浴で見るのよりずっと大きく成長したキンチャクダイやカゴカキダイの群れ。鮮やかな色のハナダイの群れとすれ違い、色とりどりのサンゴやイバラカンザシの群れを見る。
思わずため息が出るほどに美しい。

ガイドさんがチリチリとダイビングベルを鳴らして指差す方を見ると、そこには大きなイシダイが!

ゆったりと、堂々と。
b_oose020.jpg

このイシダイを見たあと、目の前を小さなイシダイが通過。目で追っているとそれが中くらいのイシダイと合流して泳いでゆくのが見えた。
あれは親子なのかな、兄弟なのかな、それとも赤の他人なのかなw

色のきれいなイラ
b_oose021.jpg

今回は水深30m近くまで潜りましたが、透明度が良いため景色はずっと美しく。
ああー、ずっとここにいたいw
エキジットのために上を見ると、そこにはメジナの大群が。


海ってすごい。美しい。
watasi01.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。