2018.06.03 宿題事件
息子が、この2週間、ほとんど宿題をしていなかったらしいことが判明。
「やるべきことはちゃんとやる」タイプだったので油断していたし、宿題のことが連絡帳に書かれていなかったので、息子が「今日はこれだけ」 と言っていたのを真に受けていた・・・。


宿題をやらなかったということよりも、2週間もウソをつき続けていたなんて。
そっちの方が大問題。
もはや怒りを通り越すレベル。

「家に帰ったら、大事な話があるから」と言うと、
「なに、宿題のはなし?」
「おこる?それって怒る?」
めっちゃビビってる。

怒るに決まっとるわ!!!!!
 
 
「約束をやぶる、遅刻する、ウソをつく。これらをやるとどうなるか、分かりますか。」
「おかーさんがおこる・・・?」
「それもありますが、事態はもっと深刻です。このまま大人になると、そんな人は仕事がもらえなくなります。するとどうなりますか」
「お金がもらえない・・・」
「そうです。生きていくためには仕事をしないといけません。仕事というのは、信用されないとだめです。『あー、この人、そういう人なのね』と思われたらオシマイです。
この3つを守れない人は、仕事も友達もなくします。あなたは孤独に、川のほとりにテントを張って、川の魚をとって食べて、川の水を飲んで暮らさなくてはいけません。お風呂も入れません、ココアも飲めません。おかーさんは助けてあげたいけれども、まず先に死にます。私はお空から、ハルくんのテントを眺めることしかできません。川が氾濫しませんようにと祈ることしかできません。あなたはそれを望んでいますか」
「え! 川の水・・・? いやだ・・・」

息子は最初、怒鳴られると思っていたらしいが、私が怒鳴らないので、途中まではほっとしていたらしい。
しかし今は、川の水を飲んで暮らすことを心底恐れている。
まあ、そうそうそこまではいかぬとは思うが。
川のほとりに住まう人々も、割に楽しんでる人もいるようでもあるが。
たぶん、ココアくらいは飲めそうでもあるが。
 
・・・まあ、もうウソはつくなよ!!
スポンサーサイト
「おれ、やすみじかんに、ひとりのときある」
という話から、数週間が経ち。

スイミングに連れて行く車内で突然、「おれ、きょう、鬼ごっこやった」
あっ・・・そう!そうなんだ!!
突然こんなこと言うからには、やっぱり本人的にもちょっと勇気がいったのかな、とか。
ちらりと見た横顔が嬉しそうだから、やっぱり寂しかったのかな、とか。
あれこれ気になったけれども、気にしてないフリをして、運転しつつ、
「まぜて~、って言ったの?」 と、聞いてみる。
「うん」
そっか。言えたんだ。
嬉しそうだもんね、結構勇気いったんだろうね。

鬼ごっこで負けたのが悔しかったから、次の休み時間は走る練習しただとか、〇〇くんと▲▲くんが競争したらどっちが勝ったとか、そんな話をあれこれ。
長い人生で見れば、ほんの短い一時期のことなんだけど、母というものは、そんな些細なことも気にしてしまう。
もっとドーーーーンと構えたいのだが。
根っからの小心者なので、なかなか難しい。

きっと、こういうことの繰り返し。
一喜一憂しても仕方ないんだろうけど、してしまう(笑)

それにしても。
息子のチューリップは未だに芽が出ないらしい。
他の子よりも植えたのは確かに遅かったが・・・。
一人のお昼休みに、せっせと水をあげすぎて、腐ったんじゃないかw



昨日、息子と入っているお風呂にて。

「おれ、あんまり友達、いないんだ。だから、お昼休みも、ひとりのときある」

あーーー。
ずっとそこ、気になってはいたんだよね。
気にしてないのかなと思ってたけど、やっぱり本当はちょっと、気にしてたりとか、寂しかったりとか、するのかな。
 
「お友達に、おれも入れて、って言えば?」
「うーん」
まあ、それができればやってるよね。
きっと色々、合うとか合わないとか、タイミングとか、あるんだろうね。
 
「まあ、いい機会だからさ、鉄棒で逆上がりの練習するのもいいだろうしさ、お母さんも、ひとりですごした時期、あるよ。お母さんも実は、友達少ない方なんだよね」
「え、そうなの?ひとりのとき、おひるやすみはなにしてた?」
 
そうねえ。
鉄棒はいいアイテムだよね。
練習にもなるし、基本的に黙々とやるものだしね。
あとは、花壇見たりとか、飼育小屋のウサギにそのへんの雑草をあげたりとか。
図書館にも行ったかな。
学校の探検とかもしたな。
高学年になるとね、飼育委員に立候補して、とにかくお昼休みはウサギの世話ばっかりしてたね。
そうすると、「サイタさんは委員の仕事をきちんとやる偉い子」みたいな評価もついてね、まあ、ウサギの世話はいいね。やることいっぱいあるしね。
中学の頃はテニス部だったから、壁打ちとかしてたかな。
高校の頃は、教室で本読んだりしてたかな。
家ではのんびりしたかったから、お昼休みのうちに宿題済ませたり、受験勉強したりとか。
問題集解くのも、ゲーム感覚になると割と楽しかったしね。
あれ??
私ってもしかして、ずっと友達いなかった(笑)?
まあ、友達と遊んでた時期もあったし、ひとりだった時期もあったよ。わりに。
 
「そうかあ。ともだちって、みんな、すくないもの?」
「いや、多い人もいるし、少ない人もいる。友達が少ない人って、実は結構いると思うよ。そもそも、友達って数えるものじゃないし、多ければいいってものでもないからさ」
「そうなの?」
「わたしは、そう思うよ。大事なのはさ、困ってたり寂しかったり辛かったりするときにさ、お互いに気づけて、助け合える、そんな関係をつくれてるかどうかじゃないかな。友達がたくさんいても、それが長く続くかってなると、また別だしね」
「そうかー」
「まあ、色んなことをやりながら、大切だと思えるお友達を、ゆっくり探すのもいいんじゃないかな。ひとりでいることを楽しむのもいいだろうし、誰かと遊びたくなったら、気にせずに、入れて、って言えばいいんだよ」
「そうか・・・わかった」

わかっても、そうそううまくはできないと思うけれど。
私は、あのひとりの時間も、悪くなかったと思うよ。
確かに、寂しさはあったけどね。

まあ、それも含めて、経験さ!
もう、きみの人生なんだ。
一歩一歩、自分で積み重ねるしかないんだ。
がんばれ。見てるから。

結論として、とりあえず、鉄棒とウサギは、いいアイテム。
お久しぶりでございます・・・(汗)
気が付けば2018年も明けておりました。
 
我が家はみんな元気です。
最初は「なかなかお友達ができないみたい」と心配していた息子ですが、今は学校も学童も楽しいらしく、毎日元気に通っております。
まあ、相変わらず固定のお友達と仲良しということはないみたいで、ゆるくメンバーチェンジしながら、そのへんは深くこだわらずに、楽しくやっている模様。
 
元々、お泊りやお出かけが好きなのと、特定の友達にこだわる子ではないので、昨年は体操教室の『1日ライダー体験遠足』を皮切りに、親から離れて子供だけでいくイベントに積極的に参加し、夏には体操教室の1泊2日のサマーキャンプに一人で参加し、年末には1泊2日のスキー合宿にも参加して、さっさと親離れをはじめました(笑)
知ってる友達が1人もいなくても、なーんにも気にしない模様。
友達はいつも、現地調達!!
「スキー合宿、楽しかった?」
「うん」
「お友達、できた?」
「うん」
「へえ、なんて子?」
「わすれた」
現地リリースかよ!!www


私の方は、おかげさまでお店の方も軌道に乗ってきて、ちょっと慣れたなーと思った矢先に、なぜだか実店舗を出すことになりまして。
構想3日で動き出し、きじばとや2周年記念の1月7日に、実店舗オープンとなりました。
「え?秋に会ったときにはそんなこと言ってなかったよね?」
「うん」
「いつ、そういうことになったの?」
「秋のおわりあたり・・・」
「はあ!?」
みたいな感じで、自分でも、なんでこんなことになったのかよく分からないのですが(笑)、決めたからには走るしかないので、とにかく走り続けております(笑)
 
ありがたいことに、カブトも息子も応援してくれて、実際にたくさんサポートしてくれ、文句ひとつ言わずに父子生活を楽しんでいてくれるので(笑)、私も仕事に集中してがんばれました。
我が家はいつも、家族3人の3人4脚で助け合って支え合って・・・いや、私は支えてもらってばかりだけどw、そんな感じでなんとかやっています。

そうそう、去年の春から私は、テニスを再開しました。
再開と言っていいのか・・・20年ぶりなので、驚くほどに体が動かないのですが(笑)、いずれくる老後に向けて、足腰の強化と、脳を刺激してのボケ防止に良いかなと思い、がんばっております。
秋からは息子も同じスクールに通い始め、『いつか2人で組んで、ミックスダブルスの試合に出る!』 を目標に、がんばっております。

そんなこんなで、今年もよろしくお願いします!!
(ちょっと時間がないので今日は画像ナシです)



今朝見た夢。

私は犯罪をおかして逃げている。
どうやら殺人レベルの犯罪らしいが、「本当は悪くないけど警察は信じないだろう」的なことで、身を隠すことになった。
かめさんが来てくれて、「車でいけるとこまで送るよ」と言ってくれたので乗せてもらったのだが、スカイツリーや東京タワーが見えるたんびに写真を撮るので、都内からなかなか出られない。
そもそも、こういう特定が容易な車で逃げるのはいかがなものか。という意見も出たので、徒歩で逃げることにした。

カブトと歩きに歩いて、神奈川に入った。
「なかなか関東から出られんねえ・・・」
「歩きだからね。ユキコ、ところでどこを目指してるの」
「個人的には、知り合いも多くて土地勘のある福岡に逃げたいけど、それって警察も福岡を探すよねえ」
「だろうなあ」
「ということで、すごく意外な方向に逃げて、石川あたりを目指してるんだけど」
「石川!?・・・徒歩で石川は無理だよ!そもそも石川の方向、わかってる?」
「うーん・・・大体でいうと、右?」
「・・・・・。」


そんなこんなしているうちに協力者が増えた。
まあ、弟1号と2号なのだが。
「潜伏先は僕が探します。カブトさんは、ねえちゃんの着替えとか身の回りのものを持ってきてください」
ということになり、私はヒッチハイクして、一路石川へ。

ヒッチハイクしたワゴン車には、同年代の男女5人が乗っていて、「わたしたちは県境なき医師団だ」と言う。
国境なき医師団のミニ版的なやつかな??
この県境なき医師団の技師兼運転手がなかなかに好みの男性で、もう私は自分がどういう理由でどこに向かっているかを完全に失念。
「あっ、みなさんダイビングするんですね。へえ、石川って海きれいですか?へえ、そうなんですか!え、私もご一緒していいんですか?わー、嬉しい!」

「カブトへ。私のダイビング道具も一緒にもってきて~」
とメールしているところで目が覚めた。

逃亡の緊張感は最初の5分くらいだけだった。